こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

世界が変わるとき

2018年07月31日 | 自己実現
人と会った後で、ものすごく
ものすごーく、自己否定的になることがあります。
人は特定されません。ある状況下で起こります。
今は殆どなく忘れた頃にやってくる程度ですが、
頻繁に起きていた頃には、確かノートに
“自分を吐き出してしまいたい、、”と記した覚えがあります。

今、忘れた頃にやってきたらどうするか、
強烈な自己否定感がやってきたときどうするかというと、
修行の機会が巡ってきたと捉えることにしています。
思考の堂々巡りを手放す機会が巡ってきたのです。
体験の解釈が世界を変えるといわれていますが、
苦しみが宝物に化けたと言っても過言ではないと思っています。

意志をもって選択する。
悩みの思考を打ち切って内面の感覚に意識を向けるのです。

悩みや苦しみの内容は人それぞれ違いますが、
人はなぜ悩むのか?
その答えの端っこに、ほんの少し近づいてきているような気もします。
〔52〕
人気ブログランキング クリックありがとうございます
コメント

デリケートな領域

2018年07月28日 | 自己実現
生育史の身近な家族への様々な感情、
父や母、兄や姉に対する感情が再現されるようなことは、
軽やかであれば、けっこう頻繁に起こっているような気もします。
なにしろ対人関係の感情の原型は家族に起因することが多いので、
ちょっとした場面での依存心が、母に対するのと同質だと、
後から、ハッとしたりということはあるでしょう。

怒りにせよ友好的感情にせよ、ほのかで軽やかなのは良いけれど、
感情転移の重たいの―愛情に固執するような場合―は、コントロール不能で
エネルギーの消耗が激しく、渦中にあるときは決して気づきません。

感情転移はとてもデリケートな領域と感じますが、
冷静に誠実に自己分析を進めることができれば、
生育史から今に至る自己理解が進むことは間違いありませんね。
〔51〕
人気ブログランキング クリックありがとうございます
コメント

ぷんぷん、怒るとき

2018年07月18日 | 自己実現
ちょっとした役割分担のことでプンプンしていました。
連絡なしって、どういうこと?
いや、何か事情があるのだろうし、
それほど(憤慨するほどのこと)のこともないと、
頭の隅で小さな声がしますが、
20分ぐらいプンプンしていました。

このくらいのことでプンプンするなんてと、
案外小さいねぇと呆れる気持ちもありつつ、
ひとしきりプンプンして、忘れていたら、
翌朝になって思いがけず連絡がありました。

不安感を他人の所為にしているということを、
どこかで自覚しながらプンプンする。
本当言うと他人の所為にできる怒りなんて一つもない。
でも、憤慨することもあるよね。プンプンするよね。
と、こんな感じで進んでゆけば、
自身の心との繋がりは、なんとか保てていると、
いえるのではないでしょうか。

ところで不安感の自覚がなく、なんでもかんでも
他人の所為にして怒りまくっているような行為には、
そのような理不尽な怒りには、当然、怒りを感じますが、
そんなときも自身の心との繋がりを失わないこと、
肝に銘じて、相手の怒りの炎に巻き込まれませんように。
あなたは(わたしは)それが出来るし、それだけの力があります。

怒りという感情。修行のしどころであるなと思います。
〔50〕-2
人気ブログランキング クリックありがとうございます
コメント

明るい、合理化

2018年07月11日 | 自己実現
その人の示してくれる思いやり、
心遣いを聞くと、どうもムズガユイ感じがします。
ある領域、特定のことに関してなので、
その他は平穏、心楽しく会話が弾むので、
ここ何年か気にしないようにして過ごしてきたのですが。

最近また、ちょっと違和感、、と感ずることがあって、
どうも認識にずれがあると確信したのですが。
それは以前、私がその人に話した悩みの真意、
ストレス曲線の内容が正確に伝わらなかったから。
そこからくる違和感のように思われます。
間違った認識に基づく相手の思いやりに、
違和を感じてしまうと、どうもそういうことのようです。

今更、内容の真意を語りなおすのも面倒ですし、
悩んでないコトに関して蒸し返したくもありません。
悩みの内容は忘れてくれていいんだけどなぁというのが本音ですが、
その人の善意の心遣いはしかと受け止めて、
まあ成るようになるでしょう。

物理学の方では、観察者によって(観ることによって?)
そのものの性質は変わると言われていましたね。
こうやって、あらためて考察することによって、
この出来事は性質を変えるかもしれない!ということで、
この件は暫し温存しておくことにします。
〔50〕
人気ブログランキング クリックありがとうございます
コメント

自他肯定感で、進みたい

2018年07月05日 | 自己実現
ある会合に出席すべく、某老舗デパートで
案内状を見ながら会場をさがしますが見つかりません。
(と、これは夢の中の出来事なんですが)
人に案内状を見せて尋ねると、別のビルではないかと言われ、
思いあぐねているところに見覚えある二人が通りかかります。
同じ会合に出席するはずなので、駆け寄って尋ねると、
あなたには教えないと突き放されてしまいました。
一瞬、呆然としますが、そうかァ、、、
無理に出席する必要もないかも、帰ろうかな。
と、気をとりなおしたところで目が覚めました。

面白い夢です。昨日綴ったことが影響しているのは明らかで、
見覚えある二人が、私が一目置いている二人であるのが興味深いのです。

平素、一目置いているような人々さえも、
その人にはその人の事情があるということを、
夢は示してくれていると感じました。
考えてみれば、大した人だと一目置いているといっても、
それは私の小さな思考の世界、限界ある価値観でそう思っているだけで、
もっと広やかな大きな思考の立場から見てみれば、
(神の眼差し、宇宙的視野に立ってといってよいでしょうか)
その二人と私に大差はないのかもしれません。

優れている人の言動や行動に、こころがざわつく事だってあるでしょう。
そんなとき、つい自己否定に向かってしまうのが習い性でしたが、
人には人の、その人にはその人の事情があるのよね。
私にもあるし、と軽く流して自他肯定の雰囲気で流してゆくがよいのでしょう。

さて夢の中では、突き放すなんてヒドイと怒ったり恨まなかったところに、
感情生活の成長が現れていると、おめでたく解釈しておくことにして。
人には人の事情がある。本当に広く適用できる言葉だと、あらためて思う朝でした。
〔48〕〔49〕
人気ブログランキング クリックありがとうございます

コメント

人には人の事情がある

2018年07月04日 | 自己実現
人には人の、事情がある。
その人にはその人の、相手には相手の事情がある。

理不尽な言動や行動に接するとき、
これを思い出すことで感情的な反応にストップがけられます。

相手には、そうするだけの事情があるんだなあ。。。
と、こころの中で呟いて。

それは本人さえ気付いてない事情かもしれませんが、
とにかく必要があって、そうしている。
必要があって為しているのだと思うと、
咄嗟の反応を収めて一呼吸置くことができます。
一呼吸置くことで批難や怒りの咄嗟の発動を抑えることができます。

相手の心情を思う余裕があれば、穏やかに対処できるように思います。

そして更に。

理性的に考えて相手には非がないのに、
その人の言動や行動が私の気に障るようなときにも、これは使えます。
もちろん私には私の(生育史上の)事情があるし、
その人にはその人の(生育史上の)そうせずにはいられない事情があるのです。

これを思い出すと、尖った感情が収まって混乱感も収まって、
肯定的な感情が芽生えてくるから、ふしぎです。
人には人の、事情がある。。。
よくよく染み込ませてよい言葉だと思います。

肯定的な感情をもって理性的に対処する。。。目指したいところです。
〔48〕
人気ブログランキング クリックありがとうございます
台風一過の空
コメント