こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

感じることの探究

2019年03月25日 | 自己実現
この俳優の出演するドラマだったら観てみたい。
そう思わせるのはなぜか?それがどこからくるのか、
惹かれる要素を考えるのでなく、感じてみることにします。
感覚を総動員して惹かれるエッセンスを探ったら、
これだなと、魅かれる“感じ”が掴めました。

なるほど、なるほど。別の魅かれる女優でも、
それは共通の要素であるように感じられます。
それで同質のエッセンスを感ずる対象の探求を、
友人知人に広げてみたら、ああ同じだと感ずる人がちらほら。。。
「この感じ」が私を魅了する要素であるらしいと、わかりました。

魅かれる感じの探求は、なかなか面白い遊びであると同時に、
私の内的世界のバランスをとるのにもよいようです。
考えることに偏りすぎて出来てきた身体にとって、
「感じる」探究は、生きるに必要な余白を作り出してくれる。
詰まったゴミをきれいにしてくれるような感覚があります。

思考に偏ってきたと言うときの思考には、
もちろん、ぐるぐる回っている“悩んでいる”状態が含まれます。
思考とひと口に言っても、良質なものから、
知らず知らず心を疲弊させるものまでいろいろですが、
生きるに必要な余白とは、良質の思考の条件であると思います。

その俳優に魅かれる感じ―要素をあえて表現するのであれば、
気品という言葉があうのかなと。。。言葉にするほど、
どんどん「その感じ」から遠ざかるので止めますが、
それは魂に由来するものであるかもしれません。
まあ、それはどちらでもよいのですが、
感じることの探究は、なかなか面白いので、
日常的に折々にとりいれてゆくとしましょう。

そうだそうだ、今度は花や木にも広げてみよう。
惹かれるもの、魅かれる感じがあるってありがたいです。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔68〕落ち椿の朝食、、3月24日
コメント

どの道をゆく?

2019年03月09日 | 自己実現
既存のやり方では通らない。
これまでの形は通用しない時代に入ってきていると、
ニュース報道から、連日の様々な出来事から、
よくもわるくも、あちこちで形が崩れ始めている現実を、自分が
“そのような時代に生きている”のを痛感させられます。

よくもわるくも。。。パッチリと目を開けて、
私は偏らずに眺めているだろうか。
静かに自問する間をもつこと、
全体を眺める時(瞬間)をできるだけ頻繁に持つことが、
いっそう重要になってきていると感じます。

これまでの形が通用しない。
目に見える世界の危うさ、脆さが明らかになってくると、
諸々の現象世界の背景にあるものが、
以前より、くっきり鮮やかに意識されてくるということもあるでしょう。
このような時代―不安定な時代に生きているのを、
一つのチャンスと捉えることもできそうです。

          *

ゆっくりでも亀の歩みでも、とりあえず、
らせん状に上昇しているつもりではあったけれど、
ぐるぐるしていただけで、ちっとも昇っていなかった、、、
それに気づいた話を友人にしたところ、
それでいいんでしょうね。。。と応答されて、
いやぐるぐるは拙いと思うと慌てて言ったことが、
後で自分一人になってからクスッと可笑しかったのですが。

ぐるぐるに気づいて、それでよいと思うのも人生、
ぐるぐるに気づいて、同じ場所のぐるぐるからは脱して、
多少なりとも進みたいと思いを新たに歩み始めるのも人生、
行く道は、その人が決めればよいことでしたね。

現象の背景にあるものを感ずる時(瞬間)をもちながら
不安定なこの時代に生きる現実を、
“私の道をゆくチャンス”にしたいと思っています。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔67〕-2花粉が飛散してガラス戸も、、、
コメント

否定的であることを、いったん受け入れる

2019年02月18日 | 自己実現
少々気になることがあって、
それについて記事をチェックしたり、
あれこれ考えている。。。
気になっていると自覚していても、
それが感情に及ぼしている影響には、
とんと無自覚で過ごしていました。

気になっていることと、
感情生活の繋がりにハッとしたときには、
不安感と怒りを通り越して、
身体症状、鬱、錯乱の気配を醸し出して、
この一週間、そんな感情の流れだったように思います。

表面的には「いつも」と変わりなく、
深層で着実に(!)ストレス曲線の段階を
進んでいただろうことが推察できます。

表面的に「いつも」と変わりなく過ごしていたとき、
その気になることについて思考と感情は、
暗い側面、ネガティヴな側面に焦点付けられていました。
気になることを、気になる人にしてみると
解りやすくなりますが、気になる人の、
暗い側面、ネガティヴな側面しか見ていません。

正確にいえば、暗い側面ばかり見ているのは、
まずいなあと、どこかで知ってはいるのです。
どこかで知ってはいるけれど、
暗い感情の(思考の)流れを止められないというのが、
一週間の流れであったように思います。

しかし、この放置は感情生活全体にとって拙い。
このまま放置したら感情生活全体が、
鬱からその上に安定してしまうかも、、そうなったら大変です。

          *

気になっている人(組織、国、コミュニティーでも)について、
落ち着いて思考を巡らせることが、今ここで必要なこと。

暗くネガティヴな側面だけではない。
明るくポジティヴな側面もあるという事実を、
しっかり受け止めること。
理性と感情を持って受け止めることができたなら、
しかし、今の私は明るい側面に目を向けることはできない。
「できない」私の現実を素直に認めればよいだけです。

「今はできない」私を受け入れてやればよいだけのことでした。
ものすごく楽になりました。
受け入れた途端に、暗い側面に焦点付けられ、
固まりかけていたものが、すっと緩むような感じを覚えています。

気になっていたものの明るい側面と暗い側面の両方を、
全体を落ち着いて眺め検討する場所に漸く立てた?そういうことかもしれません。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔67〕
コメント

内面を、気楽に観察する

2019年02月10日 | 自己実現
この頃、自己の内面の観察を楽しんでいます。
昔から人のこころ、内的世界の探求は一番の関心事で、
内面を見つめる作業はずーっとやってきたことなのだけど、
以前より気楽で緩い感じが増しているなと。

以前は自己分析にしても何か張り詰めた感じ、
切迫感めいた雰囲気さえ漂わせながら、
作業していたこともあった気がします。

今は微妙な心の動きに興味津々、緩く軽やかな感じですね。

たとえば、こんな感じです。
愛猫のちょっと好い写真が撮れました。
めったにジャンプしない珍しい位置で寛いでいる写真、
気に入ったのでブログに使いたい!
と、こんな考えが浮かんでいることに気づいたならば、
考えるともなく考えていることに、チラッと視線を向けるというか、
ああ考えているね、現れているねと、気づけばそれでお終いです。

考えている人、現れている人とは誰かといえば、
ざっくりいえば防衛機制を作動させる人(部分?)なので、
あえて説明するならば「自我」の動きに気づくことといえるかもしれません。

たとえば、こんなことも。テレビのCMを見て、
この人はあの映画の主役だった俳優ねと言ったら、
夫が、全然違うよ、別人だと否定したことに対して、
間違っているのはあなたで私は見間違えていない!と、
強く主張したい言い張りたい衝動にハッとして、
ああ、相手を負かしたい人が現れているなと気づく。

この気づくことが「間」であり、気づいて主張し続けるか、
主張を引っ込めるかはわかりませんが、とりあえず、
あなたと私、双方の立場を眺める視点に立つことが、
間を取ることで可能になるということでしょう。

いったん感情から離れることを可能にする。
内面を観察する習慣の、これが好いところですね。

不安が本質である部分を緩やかに見つめる態度ともいえますが、
自己のこころを見つめることは、他者のこころを見つめる態度を養うことに、
きっと通じてゆくでしょうね。

こころの微妙な動きにチラッと視線を向ける。
こころの不安定な人(部分)に気楽に視線を送ること、
あなたと私の、全体を眺める場所に立ってみること、
この立ち位置が当たり前になるまで、
自己のこころを見つめる作業、気楽な観察を続けることにします。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔66〕-3
コメント

間をおくこと・うけいれること

2019年02月03日 | 自己実現
受け入れること。受容することについて、
このところ心を巡らせています。

随分前に「自己受容が最も大事」と言ったことに対して、
「本当に受容できるものでしょうか?」と応答されて、
なんとなく出鼻を挫かれた気がして、20年近く経って、
今でもふとしたときにこの対話が思い出されます。

それで最近わかってきたのはプロセス自体に意味があるということで、
今、自分はこの状況を受容しているかな?と自問したり、
自分は状況を受け入れていないなと気付けば、
気付くことができれば、それで十分なのだと思います。

自己受容が一番大事だと感じたり考えたり、
本当に受容なんてできるものかしら?と疑問に思ったり、
その過程を生きること自問すること、それ自体に意味があるということです。

今この状況を自分は受け入れているだろうか?
イヤだイヤだと抵抗しているだけだろうか?
この問いかけから一歩が始まるような気がします。
自問する「間」、自分を眺める「間」を取れるかどうか。
突き詰めれば大事なのはこの一点だけかもしれないと思えてくるのです。

人生で遭う折々の局面において「間」が取れるかどうか。
「間」をとること即ち受容することではないかとさえ、思えてくるのです。
          
          *

全豪オープンの決勝で最終セットの直前でとったトイレタイム、
大坂なおみ選手はその2分足らずの間に見事に気持ちを立て直して、
その間、何を考えたかは後のインタビューで明らかになりますが、
それを知ると、ちょっと言葉では言い表し難い感動を覚えます。

置かれた状況を受け入れた瞬間、何が起こるか。
今この状況を受け入れるとき、どんなことが起こるか。
心的エネルギー、意思の力を大坂選手は鮮やかに体現してくれました。

「この大会は本当にちょっとびっくりしました。でも、なんか勝ちました」
試合の後、日本語の一声は思い出すだに、ほのぼの暖かくなります^^)

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔66〕ー2

コメント

足元の、ささやかな目標

2019年01月27日 | 自己実現
行動を楽しむ。これが私の足元の目標です。
小さく、ささやかな目標ですが、
日々刻々目指すべきところは、
ここ以外ないと確信しています。
そして行動を楽しむための条件が
平安感であると考えます。

行動を楽しもう!とか言うと、楽しめる何かをしよう、
何をすると楽しいかなぁ、、、などと、
考えだしたりして。。。でもそうではなくて、
(自分を)楽しませることを探すのではなく、
今ここでやっていること、
今している行動を楽しんでいるかどうか。
そこが一番大事なところだと思います。

静かなヨロコビ、静穏なる楽しみですね。

たとえばネガティヴな感情がきたときに、
まずはそのような感情をもつ自分を受け容れる、
そこから意味ある自問自答を始める事ができます。

この怒りの感情は妥当かどうか。
落ち着いた平安感のうちに自問しながら思考します。
妥当であると判断したなら次にどうするか。
どうしたいのか。しばし思考が続くかもしれません。

やっぱり怒りを伝えたいと結論がでたところで、
行動に移すことにしますが、「行動を楽しむ」という
明確な目標に沿って行動したいので、
対象には楽しむ気持ちで柔らかく向かうことにします。
結果は気にせず目標に沿って行動すればよいわけです。

相手の反応によって、また新たな感情が出てきますが、
それはそのときのこと。どんな感情でも、
そのような自分をいったん受け容れて、
平安感を取り戻してから次なる行動へ、そしてまたと
思考と感情と行動は無意識的だったころより、
軽やかに流れていくはずです。

今ここで、行動を楽しもう。
この小さな目標を起点に心を動かしてゆくことは、
わたしにとっても、あなたにとっても、
マイナスのことは一つもないようです。

静かなヨロコビ、静穏なる楽しみ。。。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔66〕

コメント

さざ波のような不安を意識して

2019年01月20日 | 自己実現
あ、いやだな。。。きらいだな。
きらい、不快とは、なんと貴重な感情かと、
「嫌いが意識できること」の重要性にハッとしたことがあります。
意識するからなんとかできるわけで、
意識できなければ宝の持ち腐れ、、です。

不快感、嫌悪感をわりと抑圧するタチでした。
すべてがすべてというわけではなくとも、
抑圧せずに意識化することで、それなりのやり方、
「嫌い」から生まれる不安感に対する、
自分らしい対処法を学ぶ機会を逸してきた、
そんな自己分析をしています。

人間の本質が不安であるのなら、
生きるということは不安感に対する対応の連続といえます。
大きなものから、さざ波程度まで不安感の程度は様々ですが、
日常生活で他人といるときも一人であっても、多種多様の
朝のお天気を感じるところから始まって、
五感体感にうったえてくる様々な事象にさらされながら、
感情も絶えず波立ち流れ続けているわけです。

のびのびと自然体の生き方が身に付いて、
自己実現の道を軽やかに歩む人は、
不安感を平安感へもってゆく、移行させるやり方を、
自分なりのやり方を身に付けているのでしょう。
毎日毎日、瞬間瞬間に大して意識もせずに
軽やかに自分らしい移行をやってのけているのかもしれません。

いいですね。憧れますが、遅ればせながら私も、
日々刻々の不安感の対処法、平安感の移行を
意識的に実践しようと思うのです。

本当に小さな一欠けらを意識するところから始まります。
小さな小さな不安のさざ波-嫌いや不快を意識するところからです。
          
       *

どんな感情も「一旦、受け容れる」、
この姿勢がポイントであるように思います。
そのような感情をもつ自分を一旦、受け容れる。。。この実践が肝と感じます。
さざ波のような不安であれば、それだけで平安感への移行が成るでしょう。

他愛ない(と呼べるくらいの)嫌いや不快の不安感から始めてみれば、
なるほどなあと楽しくなってきます。実践あるのみ^^)

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔65〕
コメント

今ここで、エネルギーの向かう先

2019年01月13日 | 自己実現
「理想」に向かうのは、今ではない。
いつか、その時が来るまで待つ。
今だと確信できるその時が来るまで。。。
いつかくる未来に希望をおくことは、
人生の日々に安らぎをもたらします。
その安らぎによって生きながらえるのは、
待つことのプラスの側面といえるかもしれません。

一方で、待つことは怖れの隠れ蓑にもなります。
今ここで向かってゆく、行動することの怖れを
自分自身に隠すことができるという意味では、
合理化の格好のツールともいえるわけですね。

それはそれとして。

向かいたい理想があるのならば、
未来を待つやり方は返上して、今ここで向かうことにします。
持ち時間が少なくなって(加齢とはそういうものです)、
悠長に待っている時間がないのと、以前と違って、
待つことの安らぎがなくとも生きてゆける私になりましたので。

こうしたいという思いがあるのなら、
今ここで、エネルギーはどこに向かっているのか。
今こここで、何を感じているのか?を大事にしたいものです。
          *
友人が転職に向けて始動しました。
若い頃から温めてきた理想に向かうラストチャンス、
転職が成るか否か、結果はどうでもよいのです。
今ここで、こうしたい。エネルギーの向かう先へ、
抵抗せずにチャレンジしてみる。
結果という形(思考)に囚われずにGO!
自然体の晴れやかさのうちに、ゆくとしましょう。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔64〕
コメント

朝、目覚めて

2019年01月06日 | 自己実現
年の初めに、この一年、
ふんわり生きるのを心がけたいなと、
目標めいたことを思いました。
なかなか好い感じで流れていると、
この感じが(私の)自然体だと思える流れを
言語で表すと、ふんわり生きるとなるようです。

目覚めて朝、言葉で意識しているわけではありませんが、
この感じ-自然体を生きてみたい、
ふんわりした感じを試してみたい、
今日も試してみたい。だから今日も生きよう、
このような意識の流れがあるような気がします。

意識の流れ、意識と知覚の関係
思考と感情と行動の関係とバランス
こころと身体と魂の関係とバランス
内なる世界と外界、あなたと私の関係とバランスと。
ふんわりとした-自然体の人生の流れと、
そうでないときでは見えてくる世界も違ってきます。

私は意識と知覚の探求がおもしろく興味が尽きません。
それを思うと朝の目覚めも快調になるので、
自覚も新たに、この道を進むことにいたします。
          *
ときどき太陽と月と地球を、思い浮かべます。
一呼吸の間とともに、思い描くと、
ふんわりと生きることの助けになることを見つけました。
(私の瞬間的、瞑想法とでもいいましょうか)

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔62〕-2

コメント

2018年、年末に。

2018年12月30日 | 自己実現
今年度で2016、17、18の3年日記が終了します。
三年前、書店の新年度の日記・手帳のコーナーで、
3年にするか1年用にしておくか悩んで、
なかなか決まらなかったのを思い出します。

今年は迷わず三年用の手帳を購入しました。

三年前と現在では大きく心境が変化して、
「体調の変化/症状を受容する境地」がもたらされたこと、
これが一番大きな違いかと思います。

中年期から老年期へ、移行していく心構えができて、
この三年間で「適応」が成ったということかもしれません。

不調がなかったころには見えなかったもの。
思考や感情、感受性の変化を経験する中で、
なるほどーと、いろいろ発見することがあって、中でも
脳に対して、これまであまり感じたことのなかった、
親しみと感嘆を覚えるようになりました。脳ってすごい。

症状が緩和される条件を体験的に掴んでいたところに、
「脳は知覚に優先順位をつけている」と知って、
なるほどね、よくわかると思いました。
見て、聞いて、考えて、動いて、当たり前に思っていることも、
緻密で精巧、驚異的な脳の仕組みがあって認知を可能にしている。。。
もう感嘆するほかはありません。

どこまでゆけるのか。とりあえず新しい手帳をもって、
ゆけるところまでゆくだけですね。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
〔62〕-2
コメント