こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

何ゆえに?

2016年11月27日 | 自己実現
他人を変えたがっていたとは、
つまり、自分を変えたがっていたということで、、
気付きのびっくりは続きます。

そうかそうか。そうであれば身体の悲鳴は当たり前だったと、
更なる納得と解放感も続いて。。。

自分を変えたかったとは…何ゆえに?

カエタガッテイタと気付いた時点で、
変えたかった理由は消滅しているのかもしれません。

変えようと力むことは、たぶん変化を遠ざけるだけですが、
ソフトタッチで優しく見守ることができたなら、
変化は自ずと訪れる。。。そういうものだと思います。
〔17〕-3
生涯学習 ブログランキングへ
コメント

よく生きてきた。。。

2016年11月26日 | 自己実現
他人を変えたがっているんだねぇ、、
言われたときは、本当にびっくりしました。
なぜなら、私にはそんなセルフイメージがなかったから。

私の行動―知人とのやり取り―を見ていた人の、
率直な呟きを意外に思いながらも、
確かにそうだと、大きく頷く私がいました。
ワタシハヒトヲカエタガッテイタ!

認めてしまえば、こんがらがった糸が
いとも簡単に解れてくる…そんな解放感もありました。

知らず知らず相手のペースに巻き込まれたり、
相手のベースで動かされていたと感じるような関係性のこと、
こちらのあり様が反映されていたと考えれば、すべて腑に落ちます。

こんな重たいもの―深い抑圧―を抱えながらよく生きてきたものです。
よく生きてきたねぇ。。。これを身体に響かせるのが今は一番なんだと思います。
〔17〕-2
生涯学習 ブログランキングへ
コメント

他者との関係以前に…

2016年11月24日 | 自己実現
他者との関係以前に大事なのは、
自分自身との関係で、
健やかな自己愛があってはじめて、
人と良好な関係が結べる。。。

自己愛の大切さは知っていても、
どうしたって意識は自分との関係よりも、
自分以外の他者との関係の方に向きます。
それは本来ではないと知りつつ、目先の不安解消のために、
自分に対するより他者との関係にエネルギーを注いでしまうわけです。
でもここにきて漸くここ何年か、この数ヶ月かで、
本来的な生き方にベクトルが移行してきたように思います。

何にも増して自分自身との関係が平安感のもとにある、
健やかな自己愛が外界に投影されて他者との良好な関係が成ってゆく、
そのように変化してきていると感じます。

ふしぎなことに、連絡は益々間遠になっているにもかかわらず、
友との繋がりは深さと味わいを増しているように思われ、
絶妙のタイミングでメールが行き来して、
以心伝心は当たり前のことかと思うことも少なくありません。

ふしぎ。でもこれが当たり前か。。。

自己信頼があってはじめて他者信頼に開かれてゆく、
これが本来であり自然なことなんでしょう。
健やかな自己愛を知識で終わらせるのか、それとも実際に生きるのか。

健全な自己愛、自己肯定を生きることはそう簡単ではない、
簡単にいかないからこそ、人生の、ものすごいチャレンジになるわけですね。
〔17〕
生涯学習 ブログランキングへ
コメント

強烈な、個性

2016年11月19日 | 自己実現
他に類を見ないという意味で、変わった人です。
その人は延々と語ります。
聞いている方は小さく頷きながら聴き続け、
一言でも口を挟むのは憚られます。応答したら最後、
そこからまた30分ぐらい話が延びるのが目に見えているので、
相槌の一つも打たなければワルイかなあと思いつつ、
無理はしないで小さく頷く傾聴が双方にとって最も良いことがわかります。

あなたと私が無理せずに自然体で時が展開してゆく。
疲労感を残さず後味が爽やかなひと時を共有できれば最高です。

延々と語り続ける強烈な個性と接してみて、
日常生活で他者の話を聴く立場になったとき、
相手の気分、感情に同調するという意味では成っていなかったかもしれない、
そんな思いがふつふつと湧いてきました。
知らず知らず共感するという自分のイメージが先行して、
私のイメージに沿って聴いていただけではなかったか?
そんな疑問がわいてきました。

共感の意味と在り様、自然体ということ。
相手の気分、感情に同調するとはどういうことか。
知らず知らず、私の共感に相手を引っ張り込んでいた事もあったかもしれません。

いつもの在り様では太刀打ちできない強烈な個性に遭遇したおかげで
新たな自問が生まれて、まだ進化の余地もありそうです。

個性の美と言えるか、それはわかりませんが、
屈託なく話し続けるその人の個性は愛すべきものがあると感じます。
〔16〕
生涯学習 ブログランキングへ
コメント

愛の原型と孤独感・人生のタイミング

2016年11月17日 | 自己実現
居間に面した雑木林の木々が随分と高くなり、
屋根やストーブの煙突に枝が覆いかぶさらんばかりの勢いでした。
冬前に煙突周りだけでも何とかしないとストーブが焚けません。
数ヶ月続いた仕事の緊張が解け、時間的な余裕もできた夫が、
昨日ようやく枝払いと伐採作業を済ませてくれました。
これでストーブはいつでも焚けるし、
南側の視界も開け明るくなって冬を前に一安心です。

生活に関わる大事な作業が順調に進むことは、
日々の心身の安定感に欠かせません。
自力でできること、できないこと。
作業をきちんと分別して、気になること、夫に頼むべきことは早めに伝えておく。
相手の都合を配慮しつつ共同生活をまわしてゆく。
山の暮らしの役割分担は上手くいっています。しかし、
心身の安定感は冬支度を整えればそれでよいというものではかったらしく。。。

自分ではちっとも気付かなかったのですが、
たまには一緒に出掛けたいよね、できれば一緒に映画を。
私の本音には、こんな要求があったのですね。
そんな要求は子供っぽい、そんなことを望む私ではない…などの
セルフイメージが邪魔をして本音に気付けなかった気がします。

なんとなく子供っぽくみえる感情は、
生育史に起因する愛の原型や孤独感に繋がる領域のようにも思えます。
今は愛の原型に繋がる必要がある、そういう時期かもしれません。

頭でなくハートの要求に耳を澄ませて、素直に行動してみようと思います。
とりあえず、ユーミン(荒井由実の頃の)でも絶唱してみようかな。。^^)
〔15〕―2
生涯学習 ブログランキングへ
コメント

新しい、自己像

2016年11月14日 | 自己実現
セルフイメージ、自己像。。。
私には、こういうところがあったのか、、、
そんな要求がくすぶっているとは夢にも思わなかったけれど。

セルフイメージに合わない要求だったので、
どうしても火種が残って消えない怒りの遠因に思い当たったときは、
そんな望みがあったのかと正直、驚きました。
驚きましたが、同時にスカッとした気分です。
無意識の思考に縛られている自分を発見して、
希求していることが明らかになったのですからね、
思考の囚われから解放されるほどよい事はありません。

感情の嵐が去った今、思いもよらなかった要求をもっていた私を
抵抗なく友好的に受け容れることができて…めでたしめでたし。

感情は大事な大事な何かを伝えようとしている、メッセージですね。
〔15〕―1
生涯学習 ブログランキングへ
コメント

新しい日々、好き変化に気付くとき

2016年11月02日 | 自己実現
「体調は相変わらずですが、こころの流れは快調です」
友人からのメールに、返信しました。

からだの健康感は今ひとつでも、こころの流れは快調であるとは、
ある人にとっては理解できない心情かもしれませんが、
からだの不調と、こころの不調が必ずしもイコールではないことを、
理解する人が一頃より増えている気がします。

思考が統合されているところからくる平安感、
日々の友好的感情や幸福感からくる心身の安定感が、
体調不安を上回るとはどういうことなのか。
これを身をもって経験する日々ですが、
若い頃には経験できなかった初めての領域を生きているので、
そういう意味では新鮮な毎日ともいえます。

人々の言葉のやり取りを耳にして、目にして、
以前にはなかった素直で軽やかな流れを感じて、
意外な言葉のやり取りに、うれしい驚きを覚えます。
ふしぎですが、たとえばあるコミュニティーで、
数年前には、個性の違いが不穏な対話を生み出して、
コミュニティー全体に不調和が漂っている雰囲気だったのが、、
今は、違いが自然なコトととして了解されているのが対話の中でみてとれて、
個性の違いが全体のバランスをとる上で欠かせないものになっているのです。

このような現象は、うれしい驚きですが、
コミュニティ―の質が実際に変化していることもあるでしょうし、
私の現在が、そのような現象に気付かせているという側面もあるのでしょう。

何れにしても、好き変化に気付くことのできる、
こころの流れを意識して、新しい日々を過ごしたいものだと思います。
〔14〕
生涯学習 ブログランキングへ
コメント