猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

ブラッキの老人食。なれるといいなぁ。

2013-11-28 22:42:51 | 身辺雑記
11月28日 木曜日
ブラッキもだいぶお年だ。
人間だったら70歳にはなっているはずだ。
新しいキャットフードは食べようとしないので、老人食にして食べてくれるか不安だった。
『「銀のスプーンプレミアム」三つ星グルメ、15歳が近づく頃から』、を買ってきて与えた。
「挽き小魚とかつお節で風味豊かな香りと味わいに仕上げました」というキャッチコピー。
かつお節が好きなのでこれなら食べてくれるかもしれないとおもったので。
与えてみるとかつお節の香りに魅かれたのかスムーズに食べてくれた。
これから少しずつ缶詰なども与えてみようと思う。
この子は健康そのもの病気一つしないでいままで来た。
でもさすがに、このところ老衰がめだつ。
外にでてもすぐもどってきてしまう。
家にいるときは夫ベッタリの猫で、片時も彼の側を離れない。
二階の書斎兼寝室でほとんど寝ている。
夫がパソコンを打っているとその脇に監視役みたいにちょこなんと座っている。
たまには二階の窓からそとを見ていることもある。
そんな報告を夫がもたらす。
いつまでも、元気でいてね、と餌をやる役だけはわたしなので、その都度励ましている。
今夜あたりから冷え込むらしい。
夜の遅いのはあたりまえの生活なので、暖房には気を使う。
動かなくなってもう買い換えようとしたキッチンのエアコンが動き出している。
助かった。
これからの長い冬、猫と亭主とわたし、の静かな生活が始まる。

   

           
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。
  お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村

  ありがとうございます。







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雨月物語で有名な大中寺を訪ねて

2013-11-19 21:09:11 | お出かけ
11月16日(土曜日)
新大平駅を降りて歩きだしました。
夫とふたり。
めざすは「雨月物語」の「青頭巾」で有名な大中寺。
JRの中山道の踏み切りまでは標識がなく不安でした。
途中、犬と遊んでいた男の方に道順を聞きました。
その方の言葉を思い出しながら、こまでたどり着きました。

   

   

サイクリングをしている人がたくさんいました。
おもわず声をかけて「大中寺」までの道のりを聞くと、親切におしえてくれました。
よくみると外人さんでした。
流暢な日本語でした。

目の前に襟を正すような枯淡な風格がある山門がありました。
雰囲気はまさに禅寺。
人が来るのを拒んでいる。
なにも宣伝するようなところはない。
でもそれが新鮮でした。

  山門
   

   

   

   

   

  大中寺の七不思議

   油坂
   
   

   不開の雪隠
   

   

   馬首の井戸
   
     

大中寺から太平山まで山道を歩きました。
そこでよせばよかったのです、栃木市内まで徒歩。
しめて三時間強の時間を歩いたことになります。
楽しかった。

  山道
   

  栃木市内を流れるうずま川 
  舟がすすみ川面にさざなみがたった。その波間に鴨がうかんでいた。 
   
   
           
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。
  お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村

  ありがとうございます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シエフレラ・クワズイモ

2013-11-17 18:34:07 | その他のお花たち
300円ショップで買ってきたシエフレラ(2年前)クワズイモ(昨年10月)がすごい勢いで成長している。
わずか10cmぐらいの可愛い苗だったのに。
今では80cmもある。

今年の夏、わたしが体調をくずしたのを心配して、東京から息子が駆けつけてくれた。
その夏シェフレラが数枚落葉して元気がなくなった。
そのとき、ちょっと 意地悪なことを言ってしまった。
「育てている人が病気になると、植物も元気がなくなるんですって…」
「おかあさんそんなこと言わないで」
息子の顔が一瞬くもった。

いまだに、そのときの光景がときどき脳裏をかすめる。
何気なく口にした言葉が相手を傷つけてしまう。
わたしの悪い性格…気をつけなくては。

  シエフレラ
  

  クワズイモ 
  

            
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。
  お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村

  ありがとうございます。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

手作りイチゴジャム/リルケの薔薇

2013-11-16 00:07:10 | 身辺雑記
スーパーの店頭にイチゴが出回ってきた。
1パック398円
昨年作ったイチゴジャムがちょうど終わったので、2パック買った。
イチゴジャムを作る。
大きな葉が付いていた。
濃い緑と真っ赤なイチゴ。綺麗。
葉を取ると通常よりグラム数が少ない。
いつもより砂糖の量を減らしてみる。

砂糖…イチゴの4割(甘みが少なかったので)
レモン汁…2分の1個分

ほうろうの鍋にイチゴを入れ、上から砂糖をまぶして30分ほど置く。
砂糖が溶けたらやや強めの火で、アクをとりながら、焦げつかないように木じゃくしで鍋底をこするようにして混ぜながら短時間で煮る。
最後にレモン汁を加えて数分煮て仕上げる。
イチゴジャムは強火で手早く煮るのがコツ。
煮沸消毒したビンに詰める。
消毒後、時間をおかないですぐビンに詰める。

      

卓上ではリルケの薔薇が妖艶な香りをはなっている。
(このバラは30年以上になります。名前がわかりません。それでバラを愛した詩人リルケの名前を拝借。)

   リルケの薔薇
   

   

   

   
   
       

『薔薇の花々から』
          ライナー・マリア・リルケ
    16         
おまえを語るまい。おまえは
生れつき えもいわれぬもの。
ほかの花はテーブルを飾るが
おまえはテーブルの顔を変えるのだ。
おまえは素朴な花瓶に挿されるーー
すると すべてが変わる。
たぶん同じ旋律なのだが
天使によって歌われるのだ。

   薔薇の詩のアンソロジー
         清岡卓行より

           
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。
  お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬枯れの庭/シュウメイギク

2013-11-15 11:59:57 | わが家で咲くバラたち
庭も冬枯れのわびしさが日に日に色濃くなってきた。
バラは蕾をひっそりとつけている。
はたしてこの寒さで綺麗に咲いてくれるのか心配。

庭の片隅でシュウメイギクが白い清楚な佇まいで咲いている。
好きな花で何回か植えてみたがいつも失敗。
半日陰のあいていたスペースに地植えにしてみた。
何とか蕾をつけたがいっこうに咲くけはいがなかった。
わたしをやきもきさせた。
が、遅い開花。うれしかった。

   蕾の形もいろいろで面白いですね。

   アイスバーグの蕾 本来は純白ですが寒さで頬を紅潮させているのでしょうか
  

   ナエマの蕾 もも…おいしそう
  

  

       

   紫雲の蕾 寒さでみを縮めているのかしら
       

       

   フレンチレースの蕾 たくさん蕾をつけて全部咲きますように
       

   シュウメイギク
  

   

          
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。
  お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村





 

    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スローライフは手作りの楽しさから

2013-11-13 21:56:48 | 身辺雑記
今朝は冷え込んだ。
町の駅に買い物に出かけた。
家の中より外のほうが暖かい。
初冬のやわらかい陽射しが心地よい。
キッチンにいると日が射さないので寒い。
おまけにエアコンが壊れてしまった。
大型店で買おうか、町の電気屋さんにしようか迷っている。
今のところは石油ストーブで我慢している。

町の駅で葉付の大根、白菜、自家製の味噌2種類、油菜を買う。
家に帰ってさっそく白菜を漬ける。
大根の葉を刻んで塩もみして熱々のご飯で食べるのが好き。
ゴーヤーのつくだ煮もつくる。

NHK趣味Do楽で放送。
ゴーヤーのしょうがつくだ煮に、はまってしまった。
これまた熱々のご飯によくあう。

ゴーヤー1本
A:しょうゆ、みりん、酢 各大さじ2 はちみつ 大さじ3

しょうが(せん切り)15g
ちりめんじゃこ 20g
金ゴマ 大さじⅠ
削り節 5グラム

1ゴーヤーは縦半分に切って種とワタをきれいに除き、5mm角に切る。
2鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったらゴーヤー、しょうが、ちりめんじゃこを加え混ぜながら煮る。
3水気がほとんどなくなったら、金ゴマ、削り節を入れて混ぜ合わせる。

お隣のSさんから手作りの味噌とお蕎麦をいただく。
今日は味噌の当たり日。
味噌を何種類も混ぜた味噌汁も美味しい。
お返しにゴーヤーのつくだ煮を差し上げる。

  庭の片隅に咲くつわぶき 花言葉…愛よ、よみがえれ
  

  ゴールドバニー 鮮黄色のバラが冬空に輝いている
  

  
         
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。
  お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄葉に遊ぶ/シャリファ・アスマ(イングリッシュローズ)

2013-11-10 09:43:48 | お出かけ
2013/11/09 土曜日
「今日はどうする」と夫。
「雨模様だし、家にいようか」
化粧をすましきちんと身支度すると外出もいいかなぁ。
と、「東公園にイチョウを見に行きましょうか」と夫を誘う。

車窓からみる田園風景はすっかり晩秋。
葉の散った枝に赤く熟した柿が無数にぶら下がっている。
この季節の風物詩。

公園のイチョウはほぼ黄葉もおわり、ちらほらと落葉する木もある。
まだ青くこれから黄葉にはいる木もある。
その黄葉と青のおりなす色が綺麗。

今年は猛暑がつづき、台風の影響もあってか葉の数が例年より少なく感じた。
心なしか葉も小ぶり。
ちょっと残念。

銀杏が無数に落ちていた。
1つ拾って手に取るとぐしゃっとつぶれすごい臭い。
夫が慌てて「手がかせるよ」と、とめられる。
かぶれやすいわたしにたいする夫の発言だった。

    

    

    

    シャリファ・アスマ
    

    
    後ろのつぼみはナエマ

        
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。
  お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村



   

   

 
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤川ダム再訪

2013-11-08 21:14:29 | お出かけ
連休で息子家族が遊びに来てくれた。
車で宇都宮の赤川ダムに連れて行ってもらった。
散策するにはいい所だ。
バスで森林公園入り口で降りて、歩いてここまで来るには1時間ぐらいかかるだろうなぁ。
十数年前になるが次女と来たことがある。
そのときの、みなもに映る倒影の美しさが忘れられずにいた。
また、みられて感激。
3歳になった孫も元気に走り回っている。
どんぐりを拾ってポケットにいっぱい詰め込んいた。

   

   のどかな田園風景 西日を浴びて
   

   

   水面に映える投影が美しい
   

   

   夕霞のかかった湖面に鴨が泳ぐ足元から波紋がひろがっていた。
   

   静寂
   
   
   日没
   

    
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村



   

   

 
    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン教室までのデート

2013-11-07 17:33:28 | 身辺雑記
天候が定まったとよろこんでいたのに。
朝から雨。ああ、今日は朝からパソコン教室なのにぃ。
夫と20分の散歩を、デート気分で楽しめると、トキメイテいたのに。
残念だわ。しかたなく、バスに乗る。
でも、雨の匂いのする街。ステキ。
家で薔薇の世話。ブラッキの世話。ときどき――。亭主の世話。
家にほとんどいるわたしにとって、街の景色は新鮮に映る。
今年は、桜紅葉がほとんど見られなかった。
バスの車窓から見る街路樹の桜。一本だけみごとな紅葉。
「あの桜は品種がちがうのかしらね」
「いつも花の季節も遅い木だ。たぶん台風のときに葉が落ちなかったのだろう」
と夫はうがった見方をしている。
帰りにブックオフに寄った。
何年ぶりかしら。夫は竹河聖の「ニューヨーク魔天楼の影」、わたしは武田百合子の随筆集を探したが見当たらなかったのでパス。
FDパートに寄る。夫はにごり酒「五郎八」を買う。
帰ってから教わって来た「名刺」の作り方を復習した。

  紅葉まえに落葉した桜
  

  
  ご訪問ありがとうございます。
  お帰りに下のにほんブログ村をおしてくださると活力になります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加