カトリック菊池教会 


毎週の福音書と典礼にそって人生の素ばらしさを探る一言
菊池教会の電話:0968-25-2381

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

B年 年間第18主日 

2015年07月30日 | 神父様からメッセージ(B年)
あちこち夏祭りで賑やかなこの頃、近くの祭りに出かけて金魚すくいの水の中をじっと見ていましたが、目は金魚に向いていても心は違うことを考えていたりします。父母への懐かしさ、恋しさがこみ上げてきます。幼い頃、両親と仲良く金魚すくいをした思い出はありませんか。一人でいる日暮れの寂しさに蘇る風景があります。祭りの喜びは花火のように一瞬華やかで心踊るものがありますが、それはすぐに消えて、より寂しさがつのったりするものです・・・・・
 しかし、キリスト信者は毎週、主の日に神聖な祭りを迎えます。キリスト信者はその時に味わった喜びをずっと、心の中に保ちながらより普遍的な喜びを味わい、その時、その後もずっと日常生活を喜びが染めていきます。キリスト信者は主の日に神聖な祭りの中でイエス様を通して神様に感謝し、イエス様と共に神様に自分の人生を奉献し、イエス様から頂いた命で生きるのです。
 さて、今週8月6日から平和旬間が始まります。この間に求める平和は戦争のない世界です。けれども、戦争のない世界は正義の土台の上に建てられて、自己中心的な考えを超えた広い心を持った社会の上に立っています。そのために私たちに何が出来るかが欠かせない課題になっています。まず、人類が皆、誰でも神様が告げられたようにお互いを愛すれば、人を愛する心が平和な世界への一歩になります。しかし何もできない私たちは、世界の平和のためこの頃に特に祈るように勧められています。なぜならこの様な平和は、人の力の対立によっては得られず人の心の憐みと弱さによって実現するものだからです。
「ヨハネによる福音6・24-35」
 イエス様のパンも旧約聖書のマンナと同じように天から降っています。命のパンであるイエス様自身、天から降っています。天から降っている神様のパンは世に命を与えます。実は人間の心は自分を満たすものを探し求めています。それは私たちに与えてくださった御言葉を通した神様の命です。当福音書で注目すべきことは、イエス様に対する群衆の質問です。「ラビ、いつ、ここに来られしたか。] 「神の業を行うためには何をしたらよいでしょうか。」「どのようなしるしを行ってくださいますか。」イエス様が心のこもった言葉でこの群衆の願いに応えようとします。群衆の質問は思い違いから発生しているとイエス様が気付きます。群衆がイエス様に求めているのは口にできる、飢えを満たす食べ物です。イエス様の答えは群衆の思いを超えて、手にとって食べられる物をしるしにして、その中に含まれた永遠の命の贈り物のメッセージを語っています。砂漠を歩き渡っているイスラエル人に、マンナが無償で神様から与えられた食べ物であり、当時の人類にたいする神様の憐みの象徴的な食べ物になりました。イエス様は全く同じように天から降ってきて、無償の神様の命を与える贈り物として人類を支えてきました。人間はイエス様に出会うことによってイエス様を天から降ってきた贈り物として受け入れ、信じるしかありません。信じるとは神様の業であり、それを受け入れる心が特別な幸せに達しています。モーセがイスラエル人の指導者として受け入れられるためにマンナのしるしを提供しました。イエス様も同じようなしるしになって人の注目を集め、最終的なマンナ(食べ物)であり、指導者であることを示しています、同時にマンナのような食べ物になったイエス様は、人類を満たされる命、人生の知恵であることを明らかにされています。  
                                モヨリ神父 
コメント

B年  年間第17主日

2015年07月24日 | お知らせ
   7月25日はイエス様の使徒聖ヤコブの祝日です。イエス様の言葉にいつも問われている私たちは、イエス様の時代の人々と同じように不思議な「しるし」を探し求めています。そこでイエス様が弟子たちを通して、七つの不思議なしるしを与えてくださいました。それは「秘跡」と呼ばれています。秘められた、神様の跡です。イエス様に従った者たちにとって、その人生での神様との関わりの中で欠かせないしるしとなっています。それは「洗礼」、水によって神様から命をいただきます。「聖体」、イエス様からパンを通してイエス様の心と体をいただき、私たちの人生の大きな愛の中に宿るようにします。「堅信」、油のしるしによって神様のものとして選ばれて、神様に忠実を誓います。「病者の秘跡」とは聖なる油を体に塗ることによって新たな力をいただき、心も体も癒されることです。「赦しの秘跡」とは司祭の声を通して、神様はすべて、何でも赦してくださいます。そして最高の愛のしるし「婚姻」と「叙階式」、人間の愛が神様の愛と同じように聖別されています。さて、私たちの目が覚めることによって、私たちの周囲に秘められた神様のいろんな跡を見ることが出来ます。それに気付くと、神様が私たちのことをこんなにも大切にされ、愛されているのかということがわかってきて大きな喜びを覚えます。
「ヨハネによる福音6・1-15」
 今まで連続して読まれていたマルコの福音書を一旦中断して、今日から五つの日曜日、ヨハネの福音書が朗読されます。今日朗読されるヨハネの福音書は五つのパン、二匹の魚を増やしたイエス様の奇跡が語られます。エピソードの言葉使いによって聖体につながる物語になっていて、群衆の希望に応えるようになっています。実際にだれでも望んでいるのは自分の人生が愛情で満たされることです。だから、今日の典礼の解説はイエス様の奇跡のエピソードを語りながら、心の愛を分かち合うように勧めています。大勢の人々がイエス様に従っていましたが、その理由はイエス様の不思議なしるしを見るためです。そこでイエス様は、モーセのように海を渡り群衆を山のほうに導き、皆を草原に座らせ良い牧者の姿を見せてくださいます。イエス様は使徒フィリッポを試みるために、皆を食べさせ、群衆の疲れを解決する方法を尋ねています。その後イエス様がご自分の命の力で貧しい人々の食べ物として五つのパンと二匹の魚を手にとって、皆に命を与えるパンを、ご自分の体と心を配っています。このあたりで注目することは言葉づかいです。イエス様の動作を語る為にヨハネ福音記者はイエス様の最後の晩餐、感謝の祭儀の言葉を使っています。「イエス様がパンをとり・・・感謝の祈りを唱えて・・・人々に分け与えられた。」この時こそ、カファルナウムの会堂で宣言されたように、イエス様が命のパンであることを明らかにされています。弟子たちは残されたパンくず全てを回収します、それが弟子たちにとって新たな尊い使命になっているのであり、イエス様と同じような技を行うことを意味しています。しかし、当時のユダヤ人たちはこのようなイエス様のしるし『秘跡』がまだ分からなかったのです。                モヨリ神父
コメント

B年 第16主日

2015年07月16日 | 神父様からメッセージ(B年)
  当福音書では宣教活動から帰ってきた弟子たちに対して、イエス様が大きな注目を示しています。同時に指導者のない群衆にも大きな憐みを感じておられます。神様は派遣された者たちを通して人類に対するご自分の慈しみと憐みを身近に示してくださいます。さて、当個所は三つの部分に分けられています。1)12人の弟子が宣教活動から帰ってきてイエス様に報告します。2)弟子たちはイエス様と一緒に人里離れたところで休息をとります。3)イエス様が群衆に対して大きな憐みを感じられます。
弟子たちがイエス様に自分たちの活動について報告した時、行ったことと教えたことについて話しました。その教えは、イエス様の教えと全く同じでした。宣教した時に弟子たちはイエス様自身の口、手、足、になりました。活動の後、イエス様に誘われてイエス様がされたように弟子たちも静かな所に行き、キリスト信者にとって欠かせない思いと世界を示しました。つまり、イエス様が指示した場所は静かな所であり、自分の故郷(神様の懐)です。弟子たちは祈りの中で、自分ができたことに対して感謝し、自分のことを新しく見つめ直します。実は活動できたのは弟子達の力ではなく、彼らを通した神様ご自身によるものでした。最後にイエス様が指導者のない群衆を深く憐れみ、自分の言葉を与え続けられています。また明らかにされたことは、弟子たちにとって、休むことはイエス様の憐みを身にまといながらイエス様と一緒にいるということなのです。
                               モヨリ神父
コメント

B年 第15主日 

2015年07月09日 | 神父様からメッセージ(B年)
    昔のロシアのご絵は皆さんも知っていると思いますが「イコン」と言われ、天国の方に開いた窓とも呼ばれています。キリスト信者にとって、大自然の小さな美しい存在も神様の方に開いた窓になっています。
ところで、いったいキリスト信者は誰であるか、どのようなものであるか、イエス様の言葉で答えましょう。物事を完璧に行える者と思われますか、人生の中で間違わない人でしょうか、いいえ、そうではありません、イエス様の言葉や行いによってキリスト信者は赦されて、癒されたもので、イエス様の命で生かされているものです。

「マルコによる福音書6・7-13」
 どんな人間でも、その人生に神様から与えられた使命を持っています。皆が神の国を告げ知らせる為であり、それぞれに違った形でしかし、神様との結びの深さによって一人一人が派遣されています。このような使命で、全世界にイエス様の12人の弟子も派遣されました。旧約聖書では預言者アモスがそうでした。羊飼いだったアモスは、神様から預言者として派遣されました。では、イエス様はどうしてご自分の弟子を二人ずつ派遣されたのでしょうか。実は、当時の哲学者たちもそうしていました。確かに二人だと助け合えるという利点がありますが、二人だと一人が相手の証人になるように思われていたそうです。つまり、一人を通しての神様の働きにもう一人がその証人になったということです。イエス様に派遣された弟子の目的は、神様の教えを伝えること、悪霊に対する戦い、癒しの油を塗って病人を癒すことです。「汚れた霊に対する権能を授けました。」という言葉で、悪と戦う力と権利、すべての悪に対する支配権力をもっての派遣でした。実際的に勧められたのは、まず、宣教する権利について、つまり与えられた権利をどのように行使すべきか、そして貧しい中で携行する物、最後にいろんな所を訪れる場合、宣教活動の中でどのようにすれば良いかなど、暖かい言葉で教えられました。イエス様に派遣された弟子も先生と同じように神の国を宣べ伝えて築くのです。それを第一目標として、人の病む体と心を治したり、心の開心を勧めたりして、教えを広げようとしています。派遣された弟子たちは、あくまでもイエス様の権威を分けてもらい、イエス様の名によって人に心の救いを告げ知らせながら働いています。
                         モヨリ神父
コメント