猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

ライラックの木

2014-04-30 21:36:09 | その他のお花たち
朝から雨。
温度のわりには肌寒くかんじる。
一枚よけいに着込む。
庭仕事はお休み。
昨日撮った花の写真を整理する。

我が家の狭い庭に鉢植えのライラックの木が一本ある。
小さな花が群がって咲いている。
ライラックの花はトルストイの「復活」や、
オスカー・ワイルドの「ドリアン・グレイの画像」の冒頭にこの花の美しい描写がある。
夜、雨脚がつよくなった。

   ライラック(ライラックは英語、リラはフランス語)
    

    

    

   オダマキ
    

    

   シャガ
    
       
ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  


コメント

緑に埋もれて

2014-04-28 21:43:34 | 身辺雑記
いつのまにか庭が緑で埋もれる季節になった。
茂ったモッコバラで家の中が薄暗くなった。
庭ではみずみずしい若葉を照らして光が乱舞している。
庭にいる時間が楽しくてブログのアップもままならない。
夜になると疲れがどっとでてしまう。

次々に咲く草花。
アメリカンビューティ、スミレ、オダマキ、シャガ、藤…
バラもたくさん蕾をつけた。
コーネリアにアブラムシが。
初めてバラにアブラムシがついた。
薬をまこうかと思ったが、よく見ると可愛いテントウムシが…
アブラムシを食べてくれるのに……
これをきにオーガニック栽培を勉強してみよう。

   すみれ 可憐な花姿 
    

   オダマキ
    

   アメリカンビューティ 花りんご ターシヤの愛した花木
    

    

   藤
    

    

   てんとう虫
   
    

        ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  
コメント (2)

「フレフレ少女」のグランドで残桜を楽しむ

2014-04-14 17:55:06 | 身辺雑記
桜花のさざなみのなかを夫と公園を歩く。
今年は雨にたたられず風もあまり吹かなかった。
桜をながく楽しむことができた。
桜色の花の波が風に吹かれてさっと流れていく。
小路の片隅によどんで花弁がかさなる。
この公園は新垣結衣の「フレフレ少女」の映画で知られている。
城跡で周囲の土手やお堀り跡にそれなりの風情を残している。

 夕暮れどきの花のある風景
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  


コメント (4)

早く外にでたい

2014-04-12 19:30:54 | 身辺雑記
日比谷線は通勤客でぎゅうぎゅう。
小さいわたしは谷の底から乗客を見上げる感じ。
夫の手を必死に握りしめていた。
電車が揺れるたび体が倒れかける。
そのたびに夫の手に力が入って引き寄せてくれる。
やっと仲御徒町で下車。

大江戸線に乗り換え。
いつもの決まった乗車口で乗ろうとした。
なんとなく同じ車両に乗りたくない人がいた。
車両を一つずらして乗車。

若松河田で下車。
エレベーターに向かった。
エレベーターの前に先ほどの人がいた。
わたしの足は反射的に階段へ向いていた。
しかし、夫が出かけに膝が痛いと言っていた。
思い直してエレベーターに乗り込んだ。
あとから5、6人無理に。
これ以上は無理とおもった。
身のおきどころがない。
開閉ボタンを押すにも隙間がない。
誰かが叫んだ。
改札口のボタンを押すように。
たまたま夫の前がかろうじて開いていた。
夫が改札口へのボタンを押した。
動かない。
夫が間違って押したのかと内心ハラハラしていた。
数分間何度押しても、閉じたドアは開かない。
7~8分身動きできないまま不安がつのる。
だんだん汗ばんでくる。
ときおりギィという鋭い音。
やっと解放された。
映画でよくエレベーターに閉じ込められる場面がある。
特に印象に残っているのは「死刑台のエレベーター」
数分間の出来事だったが二度と味わいたくない。
これからはできる限りエレベーターは避けることにしよう。

      
 ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  





コメント

花冷え

2014-04-07 17:22:54 | 身辺雑記
2014/04/06 日曜日
花冷えのする夕方散歩に出る。
夕日に映えて桜が白く光り輝いて見える。
桜はやはり青空に映える。

鴨が三羽、水辺から飛び立った。
一羽が川面に残っていた。
「どうして一緒に飛び立たなかったのかしら」
「一羽だと何か寂しそうね」
と話していると、さきほどの鴨が頭上を旋回している。
川面に降り立った。
よかった、よかった。
四羽がいつものように仲良く寄り添って泳いでいる。

あまりの寒さに家路を急ぐ。

    庭植えのクリスマスローズ

      

      

     
 ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  





コメント

椿…ぽたり土の上に

2014-04-06 14:24:35 | その他のお花たち
わが家の庭は日当たりが悪い。
そのため庭木には日陰に強い椿を選んでいた。
椿の花はぽったりと地に落ちるから、
不吉で庭木にするものではないと聞かされていたが。

嫁いだときからあった八重の薄桃色の椿。
子供たちの入学式、卒業式と何かにつけてこの椿の前で記念写真を撮った。
あのころは写真の背景にたくさん花が咲いていた。
今では巨木になって花は遥か上で咲いている。

    

    

    

特に心惹かれる原種の一重の紅椿がある。
厚ぼったい真っ赤な花びらに黄色の蕊。
濃艶な花を咲かせる。

    

    

    

楚々とした小さな純白の侘びすけ。

    

    

これも小さな愛らしい姫椿。

    

ワリンガーベル

    


 ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  






コメント

願はくは花の下(もと)にて春死なむ……

2014-04-04 19:47:25 | 身辺雑記
2014/04/03 
桜 part1
時おり雨脚が強くなるなか、いつもの河川敷を散歩。
山々や樹木が甘雨に煙っている。
枯れ芝生に緑の芽吹きがみられる。
枯れ草色と緑のコントラストがなんともいえず春らしい。
桜の木の下に立ち仰ぎ見ると。
蕾の房がふっくらと膨らみ、いまにも花びらがのぞきそう。
明日あたりには満開になりそう。

2014/4/04
桜 part2
御殿山公園に桜をみに夫とでかける。
桜をみに毎年来るわたし達の穴場。
そして、わたしたちの思いでいっぱいの桜の名所。
「願わくばきみの膝にて春死なんその如月の望月のころ」
なんて言って、一緒に歳をとりませんか、とわたしをクドイタ男。
今は蓬髪、白い無精ヒゲ。昔のダンディな青年の面影は無い。
でも、こうしてこの桜坂をふたりで登れるのは幸せだ。
わたしたちの結婚式をあげた市の施設「御殿山会館」が見えてきた。
あの前を過ぎれば、満開の桜が待っている。
小高い丘に野球場がある。
グランドを取り巻くように土手に桜が植えてある。
静寂のなかで二人きりのお花見。

鳥が木々から飛び立つ羽音。
風のささやき。
たくさんの桜に囲まれた至福のひととき。
曇り空のせいか桜の花が沈みがちに見える。
それでも花のまわりはほのかに明るく感じられる。

満開近い桜。
今にも蕾の房がこぼれそうな桜。
古木には魂が宿っているよう。
一本一本の桜に想いを寄せる。

家に帰るとまもなく暗雲が広がり、雷神様のお出まし。
横殴りの雨。
すごい雨脚。
外をのぞくと、小さい氷の塊…雹。
花に嵐といわれるが、この地方では花に雷雨がよくにあう。
雷県の面目躍如といった、午後の天気の急変だった。

  

  古木
  

  

  

  

  

  

  

    

  ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  



  

 





コメント

富士山(ふじやま)散策

2014-04-02 18:51:21 | 身辺雑記
2014/04/01 火曜日 晴天

綺麗な青空と暖かさに誘れて家をあとに。
散歩や買い物に行きながらよく眺めている小高い山。
街の西南にある富士山(ふじやま)に登ることに。

行きがけに知り合いの八百屋さんでバナナを買う。
実は日光に行く話もでていたが、カメラが充電切れ。
それではと言うことで20年前に登った近場の山へ。
前に使っていたデジカメを首に下げて繰り出す。

町なかの路地を歩く。
古い民家や廃屋になっている家。
「テーマーを決めて『廃屋』だけ撮っても面白いよ」
「古木とか…」
地元で育った夫の昔々の青春のころの話など等。
おしゃべりをしながら、ちょっと歩くともう山がすぐそばに。
すっかり整備され「富士山公園」となっていた。
坂道を上り詰めると桜がわたし達を迎えてくれた。

    

    

    

          

ベンチで一休み。
澄んだ空気、青空の下でバナナをいただく。
飲み物を持参してくるのを忘れた。
肝心なことが抜けてしまうわたし、トホホ。

白梅、紅梅、レンギョウ、コブシ、白モクレン……。
遠くにみえる山々のブルーの濃淡が切り絵のように見える。
肩を寄せ合って二人で日光の山々や街を鳥瞰した。

    

           

    梅林
    

    日光連山
    

    

    

    
  ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  



  

コメント (2)

愛おしいクリスマスローズ

2014-04-01 09:59:50 | クリスマスローズ
古株のクリスマスローズ。
かれこれ十数年になるかしら。
裏庭に通じる路地の、日陰の花壇に植えてある。
毎年株も数本。花の開花も一輪か二輪。
昨年は蕾すらつけなかった。
今年は可憐な蕾を二つつけた。
そのうちの一輪が開花。
すくすく伸びた柔らかな黄緑色の茎と葉。
白に赤紫のスポットがステキ。
たった一輪だからこそ無性に愛おしく想う。
そろそろ鉢に植え替えかえてあげようかな。
それとも、環境のいい場所を探して地植えにしてあげようかしら。
植え替えてはたして根付いてくれるか心配。
大切なクリスマスローズだから。

  

  

  

     ご訪問ありがとうございます。
  ランキングに参加しています。
  応援よろしく。
       ↓
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村
  




コメント