カトリック菊池教会 


毎週の福音書と典礼にそって人生の素ばらしさを探る一言
菊池教会の電話:0968-25-2381

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

.B年 復活節第5主日

2015年04月28日 | 神父様からメッセージ(B年)

 5月の第2日曜日が「母の日」になっています。1908年アメリカのキリスト教会で、亡き母の追憶のために白いカーネーションを仲間に分けた女性によって始まりました。この日は母のいる人も母を亡くした人もそれぞれカーネーションを胸につけて、母に感謝の心を捧げたのです。日本でも教会では早くから守られてきましたが、終戦後一般でも広く行われるようになり、歳時記にも採用されています。いろんな国のいろんな民族のキリスト信者にとって、欠かせない理想はひとつであること、一つの心をもつことなのです。キリスト信者は違った思い、社会的な見方を持っていても、一つの心を持っています、一つの中心を囲んでいます、一つの体に属しています。その心はイエス様です。その中心は復活されたイエス様です。その体は私たちと共におられるイエス様の霊です。「高価な真珠のネックレスの一番安価な部分は、最も欠かせない部分となっています、それは真珠を結ぶ糸です。」復活されたイエス様はいろんな方法でご自分の存在を味わわせてくださいます。「私はある。」という宣言から、イエス様が身近に「私はよい羊飼い、私は囲いの門です、私は天から下ってきたパン、私は命のパン、私は道、命、真理です。」と温かく知らせてくださいます。復活節の第五の日曜日にある私たちに、イエス様が頂点になるメッセージを改めて告げてくださいます。「私はまことのぶどうの木、あなた方はその枝である。」
「ヨハネ福音 15・1-8」
 典礼から勧められたヨハネの福音書を分析しましょう。まずヨハネ福音書の世界に入る前に、イエス様の口を通して福音記者は徹底的に信じるように呼びかけられています。「わたしを信じなさい!」。ヨハネにとって信じるとは「イエス様の声を聞くこと、イエス様を知ること、イエス様に従うこと、イエス様の永遠の命によって生きること。」です。それに従って当個所のメッセージを深めましょう。イエス様がぶどうの木を用いて、私たちとイエス様のつながりを例えられています。ぶどうの木とその枝の間に命がながれてくるように、私たちとイエス様の間にも同じように命がながれています。ぶどうの木と枝は区別できませんが、一つの植物であるようにイエス様を信じる者はイエス様と一つであり、同じ命で生きています。「つながっている」と「結ぶ」、当福音書のこの箇所には13回ほどにも繰り返されています。その中に基本的なイエス様のメッセージがつながっています。イエス様と結ばれることによって私たちは生きる、豊かに生きて実りをもたらすのです。実を結ぶとは、私たちの働きの目的が自己中心的な満足を果たすのではなく、人に大きな喜びをもたらすことです。特に豊かな実りを結んだ者とは聖人たちと殉教者たちです。彼らの証によってイエス様の姿を身近に見せてくださり、イエス様の声、イエス様のほほえみ、場合によってイエス様の癒される手にもなりました。イエス様の命で生きた者たちはイエス様に結ばれた者たちで、イエス様がかれらの心に宿り、人の大きな助けと支えとなりました。ヨハネ福音記者が言うように、イエス様につながった者は清い心をもって、神様をそのまま見ることができますが、イエス様とのつながりを切り離すのは、大きな悲しみだけを迎えることではないでしょうか。                                                          
                                   モヨリ神父

コメント

B年 復活節第4主日

2015年04月28日 | 神父様からメッセージ(B年)
聖霊降臨を向っていく、復活祭を味わっているキリスト信者の心は、このように神様の美しさに溶け込んで輝いています。光であるイエス様が私たちの心を貫かれて、神秘的な世界とその現象を見られるような力となっています。イエス様もご自分の聞き手に話すときに、一所懸命にいくつかの譬え、イメージを使っていますが、実際に伝えてくださるのは人間の理性でつかむことのできない素晴らしい真実です。イエス様が譬えを使うと、その中でそれを聞いて受け入れる人に出会います。その小さい物語はイエス様に出会う場となっています。それだけではなく、復活されたイエス様がその小さい可愛い物語を通して、私たちの日常生活の中におられると知らせてくださいます。
ヨハネ福音書10、11-18
イエス様の一つの宣言で話が始まります。「私は・・・ある」。このような表現がヨハネの福音書によると、オレブ山でモーセに神様から伝えられた名前のつながりが強調されています。復活されたイエス様が私たちの人生の中にある、私たちの心や思いにあり、欠かせない存在です。そして、「羊飼い」という表現で、どのような形でイエス様が私たちの内に存在しておられるかが明らかにされています。罪の赦しを深く強調されたイエス様が、良い羊飼いの姿に譬えて深く憐れみの心を示しています。羊のように弱い、迷いやすいいつも赦される私たちを、愛の理由だけで支えてくれる羊飼いはイエス様です。良い羊飼いと羊のつながりは命です。イエス様がご自分の命を捨てる(失うー捧げる)ほど、私たちにご自分の愛、思い、喜びをくださいます。だから私たちにとってイエス様の命は欠かせない贈り物です。イエス様は本当の良い羊飼いです。このような表現は日本の思想においても理解しやすいことだと思います。良い羊飼いは模範的な先生です、「先に生きた者」、正しい先生、正しく真理を述べる先生、そして、弟子を愛情で包む先生です。上記のような思いは日本仏教の教典にもあります。けれども、唯一であるイエス様の救いはイエス様と全く同じようになる、考える、生きることです。正しい羊飼いは自己利益のためではなく、愛情の理由だけで羊を敵から守っています。つまり人間を神様から遠去ける敵はいくつもあります、哲学的な思想、社会的な競争、魅力的なさまざまな思いです。けれども、いつも私たちを赦し、ご自分の肩に担いでくださるのは模範である唯一の良い羊飼いです。イエス様が一人、一人にくださったのは正しい教え、迷うことのない真理だけではなく、ご自分の命、ご自分の体、ご自分の血。それを自分の人生に取り入れる人だけが永遠に神様の懐の中に生きるのです。
                              モヨリ神父
コメント

B年 復活節第3主日

2015年04月16日 | 神父様からメッセージ(B年)
さて、4月25日は聖マルコ福音記者の祝日にあたっています。。聖マルコはとても貴重な贈り物を残してくれました。福音記者の中で最初にイエス様について語られた出来事、またイエス様自身が話された言葉、行われたしるしを集めて小さい書物の中に残しました。師の姿を描きながら忠実な弟子の姿を教えてくれます。マルコはまだ若い頃イエス様がオリブ山で捕らわれた時に、そこに寝泊まりしておりました。弟子たちと使徒パウロの宣教活動に参加して彼らの証言を記録し、私たちに貴重な贈り物として残したのです。ミサに参加する私たちは、福音記者が記録した神様の言葉の朗読を聞いて、それに対して大きな感謝の心をもつべきだと思います。聞いた言葉は私たちの心に入り込んで、思いや心を変えて私たちの人生までも豊かにします。このように、残された貴重な言葉を大切にしながら特別にミサの時、また奥まった自分の部屋の中でも、何度も耳を傾ければ支えられる命、真理、道になっていきます。
「ルカ24・35-4」
 復活されたイエス様は、弟子たちに何度も色んな方法で現れました。イエス様との出会いは聖霊の光と平和に照らされ包まれて、暖かい食事の分かち合いの中で行われています。復活されたイエス様は何度も弟子たちに恐れないように願っています、自分のことは幽霊のようなものではなく肉と骨を持っているものだと強調しています。つまり、復活されたイエス様が、隣人のように私たちの身近にいて一緒に歩いておられます。神様の言葉は、イエス様が復活された神秘を明らかにします。共同体の中で、神様の言葉を通して過去の出来事を思い出すと(記念する)新たな光で見ることになるので、これまでのことが神様から導かれてきた出来事だとよくわかります。ルカの福音書がもう少しイエス様のご復活の意味を深めてくれます。復活されたイエス様から頂いた平和は心安らぐ平和だけではありません、心を燃え立たせる平和、愛で人を温める平和です。イエス様にとって弟子たちと共に食べることは、とても嬉しい出来事でした。一緒に食べて、食べ物を分かち合うことは復活祭のしるしであり、キリスト信者にとっても欠かせない信仰の証です。最後にイエス様が皆のために復活されて、皆の罪を赦し、皆といつでも一緒におられる神様の姿を示し、皆と一緒に歩くと約束されました。
                             モヨリ神父  
コメント

B年 復活祭第二主日 

2015年04月09日 | 神父様からメッセージ(B年)

 復活節の第2主日に向かいます。まだ復活祭です。聖霊降臨まで、まだまだ復活祭の喜びを味わう時です。復活されたイエス様の姿は私たちの目の前です。「私だ、恐れることはない。」「いつもあなたと共にいる。」「あなたがたに平和があるように」と心からおっしゃっています。
「トマスはイエスが来られた時、かれらと一緒にいなかった。」
12人の使徒の一人、イエス様の弟子であるトマスは、イエス様が来られた時にどこにいたでしょうか。私たちも、重要な時に居るべき所にいない場合があります。この生きている貴重な瞬間を逃して、過去の中に止まったり、昔の悩みを掘り起こしたり、昔の悩みの原因となった人のことを赦せなかったりしています。私たちも復活され、たった今生きているイエス様の所にいないのです。空想の翼に乗って、未来に入り込んで夢をみたり、存在していない世界を憧れたり、自分のことだけを大切に考えて、世の中の主役になることだけを望んでいます。この時、聖トマスと同じように私たちは、生きておられるイエス様の所、私たちを訪れてくださったイエス様の所に、そして弟子たちがいた所にいなかったと思います。復活されたイエス様がおられる所に居れば、あるいは、この生きている大切な瞬間に復活されたイエス様を迎えられたら、次のようなイエス様の言葉が理解できると思います。
「聖霊を受けなさい。誰の罪でもあなた方が赦せば、その罪を赦される。誰の罪でもあなた方が赦さなければ、赦されないままに残る。」
一瞬々、幸せを探し求める私たちは、まず復活されたイエス様が心の平和であることを味わうのです。それは人を赦すことによって得られるのです。過去のことを振り返っても人に反感を持たなければ、イエス様の平和に止まることができます。イエス様の傷に触れて、肉と骨を持つ復活されたイエス様に出会うことができます。聖霊の力によって、イエス様に従った私たち自身が人を赦さなければだれも赦すことが出来ないのです。生きている瞬間にいつも赦す心をもっていれば、大きな喜びや幸せを味わうことができます。
「私を見たから信じたのか、見ないのに信じる人は、幸いである。」
イエス様は幽霊のようなものではありません。雲に包まれている夢でもなく、骨と肉のある方ですから、私たちのすぐそばで、手を伸ばして助けてあげられる人の姿をもっています。イエス様が復活された時に、婦人たちも弟子たちも、すぐには復活されたイエス様だとわかりませんでしたが、神様の言葉の光によって目が覚めた瞬間、イエス様を見ました。復活されたイエス様が、いつも私たちのすぐそばに一緒におられるのです。

                             モヨリ神父
コメント