こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

小さなカケラに気づくとき

2019年11月29日 | 自己実現
愛とはこういうものであるという理想に、知らず知らず長い間、囚われていたなあと。それゆえ日々時々に出合う事象において、“これは違う”という否定形で心が動き出す、気づかない内に、ごく微妙な否定形が心の流れに入り込んでいたことにハッとしました。

そうだったのか。。。これは小さいけれど一大転換をもたらした、最小にして最大の今年度一番の気づきであった。そう思っています。

愛という理想の「概念」から解き放たれた途端、何が起こったかといえば、素晴らしいこと、新しい人生が始まった!大袈裟ですが、そのくらい大きかったのです。“これは違う”から始まっていたものが、これもそう、これもあれもそう、出合う事象に端から小さなカケラを見つけられる(感じられる)ようになったとすれば、一大転換が起こったといわず何といいましょう、それ以外ないですね。

考えてみれば理想の愛は、なかなか出会えるものではありません。というか生涯、その完成形に遭うことは叶わないのかもしれない。でも、しかしです。小さな、未完成の愛のカケラが散りばめられているのが、この世界、この地球であるのだとすれば。。。「概念」に縛られていると、その小さなカケラを見逃します。見逃し見過ごしているうちに日々の感情生活に否定形が、知らず知らず入り込んでいたとすれば、、、その否定形はあまりに小さくごく微少なので私は長い間、それに気づかぬまま過ごしてきたと思うのです。

知らず知らず身心を侵食していたであろう微妙なた否定感は、小さな肯定感、ごく微少な肯定感が流れ込むようなあり様に一転しました。たとえば小さなイザコザでもめている若いカップルを見ても、ああ、愛だねぇ、、イザコザの中に小さなカケラが見え隠れしているのを認めたり、在るものの、愛の通奏を感じ取れるようになって、これまでになく和らいだ心で受け止めている自分がいるのですね。

小さな転機はその人にとって最良の、絶妙のタイミングで訪れるものですが、理想に囚われ過ぎるあまり小さな否定感が入り込んでいないか。知らず知らず否定感から始めていないか?時にはちょっと思い巡らしてみるとよいかもしれません。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
コメント

秋 2019/11/24

2019年11月24日 | Weblog






コメント

今、思うこと

2019年11月13日 | 自己実現
夕べは満月でした。
満月の日は、どのような心のあり方で過ごすのがよいのか。
余分なものを捨てる、手放すのが正解であると、
以前、読んだ記憶がありますが、それに加えて、
昨日は目指してきたものの進捗状況を省みることと、
感謝することを意識して過ごしました。

そうそう、気になっていた枯れ木を思い切って抜いてしまうのも、
満月を待ってと思っていましたが、枯れ木の根元に
思いがけず元気な葉っぱを数枚見つけたので、
引っこ抜くのは中止して深めの剪定だけしておきました。

音読の50回目が、ちょうど昨日にあたって、
今日から次の章に進みました。予感どおり、
暗記は成らなかったのですが手ごたえを感じています。
すべての章を読み終える頃には今より明確な何かが、
こころに入ってくるような・・・そんな予感があります。

ところで新月に向けて。感情について初心に返るというか、
あらためて意識してみたいことが加わりました。
感情が湧いて来た瞬間の反応というか、
取り扱い方というか、向き合い方というか。。。
自分自身に対して嘘がないか?ごまかしがないか?
そのあたりをきっちり見極めてみたいなと、思いますね。
ふわっと柔かく(きっちりと矛盾するみたいですが、、)見つめてみたい。
感情体験の瞬間のイメージをふわっと優しく見守るといったらよいでしょうか。

感情に嘘がないか?あなたの、他者の感情を認めるためには、
どうしたってまず、自身の感情の取り扱いが成ってなければ成りません。
感情を歪めて意識化してないか?素直に正直に意識化できている?
初心に返って気楽に緩やかに感情を見つめてみたいと思うわけです。

以上、月齢16日の今日、思うことでした。

人気ブログランキング クリックありがとうございます
コメント

夕陽

2019年11月04日 | Weblog

Amakusa
コメント