こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

未来の、不安感

2017年10月24日 | 自己実現
いつものことなのですが国政選挙の翌日は、
日常にはない独特の心の流れがあって、
これが典型的な「未来への不安感」というものかと、
自己分析などしながら思考と感情の流れを意識して過ごしました。

家事をこなしながら、途中、瞑目の時を挟むのも忘れません。
そうやって静かに心を見つめていると、
現状を多面的に捉える余裕がでてきて、
なんとなく光が差し込んでくるのを覚えます。

そうでした、未来は決まったわけではなく
可能性の一つに縛られて今から暗くなる必要はありません。
なすべきは国民の一人として、よ~く見ていこう。
選ばれし人々の動向を、えこひいきなしに公平に注視していこう…と、
国政選挙の翌日は、これまでになく前向き、主体的に、
現状に対して友好的感情をもって一日を終えたのでした。
〔36〕
人気ブログランキングへ
今朝・東方の空
コメント

この瞬間は完璧!

2017年10月18日 | 自己実現
こころを見つめつつ、
この流れは危ない…という感じ。

思考も感情もバラバラ、、、
気力が奪われ心身の健全が蝕まれていくという感じは、
私の場合、過去の後悔に囚われることから始まるのが常でした。
そのきっかけは大きな出来事ではなく、
小さな、ちょっとした日常の場面、
ちょっとした対人関係の在り様について、
自分を責め苛む感じに陥ることが多かったのです。

ああすればよかった。こうすればよかった。
ああするべきだった、こうするべきだったのに、、、
囚われ始めると、思考と感情の収拾がつかなくなります。

あるとき、何がきっかけだったか覚えはないのですが、
「今この瞬間は完璧」。。。この言葉を思い出すことで
思考がバラバラと収拾つかない感覚―危ない流れ―から、
直ぐに引き返せるようになりました。

この瞬間は完璧。こころの内で呟くと、すっと背筋も伸びます。

この瞬間が完璧であるならば、何も問題なし。
過去を悩んでも仕様がない、さっさと忘れましょっと…こんな感じです。

この瞬間は完璧。。。
私を統合に向かわせてくれる言葉です。
〔35〕
人気ブログランキングへ
コメント

意識して知覚する、ニコニコ度

2017年10月15日 | 自己実現
一日のニコニコ度をざっと掴んでマークに残す。
ある年に数ヶ月、気持ちの晴れやかさの度合いをニコニコ度として、
ニコニコマークに%を添えて記録していたことがあります。

一日の鬱々感と幸福感の割合を意識して知覚した記録ですが、
翌年の日記は記録のことはすっかり忘れていましたが、
ふと思うと、以前のような落ち込みが殆どなくなっていることに気付きます。

記録していた数ヶ月は、鬱々に気付くとニッコリしてみる、
そんなことも意識していたように思います。

なんとなく始めたことですが、
意識して知覚して記録することの効用は、
案外大きかったのかもしれません。

落ち込んでも以前のように
落込むことに落込むようなことがなくなった、これは確かで、
気持ちが沈むようなことがあっても、
特に意識するともなく自然に脱しているような気もします。

拒むから二重の苦しみになるので、
拒まなければ軽やかに去っていく…そんなところかもしれません。

そして理由がとくに見当たらなくても、
ニッコリすれば気が晴れる。。。これも本当ですね。
〔34〕
人気ブログランキングへ
コメント

積年の、習い性

2017年10月05日 | 自己実現
確か私が「無理はしないで」と言ったとき、
最初は、びっくりしたような顔をして。
次に言ったときは、
「私は、無理はしないわよー」と返されてはじめて、
この人は無理して何かするような人ではなかったと、
見当違いの自分の言葉にハッとして、
それから二度と無理しないでとは言わなかったのですが。

今から思うと、無理をしていたのは私の方だったと、
ひと昔前の出来事の深意が今漸く解るのですが、
無理しているつもりなく無理しているとは、
自覚がないのだから、これは深刻です(でした、、)。
積年の習い性と認めざるをえないのですが、
“無自覚の無理”は細胞レベルで体に記憶されて、
許容を越えた時に体の不調として現れてくるように思います。

人生全体が、この習い性に彩られていたとしたら!?
これから・・・どうしようか?

まずは、無理している状態を意識して知覚することで習い性を返上してゆくことと、

普通よりずっと少ないであろう、でも必ず体験している、
良性のストレスから起こした小さな出来事を、
自分の人生の中から“無理しなかった体験”を丁寧に拾い集めること。
そんな作業を楽しんでいますが、思い出すこと・追体験することも、
少なからず細胞に影響を与えることでしょう。
もちろん、これまでと違って好い記憶として、ですね。
〔33〕
人気ブログランキングへ
コメント

次にくる感情

2017年10月01日 | 自己実現
ある出来事に対して、ふつふつと湧き出でてくる思いあり、
どうも怒りのようだなぁ。。。

不安や違和感の段階で上手に距離が取れなかった。
過去に適切な距離をもてなかった対象/出来事に、
過ぎ去った今になって怒りを感ずるとは、
不合理なコトだと思うのですが、
でも確かに、今ここにあるのは怒りです。

へぇそうなんだ。。。という程度の余裕の怒りですが、
今ここでの心身の状態如何で、過去に固執し出すと、
軽やかで余裕ある怒りも憎悪に発展しないともかぎりません。

過ぎ去ったことなのに、怒りがあるなんてね、、、
面白いねぇ、感情って一筋縄ではいかないものねぇと、
軽やかに穏やかに、怒りの存在を否定することなく、
受容できれば、時の経過とともに怒りは消えてゆく。
そんな予感がします。

ああよかった。適切な距離が解ってよかった。
これから先、適切な距離を生きることができれば、
待っているのは友好的感情であると思います。
今は全然そうでなくても、きっとそうなります。

感情とは自分自身を映し出す鏡のようなものかもしれません。
〔32〕
人気ブログランキングへ
コメント