こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

春のヨロコビ

2018年03月29日 | 自己実現
あるとき、ようやく増えてきたと喜んでいたツワブキの葉が、
一夜にして、すっかり消えていました。
鹿の食害と気付くまで、そこの土がツワブキが合わないから、
それで増えないのかと、けっこう長く思い込んでいたのです。
鹿がミヤコワスレが好物なのは知っていました。
ヤグルマギクやホトトギス他、いろいろな若葉も。

思いがけずツワブキまで食べられて、
庭の鹿避けは諦めようという心境になりました。
心境が変わるとそれが鹿にも通じるのか、
この冬は頻繁にピーピーと啼く声が聞こえてきて、
すぐ近く、お隣に棲みかを定めたようでした。
毎朝、行きつ戻りつ立ち止まっては、
落ちているツバキの花を食べていきます。
遠くガラス戸越しの人影に気付くと、じーっと見ていますが
害なしと判断したのか、また食事を続けます。

互いに認め合い春のヨロコビを分かち合って、共存の道を行くとしましょうか。
〔44〕-2
人気ブログランキングへ
シデコブシの花びら散る朝
コメント

この国に生まれて

2018年03月20日 | 自己実現
別棟に住まう祖父が毎朝7時に、
神棚とお仏壇に手を合わせるために母屋にやってくる。
天照大神のお札が連なる神棚の風景と
かしわ手と、お線香の匂いは身体に染みとおって。
私の生育史には五感の記憶として神仏習合が鮮明に織り込まれています。

神棚と仏壇のあるお座敷で、母に抱かれて、
クリスマスツリーを見ている写真も残っていて、
日本人の魂の遍歴を体現している私?と思うと、なんだか楽しくなります。
神仏キリスト教は私の愛の原型にも深く関係しているようです。

あらためてキリスト教史を紐解きながら、
本を再読しつつ、聖書をめくり、画集を開き、
聖書が題材の絵をいつでも見える場所に掛けて、
折々にしーんと眺めたり。

初めの頃のキリスト教が、人々と共に、
歴史の授業で教わった時代よりも、
ずっと早く、この国に入っていたことを、
あらためて思い巡らし、あれこれ想像していると、
なぜか、他にはないヨロコビの感情に満たされます。
ただ感じていることがうれしいみたいな、ふしぎな感情です。

理屈はいらない。しばし、この旅を楽しみたいと思うのです。
〔44〕
人気ブログランキングへ
コメント

2018/3/16

2018年03月16日 | Weblog

花便りの季節になるとモグモグしながら行きつ戻りつ庭を横切っていく、、、
人気ブログランキングへ
コメント

自己を主張する

2018年03月12日 | 自己実現
単調な日常の流れに危機感というほどではないけれど、
うっすらとした閉塞感を感じ出して、
もやを晴らすような刺激が、小さな何かが必要かも…
と、そんなことが頭を過ぎっていた矢先、
自己を主張しなければならない事案が発生しました。

考えていることを言葉で伝える、“自己”を言葉で伝える。
自己主張が単調を感じていた心に小さな活気をもたらしました。

自分の思考と感情が認識できていないと、
自己主張は上手くいきません。
自己信頼と相手を信頼することが大事な要素です。

自己を主張するとは、なかなか高度な営みであるなと、
少なくとも私にとっては、そうです。

その日を境に、久しぶりに本を読み出しました。
言葉が虚しいィ、、周期から抜け出して、
歴史の本を再読し始めました。西洋史ですが、
以前とは違う、感受性の変化を感じます。

音楽でも絵画でも読書でも、以前よりも、
自由なこころで、知覚したり想像している自分を感じますが、
自己を主張した日から、その道のりがいっそう軽やかになっているようです。
〔43〕
人気ブログランキングへ

コメント

語って、笑って、一歩前進

2018年03月09日 | 自己実現
「どんなふうに死にたいと思っているの?」
遠来の友を交えての楽しい夕餉の時間、
ほろ酔いの夫が直球を投げてきました。

初めて上がったテーマでもないので、
「それはね~いつも言っているように…」
ハキハキ語りながら、いつもと違って、
どのように死にたいか?の理想に、
感情が追いついていない不一致感が気持ち悪くて、
途中からは二人を前に自問自答する展開になりました。

必死に語っている自分が自分で可笑しくて泣き笑いのようになって、
それが可笑しいのか二人もニヤニヤしていますが、
正確に聴き取ろうとしてくれている気持ちは伝わってきます。
最終的にはこの自問自答のおかげで、
これまで気付いていなかった感情の明確化が成って、
自己認識が一歩前進、本当によかった。ありがたいことでした。

どのように死にたいか? どのように生きたいか?
夫と、友人と、相対で語り合うだけでは見えにくかった感情が、
楽しく和やかな時間の中で意識化できることもあるのですね。

死生観という大切なテーマを誰かと語り合う。
幸いな原型ができたので、なんだか楽しみな感じです。
聴いて語って笑って。一歩前進した気がします。
〔42〕―4
人気ブログランキングへ
コメント