威風堂々

晴れ晴れと、伸びやかに日々を過ごすために。
「心」と向き合うことで、日々の健康を大切にしましょう!

カリタスカウンセリングの原理 121

2023年02月04日 | 第一章 意識と知覚
自己混乱感

 人は成長してくると自分に対して、自分の役割、所属する団体に対して、自分の貢献、といったことを意識するようです。無意識にこういったことを脳裏に描きながら、自分の将来を思い描くものらしい。
どんな学問や仕事をして、どんな生き甲斐を見つけ出すのかは人それぞれとなります。

 さて、団体や仲間に忠誠を尽くし、自分の役割で貢献を果たして行きますが、自分がうまくなじめなかったり、所属する団体と自分の役割がそぐわずに、自分の中で違和感を増幅させてゆくことがたまにあります。自分の立ち位置や自分の生き甲斐が分からず非常な混乱に陥ることがあるのです。

反社会的行動=非行に走る  家庭内暴力  といった反社会的行動

引きこもり  不登校  自傷行動  といった一種の行為障害

 私には、「自己混乱」の一つと感じます。

 必ずこういった自己混乱感に囚われたら、正しく症状を把握し、焦らずもとの「基本的信頼感」にあふれた自分に戻るようにしましょう。そうはいっても、安定した幼少期がなかった人も、そして、じっくり戻る間もなく「闇の世界」へ真っ逆さまという事例も少なくありません。なんとかして、善悪の区別を先ずは示唆してくれる存在に出会い、自分が自分であるためにはどうあるべきかを思索できる時間をもってみますと何とかなるかもしれません。

京都へいってみた

2023年01月29日 | 家庭


昨日は、京都へ行ってみました。
外国の方もみられるようになり錦市場なんかも、やや活気が戻ってきましたね。

昼のランチを京都伊勢丹にある叙々苑で食し、その後大丸、錦市場、堺町通りをブラブラ。久しぶりの京都を散策しました。寒く曇っていましたが、甘いわらび餅と抹茶で温まって帰宅。

明けて今日も、京都へ。久しぶりに南座を通り八坂神社、円山公園から高台寺、二寧坂から清水さん。

レンタル着物で歩く恋人や友達同士。外国の人もいます。カメラマン付きで散策しているカップルもいたのが驚きでした。

いろんなお店ができていて、驚かされますね。

気持が晴れ晴れとした京都散歩の週末でした。

今日も食べてしまった

2023年01月24日 | 信じて見えてくるもの


平安仏教が我々の「心」に与えた影響は絶大だったと思います。仏教で鎮護国家、国家規模での政治的安定、人心の安寧を企図するにはもってこいの思想であったと思います。

殺生の禁止・放生の奨励という教えから、肉獣食のタブーに繋がったと私はみます。
『金光明経』が南都六宗では広く流布され、貴族達の間には肉食の風習をよくないものとする思考が浸透していったと思います。でも、庶民にはなかなか浸透しなかったのではと思います。

現代の我々は、獣を捌くのをみると、「可哀想」「残酷」という感情が沸きますよね。これは以外と昔からそうだった気がします。だから、丁寧に食事をいただいたし、供養もおこたらなかった。このような感情につけ込んで(やや語弊があるかもしれませんが)仏教思想は肉食を抑制してゆくことにつなっがたと思います。さて、稲ですが。

国策で、稲作を奨励し、食べることも、麦、稗などの穀物より稲を増やすように政策がとられた。

公地公民・班田収授法などは水田確保の政策である。そしてそれは年貢という徴税を確実に多く取り上げたいという政府の願い(現代でもすぐに増税したがるが)を表面化した法律の側面ももつ。



我々が食べる物

2023年01月22日 | 信じて見えてくるもの

 米なるもの

 電車の窓から見る風景。
 沿線の田園が減って行き年々悲しい、寂しい気持になるのはどうしてだろう。
 私は新幹線の開業、千里万博がものこころがつきだしたイベントといえるのです。オリンピックはもう伝説です。その新幹線も昔は主要駅を過ぎるとほぼ田んぼの風景が沿線には広がっておりました。しかし、現在は、 こんなにも人口が増えた? と首をかしげたくなるぐらい田んぼは消えて家になっている。

 ここからも日本という国家像が様々に見えては来ますが、これからは「米」に焦点を当ててみたいと思います。

 さて、田んぼが消えて 「さみしい」と感じるのはどうしてでしょうか。

受験生の皆さんお疲れ様です。

2023年01月16日 | 「今、ここで」

 受験生の皆さん ご苦労様です。

 共通テストですが、こう何十年かサイクルで出題傾向が変えられますが本当に面倒くさいですねぇ。我々の世代は、国公立一期校とか二期校とか、果ては1.5期校とかから共通一次試験とかになる時機でした。もう国公立大学が試験する昔の方式でいいんじゃないでしょうか。大学の格差も無くすとかいってませんでしたか、共通一次の導入時。 
 各大学の偏差値格差は広がる一方でしょう。国公立の学費も私学並みに高くなってきたし。

 米国や欧州の入試システムがいいとは思いません。日本の試験一発型が良いと私は思っています。AO入試とかどうなんでしょうか。ただ、入試問題の傾向をいろいろ変えたってどうせ点数で入学の合否を決定するんですからなにやったって同じだよと思うのは私だけかなぁ。