こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

身の丈と個性を受け容れて。

2014年10月28日 | 和解と平和
勉強会の最初の一歩は、知人のお宅にお邪魔して、
二人で勉強会を始めたところからでした。
それから間もなくNPOの教育活動に仲間入りさせていただき、
勉強会の場所も自宅に移して、参加者の方は増えたり減ったり、
3、4人というところで9年ぐらい経ちました。

ここに落ち着くまでには、我が身の傾向と個性も省みず、
外へ出てゆくべきだはないかと思考ばかりが先走り、
不快なストレス曲線の時期も過ごしてきました。

もっと外へ出てゆくべきではないか。思えば、この思考こそ、
長く私を苦しめてきた自己概念の最たるものだったかもしれません。
この思考は子供の頃からの一つの自己否定感をよく表していると感じます。
内気で内向的な自分の傾向をダメと決め付けてきた心理ですが、
手放してみて初めて気付いた感じがするのは、
それだけ抑圧が深く強かったということかもしれません。

私の知らないところで勉強会の場所を
便利な街中に移したらどうだろうかと意見が出たときに、
「あの山でやるからよいのです」と、
いちばん古くからの方が、きっぱり答えたと聞きました。
それを聞いて何か、とてもほっとしたのですが、
自分では意識できなかった本音を代弁してもらったような気がしたのです。

同時に。あの山でやるからよいのですと、それを聞いた瞬間は
私は内向的だからよいのです(それが私の個性であるのだから)と、
自己受容が成った瞬間だったと、そんな気もします。

おもしろいことに内向的な傾向を受け容れると、
外向的な側面も程よく自然に発揮されてくるようにも思えて、
自分自身が本来の個性を生きることに平安を覚えるならば、
それは周囲にとっても自然で好ましいものとして映ることでしょう。

山の我が家で小さな勉強会を細く、長く。。。
それが私の身の丈と個性にあっているのです。

自分の個性を受け容れたことで不快なストレス曲線が減ったこと。
これも最近の安定感の背景にあるのは間違いありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ささやかな日課を。

2014年10月27日 | 螺旋状に上昇する意味
前にも書きましたが、林道歩きとスワイショウ(腕振り)が
大事な日課として定着したことも、このところの、
こころの安定感と関係がありそうです。

ちょっと大変だけど、やると決めたことをやる。
自分で決めたことを毎日やる。
自分との約束を果たすことは自己信頼感を生み出します。
他人に関係なく自分自身との約束という感覚が重要かもしれません。

今日の「生き甲斐の心理学のブログ」を読んで、なるほとど思いましたが、
このところの安定感は、心地よいストレス曲線が優勢になってきた、
そういうことなのだと思います。

日課をこなすのは楽しいだけではありません。
億劫に感ずることも面倒なときも。。。それでも続ける。
心地よいストレス曲線の自己事例を問われれば、
今なら迷わず林道歩きと腕振りをあげるでしょうね。

約束の中身は、ほんとうに小さく、ささやかなことでよいのだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オッシャルトオリと、シュンとして。

2014年10月25日 | 和解と平和
親友はニュース番組が流れてくると正義感ゆえの怒りが噴出、
否定発言が止まらなくなります。
気持ちは解かるので、私も相槌を打ったりします。
ほどほどで、こちらを察して納まることもあれば、
調子に乗って益々口が滑らかになって、
それに私が耐え切れず爆発、、、いつものバターンでした。

怒りの興奮が鎮まってきたところで、
“聞かされる、こちらの身にもなってください”
“わるかった、確かに口が過ぎた。これから気をつける”
・・・こんな感じで治まるのも、いつものパターンでした。
それがあるとき。最後にモメタときには、いつもの反応と違って、
“あなたの心が澄んでいれば、何の影響も受けない筈でしょう?”

言葉を返された瞬間、たしかに、そう。オッシャルトオリ。。。
そのときの私はシュンとうなだれてしまったのでした。
場合によっては、この言葉が火に油を注ぐことになって、
収拾がつかない情況になってもおかしくないのに、
なぜかその時はスーッと言葉が染み込んで、素直に受け取ることができました。

あなたの心が澄んでいれば、何の影響も受けないとは、
まったくその通り。真理の言葉です。

闘うことは疲れます。相手を攻撃するのは消耗することです。
それでも耐え切れなくなれば身を護るために闘うほかありませんが、
ストレス曲線は自分に原因があって、怒っている情況は
自分が創り出しているという解釈は、スカッとします。

こんなことがあって、親友の時事に纏わる激しい他者否定を聞いても、
以前ほどイラつかなくなったのは、自分の問題が提起されていると認識しているからでしょう。
解釈が変化してイラつかなくなったのは、このところの、
こころの居心地がよくなった大事な要素、小さな変化の一つであると思います。

ところで親友は親友で私に向けた言葉を自分自身にも問いかけたはずで、
正義の怒りの表現が、以前の過激さは影を潜めてきいるようにも見えます。
尋ねたわけではないので本当のところはわかりませんが、
これは親友の問題で、あっしにはかかりわりのないことでござんす、、ですけれどね。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こころの住み心地が、よくなるとき

2014年10月24日 | 和解と平和
こころの安定という点では、夏以降、
よい流れに入ってきているのを感じます。

以前と今と変化していることを考えながら、
案外、小さなことがいくつも集まって、
小さな変化が集まって、大きな変化を生み出している。
当たり前のように身につけてきた思考と感情と行動が
微妙に変化してきているのを感じるのです。

何か悩んでいるのではないか。
なんとなく気落ちしているのではないか。
友のことが浮かんでも以前のように連絡してみようと思わない。
これは小さいけれど案外、重要な要素を含んでいる“変化”と思われます。
自己概念(考え方、価値感)が変化したがゆえに、
感情(不安感)と行動(連絡する)が変化したわけです。

〇ふと友のことが浮かぶとき、想像は私の心の投影かもしれない。
まずそこを思い巡らします。

〇仮に私の想像があたって心配事があったとしても、解決できるのは本人だけ。
ここを確認します。

〇自分の不安感を解消するために行動しようとしていないか?
自問してみます。

これを確認していると殆ど連絡する必要がなくなりますが、
その代わりに、ふと思い浮かんだら迷わず連絡をとってみる。
直感に従って行動してみることは以前より増えたかもしれません。
(連絡してみたら悩みの渦中にあったということはあります)

一時しのぎの慰めよりも、もっと大きな視点から関わり合ってゆきたいと思うのは、
他者への信頼と自己信頼の調和がとれてきたしるしかもしれません。

本当に小さな自己概念の変化が感情と行動に変化をもたらし、
こころの住み心地がよくなるということが、あるのですね。
変化する内容は人それぞれ違っても誰もが可能性に開かれているのは同じです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食と、どう向き合うか

2014年10月20日 | 意識と知覚
「食」への関心が、以前は「より健康に成るために」、
「疾患のリスクを少なくしたい」など、
健康な体を維持することが目的だったところから、
近頃は、そういう目的意識がぐっと薄れて、
私の中では「食と、どう向き合うのか?」が、
何よりの関心事で、重要になってきています。

自分の心と体と魂にとって最良の摂り方というものがあるのではないか?
その答えを日々模索しつつ、楽しく探求しているのです。

食事の摂り方は成育史を振り返ることであるし、
今ここでの、ストレス曲線と幸福曲線にに関わってくることであるし、
家族、人間関係、住環境を見つめ、現実吟味力を発揮することであるし、
日本人としての、地球人としてのアイデンティティを考えることであるし、
そして何よりも神仏、宇宙と、ここに存在している私との関係に
思いを巡らせることにも深く関係してきます。

意識することで、これらのことが実感されてくると、
食を疎かにせず、でも執着することなく丁寧に頂くことが、
人生にとって、いかに大事であるか。認識は深まるばかりです。

今こここで、いただける物を大切に頂くことに幸せを感じたい。
眉間に皺を寄せて考える必要もありませんが、大事なコトです。

ところで。昨日の2歩後退3歩前進のプラス1歩は、
つい疎かになりがちな食するときの意識、心の持ち方に反映されました。
後退が前進のためにあるというのは本当に、その通りですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後退して、前進。

2014年10月19日 | 愛とゆるし
気温が下がってきたせいか秋の食欲(と、言い訳、、)に負けて、
昨日は昼食の後、夕食までの間にチョコレートや果物を間食してしまいました。
歯止めが利かない…自覚しつつ、三ヶ月ぶりの盛大な間食です。

夕食もしっかり摂って、一日の終わりに、
“明日の朝食から仕切りなおし…!”自分に宣言しました。

朝食は、昨日の過食に配慮した適量を美味しく頂き、
少々重かった、お腹の調子も回復しています。
お昼は、先ほど届いた贈り物の紅玉林檎と、
定番のソーダブレッドを丁寧に適量、頂くことにします。

二歩後退して三歩前進の心意気ですが、
後退は更なる前進のためにやってくる♪
後悔してうじうじしそうになったときは、この解釈を思い出すとよいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直感について

2014年10月17日 | 魂と聖霊
インスピレーション、直感が閃いても次の瞬間、
思考が動き出した途端に、ためらいが生まれて、
直感は活かされぬまま行動せずに終ってしまう…
こういうことは日常生活でしょっちゅうあるような気がします。

思考の内容は行動した結果、どうなるか。
他者が関わることならば相手がどんな反応をするか。
期待に反する結果を予測しては、止めておこう、、と行動せずに終りますが、
せっかくの直感を活かし磨きたいと思うのであれば、
結果は気にしないで行動してみることかもしれません。

もしくは。期待に反する可能性もシミュレーションして、
それでもいいわと、受け容れる覚悟で臨めばよいのでしょう。
よいとかわるいとか、私が考える結果以上のものを、
私の期待や判断を超えて直感はもたらしてくれるかもしれないと思います。

閃いては行動するのが傾向として身についてくれば、
きっと直感は熱意ある行動のサインとして、
自分と世界を幸福曲線に導いてくれるでしょうね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本の、プレゼント

2014年10月16日 | 
友人が、ときどき本をプレゼントしてくれます。
郵送してくれることもあれば手渡してくれることもありますが、
いつもさりげなく、余分な口上はいっさいありません。
私を長く知る友人なので、ツボは心得ています。
馴染みのない著者の本をパラパラ捲りながら、へーっと思いますが、
きちんと読み通したことは殆どなかったように思います。

頻繁ではないし年に一度あるかなしかなのでいいようなものだけれど…
読まない本、それほど愛着のない本の整理をする度に、
ちょぴり困った気分が漂いだすのは否めないのでした。

そんな日々があって、或るとき。

室内の模様替えの必要があって、溜まったダンボールの本を整理していて、
だいぶ前に友人から進呈された一冊の本が、ふと目が留まりました。
パラパラ捲りだしたところ、一通りは読んだはずなのに惹き込まれ、
以前読んだときより、ぐっと心に響いてくるものがありました。

こういう展開があるから、人生は判らないと思います。
困ったなあと思うことも本音なら、自分では選ばなかったであろう本に、
心を動かされ、ありがたいと思うのも本音です。

再読して、しみじみ解ったことはプレゼントされた本の中で、
友人が私へのベスト1にあげるなら、この本に違いないということでした。
一冊のための、十数冊。。。人生にも重なってくるものがあるような気がします。

保留にしておければ見えてくることもあるのに、
焦って保留にしておけないばかりに見失うこともあるということなのでしょう。

ちなみにダンボールから本箱へ移動させた一冊は、
吉本隆明が15歳の中学生に語りかける「15歳の寺子屋・ひとり」で、
確か息子さんと自身のため、そして私のために買い求めてくれたのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自問自答

2014年10月14日 | 
一人、心の中で繰り広げられるお喋りを、
自問自答の機会と意識できれば、
それだけ自分に対する理解は増します。

自問自答は簡単ではありません。
しているつもりが、そうでもなかったと…ハッとしました。
自分で自分をカウンセリングするのですから、
自問自答が簡単なはずはないのですが。。。

自問自答が上手にできれば、人生を行くのに、
これほど頼もしい味方はないのだから、
心して身に付けたいとものだと思います。

どうして自問自答が上手くいかなかったのか、
どうすれば自問自答が上手になるのだろう…?
台風一過の林道の様子を点検しがてら、
二日ぶりに林道を歩いて考えるともなく考えていました。
いろいろ解りかけてきて、楽しく考察が進んでいますが、
林道歩きから戻った後の家人とのやり取りで、少々気付くところがありました。

よい自問自答は、しばしば自分の感受性に気付かせてくれますが、
こういうのヘンじゃない?…自分の感受性にハッとしました。
傍でみている方がよくわかり、私だけ知らなかった。
へんな感受性にハッとしたということは、
よい自問自答ができたといえるのでしょう。

僅かな時間の僅かなやり取りの中で、心がどんなふうに動いたか。
どんな気配に包まれて、どんな感情の流れがあったのか。
思い巡らしてみれば自問自答の、自分を傾聴することのコツが見えてくることでしょう。

あらためて。今このときに、
自問自答の大切さに気付けたのは何よりのことでした。
自分自身との関わりを大切にすることの意味を時々確認するのは、
とてもとても大事なコトですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共感できれば、福が来る。。。

2014年10月12日 | 愛とゆるし
あなたと私が、なんとなくが反発し合っている。
お互い、相手に友好感をもっていない状況が続いているとき、
どちらか一方が和解に向けて踏み出そうとする。
これまで思いもよらなかった意思が芽生えたとしたら、
感情の拘りから、その人解放されたしるしなんだと思います。

感情から解放されたその人はごく自然な構えで自己の伝達をはじめることでしょう。
感情に拘っているとき、人は自己の伝達をしようという気にはなりません。

自己の伝達が成って和解できた後に、そういえば酷い態度をとられたのだっけ、、、
拒絶されてキュンと身が縮む体験があったことを、
すっかり忘れていたことを思い出しました。
思い出しても別にどうということもなく相手に対する友好感は変わりません。

ところで。私は一人でいるときに、ふと過去の出来事に纏わる感情に囚われて、
顔を歪めてしまうことがありますが、あたかも感情体験を、
しかめ面のへん顔で押さえ込もうとするかのように…。
感情に拘っているせいで自分と和解できないわけです。
あまり気にしていませんが、そろそろ脱する時期かとも思います。

同情できるかどうか。ストレス曲線におかれている相手の心情を、
共感的に理解しようとするのか、しないのか。
感情を手放してしまえるか、拘り続けるかは、そこにかかっているようです。

自分に対しても同じことです。
ストレス曲線におかれている自身の心情に同情できるようになれば、
自分に向けて、しかめ面する必要もなくなることでしょう。

感情を手放す、拘りを手放すことが福を招く。。。これは確かですが、
前提として同情できること。相手の(自身の)ストレス曲線に共感できること。
ここがポイントで自身の器を大きくしてゆくことの目的であると同時に、人生の課題かもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加