三沢自転車商会

スポーツ自転車の商品情報満載
チャリは今日もラブリーかい?

Xshifter Mini Pod

2018年12月12日 | 注目パーツ

おもしろい製品が発売されました。

エックスシフターというメーカーが開発した画期的ワイヤレスシフティングシステム。

通常のワイヤー引きのコンポーネントをそのまま電動化するシステム。

ハンドルに超小型のMINI PODワイヤレススイッチを取り付け。リヤディレーラーのケーブル中間に電動シフトを装着。結果、ワイヤーで変速するのは変わりませんが、最後のワイヤーを電動で可動させる。

スイッチ感覚でシフト操作が出来るのはDi2ど同じ感じ。

全てのメーカーのリヤディレーラーに対応しており、現在使用しているコンポをちょっとグレードアップ出来ます。価格42,000円。

 


メリダ スクルトゥーラDISC4000

2018年12月11日 | 在庫自転車

メリダのディスクロード、スクルトゥーラ4000入荷しました。

現在のバーレーンチームカラーです。まだ来シーズンのカラーリングが発表されていませんが、これはコレでカッコイイから関係無いというお声も。

最初はチープだと思っていたスポンサーロゴのステッカーも、「嫌なら剥がせるでしょ」という優しさのようです。

以前のネイビーからブラックにした理由は単純にフレーム重量が軽くなるから。色だけで50gくらい変わるんだとか。

このグレードではディスクが人気。30万円を切る、カーボンフレームに油圧ディスクというパッケージはさすがメリダ。初心者にも操作がしやすいディスクブレーキ。

レース現場では、クリテのようなストップ&ゴーが頻繁に繰り返されるコースではディスクブレーキ無しでは戦えないようです。ブレーキのタイミングがより遅くなるため、コーナーの突っ込み速度が違いすぎる。

ディスクの方が高くなってしまいますが、用途によって選べる完成度も高いメリダ。価格269,000円。


ティンバーMTBベル

2018年12月10日 | 在庫パーツ

グラベル向けのイイ感じのベルが入荷しました。

ベルは必需品ではありますが、この時期はクマ出没注意の看板に恐怖を感じます。

そこで危険な箇所は鳴りっぱなしにすることで安全確保。必要ない時はロックして不必要に鳴らないように出来る、切り替え装置が付いているベルです。

レバーを上下に可動させるだけでONとOFFの切り替えが可能。ゴムバンドでハンドルに簡単装着。山へ行く方はぜひ。価格2500円。


リドレー フェニックスSL DISC

2018年12月09日 | 在庫自転車

新作ロードの中で最も注目度の高いモデルの一つ、リドレーのフェニックスSLディスクバージョン入荷しました。

完成度の高いオールラウンドエンデュランスバイク。長年愛されているモデルにはそれだけの理由があります。

乗り心地が良いのに進み方も抜群。剛性バランスがほどよく多くの方が乗りこなしやすい味付けが絶妙です。

そんな高評価のフェニックスSLがディスクブレーキモデルとして登場。今年の完成車はディスクだけのラインナップになりました。それだけ自信もあるかと。

ホイールを固定するために末端は剛性感が高くなります。剛性が過剰になりすぎないように、元々キャリパーブレーキが付いていた場所は位置を下げ、より細身に作る事で振動吸収を向上させています。

そしてなんと言ってもカラーリング。これが最初で最後のグライペルデザイン。コストも掛かるであろう凝ったデザインはもちろん数量限定。

さらにレベルアップしたフェニックスSLをぜひご覧ください。価格334,000円。


SIDI SHOT限定カラー

2018年12月08日 | 注目パーツ

SIDIのフラッグシップモデル、SHOTの限定カラーが発表されました。

プロチームにサポートしている、バーレーンメリダとカチューシャの2カラー。アッパーにパンチング加工を施した通気性に優れたAIR仕様となります。

1度限りの入荷となるレアカラー。ご予約は12/28まで。入荷時期は4月予定です。価格46,800円。


フルクラム RACING ZERO CARBON DB

2018年12月07日 | 注目パーツ

最高の評価を得ているホイールファミリーの代表格RACING ZEROシリーズ。カーボンクリンチャーリムを採用し、走行性能の指標のすべてを高次元に併せ持ったRACING ZEROCARBONのDB対応モデル「RACING ZERO CARBON DB」の入荷が始まりました。

軽量で高い耐久性を持つチューブレスにも対応したカーボンクリンチャーリムとエアロアルミ・ストレートプルスポークという、非常にユニークな組み合わせを持つ構造。

クリンチャーならではの気軽さと優れた走行性能を兼ね備え、カテゴリーを問わずあらゆるレベルのサイクリストにフィットするベストセラーオールラウンドホイールです。その性能を損なうことなく、ディスクブレーキ仕様に対応したモデル。価格284,000円。


ナルーマスク 

2018年12月06日 | 注目パーツ

来シーズンの花粉情報が発表されていました。例年より2~4倍も飛散するようで…。恐ろしい話です。

春先の花粉対策として有名なナルーマスク。この時期でも重宝することはご存知でしょうか?

防寒用として使える厚手のタイプもラインナップされています。もちろん呼吸しやすい特長を備えたマスク。

防寒と呼吸のしやすさを両方備えているのはナルーマスク。価格3685円。


シマノ クリートアジャスター

2018年12月05日 | ショップスペシャル

当店で導入しているシマノバイクフィッティングに新しいツールが加わりました。

シューズの正確な位置にクリートを取り付けるためのフィッティングツール。

クリートの位置が非常に大切な事はご存知かと思います。しかし、ほとんどの方がシューズの真ん中に付けるだけ。どこが適正な位置なのか分からない。といったご意見をいただきます。

アドバイスは出来ても、実際に合わせることが難しいのがクリート位置。

そこで、それぞれの足に合わせたクリートポジションをセットできるツールです。

クリートは「母趾球と小趾球の中間にペダル軸がくる」が最適だとする考え方に基づいております。

どのメーカーのシューズ、ペダルでもセッティング可能です。

当店では有料サービスではなく、シューズとペダルをお買い上げいただいたお客様にのみ提供させていただく無料のサービスとさせていただきます。

実際に自分のシューズで試したところ、格段に踏みやすくなりました。感覚ではなく、足に合わせる事が大切。ぜひご相談ください。


ピナレロ GREVIL

2018年12月04日 | 2019モデル/ロード

近年盛り上がりを見せているグラベルロードカテゴリーに、ピナレロが新しく『GREVIL+』と『GREVIL』を発表しました。

グラベルライディングの分析は、多くの側面があり非常に複雑。このカテゴリーではアスファルトから泥路面まであらゆるタイプの地形を走行する事を望むライダーが居ます。また、長距離を走行することに重点を置く事もあり、多様性、快適性や応答性などを高いレベルで満たしていなければなりません。

プロジェクトの目標は真のピナレロDNAを持ったバイク、それは全てに人にとって快適なバイクを意味します。

フレームは空気力学に基づいてデザインされ、バイクの安定性や応答性を損なうこと無くライダーが走ろうとする路面によってホイールを選択できるように多様性を持たせたフレーム設計とジオメトリを有します。

GREVIL+/GREVILのジオメトリは、ロードレースのジオメトリに手を加えたものではなく、グラベルライダーにとって最適とするために全く新しく開発されています。

使用しているカーボンによって2種類のラインナップ。フレーム価格540,000円 or 380,000円。


PRO VIBE AERO スーパーライトハンドル

2018年12月03日 | 在庫パーツ

PROのエアロ形状ハンドルが入荷しました。

カーボンハンドルもいろいろある中で、このバイブエアロは唯一無二の形状が気になるため、実際に手に取っていただきたく展示しております。

上ハンのエアロ形状の面積。握るというより手を置く感覚。

そしてドロップ部分。丸ではなく扁平形状で刀や木刀を握るような新しい感覚。バーテープも巻いて握ってみたくなるほど他には無い新しい形状。

そしてシマノだからこそ、Di2のジャンクションをドロップエンドに収納可能な作り。そして軽量。新時代のハンドルです。価格46,000円。