馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

落ち込んでいます

2019-12-13 11:45:34 | 首都散策・冬季

早朝の首都

昨日も記事にしましたが枯れ木も山の賑わいかなで 
あと二週間でクリスマスです

モンゴルも日本と同じで宗教に関係なく
祭りは何でもウエルカムである

騒ぎと喧嘩と祭りは江戸の華
モンゴルも同じです

そのモンゴルに活気がない
通夜のような此の頃です

確かな事は美味しい冬の味覚であるロシアリンゴが
入荷してこなくロシア近隣の国からのものだけ

あの美味しいロシアリンゴが食べたい
日本のリンゴには太刀打ちできないが

素朴な味です(蜜なしリンゴ)

  静かに光るだけ

早朝の首都中心地を車で通過する
有名なビルには例年、クリスマスツリーが飾られる

ここはスフバートル広場の直ぐ隣にあるビル
役所や民間企業勤務社員の出社風景もない

米国の経済封鎖が巻き込む世界的経済不況なるか

活気がない

  退路を断たれたマルコポーロ

目的地へ行き、帰り道に再び国会議事堂前を走り去る
有名ビル(銀座三越みたいなビル)のクリスマスツリー

その手前にはモンゴルに20年間滞在させられていた
マルコポーロの立像が寒い・寂しい・帰りたいと嘆いている

モンゴル世界制覇の実現もマルコポーロの
アドバイスが功を成したと考えられる

なんか

  金持ち地区4地区のツリー

昨日は穏やかな一日だった
夕方前の一時、子供たちも親たちも居ない商店街

モンゴルで一番元気な処はKFCだけ
米国が誇るケンタッキーフライドチキン店(鳥は韓国産)

夏頃、韓国産の腐った鶏肉で中毒騒ぎ起こす

ジャンクレストランだけが活況を要している
傍を通るといつも若者で満杯状況

近いうちに住民の大半が米国人並みになる
それでなくても油物を好む体質の人が多い国

横を通るだけで揚げ物独特のいい匂いが食欲をそそる
財布の中身にだらしない民族です

雪も

  第54学校の校庭

先日早朝に降った雪も太陽熱で解けだしました
クリスマスまで二週間は長い持たないでしょう

せめて今年だけでもイブの当日に
大雪よ降れ
景気づけに!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 久し振りの野良公 | トップ | 今年最後の満月を愛でる »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・冬季」カテゴリの最新記事