雪の朝ぼくは突然歌いたくなった

2005年1月26日。雪の朝、突然歌いたくなった。「題詠マラソン」に参加。3月6日に完走。六十路の未知の旅が始まった…。

久々の投稿です

2012-09-19 00:20:24 | 日々歌ふ

すっかりご無沙汰してしまいました。
1か月以上、前回の投稿から経ってしまいました。
もしかしたら、あの世に行ったか、そこまでではなくても重病にでもなったかと、ご心配くださった方もいらっしゃるかもしれません。
申し訳ありません。
元気です。
ただ、脱原発に関するFacebookを使った情報収集、発信と、毎週金曜日の抗議行動などへの参加で、僕にしては大変忙しくなり、ついついブログの更新まで手が回らなくなってしまったのです。
このままブログを止めるつもりはありませんので、今後どうするかは改めて考えたいと思います。
みなさんの中でFacebookをやっていらっしゃる方は、
http://www.facebook.com/seijiro.mera
のほうを覗いていただき、よろしければ「友達」に加えてください。
とりあえず今日は、この間にFacebookに載せた拙歌を、日付順に投稿しておきます。

―<福島県二本松在住・関久雄さんの「灰の行進」の最終段階に加はつて>
下手人に核汚染土を返さむと男歩みぬまなざし深く
120716 「さようなら原発17万人集会」の日に

―<二年ぶりに五箇山菅沼集落を再訪して>
田の青に浮かび語りぬ合掌の家並静かに秘境の岐路を
120801 五箇山菅沼集落にて

ひともとの向日葵咲きぬ白川の郷望まむと丘に登れば
120801 白川郷城山展望台の近くにて

乗鞍の高嶺に遊ぶバスで着く後ろめたさをけろり忘れて
120801 乗鞍・魔王岳にて

束の間の夏を惜しみつ嶺高く咲く花愛でむ虫にあやかり
120801 乗鞍・魔王岳にて

高山に風情ゆかしき街並みの辛くも残る俗に抗ひ
120801 飛騨高山市にて

.目に入りぬ洋風なれど高山の街に似合ひし飛騨牛の店
120802 高山市の「天狗総本店」(昭和11年建築の国指定文化財)

半蔵や壽平次の名も浮かび来ぬ妻籠・馬籠を初めて訪へば
120802 木曽馬籠宿にて

朝もやの奈良井の宿を想ひつつ車で過ぎぬ先を急げば
120802 木曽路奈良井宿にて

霧峰のシシウド咲きし野をゆけば浮かぶ八つ峰、アルプス、富士の
120803 霧ヶ峰にて

湿原に陽の降りそそぎシシウドの白く光りぬ今を盛りて
120803 霧ヶ峰八島ヶ原湿原にて

例年に比して少なき花なれどされどさあれど美ヶ原は
120803 北アルプスを望む、美ヶ原にて

やうやうにヤナギラン咲く人気なき湿原行けば池の平の
120803 池の平湿原にて

身をかがめ虫の目のごと野を見れば人世のおごり穢れ身に沁む
120809 見沼田圃にて

福島の民は非ずや国民に悲痛の叫び官衙切り裂く
120810 郡山出身の森園かずえさん、環境省前にて

吾好む木花のありて秘めやかに今年も咲きぬ妻育めば
デュランタの花咲きゆれぬ屋上に紫深く気品にあふれ
120814 我が家のつましき屋上花壇にて

夏空に高く浮かびぬ秋雲の群れし羊に鰯戯れ
120816 自宅屋上にて

沈む陽の放つ光の何惜しみけふも染めゐむ空を妖しく
120816 自宅屋上にて

盆明けのいと蒸し暑き夜なれど市民の怒り官衙包みぬ
120817 環境省前にて

天才と雲をば呼びし啄木の何を語らむ今生きをらば
120819 自宅屋上にて

日中に揉め事あれど横浜に朋と集ひぬ中華の街で
120820 横浜中華街にて

いづくより飛びこみ来る翠濃きアオハナムグリよ夏真夜深く
120821 アオハナムグリ(青花潜り)、自宅居間にて

三日月の黄をば深みつたちまちに高き空より沈みゆきけり
120822 自宅屋上にて

われ悪むナショナリストをさにあれどこよなく愛す不二の高嶺を
120825 山中湖芙蓉台にて

八方の池面の彼方霧の間に大雪渓見ゆ竜昇るごと
120826 八方尾根頂上の八方池にて

蒼空に雲の湧き立つ夏山に登り求めぬちひさき花を
120826 八方尾根にて

身を屈めこころを寄せて花を愛で虫をば愛でむカメラ手にしつ
120826 八方尾根にて

白馬より安曇野めざす旅かなし青木・木崎の湖(うみ)の光れば
120827 青木湖にて

木崎湖の湖畔に白く一面の畑光りゐぬ蕎麦の花咲き
120827 木崎湖湖畔にて

高原の蝶ら蜜吸ふ束の間の忘我の境地われも共にす
120827 八ヶ岳山麓「丸山の森」にて

八月の晦日の夜に月満てど民ら抗ふ霞ヶ関で
120831 原子力規制委員会準備室前にて

湧きあがる入道雲を背に立ちて天樹も耐えむ去らぬ酷暑に
120903 スカイツリー、自宅屋上から

道の辺を荒ぶり覆ふ葛に咲く花の気品よ赤紫の
120906 見沼田圃にて

雀瓜、狐の孫よ、蕎麦花よ、盗人萩よ、高三郎よ
120906 見沼田圃にて

忽然と虫の音響く夜来る酷暑去らねど暦変はれば
120906 自宅にて

永田町、霞ヶ関の夜は蒸せど抗ふ民の声谺す
120907 原子力規制委員会準備室前にて

―<NPO福島100年構想委員会 第1回シンポジウム「今“フクシマ”が知るべきこと

!~福島の環境リスクと健康を考える~」( 9/9、福島大学)に参加して
男あり安全騙る福島のチェルノブイリの教訓口に
聖人の声音使ひつ安全を騙るを聴きぬ福島の地で
福島で蠢く者の闇深し安全騙り神話ふりまき
120909 福島大学にて

阿武隈の川のほとりに人影の絶え果てにけり核に犯され
120910 福島市阿武隈川にて

群がりて鯉の死骸をザリガニの貪る様に人世思ひぬ
120913 見沼田圃にて

野に畑に秋の忍びて近づかむ汚れし国に酷暑去らねど
120913 見沼田圃にて

われ摘みしスズメウリをばつれあひの壁に飾りぬリースに編みて
120914 自宅居間にて

言葉のみ原発ゼロを政権の認めし夜も民抗ひぬ
120914 原子力規制委員会準備室前にて

教へ子も五十路半ばになりたれば変はり変はらぬ面のなつかし
120915 新大久保駅前の居酒屋にて

酷熱の水道橋こそかなしけれ景色光りて九月半ばに
120916 水道橋交差点にて

湧く雲の茜に染まり空覆ふ天樹も何も委細かまはず
120916 スカイツリーを遠望すれば、自宅屋上から


『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通称「パブコメ」への「ゼロ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々歌ふ」カテゴリの最新記事