こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

違和感について。

2014年07月31日 | 第9章:愛
なぜ、その人はそのような傾向をもつに至ったのか?
目の前にいる他者の心の世界を傾聴するとき以外は、
成育史を含めて成人して後の人生も、他人が独特の傾向をもつに至った理由を、
あれこれ詮索したり語ることに、私はあまり興味がありません。

正確にいうと、興味がないのだとはっきり意識する出来事があって、
そうなんだなあと、あらためて自覚したところです。

ある著名な人物について、どこに違和感を覚えるのか。
友人と話している中で、その意識化が成って、
同感の相槌とともに、友人がその著名人の傾向に関する自説(他者分析的)を
披露してくれるのを聞きながら、なんとなく居心地のわるさを感じました。

つまり。電話の向こうの友人の在り様に違和感を覚えたわけです。
そんなこと、どーでもいい、、が、その時の本音だったと思います。

私にとって他者について自覚すべきこと意識化が必要なのは、自分が違和を感ずるかどうか。
これは抑圧されない方がよい領域であると思います。

更に、その違和感はどこからくるのか?
私の心が感じているのか。それとも私の魂が感じているのか。
私の成育史の傾向が違和感を生じさせているのか。それとも魂が生じさせているのか。
違和感の識別は重要です。

成育史の傾向に起因するなら、心の傾向に関して気付きと自覚が進むことでしょうし、
魂に起因するものなら、魂の私としての気付きと自覚が進むことでしょう。

そのように考えると。今ここで私がこのような傾向をもっている、
今ここで、あなたが(他者が)このような傾向をもっていることが、
とても尊く、かけがいのないものに思えてきますね。

さて、くだんの友人に感ずる違和感は、私の心と魂の両方の側面があると思われますが、
この場をかりまして。友よ、これからも心と魂の可能性を探求してゆきましょう。道連れとして、よろしく。
コメント

愛を選択する

2014年07月30日 | 第9章:愛
“愛を選択する”というと何かとても大そうなコトで、
むずかしく感じられますが、生きているということは、
常に何かを選択していることでもあるので、小さな選択の連続の中で
本人がその気になれば誰にとっても日常は愛の修行の場になるのだと、
今更ながら気付きました。

日々刻々の小さな選択の度に意識するかしないか。
意識しようとするかしないか。それがすべてかもしれません。

たとえば。悩みの渦中にある他者を案じながら、
大切なその人のために一つのアドヴァイスを思いつくとき、
行動する前に丁寧に自分の心をみつめてみる。
見つめた結果、不安に巻き込まれている自分にハッとして、
自分の不安を解消するために行動しようとしていたのだと、
相手のためではないと素直に認めることができて、
行動を止める選択ができたとしたら、愛を選択したことになると思うのです。

正直になって、そこから生まれる行動を大切に出来ること。
(行動を中止することも中止するという行動ですから…)
自分の正直な本音を知ろうとすることは愛を選択することだと思います。

自分の本音を置き去りにして相手の本音ばかりを知ろうとする勘違いを、
わたし達は日常でしばしばやってしまうのですが、まず、
自分の本音、不安感、ストレス曲線の度合いに意識を向けることができたなら、
それも立派な愛の選択の行為だと思うのです。

こんなふうに考えると修行の場面は無限にあって、
日常の小さな行動の中で、それを見つけるのが楽しみなくらいです。
愛を選択する。。。日々刻々の小さな事、
つまらないと思っていることの中に、宝物は隠れているようですね♪
コメント

三人と、一匹の別れ

2014年07月22日 | 第9章:愛
久しぶりに借りてきたDVD映画を観て泣いてしまいました。
C・イーストウッド主演の「グラン トリノ」のエンディング。

モン族出身の若者が親友が形見に遺してくれた車-グラントリノ-で、
親友の愛犬を助手席に乗せて海岸沿いをドライブ、
穏やかな陽光と風に包まれながら車を駆る若者の
なんともいえない、ほろ苦い心情が伝わってきます。

悲哀と喜び。喪失の悲しみと希望が混在する場面に感情移入して、
人生って、こういうものよね、、と明るい諦観の境地を覚えながら、
いろいろあるけれど人生を肯定したくなるような。悲しいけど前へ進もう。
それが逝ってしまった親友の望みでもあるでしょう。

そういえば。映画と前後して読み終えた紋次郎の物語で、
強く印象に残った場面も出会いと別れの最終場面でした。

非業の死をとげた3人に思いを残しつつ村を後にする紋次郎を、
そもそも彼を村の惨事に関わらせる発端になった一匹の赤犬が、
峠にさしかかる村はずれまで紋次郎を見送ってきます。

「―今日の別れの相手は、三人と一匹。そう思いながら紋次郎は振り返ったが、
               いつの間にか路上からアカの姿は消えていた。」

逝ってしまった人間と生きている犬を同列においている所に衝撃をうけますが、
よく考えてみれば、別れに生死は関係ない。
生きていても先に逝っても、別れは別れです。

出来事を思い起こし追体験して感じ入ってみれば、
別れに生死の区別など必要ないことが解ります。
「三人と一匹の別れ」と題されているのは、
著者がいちばん書きたかったことが、まさにそのことだったのでしょうか。
これまで題などそっちのけで読んでいましたが、
今後は表題に込められた思いも意識して味わい読み進めてゆくことにしましょう。

出会っては別れ、別れては出会い…また別れがくる。
その繰り返しが人生だとすれば、そのような人生を
肯定的に確認できる作品にたくさん触れたいものだと思います。
コメント

とりあえず、楽しいので。

2014年07月15日 | 第9章:愛
毎日、林道を20分ほど歩きます。
今のところ、時刻はとくに決めていませんが、
家から林道を下り集落に出る手前の道脇にある、
スツール二つ並べたほどの大きさの苔生した石のところまで歩いて、
石にタッチして戻ってくる。一日一往復。これだけです。

ほんのこれだけのことなのですが、
言ってしまえば、人生が楽しくなった。

林道歩きがこんな位置づけになるとは想像もしませんでしたが、
朝に目覚めて今日も歩くと思うだけで、なんだか嬉しくなるのです。

十数年前、猫と暮らし始めたとき、生まれてはじめて猫を身近に知って、
これから人生はもっと豊かに、より深くなるのだなと予感したときのヨロコビに似ています。

何がそんなに楽しいのか?自分でも、よくわかりません。
よくわからないのですが、自分にとってよいことだというのは判ります。
林道歩きが、このような形で人生に入ってきたのは幸いだと、思います。
昨日はうちの猫が後をついてきて(まるで愛犬のように)、
前になったり後ろになったりしながら、とうとう一往復いっしょに歩きました。

歩いているときの、こころの流れはいろいろです。
いろいろですが、こうやって歩いているのはよい萌しと思えたことが、
そんなこころの流れが、歩き出して間もなくの頃ありました。

林道歩きの楽しみ。今日の一往復、これから行って来ます。
コメント

嵐の前。静かな朝です

2014年07月08日 | 第9章:愛
静かな朝に少しほっとしています。
虫の音と小鳥のさえずりが聞こえてきます。
曇り空、朝なのにセピア色を思わせるのは、
文字通り、今朝は嵐の前の静けさだからでしょう。

五感と体感を意識して感じることが何故大事かといえば、
素直に感じることを通して、心奥にありながら気付かれていない
私の正直な本音・真実の感情に近づくことができると思うからです。

表層にでてくる感情の奥に大事な感情が仕舞いこまれているとは、
そんなに珍しいことではありません。
本音を他者だけでなく自分にも隠してしまわなければならない。
隠すことで心の安定を図ることは誰もが人生で経験していることでしょう。

でも、それとは別に。自分の感情が、自分の本音がよくわからない。
とても長い間、イキイキとした感情生活から遠く離れてしまっているような場合、
心の奥にある本音、心奥の泉から滾々と水が湧き出すために、
仕舞われてきた感情と出合うことが何より大事になってきます。

理屈より素直に感じる自分を大事にしましょうといいたくなるのは(自分に向けても、、)、
感じることを大事にしていると、それが心奥にある感情への小道を開いてくれる。
心奥の泉の豊かな流れの呼び水になると信じているからなのですが。
感ずる自分を大切にする…これも幸いな呼び水、ですね。

そうこうしているうちに、なんと晴れ間がでてきました。
天気予報によると嵐は速度を緩めたようです。
感じる自分を大切に。心に留めて…一日を始めることにします。
コメント

幸いな、呼び水

2014年07月07日 | 第9章:愛
友人と3時間近く、お喋りの花を咲かせたときのことです。
ゆっくり話すのは2ヶ月ぶりでしたが、なんだか可笑しくて、
別れた後も、話している表情や素振りを思い出すと、
なんとなく愉快な気持ちになります。

たぶん。その日はダメな自分のことを笑って話すことができて、
お互いに、これまで知らなかった素顔を見せることができて、
それが可笑しさの所以と思っているのですが、
自分のことを肯定的に笑った後はすっきりと爽快な気分になるものです。

対話の中で経験した小さな自己受容とカタルシスですが、
この“なんとなく愉快なひと時”の経験が呼び水になったみたいに、
その後、日常の自分の固い思考にハタと思い至り笑ってしまったり、
過ぎ去ったあれこれを思い出して、深刻に思い悩んでいた自分のことを、
これまでになく笑えてしまうということが起こりました。

これがまた呼び水となって泉の水がどんどん流れ出す。。。
小さな浄化を意識しながら日々豊かな流れを生み出してゆきたいものだと思います。

そうそう林道ウォーキングも。泉の流れに通じるように歩きたいものです^^)v
コメント

前のめりにならないように。

2014年07月06日 | 第9章:愛
早歩きで最低20分の林道ウォーキングが日課として定着しつつありますが、
なんとまあ前のめりで歩いていたことかと、自分で可笑しくなりました。

目指す苔石のところまで早足で下り、石に手を触れるや速度を緩めずタッタと引き返す。
早足でなければ効果はない。最低20分は歩かなければ!

健康維持が目的の義務感だけのウォーキング。
強張った精神で、ちっとも楽しんでいなかったのですね。

小鳥のさえずりや草花をしっかり感じて歩けば、別に早足でなくても構わないし、
風が身体を通り抜けるのを楽しみながらジグザグに下って、ゆるゆる引き返してくる。
やわらかな心で歩くことを大事にしたいですね。

ウォーキングだけでなく他のことでも前のめりにならないように、
しっかり“今”を進んでゆきたいものですね。背後に精妙なものを感じながら。
コメント

私を映し出してくれる

2014年07月03日 | 第9章:愛
一人きりでいたら自分のことは見えません。
他者との関係性の中で自分が見えてくるのだとしたら、
他者と接することは自分を知る意味でも貴重だなと、
今朝は当たり前のことに、あらためて感じ入っています。

ある友人と語り合っているときには、
“これは想像していることで確かめないと判らないことなんだけど”…
こんな前置きをして喋っている自分に気付いて、
思い込みの思考に掴まっている傾向に内心で驚きながら、
へえ、わたしってそうだったんだァ…他人事みたいに自覚するようなこともあって、
あらためて貴重な友人だと思うわけですが、
この関係性においては、この傾向が明らかになるという具合に、
相手によっていろいろな自分の側面、傾向が現れてくるというのは面白いですね。

相手によっては気持ちよく思い込みを喋りながら、
ちっとも自分の傾向に気付かないこともあるでしょう。
でも、それとは別の自分の傾向に気付かせてくれているはず。
そういう意味で気付きをもたらしてくれる関係性はすべて貴重で有難いと思います。

それに。関係性とは何も人に限ったものでなく、私を取り巻くすべて、
森羅万象は折々に時に適って私を映し出してくれているのですよね。
コメント

老人のつぶやき…!

2011年10月29日 | 第9章:愛
友人の愛娘がフィアンセを連れてやってくることになりました。
彼女は我が家が作りかけで(今もって完成途上ですが)、
かろうじて床板とガラス戸がはいった頃、両親と来たことがあります。
まだ内壁もなかったし水周りも不完全、青空トイレの頃で、彼女は中学生でした。

それで今週は客用布団に陽を当てたり、ガラス磨きしたり、
ストーブ周りの丁寧掃除など、忙しく動き回りながら、
こういうときの私にありがちな気億劫な感じより、
作業をこなしながら、心楽しさの方が勝っていることに気付きました。
これはどういう変化だろう?・・・思うに、
若い二人の新たな船出を寿ぐような心情が、どうも私の中にあるらしいのです。
それは個人の関係性を超えて、人間関係の原型が動いているような気もします。

老人と若者。もちろん私はまだ老人と呼べる歳ではないのですが、
若者を祝福するような感情が自然に湧いてくるのだから仕方ありません。
歳を重ねると、相応の体力の衰えや故障がでてくるものですが、
幸福曲線に向かってゆく感情生活の変化は喜ばしい変化です。

最近いよいよ文庫の活字が読み難くなって、老眼鏡を注文しました。
その眼鏡が届いた日に仔猫たちはやって来たので、
兄猫をローガン、通称ロン。妹の方はマヤの予言にちなんでマヤと名付けました。
さて若い二人は仔猫にどんな反応を示すでしょう。
少なくとも娘さんの方は猫を身近には育ってこなかったはず。
ロンとマヤを見て“猫観”が変わったなら、私がそうだったように、
人生がいっそう豊かになると思うのですが、どうでしょう。。。^^)
コメント

仔猫がやって来た

2011年10月28日 | 第9章:愛
ハタカタ峠から仔猫の兄妹がやってきた。
隣町へ用事に行く途中見つけて、迷わず連れ帰ったのだけど、
昨日、時に適って~と書いた直後、出合った二匹の仔。
この数年の数ヶ月の出来事を振り返り、
こういうことってあるのだなあと、ふしぎを感じます。

コメント