猫と亭主とわたし

愛猫。虹のかなたに旅だったブラッキーとリリを偲び。家族になったルナと庭に移ろう季節、折々の想いを写真と文で綴っています。

秋風にゆれる秋明菊

2020-09-29 23:20:02 | その他のお花たち

 

2020/09/29 Tue.

空の青さが日に日に深さをましてきました。

秋風が身体にしみいるようです。

やっと庭にでて仕事ができるようになり、薄っすら汗をかく。

それがわたしの日常のはず。やっと日常が帰ってきました。

庭仕事をした後の心地よい満足感を味わえる季節になった。

秋明菊が秋風に揺れている。

赤紫の花は賑やかな女の子のよう。白い花はしっとりとした大人の女性を感じる。

     

     

     

     

     

クレマチスアフロディーテが一輪花を咲かせていた。

紫の小さな愛らしい花。今にも飛んでいきそう。

     

 

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

   

コメント

飛行機雲

2020-09-23 22:50:17 | 身辺雑記

2020/09/22 Tue.

ついこのあいだまで暑くてふうふういっていた。

いまでは涼しいというより、寒いといったほうがいいような朝晩になってしまいました。

洗濯物を干しながらふと空をあおぐと、真っ青な澄んだ空に刷毛で書いたような雲。

西の方向から飛行機雲がスーッと伸びてきました。

先端には飛行機も見えます。

一直線にどんどん伸びていく飛行機雲。

雲は大気の中の塊にすぎないのだが、心にいろいろな思いをはぐくむのだから妙です。

ちょっと目を離しているすきに、刷毛で書いたような雲はいつのまにか薄れかかっている。

     

     

     

     

 

  

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

   

 

コメント (6)

球根だけの曼珠沙華

2020-09-19 20:51:13 | その他のお花たち

2020/09/19 Sat.

庭にでるとおどろきました。

球根がいくつも地表にでてゴツゴッしています。

曼珠沙華の球根でした。

毎年、彼岸には真っ赤な花を咲かせていたのに、どうしたのかしらと思っていました。

炎暑と豪雨。

土が流れてしまいあらわになった球根に強いひざしが照りつけた結果。

このようなことが起きたのですね。

土をかぶせてあげたら二日目で芽がでました。

彼岸にはまにあいませんでしたが、花は期待できそうです。

こんな所にも今年の異常気象が影響していたのですね。

そうそう,曼珠沙華が沙羅のそばにひと茎だけ小さな莟をつけていました。

群生もいいけどこれもまた風情があります。

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

   

 

 

コメント (4)

秋のおとずれ

2020-09-16 21:45:02 | その他のお花たち

2020/09/16 Wed.

暑い暑いと悲鳴をあげていた暑さもとおのいて、初秋のさわやかな風が身にしみいるようです。

庭では萩、ホトトギス、秋海棠が秋のおとずれとともに咲きはじめた。

萩はしなやかに弧をえがくように地上にたれる紫紅色は美しい。

    

シュウカイドウ(秋海棠)は地中の球茎が零下10℃に耐える唯一の耐寒性のベゴニアです。秋のおわりに葉

の付け根に珠芽(むかご)をつけて、これが落ちて越冬します。

秋海棠が咲きだすと芭蕉の句「秋海棠 西瓜の色に さきにけり」という句を思いだす。

秋海棠のみずみずしい色はまさに西瓜の色。

    

        

紫式部は花が終わり若草色の実から紫に染まっています。

    

    

ホトトギスは一、二輪さきはじめ

    

       

夜、窓を開けると虫のすだく声がいっそう強くひびく。

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

   

 

コメント (2)

2020-08-28 21:45:45 | 身辺雑記

2020/08/27  Thu.

酷暑とコロナのダブルパンチ。

街もわが家の周辺も出歩くひとがいないので、ひっそりと静まりかえっている。

いままでこんなとは、経験したことがない。不気味なほど静かだ。

にわかに黒雲が湧き暗くなった。ふいに雷鳴がとどろき大粒の雨が降ってきた。

ところが雷さまに義理だてして、降ったような雨だった。

直ぐにやんでしまった。

一雨くるとよろこんでいたのに、パラパラと雨は落ちてきただけ。

このところの天候はおかしい。

夫が「虹がでているよ」と声をかけてくれた。

あわててカメラ片手に二階に駆けあがる。

東の空に巨大なアーチのような虹がかかっている。

こんなに美しい虹をみるのは何年ぶりだろう。

シャッターを切っているうちに「いますこし頑張っていれば、秋空らが望めるだろう」と希望がもててきた。

美しい虹に励まされた。

     

     

     

     

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

   

 

     

     

 

    

 

コメント (2)

秋のおとずれを待つ

2020-08-20 16:11:52 | ねこちゃんのお話

2020/08/20 Thu.

毎日うだるような暑さが続いている。

初めて経験するような暑さ。

ルナと夫とわたしは毎日クーラーのかかった部屋に軟禁状態。

ルナはあちこち居心地のいい場所を探しては移動している。

昨日の夕は大好きなキャットフードを食べようとしなかった。

夜までには完食してくれたのでほっとした。

この暑さはいつまで続くのだろうか。

 

一昨日の夕暮には虫の音をきいてほっとした。

秋のおとずれはどこかひそやかなものがある。

萩のしな垂れた枝には小さな花穂がみえる。

秋海棠もスイカ色の可愛い莟が秋を待っている。

    

    

    

    

    

 

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

   

 

コメント (4)

猛暑に咲く グレィブタイ・ビューティ

2020-08-06 22:21:45 | クレマチス

2020/08/06 Thu.

今年5月たまたまホームセンターで見つけたクレマチス、グレィブタイ・ビューティが開花。

小さな苗だったので今年の開花はあきらめていた。

生育が早く小さな莟をいくつも見つけたときはとても嬉しかった。

鮮やかな深紅色のチュウリップ形の花。

すごく可愛いく愛おしい。

3cmほどのベル形の花が咲き進むと4枚の花弁が全開に開いていく。

わたしは大輪の花よりどちらかというと小さな楚々とした花が好き。

可哀想に灼熱の太陽が容赦なく照りつける。うなだれたグレイブタテを午後は日陰に移した。

  グレイブタイ・ビユーティ テキセンシス・ヴィオルナ系

   

          

   

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

   

       

 

コメント (2)

ルナ可愛いね

2020-08-05 21:26:51 | ねこちゃんのお話

 

2020/08/05 Wed.

つゆ明けとともにうだるような暑さが続いている。

来週はさらに気温が上がるらしい。

クーラーは朝からフル回転。

ルナはケージの一番上でお休み。

あまりの可愛さに「ルナ、ルナ可愛い」と声をかける。

するとパタパタとしっぽでお返事。

「可愛い、可愛い」を1日何回もくりかえすことか。

   障子はルナの悪戯 楽しみながら少しずつ穴をあけていく

   

   

   

   

  

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

     

 

 

 

コメント (2)

ヤブカンゾウかしら?

2020-07-23 23:26:45 | その他のお花たち

2020/07/23 Thu.

あいかわらずうっとうしい日々が続いている。

雨の合間に草花の様子を見に庭にでる。

裏庭の片すみにオレンジ色のゆりの花に似た、丈80㎝ぐらいある花が咲いた。

莟をたくさんつけ次の日はしぼんで、また新しい花が咲き続けている。

植えた覚えのない花で、ちょっと強すぎる色なので抜いてしまおうかと思ったが。

インターネットで調べてみると、どうやらヤブカンゾウらしい。

またの名を忘れ草というらしい。

万葉集に 「忘れ草我が紐に付く香久山の古りにし里を忘れむがため」 大伴旅人 

「萱草の花とばかりやわすれ草」 来山の句 

     

    

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

     

 

コメント (2)

梅雨の朝の小景

2020-07-18 11:04:47 | ねこちゃんのお話

2020/07/18 Sat.

うとうとして考えていた。

今日も梅雨のうっとうしい日になるのだろうか。

パリバリ例によってルナが障子にはいあがろうとしている。

気がついてみるとスマホのアラームが鳴っている。

モーニングコールだ。

朝の7時、ルナはこの音をききつけると、朝食の時間だとわかって障子をパリバリ。

「ママ起きてよ」とさわいでいるのだ。

   PCの後ろにきて、おじゃま虫をしては、飽きて寝てしまう。

   可愛、可愛いね。

    

    

    

     

     

   

    

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

     

コメント (4)

紫式部の可憐な花

2020-07-06 16:43:16 | その他のお花たち

2020/07/06 Mon.

根もとから切ったはずの紫式部が今年はぐんぐん伸びた。

スーッと伸びた枝に涼やかな薄紅色の可憐な花が房状に咲いた。

秋には綺麗な紫色の実がなります。

     

     

     

     

  

     

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

     

   

     

 

コメント (2)

芳しい香りに誘われて/八重のクチナシの花

2020-07-04 14:01:34 | 身辺雑記

2020/07/04 Sat.

昨夜から降り続いた雨は朝方やんだが、空は薄暗くうっとうしい。

数日前、ほんのちょっとのつゆの合間に夫と買い物に出かけた。

帰り道、芳しい香りを風がはこんできた。

「素敵な香り」

数メートル前の艶やかな緑の葉の茂みの中に、純白の大きな花が咲いていた。

駆けよってみると、八重のクチナシの花だった。

「来て、香りをかいでみて」

「すごくいい香りでしょう」

夫とクチナシの花の話をしていると、その家の方が声をかけて近寄ってきた。

クチナシの木があまり大きかったので、人の気配に気づかなかった。

手には木バサミを持っていた。

庭仕事をしていたのだろうか。

「お花あげましょうか」

「え、ありがとうございます」

数本切ってくれた。

「莟があるからまだこれからさきますよ」

お礼を言って別れた。

夫がクチナシの花言葉は「よろこびを運ぶ」と教えてくれた。

あまり花の名前を知らない夫の言葉にびっくりした。

花言葉どおり帰り道は幸せいっぱいになった。

うっとうしい梅雨の部屋はたちまち芳しい香りに満たされた。

ルナもしきりに花に鼻を近づけている。

ルナも幸せそう。

     

     

     

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

     

 

コメント (2)

遅れて咲いた紫雲とフレンチレース

2020-06-29 15:03:09 | わが家で咲くバラたち

2020/06/29 Mon.

昨日は朝から豪雨。昼すぎ晴ればれ。

軒下の紫雲、フレンチレース、ブルームーンが開花した。

惜しくもブルームーンは雨にうたれ莟ごと折れていた。

フレンチレース、紫雲は今年初めての開花。

紫雲はシュートがでてきているから、まだ数年は花を見られるだろう。

フレンチレースの花はみおさめになるかもしれない。

淋しいけど仕方がない。

    紫雲 (HT)  鈴木省三氏作 赤紫の整った花形のバラ、いつも綺麗に咲いてくれます。

     

          

     

    フレンチレース (F) アイボリーに淡いアプリコットを差す、花びらの縁のゆるいフリルがレースのように見えます。

    中心から渦をまいて咲く、咲き始めが素敵。 

          

          

     

    

    ブルームーン (HT) 開花した花は雨に叩かれてみるも無残な姿に、おまけに莟の下のほうから折れていました。

          

               

  

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

     

 

 

         

 

 

 

コメント (4)

ご近所づき合い

2020-06-27 23:57:23 | 身辺雑記

2020/06/27 Sat.

わが家の裏には何軒か廃屋があたった。

それらが取り壊されていまは広い駐車場となっている。

ちょっと離れていた裏の家が駐車場にへだてられているだけだ。

間近に感じられる。その家に数年前、背の高い体格の良い方が嫁いできた。

いつも笑顔で挨拶をしてくる。

その方Nさんと言葉を交わすようになった。

歳は娘ほど違う。驚いたことに趣味がおなじだった。話していると話題が尽きない。楽しい。

夫と散歩にでて裏の家の庭を塀越しに眺めたら、白い花がたくさん植わっている。

広い庭で緑の葉と白い花が夕風にそよいでいる。輝くばかりに美しかった。

わたしも白い花が好き。その話をしたら種をもってきてくださった。

花の名前は、あまりの嬉しさに聞くのを忘れてしまった。

先日は種から咲かせたという可愛い花束を持ってきてくれた。

幾つになってもお花をもらうのは嬉しいものだ。

窓辺に飾って楽しみながらNさんの心遣いを思った。 

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。
コメント (4)

梅雨の紫陽花たち

2020-06-24 22:23:45 | その他のお花たち

2020/06/24 Wed.

雨上がりの庭のすみで、しっとりと紫陽花の花が咲いている。

紫陽花が雨水をたっぷり含んでいる。

ガク紫陽花を切り、雨粒を振り落とさないようにそっと持つ。

花瓶に挿し雨に濡れた紫陽花のたたずまいの風情を部屋で楽しみたい。。

素朴でひかえめに咲く額紫陽花に魅かれる。とくに藍の紫陽花が好き。

    ガク紫陽花

     

     

     

    たま紫陽花

     

     

    墨田の花火 薄いピンクに染めて

     

    お多福

     

     

  

にほんブログ 村

 ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。 

   

     

     

コメント (7)