こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

ハタ迷惑な無防備

2017年05月17日 | 自己実現
現実吟味力が働いて、
考え方もまあまあ統合されていて、
怖れがない状態というのは、
親しい間柄において、実現するのが簡単で、
楽しく後味のよい交流が生まれます。

無防備でいられるから、親しい間柄になるのかもしれませんが、
無防備ゆえに思わぬ感情が飛び出して、
時には収集がつかなくなることがありまして、、、

最初から問題の自覚があって、聴いてもらうつもりならよいのですが、
無自覚のまま、いつのまにか友人にカウンセラー役をさせてしまう。
相手の状態を見極めるプロセスが抜け落ちているので、
聴き手を混乱に巻き込んでしまうこともあったでしょう。

そんなのへっちゃら、こちらの無自覚の混乱に動じることなく、
感情を聴いてくれる友の存在はありがたいのですが、だからこそ、
無自覚のハタ迷惑な無防備はほどほどにしておきたいと思います。
〔25〕
人気ブログランキングへ
コメント

大きな自己、広やかなこころで

2017年05月11日 | 自己実現
理想は慣れ親しんだ感情のパターンから脱出すること。
パターンに嵌ると後味がものすごくワルク、意気消沈しますが、
この繰り返しでパターンがパターン化しているわけです。

理想を下げる気はなく、脱出も容易ではないとすれば、
繰り返している現実を受け入れつつ、
理想に近づく努力をするだけですが、
広やかな心で大きな自己の視点に立ってみる。
感情パターンから抜け出すには、これしかないようです。

理想が、心の奥深いところからくるもので、
魂が希求している理想であるならば、
魂の視点で出来事を見つめる以外、道はなさそうです。

広やかな心、どこまでも自己を拡げてゆけば、
それが魂の視点なんだと思いますが、
信じて見えてくるものを生きること。
こう表現するのがピッタリです。

信じて見えてくるものを生きること。
具体的な方法は、自らが試して掴んでいくほかありません。
〔24〕-6
人気ブログランキングへ
コメント

ざわざわっとしたら。

2017年05月08日 | 自己実現
こころが、ざわざわっとする、
心臓の鼓動も幾分速まって。
私の不安感の知覚は言葉にすれば、こんな感じでしょうか。

たとえば人の行動や言動に触れて、
ざわざわっとしたとき、
不安感を解消すべく即反応してしまう。
その結果、不安が払拭できてもできなくても、
このいつものパターンを生きるとそれだけで、
クタクタになるのは歳のせいもあるのか、
それはそれでワルクナイなと思うのですが。

不安感を落ち着かせ、沈静させて。
それから次に進む。

ある程度、外界に見るものは自らの心を映し出す鏡であると。
そういう見方があることを瞬時に思い出せるかどうか。
そのような「間」を持てるかどうか。
そのあたりがポイントかもしれません。

ざわざわっを知覚したら、落ち着いて、
動揺を収めてから次に進む。。。
私の心の奥深いところが、それを望んでいるようです。
〔24〕-5
人気ブログランキングへ
コメント

今日一日、何ができる?

2017年05月07日 | 自己実現
毎朝、目覚めたときに、
「今日、自分に喜びと楽しさをもたらすために何ができるだろうか?」
まずこう問いかけてみるのがよいと。
このような心得を目にすることはありますが、
自分に何ができるか? 喜びや楽しさを自分の意思で“意識的に”、
創造するというニュアンスが含まれていて、いいなと思いました。

このように問うためには、自分の喜びと楽しさの自覚がなければ始まりません。
私の喜びや楽しさってなんだろう?この問いも何度となく繰り返してきたはずですが、
今日はちょっと入り口を変えて、
「私がいちばん堪えること、意気消沈することは何だろう?」
ストレス曲線に焦点を当てて考えてみることにして。

それから沈み込むことの反対に、喜びと楽しさがあるので、
他者の影響を受けず創造する幸福曲線、
それをもたらすためには?…と考えていると、それだけで楽しくなってきます。

今、自分に喜びと楽しさをもたらすために、何ができる?
意識的であること。感情のパターンに嵌る手前で引き返せるように、
意識的であること。今はこれしか浮かびません^^) 
〔24〕-4
人気ブログランキングへ

コメント

やり直すとすれば

2017年05月04日 | 自己実現
もしも子供時代に戻って人生をやり直せるならば、
感情生活をやり直したい。
起こった出来事はそのままでよいから、
感情の取り扱いをもう少し上手にやりたいな。

子供心に打ちのめされる体験があったときには、
感じたことを感じたまま味わって、
それから、ゆっくりゆっくり起き上がる。
感じたものを曖昧なまま沈潜させるのでなくね。

それは過ごした日々の自己肯定・自己受容の度合いが、
もう少し高かったならばどうなっていたかなと、ちょっと思うからで。
でも考えてみれば、子供時代に戻るまでもなく、
今ここでやればいいだけのことだと、それも判っているのです。

感情生活の傾向は、子供の頃とちっとも変わらない、
変化も成長もないことにハタと思い至り、
ため息がでますが、反面、今ここで、
こころの明度、透明度を高めたいと思えば、
それは可能なのだからありがたい。希望がもてるというものです。

染み込んだ傾向に変化をもたらすのは容易ではないけれど、
それが望むところなので、私はこの道を行くとします。
〔24〕-3
人気ブログランキングへ
コメント