サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 11527「トロッコ」★★★★★★★☆☆☆

2011年06月07日 | 座布団シネマ:た行

芥川龍之介の同名短編小説をモチーフに、懐かしい風景の残る台湾に舞台を移して再構築した、幼い兄弟の冒険と成長を叙情的につづる青春ドラマ。メガホンを取るのは、本作で長編監督デビューを飾る川口浩史。ホウ・シャオシェン監督などの名監督と共にアジアをまたに掛けて活躍するカメラマン、リー・ピンビンが撮影を担当する。少年たちの母親を演じるのは、『殯(もがり)の森』『クライマーズ・ハイ』の尾野真千子。家族のきずなや国境を超えたつながりに心が温かくなる。[もっと詳しく]

少年の憧れる気持ちと不安な気持ちは、いつの時代もナイーブに存在する。

台湾を二週間ほど旅したのは、三十歳過ぎのことであったか、もう四半世紀前のことになる。
台北の町で食べ歩きをしたり、台南の高校時代の友人夫婦の家に寄ったりしたが、一番記憶に残っているのは、台北から三時間ほどの嘉義駅(海抜30m)を起点に阿里山駅(2213m)に至る「阿里山森林鉄道」に乗ったことである。
この登山鉄道は、インドの「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」、チリ・アルゼンチン間の「アンデス山鉄道」と並び、世界三大登山鉄道と言われている。
全長71.4kmを3時間半で駆け上るのだが、急勾配対策のスパイラルループやスイッチバックの軌道を組み合わせてあり、鉄道ファンならずともわくわくさせられる。
阿里山の主峰である玉山は「新高山」とも呼ばれていた。
例の日本海軍の有名な暗号「ニイタカヤマノボレ」の由来ともなっている。



その「阿里山鉄道」の旅で、たまたま同席で話しかけてこられたのが、台湾大学で教授をなさっておられた老人であった。日本語がとても流暢で、日本の統治時代の思い出をいろいろ話してくださった。
何の気なしに、「この森林を見ていると、日本の山に瓜二つですね」というと、静かに微笑して、「ヒノキですよ。日本の統治時代に森林輸送のために作られたのがこの鉄道です。日本の神社に使われているのですよ」と教えていただいた。
『トロッコ』という映画の舞台になっている西部の花連にはその旅では回らなかったが、日本語を使うおじいちゃんが、トロッコが走る森について、これは「台湾ヒノキ」で日本の明治神宮や靖国神社の鳥居にも使われたんだと話しているシーンで、突然、四半世紀前の教授との会話が甦ったのだった。



最近ではテレビで見るしかないが、台湾も都市部はすっかり近代都市の街並みを競っている。
そこで若者たちのファッションなどを見ていれば、東京や香港やソウルなどとさほど変わらない。
けれども、山深き村や、田園のある里山に行けば、ある意味日本の大正、昭和が色濃く残っているところがある。
少なくとも四半世紀前の僕の台湾の旅では、なんだか田舎に帰ってくつろぐような感じがしたものだ。
『トロッコ』という映画でも、おじいちゃんの住む家のつくりはまるで日本のある時代の典型のような間取りであり、たたずまいである。
台湾人の父親が亡くなって、その遺骨を持って父の生家に里帰りしてきた夕美子(尾野真千子)と8歳の敦と6歳の凱のふたりの息子。
父親が台湾生まれであったということや、夕美子はある程度は台湾語を話せるということとは関係なく、日本から来た三人はすぐにその風景の中に異和感なく溶け込むようになる。
それはたぶん、村のコンパクトな広さや、田園の広がり方や、背景の山々の重なりや、夕暮れ時の色合いの変化や、村人たちのそれほど騒がしくもなくゆったりしたたたずまいや・・・というものが折り重なって感じられるもののような気がする。



芥川龍之介の短編「トロッコ」は、僕も教科書で読んだクチのような気がするが、主人公の良介は8歳。まことに少年期の「秘密」の冒険に傾斜するこころの高揚と、家を離れてしまって不安が擡げてくる中を懸命にこらえる心性が、印象深く書かれたお話である。
たぶん誰にでも思い当たるであろう、あるいはこの時期にしかないような、「世界」(未知)への憧憬と恐怖が描かれており、それはまたファンタジーの原型のような構造も持っている。
川口浩史監督は、多くの実力派監督の助監督を経験してきたが、名刺代わりに自分の監督作品を短編としてつくってみたくて、好きだった芥川龍之介の「トロッコ」を選んだのだという。
それが日本にはもうそんな「トロッコ」の走る抒情的な風景がなく、台湾にまだそういう風景が残っているということを聞きつけ、ロケハンをしながら3年間をかけて舞台を台湾の物語に作り直し、日本にもなじみの深いホウ・シャオシェンのスタッフたちとの共同作業が決定し、あれやこれやのなかで、長編作品としての監督デヴュ-となったのだ。
撮影監督のリー・ピンピンは『珈琲時光』(03年)では小津安二郎の『東京物語』にオマージュを捧げ、東京の沿線町や路地裏や車窓風景を見事に切り取り、その後も是枝監督と『空気人形』(09年)を制作したり、村上春樹原作の『ノルウェーの森』(10年)にも参加したりしながら日本とのコラボレーションを大切にしている。
新人監督にとっては、思いもかけない企画の発展だろう。



『トロッコ』では、河瀬直美監督により奈良の地で15歳の高校生の時に見出され、同監督の『殯(もがり)の森』(07年)でカンヌ国際映画祭でグランプリを獲るなどの活躍が著しい尾野真千子の、不安にかられながら子供との距離がうまくとれない若い母親の演技もよかったが、なんといってもお兄ちゃん役を演じた少年がよかった。
風景が一気に拡がるところで、それまで押していたトロッコに乗り込んで、その頬を揺らすようなスピードに歓声を上げるシーンがある。
芥川の小説では、その感動が次のように描かれている。

「さあ、乗ろう!」
 彼等は一度に手をはなすと、トロッコの上へ飛び乗った。トロッコは最初徐おもむろに、それから見る見る勢いきおいよく、一息に線路を下くだり出した。その途端につき当りの風景は、忽たちまち両側へ分かれるように、ずんずん目の前へ展開して来る。顔に当る薄暮はくぼの風、足の下に躍おどるトロッコの動揺、――良平は殆ほとんど有頂天うちょうてんになった。



映画では「有頂天」のあと、弟とふたりで来た道を戻ることに成り、弟は疲れたとむづがって歩こうとせず、それをお兄ちゃんは自分も不安だが、泣き続ける弟をなだめ、すかし、励まし、暗くなった森を抜け、ようよう家に辿り着くことになる。
そこでは母が心配して帰りを待っていたのだが、お兄ちゃんはようやく緊張の糸が解けたのか、ワンワンと大泣きすることになる。
少年期というのは、たった二歳の違いだが、まるで兄弟の立ち振る舞いが異なることになる。一年が何年にも相当する。
父親にもらったトロッコを押す少年の写真。それは父親ではなく、おじいちゃんの少年期のものだった。
トロッコに乗りながら、祖父は日本に憧れて日本語を覚え、父は日本に留学し日本人と結婚することに成り、少年はいままた台湾を知り、いつか台湾人であるか、日本人であるかを自分で決めることを宿命づけられている。
最近見た日台合作の『海角七号/君想う、国境の南』は、台湾最南部の町で、日本の教師と台湾の女生徒が敗戦で引き裂かれる運命を回想する物語であったが、『トロッコ』もまた在りし日の日本の記憶を、現在に不可避のように重ねあわせることで、僕たちの感情をとても深いところで揺さぶることになる。

kimion20002000の関連レヴュー

空気人形
殯(もがり)の森
海角七号/君想う、国境の南










 

コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 東電労組出身/笹森清(元連... | トップ | 大政奉還を!(天皇の下で復... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2011-10-24 15:47:44
あの芥川龍之介のごく短い小説がどういう風に長編映画になるかと思って観てみましたが、映画全体のほんの数%に相当する部分にうまくはめこんでいました。
日本でトロッコが観られる風景は事実上もうないというとは寂しいことですね。

メーカーの営業時代に台湾のビジネスフレンドの父親を飛行場まで迎えに行ったことがありましたが、日本語で話しかけられてビックリしましたね。
確かに日本が統治していた時代があったことを肌で感じました。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-10-24 23:14:27
こんにちは。
不思議な魅力を持った作品でした。
たぶんこの監督の欲のなさのようなものが、その魅力を生んでいるのかもしれないな、と思ったりもします。

コメントを投稿

座布団シネマ:た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

□『トロッコ』□ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画[日本語・中国語(北京語・台湾語)]、川口浩史監督、リー・ピンビン撮影監督、川井郁子音楽、尾野真千子、原田賢人、大前喬一、ホン・リウ、チャン・ハン、ワン・ファン、ブライアン・チャン、メイ・ファン出演。
川口浩史監督「トロッコ」。風景も眼差しも美しい。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
芥川龍之介の短編小説『トロッコ』を台湾を舞台に移して再構築。3年の歳月をかけてオリジナル脚本として生まれ変わった。監督は篠田正浩監督、行定勲監督の助監督をつとめてきた川口浩史。撮影監督に侯孝賢(ホウ・
トロッコ (LOVE Cinemas 調布)
幼い頃に芥川龍之介の同名短編小説を教科書で読んだ川口浩史監督が映画化のチャンスを暖めていた作品だそうだ。実際にトロッコの線路が残る台湾を訪れた際に、そこで出会った日本統治時代を生きた老人たちに感銘を受けたことがきっかけで、脚本を書いたという。主演は『真...
トロッコ (映画的・絵画的・音楽的)
 落ち着いた文芸物でも見たいものだと思い、『トロッコ』を銀座のシネスイッチで見ました。 (1)この映画は、いうまでもなく、芥川龍之介の短編『トロッコ』を原作としています。ただ、舞台を日本から台湾に移したこともあって、原作とはかなり味わいの異なった作品に仕....
トロッコ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。川口浩史監督、尾野真千子、ブライアン・チャン、ワン・ファン、原田賢人、大前喬一、ホン・リウ、メイ・ファン、チャン・ハン、ブライアン・チャン、テン・ボーレン ...
トロッコ (LOVE Cinemas 調布)
幼い頃に芥川龍之介の同名短編小説を教科書で読んだ川口浩史監督が映画化のチャンスを暖めていた作品だそうだ。実際にトロッコの線路が残る台湾を訪れた際に、そこで出会った日本統治時代を生きた老人たちに感銘を受けたことがきっかけで、脚本を書いたという。主演は『真...
トロッコ(2010) (銅版画制作の日々)
 京都シネマにて鑑賞。結構評判が良い作品だったので気になっていた。幼い兄弟が父親の故郷台湾で過ごすひと夏の物語。この2人の兄弟が何気に良い。お兄ちゃんの敦がちょっと母に反抗気味で、母はそんな敦に手を焼いている。すぐに母に怒鳴られるもんで、敦はますます頑...
トロッコ (とりあえず、コメントです)
台湾の森に残る古いトロッコへの想いと共に、母と幼い兄弟の親子の絆を描いた作品です。 予告編を観た時、緑の森やトロッコの雰囲気が印象的でちょっと気になってしました。 戦前の日本が台湾へ残したものは何だったのだろうかとしみじみ考えさせられる物語でした。
『トロッコ』『冬の小鳥』をギンレイホールで観て、興奮しないといけないのかなあふじき☆☆☆,☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『トロッコ』 五つ星評価で【☆☆☆普通…だけど賛成はしない】 「まぐろ女」の別称か? 「トロっ娘」って。 うわ、冒頭からやっちまった感ありあり。 さて、敬愛する芥川 ...
トロッコ (シネマDVD・映画情報館)
トロッコ 父を亡くした年の夏、敦(あつし)と凱(とき)の兄弟は母に連れられて、初めて父の故郷である台湾の小さな村を訪れ、祖父母に温かく迎えられる。敦は亡き父が大切にしていた古い写真にトロッコと写る少年が遥か昔の幼い祖父の姿だと知る。山林を走るトロッコに...
「トロッコ」:木場公園バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
こんなところにも、緑まぶしい一角があるんだな。 まるで川口浩史監督の映画「トロッコ」に出てきた光景のようね。 川口浩が草深い山奥でトロッコに乗る映画を撮るっていうから、すわ、川口探検隊が亡霊になって帰ってきたかと早合点したけど、“川口浩”じゃなくて“川...
トロッコ (だらだら無気力ブログ)
芥川龍之介の同名短編小説を基に、舞台を台湾の山間の小さな村に舞台を 移して、亡くなった台湾人の父の遺灰を故郷に届けるために日本人の母と ともにやってきた兄弟のひと夏の成長をノスタルジーあふれるタッチで 描いた日本/台湾合作映画。 監督は今作がデビュー作と...
映画評「トロッコ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本=台湾映画 監督・川口浩史 ネタバレあり
トロッコ (RE940の自作DVDラベル)
2010年 日本/台湾 117分 監督:川口浩史 出演:尾野真千子 原田賢人 大前喬一 ホン・リウ  チャン・ハン ワン・ファン ブライアン・チャン メイ・ファン  芥川龍之介の同名短編を映画化するという構想を長年温めていた川口浩史監督が、トロッコを撮影でき...