to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

2015-08-10 22:39:56 | the cinema (ラ・ワ行)

LOVE & MERCY
上映時間 122分 映倫 PG12
脚本 オーレン・ムーヴァーマン/マイケル・アラン・ラーナー
監督 ビル・ポーラッド
音楽 アッティカス・ロス
出演 ジョン・キューザック/ポール・ダノ/エリザベス・バンクス/ポール・ジアマッティ/ジェイク・アベル/ケニー・ウォーマルド/ブレット・ダヴァーン/グレアム・ロジャース

 1961年に弟のデニス、カールや従兄弟のマイク・ラブらとバンド、ザ・ビーチ・ボーイズを結成したブライアン・ウィルソン。カリフォルニアの明るい日差しを体現した陽気なサーフィン・ミュージックは全米の若者たちの心を捉え、ビーチ・ボーイズは一気にスターへの階段を駆け上っていった。しかし、曲作りのプレッシャーと過酷なツアー活動は、ブライアンの心を想像以上に蝕んでいた。やがて、とうとうツアーに参加できなくなったブライアンは、ひとりスタジオにこもり、革新的な音作りに没頭していく…。
80年代。すっかり表舞台から消えていたブライアンは、依然、精神に深刻な問題を抱え、精神科医のユージン・ランディによる厳しい監視と薬漬けの日々を送っていた。そんなある日、ふと立ち寄った自動車販売店で、セールス担当のメリンダ・レッドベターと出会い、恋に落ちるのだったが…。


夏になると、必ずどこかで流れてる。
ザ・ビーチ・ボーイズを知らなくても、CMやお店などで誰でも一度は聴いたことがある
自然に夏を運んでくる、軽快でちょっと甘い、身体に残るフレーズ

そのビーチ・ボーイズのヒット曲をほとんど一人で創り出していたブライアン・ウィルソンの、
明るく爽やかな曲調からは想像もできない、幼少時からの家庭環境、
とりわけ、父親との確執、というより、
支配的で、暴力的な父を恐れながら、
その才能が生み出す経済力を搾取されながらの人生――。
そして、
それは他の似たような誰かによって繰り返されるのですが…―


天才の閃きの凄さと、
それが生み出される心理的状況の描写に心を持って行かれます。
バンド絶頂期の60年代と、20年後のブライアンが目まぐるしく入れ替わり、
その苦悩の始まりと、
泥沼から救い出してくれる、その白い手を掴むまで…―



60年代のブライアンを演じたポール・ダノ、増量して挑んだ甲斐あって、ご本人に似てます。
歌も素晴らしい!
そのポール・ダノの20年後のジョン・キューザックは、まったく似てはいないのに、
不思議に違和感がないのです.....感情移入してしまいますから・・・
ほぼ境界線のヒトを演じるジョン・キューザックが凄いです

これが実話だなんて、本当に信じられない思いですが、
ラストの心の震えは、、
必要な時に、必要な出会いをくれた、神様に感謝してでした




The Beach Boys Greatest Hits (Full Album)


コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 昼も夜も恭子ちゃん♪ | トップ | 恭子ちゃん、番宣★ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残暑お見舞い (オリーブリー)
2015-08-14 23:14:21
こんばんは。
ここ10日ほど移動する機会が多くて、またそんな時に37度とか数日あってバテバテでしたよー。
昨日今日は少し涼しいけど、ご自愛下さいね。

夏らしいミュージシャン、若かりし頃、どんなシュチュエーションでも不可欠だったビーチ・ボーイズの楽曲だけを楽しんだ者には、ちょっとショッキングだったけど、事実を知ると名曲の数々の素晴らしさを改めて感じますね。
ポール・ダノ、あれ以上太ると、「~~の宝石箱やぁ~~」の彦摩呂に近くなりそう(汗)
オリブリたん♪ (kira)
2015-08-15 13:10:06
こんにちは♪
>ここ10日ほど移動する機会が多くて、またそんな時に37度とか数日あって

あ、お盆だし、
旅に出てたのかな??
実は疲れ知らず・健康だけが取り柄のワタシも、
この猛暑には少しやられてます。がっ
そんなことは言ってられない、これから恭子ちゃんに
今愛に行くところ(爆)

ホント、幸せ、爽やかな曲ばかりが焼き付いていたのに、
事実は凄いドラマを生きていたんですね~。
ポール・ダノは増量して少し似てましたが、
他のキャストも何気にそっくりの雰囲気だったんだと、
記事を書く段階で気が付きました。アノ医師役のポール・ジアマッティもね

コメントを投稿

8 トラックバック

ラブ&マーシー 終わらないメロディー/LOVE & MERCY (我想一個人映画美的女人blog)
夏が近づくと必ず聴きたくなる曲がある。 それは伝説的バンド[ザ・ビーチ・ボーイズ]の数々の名曲たち ビーチボーイズの音楽的側面を一人で担ってたとも言える天才ミュージシャン、 ブライアン・ウィルソンの波瀾万丈の音楽人生を映画化 名盤「ペット・サウンズ」...
ラブ&マーシー 終わらないメロディー  (心のままに映画の風景)
1961年、ブライアン・ウィルソン(ポール・ダノ)は弟のデニス、カール、従兄弟のマイク・ラブらと“ザ・ビーチ・ボーイズ”を結成。 陽気なサーフィン・ミュージックは全米の若者たちの心を捉え、一気にスターへの階段を駆け上っていったが、曲作りのプレッシャーと過...
『ラブ&マーシー 終わらないメロディー(LOVE  (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』LOVE MERCY監督・製作:ビル・ポーラッド音楽:アッティカス・ロス出演 : ポール・ダノ、ジョン・キューザックエリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ物
「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」:さても面妖なり (大江戸時夫の東京温度)
映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』は明るく楽しいビーチボーイズ映画にあ
ブライアンの喪失と再生 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」を鑑賞しました。 1960年代 人気の頂点のザ・ビーチ・ボーイズ 新たな音楽作りに没頭するブライアンは新作へのプレッシャーにより精神的に追いつめられる それから二十数年、低迷の中にいた彼が美しく聡....
ラブ&マーシー 終わらないメロディー (とりあえず、コメントです)
1960年代に世界中を熱狂させたザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンの半生を描いたドラマです。 有名な曲しか知らないくらいだったのですけど、どんな人生を送った人なのか気になっていました。 想像以上に大変で苦しい時期を乗り越えた主人公の姿に、ほっとする...
愛と慈悲~『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』 (真紅のthinkingdays)
 LOVE & MERCY  1960年代、カリフォルニア。ブライアン・ウィルソン(ポール・ダノ)は兄弟 や従兄弟たちと 『ザ・ビーチボーイズ』 を結成、その美しいメロディーライ ンとハーモニーで瞬く間に人気者となる。しかし20年後、ブライアン(ジョン...
映画評「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ビル・ポーラッド ネタバレあり