サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 07265「殯(もがり)の森」★★★★★★★☆☆☆

2007年11月21日 | 座布団シネマ:ま行

『萌の朱雀(もえのすざく)』でカンヌ国際映画祭でカメラドールを受賞し、世界中から注目されている河瀬直美監督の最新作。監督自身の故郷である奈良を舞台に、人間の生と死を描く人間ドラマ。役者初挑戦のうだしげきが、妻を亡くし、心の空白をうめようと懸命に生きる男を熱演。介護福祉士として、彼と心の交流をかわす真千子に『萌の朱雀(もえのすざく)』でも河野作品に出演している尾野真千子が透明感ある演技でみせる。奈良の山間部の美しい風景が心にしみる珠玉の名作。[もっと詳しく]

「こうしゃんなあかんってこと、ないから」。この言葉を支えに、河瀬直美の十年もあった。

「萌の朱雀」がカンヌで新人賞にあたるカメラドールを受賞したのは、1997年のことである。
彼女にとっては、初の35mmの商業映画であるが、それ以前のドキュメント作品に馴染みのなかった僕にとっては、ひとつの驚きであった。
生まれ育った奈良の山間地の小さな村。その家族の崩壊が、地元の素人を役者とすることで、奇妙なリアリティで観客に伝わってくる・・・。
後に結婚、離婚をしたプロデューサーである仙頭武則らスタッフの力もあるだろうが、河瀬直美という女性が、自分の方法論をすでにしっかりと確立していたことが、驚きであったのだ。



河瀬直美の方法論とは何か?
ひとつは、商業作品であっても、ドキュメンタリーな手法を、基底に置いている事である。
もちろん、書き下ろしのシナリオは用意されているのだが、もともとドラマを制作するということよりは、ある設定の中で、リアリティがフィルムのなかに立ち現れ、定着されることを、時間をかけて、我慢強く、待っているような構えを持っている。
そのリアリティを獲得するために、生まれ育った奈良の山間地を舞台にし続けることに固執している。
あるいは、一部の役者をのぞいて、地元の生活者である素人を起用して、単なるエキストラではない、存在感をもった息遣いのようなものを引き出そうとしている。
もうひとつは、自身の固有の体験を、いつも作品の根底に置いている事である。
幼い時、実父と生き別れ、実母とは離別した。母方の祖母の妹に育てられながら、どこかで、遺棄された自分を意識せざるを得なかった。
世界には、どれほども描かれるべき主題があるかもしれない。しかし、自分が、映画を製作するということは、いま在る自分がなにものなのか、それを発見するためのものでしか、在りようはずはない。

「殯(もがり)の森」という作品の中でも、その方法論は、緩いではいない。
場所に設定したのは、奈良東部の山間地、タイトルにある森は世界遺産にも指定されている「春日奥山原生林」である。古い一軒屋を改築した軽度な認知症患者を対象とするグループハウス「ほととぎす」から、物語は始まる。



主人公であるしげきを演じたのは、地元に根付いた表現者であり、河瀬直美の制作活動の応援団の重要な一人である、うだしげるさんである。もちろん、映画初出演、その独特の存在感に感じるものがあり、この作品の主役に立ってくれと、河瀬直美が口説いたのである。
もうひとりの重要な登場人物である介護福祉士の真千子を演じるのは尾野真千子。10年前の「萌の朱雀」で地元から、河瀬監督がスカウトし、その後、存在感の在る女優として育った。
いつものように、特有の方言で普通のように会話をする演者たちの大半は、地元民であろう。グループハウスの認知症の人たちもまた。
そして、河瀬直美自身が、この数年間、再婚し、子供を産み、育てながら、仕事を続け、認知症である祖母を介護し続けた経験が、この作品の始路となっている。



33年前に妻を亡くしたしげきは、軽度の認知症であるが、妻への想いから離れられない。
一方、子どもを亡くしたことで、夫とも別れることになった真千子は、介護福祉士となってハウスに勤め始めるが、自信が持てないでいる。
しげきの妻の名前は真子。真千子と似ている。死者を断ち切ることが出来ない二人は、次第に心を通わせあいはじめる。
しげきの妻の墓参りに真千子は同行するが、途中で車が脱輪し、助けを呼びに行っている間に、しげきは森に入り込む。
真千子の制止にかかわらず、川に入り込むしげき、泣き喚く真千子に鉄砲水が襲い掛かる。
ずぶ濡れになった二人は、火を熾し、素肌を寄せ合って、暖をとる。
翌朝、しげきは妻の幻影に導かれるかのように、妻を埋葬した大木の下で、安心したかのように横たわるのだが・・・。

「殯(もがり)」とは、敬う人の死を惜しみ、しのぶ時間またはその場所をいう。「喪明け」から来ているのではないか、とも言われている。
「生者と死者の間にある結び目のようなあわい」、そのことが河瀬直美の主題であり、そのことを隠喩できるかどうかだけが、この作品の核心となっている。



緑深い山々、木々が風に揺れている。人が分け入ることも容易でない吉野の森の精霊たちが死者の声をたずさえて、生者たちに呼びかけているようだ。
冒頭、田園の一本道を右から左へ、ゆっくりと、葬列が進む。その葬列の調度を準備する村人たち。グループホームに集う老人たちを前に、法話するお坊さん。
「生きるということは・・・」と説法が始まる。
「二つの意味が在る。ひとつは文字通り、食べて呼吸して存在してあること、もうひとつは、生きているという実感を持つこと」といったように。
この説法は、その後のしげきの行動の布石になっているのかもしれない。
しげきにとっては、妻である真子を想起することだけが、「生きている」意味なのだ。
そこに、認知症が影響しているかどうかは、どうでもいいことだ。
そして、子どもを死なせ、またひとり死者の声から離れられない、真千子が出現する。



習字紙の真千子という文字の「千」の字を激しく塗りつぶすしげき。
真子との思い出が綴られた日誌が入ったリュックを奪われまいと、真千子を突き飛ばすしげき。
茶畑の茂みで、真千子と追っかけごっこに戯れるしげき。
割れたスイカをむしゃぶり、真千子にも食べさせるしげき。
焚き火を前に、真千子に身体を擦られながら、身を委ねるしげき。
真子とのピアノの連弾を思い出し、また真子の幻覚とダンスを踊るしげき。

この地方には、死者を密かに、森の中に埋葬する、風習が残っているという。
日常お参りする墓を「参り墓」、そして森深く埋葬した墓を「埋め墓」という。
冒頭、お坊さんの33回忌ですね、という言葉が契機になったのかもしれない。
あるいは、真千子の面影が、真子と二重写しになったのかもしれない。
「死んだら、どこに行くのか?」
しげきには、答えはひとつである。
真子の埋め墓の前で、長い長い「殯(もがり)」を経て、ようやく自分もそこに回帰できるのである。
うっすらとしたしげきの認知症も、奥深い原生林も、哀しみを受容できる真千子の存在も、ただただ「生者と死者の間にある結び目のようなあわい」を補完してくれるものとしてある。



河瀬直美の表現したかったもの。カンヌの映画人たちが、北野武や松本人志らの話題性とは別個のところで、正しく感受していたもの。
そのことが静かに向き合ってみれば、僕たちにも十分に伝わってくる。
この古い一軒屋を改築したグループホームには、たぶん、清潔な施設基準の名の下で効率的な「隔離」とならざるを得ないところのある現在の、高齢者福祉施設と対極の価値観がある。
死者の弔いにもまた、法的な埋葬規定では抜け落ちる「殯(もがり)」の伝承がある。
冷え切ったしげきの身体を、裸身になって寄り添い温める真千子にはエロチシズムはあるとしても、どこにも性的な表出はない。
土に還るかのように、微笑んで死に逝くしげきをそっと見守る真千子には、もちろん自殺幇助の観念などない。

グループホームの主任である和歌子(渡辺真起子)は、自信を無くし生き惑っている真千子にこういう。
「こうしゃんなあかんってこと、ないから」
たぶん、河瀬直美が、カメラドールから十年、離婚、再婚、出産、介護の日々のなかで、いくつかの作品を制作し、「殯(もがり)の森」でもって
再びカンヌに挑戦するまでの日々に、一番、恃んできた「言葉」なのかもしれない。
そして、カンヌで審査員特別大賞「グランプリ」を受賞したのである。



 


 


 


 


 



 


 


 


 




 




 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Macからマックへ(知らなかっ... | トップ | あまりに過激に/モーリス・ベ... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (raidaisuki)
2007-11-26 05:40:56

まともなトラックバック、久しぶりにいただきました。(^_^) m(_ _)m

金沢に来訪された河瀬監督のトークを聞きました。関西弁の力強さが存在感を出してました。自分の言葉でしゃべるということの大切さに、今更ながらに気付かされたというところです。
raidaisukiさん (kimion20002000)
2007-11-26 08:41:55
こんにちは。
関西弁っていうのは、迫力が出ますでしょう(笑)
関東人の中には、ゲッって、それだけで、敬遠する人もいますけどね。
TBありがとうございます (悠雅)
2007-11-26 08:57:19
最近、TBが届かないことが多く、今回も失敗したようで申し訳ありません。

わたしは生まれも育ちも、現在の住まいも奈良の田舎ですが、
(もう少し便利な土地ではありますが)
同じ県内でも風習の違いを知り、改めて生きること、死ぬことを考えた作品でした。
元々、説明が極端に少ない上に、
呟くような地元の言葉を、県外の方々はどこまで聞き取ることができるんだろうと
余計な心配をしてしまいましたが、如何だったでしょう。

関西弁は、一昔前に比べたら、関東の方には違和感では少ないようですが、
今でも時々、あからさまに見下げた言い方をされる方に直面する時があって、
驚いてしまいます。
悠雅さん (kimion20002000)
2007-11-26 13:08:10
こんにちは。
僕も、奈良には兄が住んでおり、大学時代の友人など、ある程度の土地勘はあります。
関西弁といっても、岸和田あたり、浪速あたり、河内あたり、京都、神戸・・地域によって、ずいぶん違うんですけどね(笑)
こんにちは! (まちるだ)
2007-11-26 15:14:57
TBありがとうございました。感想をじっくり拝読いたしました。
この作品は友人がオーディションを受けたりしていて
思い入れもあったので、かなり心に響きました。
監督の執念みたいなものも感じました。
そういうものが作品からにじみ出る監督って実は
多くはないと思うので、とても貴重な人材かと思います。

また私の方にも遊びにいらしてください。
まちるださん (kimion20002000)
2007-11-26 15:33:12
こんにちは。
河瀬監督は、作家性が強いですね。
エンターテイメントばかりが映画じゃないですから、別に退屈する人はそれはそれで、「ダイハード4.0」(いい映画ですけどね)を見て、満足すればいいのだと思います。
TBありがとうございました (わきた・けんいち)
2007-11-26 22:03:59
トラックバック、ありがとうございました。拙ブログでは、「問題は、きちんと行く時間をつくることがてきるかどうか。『ま、そのうちにDVDが出るやろ』と横着をしないこと、ですかね。」と書きましたが、予想通り、まだ見ていません。なんだか、TBいただくことで、渇を入れていただいた感じ(?!)です。12月に入ると、地元・奈良市の映画館でも上映されるようなので、忘れないようにいくようにします。
わきたさん (kimion20002000)
2007-11-26 22:26:49
こんにちは。
地方では、上映会運動が、中心になるんでしょうね。
忘れないように。渇!!(笑)
こんばんは。 (ジョー)
2007-11-27 22:53:56
土地に根ざした映画っていうのもあるんですね。
その土地の風土と人々に監督自身が根ざさなかったら
できあがらなかった映画だと思いました。
日本の中のいたってローカルな映画が
遠いフランスで認められるというのも不思議な気が
します。
ジョーさん (kimion20002000)
2007-11-27 23:39:43
こんにちは。
フランスのカンヌ映画祭はともあれ、数多くある映画祭でも評価されています。
ハリウッドとは異なる映画の価値を映画人たちは求めており、そこに非商業的な河瀬監督の方法論が、呼応する部分があるんでしょうね。
もがりのもり (かわん)
2007-11-30 09:26:35
丁寧な映画観察。感心しました。
かわんさん (kimion20002000)
2007-11-30 13:55:02
こんにちは。
とんでもないです。
今後とも、よろしくお願いします。
TBありがとうございます (Ysk@Goldenfish)
2008-01-05 02:32:06
ずいぶん前にTBしていただいていたのに、気づかなくて、さっきやっと「公開」にしました。すみません。
読み応えのあるログで、興味深く拝読しました。今後ともよろしくお願いいたします。
Yskさん (kimion20002000)
2008-01-05 03:32:15
こんにちは。
いつでもお寄りください。
河瀬直美監督。 (BC)
2008-01-06 14:29:35
kimionさん、明けましておめでとうございます。
今年もヨロシクです♪

河瀬直美監督は苦労人なのですね。
河瀬監督のインタビューから力強いメッセージが感じられるのは
色んな経験を乗り越えてきたからなのでしょうね。
河瀬監督の作品を観るのは初めてでしたが、
過去作も機会があれば観たいと思っています。
BCさん (kimion20002000)
2008-01-06 22:43:04
こんにちは。
自分の意思を明確に持っていますね。
いろいろ、足も引っ張られそうですが、打たれ強いところもあるんじゃないでしょうか。
今年も、よろしくお願いします。
TB有難うございました。 (オカピー)
2008-01-20 03:53:13
川瀬監督の方法論は僕もそれなりに詳しく書きましたので、ここでは内容について。

>こうしゃんなあかんってこと、ないから
序盤は殆ど印象に残らなかったこの台詞が、再度自信を持てないヒロインに語られる時に、感涙しました。
僕自身は決してこうしたことに苦しんでいるわけではないですが、生きた言葉だな、とじーんとしてしまったわけです。
オカピーさん (kimion20002000)
2008-01-20 17:00:33
こんにちは
そうです。とても印象的な言葉でしたね。
全体を通じての、テーマのような言葉でした。
Unknown (ならぢゅん)
2008-01-29 13:14:16
はじめまして、ならぢゅん と申します。

先日は「矮猫亭日乗」にトラックバックを頂戴し有難うございました。kimion20002000さんの丹念な文章を拝見し、自分の書いた「殯の森」はどうにも浅薄ではしょり過ぎだったと反省しきりです。

引用/////

冷え切ったしげきの身体を、裸身になって寄り添い温める真千子にはエロチシズムはあるとしても、どこにも性的な表出はない。

/////////

あのシーンは実にエロティックだったですね。それでいて少しも「性的」というか、性器的というか、いやらしくない。そう言えば河瀬監督の描く森や畑、雨も風も、みなエロティックだったように思われます。両性分化以前のエロスと言えばよいのでしょうか。なにやら懐かしく温かな感じです。

では、また。

エロス (kimion20002000)
2008-01-29 21:18:08
こんにちは。
もともと、エロスには、大地との交霊的な要素も含まれるんじゃないでしょうか。
性的な欲望というよりは、ふたりが重なり合って、アニミズム的な精霊の場に入っていくような印象を受けました。
Unknown (doma)
2008-02-18 11:47:31
こんにちは、TBをありがとうございました!

kimion20002000さんの暖かく繊細なReviewを見ながらもう一度映画の事をじっくりと思い出しました。
特に、河瀬監督の生い立ちの部分が、私はそうだったとは知らなかったのでとても感じ入りました。

>「生者と死者の間にある結び目のようなあわい」、そのことが河瀬直美の主題であり、そのことを隠喩できるかどうかだけが、この作品の核心となっている。

全くその通りだと私も思いました。
そしてそれを成し得ている監督の持つ魂の力強さに私は胸打たれました。
domaさん (kimion20002000)
2008-02-18 11:59:38
こんにちは。
僕は河瀬監督にお会いしたこともないし、お話も聞いたこともないので、あくまでも、映画を見て一部サイトなどでの情報だけで、自分なりに思っているだけですけどね。
実際に、お会いしたら、ちょっと苦手なタイプの方かも知れませんけど(笑)
深いです (杏子)
2008-03-27 23:18:18
TBありがとうございました。

この作品のベースを理解することなしに、感想は語れないのだと、こちらを読ませて頂いて気付きました。

普通の娯楽作とは一味も二味も違う奥の深さ、けれどそれゆえに全く白紙で観てしまうと意味が掴めないということにもなってしまう。ただ、掴めないなりに何か感じるところがある・・・不思議な味わいです。
杏子さん (kimion20002000)
2008-03-27 23:24:44
こんにちは。
僕も、公式サイトだけで、情報を入手しながら、あとはあてずっぽうな印象を書き連ねているだけです。
なにかを感じればそれでいいんじゃないでしょうか。
別に、正解なんて、ないんですから。
Unknown (あるきりおん)
2008-08-09 15:14:24
自分なりに色々と感じる事はあったんですが、DVDのチャプター表示にキッパリと否定されました><
kimion20002000さんのレビューを読んで気付いたことは、
「この二人が並んで森から出てくるところが想像できないな」
っという事で、もしかしたら仰るような結末なのかもしれないなっと思いました。
あるきりおんさん (kimion20002000)
2008-08-09 15:22:56
こんにちは。
DVDのチャプター表示って?(笑)

まあ、捜索のヘリコプターが頭上を旋回していましたけれど、僕はしげきはもう、笑みを浮かべながら、妻の側に旅立ったのだと、思いたいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
殯の森 (しぇんて的風来坊ブログ)
河瀬直美監督の今年のカンヌ映画祭の審査員特別大賞(グランプリ)作品。 この監督の前回作「沙羅双樹」も劇場で観たが、あれから4年経っていたんだね。 失われた命、或いは失踪した命。そういった事を絡めながら、この人は「生」にこだわった映画を作ってきて、そして...
殯(もがり)の森 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
どんな人間も、いつかは死ぬ。恐らく、すべての人間にとって、平等に訪れる唯一のものが死なのだと思います。もちろん、その死のあり方は、人様々だし、そこには、経済力や権力が大きく左右する場合もありますが、少なくとも、今のところは、権力や財力で死ぬことを回避す...
「殯の森」 (えいはち@十二社の行動)
河瀬直美監督がカンヌ映画祭で新人監督賞(カメラドール)を受賞したのが1997年。 その「萌の朱雀」は、奈良の山村のひとつの家族が緩慢に崩壊していく物語であった。 ローカルな舞台でローカルな話。 ローカルを極めることで逆に普遍性を描き出すという、小津的手法。
映画レビュー「殯の森」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆情報不足を不親切と否定するか、高度な表現のひとつと肯定するかが評価の分かれ目。自分のスタイルを確立し揺るぎない映画を作る姿勢に好感が持てる。 【75点】 真千子は新人の介護福祉士。彼女が赴任した奈良の山間部のそのグループホームには、33年...
「殯の森」生者における死の受容 (再出発日記)
「殯(もがり)の森」監督・プロデュース・脚本:河瀬直美出演:うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子、斉藤陽一郎、ますだかなこ奈良県の一地方の町の少し外れにある古い庄屋(?)を改造したグループホームに暮らしている集団があった。住人は7人の老人と3人の若い女性の....
殯(もがり)の森 (シャーロットの涙)
生きてゆくこと、死にゆくこと・・・
殯の森 (Big Screen)
殯(もがり)の森 ○ドラマ ○2007日本・フランス/97min ○公開2007/06/23(2007/5/29NHK-BS一般公開前放送) 河?直美監督の故郷でもある奈良県。その山間部のグループホームを舞台に、亡き妻を思い続ける認知症のしげきと、自分のせいで子供を失ってしまったと思...
【2007-番外5】殯の森(もがりのもり)(The Mourning Forest) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 生きていること 死にゆくこと すべての境界を越えて いま つながる命の物語
殯の森 (まてぃの徒然映画+雑記)
「萌の朱雀」の河瀬監督、そしてカンヌグランプリ、ということで期待して観にいく。冒頭のシーンから、萌の朱雀を彷彿とさせる森の画。グループホーム「ほととぎす」で暮らすしげきさんと、介護スタッフとして新しく「ほととぎす」にきた真千子。ゴミ回収に来て突き飛ばさ...
河瀬直美監督の「殯の森」を観た! (とんとん・にっき)
「河瀬直美監督『殯の森』がカンヌ映画祭でグランプリ受賞」というニュースが飛び込んできました。誰しも、かどうかは判りませんが、僕は情けないことにタイトルの字が読めない。これには困りました。5月27日閉幕した第60回カンヌ国際映画祭で、日本からコンペ部門に出品
「殯の森」:東池袋四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}雑司が谷霊園って、森の中にお墓があって殯の森みたいね。 {/kaeru_en4/}殯なんて言葉、長い人生で初めて聞いたよ。どういう意味だ? {/hiyo_en2/}高貴な人の本葬をする前に、棺に死体を納めて仮に祭ること。映画の「殯の森」の字幕では、もうちょっと違う説...
映画『殯(もがり)の森』in松本CINEMAセレクト上映会 (いんどあかめさん日記)
金曜日の上映に行ってきました。 映画『殯(もがり)の森』(松本CINEMAセレク
映画 【殯(もがり)の森】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「殯(もがり)の森」 カンヌ映画祭グランプリ作品。『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラドールを受賞した河瀬直美監督の最新作。 おはなし:奈良市郊外のグループホームで暮らすしげき(うだしげき)。そこに、新しく介護福祉士として真千子(尾野真千子)...
殯(もがり)の森 (ネタバレ映画館)
人は、生まれる前はどこにいたのだろう?
「殯の森」試写会レビュー 生きる、死ぬ。  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
これまでの河瀬直美監督の劇映画は、具体的に何が好きかを言葉にできた。
『殯(もがり)の森』... ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:日本&フランス合作映画、河瀬直美監督、うだしげき&尾野真千子主演、第60回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。 
映画評「殯の森」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・河瀬直美 ネタバレあり
殯(もがり)の森 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
映画作りにも「こうせなイカンてことない...」だろうけど音声聞き取り辛い
映画「殯(もがり)の森」 (さるのつぶやき)
 とても味わい深い作品。テレビの録画で見たのですが、2日続けて2回も見てしまいま
人気者と森でさ迷う者 (Brain Construction)
最近見た映画についてひっかかったこと。 最近見たというのは『人のセックスを笑うな』と『殯の森』。 ヤフー映画で、他の人はどう感じたんだろうと見てみたのだが、自分とは全く逆の感じ方の人が多かった。 多くの人に好評だったのは『人のセックスを笑うな』。 酷評...
河瀬直美 (Akira's VOICE)
「萌の朱雀」 「沙羅双樹」 「殯の森」
殯の森(DVD) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「人は死んだらどこにいくのだろう?」生きていること、死にゆくこと、その結び目の刻をたゆたう、森と人間の一大抒情詩『殯の森』。 奈良県東部の山間にある小さな集落を舞台に、認知症のしげき(70)と新任の介護福祉士、真千子(27)がしげきの亡き妻が眠る「殯の森」...
【DVD】殯の森 (新!やさぐれ日記)
■動機 「萌の朱雀」を見て、存在を思い出した ■感想 てっきり自分を生める穴を掘ったものかと・・・ ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 妻を亡くし、山間部のグループホームで介護スタッフとともに共同生活を送るしげき(うだしげき)。そこに、新...
映画『殯(もがり)の森』を観て (KINTYRE’SDIARY)
52.殯(もがり)の森■英題:TheMourningForest■配給:組画■製作年・国:2007年、日本・フランス■上映時間:97分■鑑賞日:7月16日、シネマ・アンジェリカ(渋谷)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・脚本・製作:河瀬直美□製作:組画、celluloiddre...
『殯の森』 (Sweet*Days**)
殯の森(2008/04/25)ますだかなこ斎藤陽一郎商品詳細を見る監督:河瀬直美 CAST:うたしげき、尾野真千子 他 カンヌ映画祭 カメラドール賞...
殯の森 92点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
私がわるのにー!! 公式サイト カンヌ国際映画祭でグランプリ(次点の賞)を獲得した、河瀬直美監督の最新作。10年前に同映画祭にてカメラドールを獲得した『萌の朱雀』に続き、尾野真千子が主演している。 本作のタイトルにある"殯"、日本人なら読めて、知っていて...