サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 09355「つぐない」★★★★★★★★☆☆

2009年02月14日 | 座布団シネマ:た行

ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻弄(ほんろう)される男女を演じるのはキーラ・ナイトレイと『ラストキング・オブ・スコットランド』のジェームズ・マカヴォイ。映像化は困難と言われた複雑な物語を緻密(ちみつ)な構成でスクリーンに焼きつけた監督の手腕に注目。[もっと詳しく]

「アラベラの試練」という作品が、最初でありまた最後であった。

2002年に出版され、イギリスで150万部のベストセラー、世界39カ国で出版されたイアン・マキューアンの「贖罪」という小説には、とても惹き付けられるものがある。
この小説での重要なヒロインは、上流階級のタリス姉妹だ。
姉のセシーリア・タリスは、キーラ・ナイトレイが演じているが、妹のブライオニー・タリスは、13歳の頃をシアーシャ・ローナン、18歳の頃をロモーラ・ガライ、そして77歳の頃をヴァネッサ・レッドグレープが、演じ分けている。
物語は、13歳の多感な少女であるブライオニーが、「嘘」をついたせいで、姉と身分の低い使役人の子どもであるロビー・ターナー(ジェームズ・アカヴォイ)の恋路が切り裂かれることになる。
小説家として名声を得たブライオニーが、晩年にずっと抱え込んできた「罪の意識」を、「贖罪」という小説で発表し、回想するという構成をとっている。
ともあれ、はじまりは、13歳の少女の「嘘」である。



少女は、なぜ「嘘」をつかなければならなかったのか。
冒頭、早熟な少女は、自分で書いた戯曲を、遊びに来ていたいとこたちを巻き込んで一幕の家庭劇のように演じようとしている。
主題は「アラベラの試練」。
この物語の巧みさは、実は少女が書いた「アラベラの試練」に、皮肉なことにその後の姉妹の運命が暗示されているところにある。
「アラベラの試練」はオペラ「アラベラ」から着想されているのだろう。
このオペラでは、ある青年士官に恋する妹であるが、その青年士官は姉に恋している。しかし、姉は、冷淡である。妹は、姉の名前で、青年士官に恋文を書く。この姉と妹の「恋文」を通じての二重性は、生涯の運命を決定付けていく・・・。
少女は、創作熱に浮かされて、夢中で「アラベラの試練」7頁を書き上げ、母にみせ、感心される。
少女は大好きな兄リーオンが帰ってくることが嬉しくて、この戯曲を書き上げたのだ。
「贖罪」の冒頭部分から引用すると、次のように描かれている。



ブライオニーには知るよしもなかったが、この瞬間こそは彼女の企てがもっとも実現に近づいたときだった。それに匹敵する満足はほかには得られず、以後のすべては夢と挫折に終わった。明かりを消したあとの夏のたそがれどき、天蓋つきベッドの心地よい暗がりにもぐりこんだ彼女は、しばしば輝かしくも憧れに満ちた夢想で胸をときめかせたものだが、それらの夢想はひとつひとつが小さな劇であり、主人公は決まってリーオンだった。たとえば、リーオンの人のよさそうな大きな顔が、孤独と絶望に沈むアラベラを見て悲しみに歪むところ。あるいは、ファッショナブルな街の社交場でカクテルグラスを手にしたリーオンが、友人たちに自慢しているところ――そう、ぼくの妹のブライオニー・タリス、有名な作家のね、もちろん聞いたことがあると思うけど。さらにまた、最終幕が下りたとき、興奮のあまり拳を突き上げるリーオン。もっとも、幕などここにはなかったし、幕のある舞台に彼女の芝居がかかる気づかいもなかった。この芝居の上演は、従姉弟たちのためではなく、兄の帰還を祝うため、兄の賞賛を勝ちえるためであり、そしてまた、取るに足らぬガールフレンドたちから兄を遠ざけ、正しい妻――田舎住まいに戻るよう兄を説得し、ブライオニーに新婦付き添い(ブライズメイド
)になるよう優しく頼んでくれるような妻――へと導くためなのだった。
「贖罪」(新潮社より)



兄リーオンはなかなか故郷に戻ってこない。
少女の兄を慕う気持ちは、無意識にロビー・ターナーに転化することになる。
オペラ「アラベラ」と同じように、姉はロビーに冷淡なような仕種を見せている。
早熟な少女は、小説を創作するのと同じように、自分の側に、世界を再構成する鍵があると錯覚する。
ロビー・ターナーに思わせぶりな幼い媚態を仕掛けながら、本当の恋ではなく、恋の真似事のような感情を弄びながら、たぶん創作活動の「種」としようとしている。
姉セシーリアは、ブライオニーともかなり年が離れているが、ケンブリッジ大学出の才女であり、煙草をひっきりなしに吸いながら、「拒絶的でコケットで几帳面、自信家で世俗的であり過度なまでにドライな性格」のように描かれている。
空想家で、整頓好きで、人の感情を先回りしながら、自分の世界地図を丹念に色分けて秩序化しているようなブライオニーとは、ある意味対極の性格のようにも、描かれている。



昼下がりの噴水で、ささいなハプニングに乗じて、セシーリアがロビー・タナーに見せた挑発的ともみえるエロチックな振る舞いは、ロビー・ターナーのセシーリアへの思慕に火をつけることになる。
その光景を、偶然目にしてしまったブライオニーは、創作世界の物語の「序・破・急」の「破」を感知したかのように、想像力に火がつけられることになる。
その構成の展開には、必ず自分が関与する必要がある、と思いなすようになる。
ここではほんとうは、ブライオニーによって、ロビー・ターナーに向けての姉セシーリアを擬しての手紙が書かれなければならなかった。オペラ「アラベラ」の筋書きのように・・・。



けれど、展開はそうはならなかった。
ロビー・ターナーの側が、セシーリアに燠のようにくすぶったエロスの衝動を抑えることが出来ず、欲情的な手紙をタイプすることになる。もちろん、それは密室での自慰行為のようなものであり、セシーリアには別のスタンダードな一文をしたためる。
ブライオニーは、その「恋文」を姉に渡すよう頼まれ、それを覗き見ることになる。それは間違って渡されてしまった、欲情的な一文のほうであった。
この「性的な」表明は、ブライオニーを混乱させる。彼女の言語世界に、まだあまりにも「性」は、空想の領域である。しかも続いて、蔵書室でのロビー・ターナーとセシーリアの「行為」を目撃してしまうことになる。
早熟な少女ではあるが、生身の「性」は、彼女の言語の側に、世界秩序の側に、そして物語のリアルなモチーフの側に、位置づけられてはいない。
現実が彼女の虚構世界を、あっという間に、超えていくことになる。
その後、従妹のローラが兄リーオンとともにやってきた鼻持ちならない友人のマーシャルに襲われているところを目撃したブライオニーは、犯人を思わずロビー・ターナーだと証言してしまうことになる。
もう一度、物語の主導権を自分の側に取り戻さなければならないという、混乱した意識がそうさせたのかもしれない。
ここからブライオニーは、長い長い59年間にわたる「贖罪」の意識に、つきまとわれることになる。



「プライドと偏見」でオースティンの国民文学である長編小説を、まことに見事に映像作品に仕立てたジョー・ライト監督であるが、今回もまたイアン・マキューアンの複雑な時制が入り組んだ難解で高等的とも言える心理小説を、見事に映像化している。
とりわけ「プライドと偏見」で主役を演じたキーラ・ナイトレイの美しさを存分に引き出したのと同様に、「つぐない」でも、ある意味アプレゲール的な反抗的で自尊心の高いセシーリアが、ブライオニーの「嘘」のために、ロビー・ターナーを獄中に、そしてその後は苛酷な戦場に送り込むようになってから、旧家のお嬢様という位置を遠く離れて、献身的に愛情を注ぎ、ひたすら恋人の帰還を待っている悲劇の女性を貫き通す役柄の、キーラ・ナイトレイを情感深く描いている。
もちろん、本当の主役は、三人の役者で演じたブライオニーにあるとしても。
「感情の長くて興味深い旅路」の終着点の描き方も見事なものである。



「アラベラの試練」で物語ははじまり、そして贖罪劇の終焉も、「アラベラの試練」のかつて演じられなかった劇が、周到に関係者の前で、演じられるという劇的な構成を有している。
冒頭から、タイプライターの音が、もっとも重要なサウンドトラックかのように、映像に終始、重なっている。
僕たちは、そのタイプライターの音を、無意識に耳にしながら、ブライオニーという59年間にわたってこの「贖罪」という作品を紡ぎ出してきた作家の内面を推し量ることになる。
そしてもちろん、この作品を送り出した、イアン・マキューアンという優れた作家のことを・・・。

kimion20002000の関連レヴュー

プライドと偏見
「シルク」




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (25)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 500円殺人(とうとうここまで... | トップ | 第八話 »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ryoko)
2009-02-15 11:57:09
こんにちは。
TBありがとうございます。
冒頭、劇の上演で騒いでいた彼女の戯曲「アラベラの試練」にそんな意味があったとは・・・。
たまたまブックオフで「贖罪」を見つけ購入。
原作、読んでみます。
見事でした (にゃむばなな)
2009-02-15 16:07:05
この見事な原作をここまで映像化した監督の手腕を称えずにはいられえない映画でした。
ブライオニーを演じた3人の女優さんも見事でしたよね。
ryokoさん (kimion20002000)
2009-02-15 20:18:56
こんにちは。
まあ、「アラベラの試練」の戯曲についての意味づけは、僕の勝手な思い込みしかしれませんけどね。
にやむばななさん (kimion20002000)
2009-02-15 20:21:00
こんにちは。
とても高等的な作品です。
通常、この作品の映画化なんて、みんな尻込みしてしまいそうなものなのにねぇ。
こんばんわ (maru♪)
2009-02-16 02:11:21
TBありがとうございました。

なるほど!
「アラベラの試練」には元ネタがあるのですね。
そう考えるとブライオニーの見方が少し変わってきます。
もちろん多感で夢見がちな少女ではあるのですが、
思っていたより頭でっかちではないのかもしれません。
聞いたことのある話を膨らませて小説を書く少女が、
兄を慕う気持ちをロビーに置き換えてしまう。
それも気がつきませんでした!
てっきり早熟な少女が恋に恋しているのだと思っていました。
奥が深い作品ですね~
もう一度見直してみようと思います!
maru♪さん (kimion20002000)
2009-02-16 02:36:25
こんにちは。
間違っているかもしれないし、公式サイトにもなにも解説はないんだけど、そう考えた方が、なんとなくブライオニーの気持ちがわかるような気がするんですね。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-02-16 19:57:19
少女の混乱と、その混乱が生み出してしまった一生償っても償いきれないもの・・・その心情は、よくわかりました。
映画としても見せ方は・・というと、もうちょっと素直な見せ方の方が良かったかなと。
妙に技巧に頼ってしまったあたりが残念で、もっと、ストレートに描いた方が、作品の芯のあたりを見せられたのでは、、、、と思った所でした。
まあ、マカヴォイ君目当てという、下心たっぷりで臨んだ私に、なにか言う権利もなさそうですが。
sakuraiさん (kimion20002000)
2009-02-16 22:00:24
こんにちは。

>下心たっぷりで臨んだ私に、なにか言う権利もなさそうですが

いやいや、僕もほとんど下心があって(女優さんとかね)、見ているわけで・・・(笑)

こんばんは (象のロケット)
2009-02-18 22:36:16
TB有り難うございます。
当方よりgoo様へのTBは通りにくい様子
ですが、記事は大切に反映させて頂きます。
こんにちは♪ (メル)
2009-02-24 07:16:34
この映画、素晴しい構成だな~とそのあたりには
かなり感心したものの、そうだったんだ~・・と
ちょっとがっかりしたところもあったりして
皆さんが絶賛なさってるほどには思えなかったんですが(^_^;)
キーラの美しさが存分に引き出されてたし、シアーシャ・ローナンのあの演技の上手さが際だっていて
とっても良かったです。
あのタイプライターの音と音楽もこの映画に合ってるなぁって思いました。
メルさん (kimion20002000)
2009-02-24 09:04:51
こんにちは。
もっとシンプルでストレートな構成にしてもいいんじゃないか、という意見もありますね。
どちらにしても、力量のある監督さんだなあ、という印象は持ちますね。
こんばんは (パピのママ)
2009-02-25 22:07:04
主役は誰で悲劇のヒロインは誰なのか・・・?
13歳の少女の嫉妬と勘違いが嘘を生み、その嘘が致命的な悲劇を招くという物語。
キーラ・ナイトレイ主演のラブストーリーだとばかり思って見たら・・・。
嘘一つで皆の人生が大きく変わってしまう。
とくに注目すべきは、タイプライターの音と妹ブライオニーに扮するシーアシャ・ローナンの動きかも。
キーラ・ナイトレイのうっとりするような早口や、ダンケルクの海辺の5分半にわたる長回しにも眼を奪われました。
物語の構成も見事で、原作小説のエッセンスを抽出、整理して映画化した監督のジェフリー・ライトの手腕には、私は評価したいですね。

パピのママさん (kimion20002000)
2009-02-26 00:05:19
こんにちは。
いやあ、この監督は凄いですよ。
細かいところまで計算していますね。
僕はとても感心しました。

弊記事へのTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2009-05-05 02:23:48
kimionさんの視点が大変面白かったです。
他のブログでは余り読めない内容ですね。原作を読まれているからでしょうか。

映画においては客観と主観について特に関心を持って観ることが多いのですが、本作のショットにおける主観と客観、場面における主観と客観の使い分けと組合せという意味で、近年これほど感心させられた作品は他にないです。

原作を生かす最大限の努力をした結果生まれたアイデアなのでしょうね。
オカピーさん (kimion20002000)
2009-05-05 03:10:46
こんにちは。
結構、難解な小説なんですけどね、これが海外ではベストセラーになっているということも、ちょっと吃驚させられますね。
はじめまして。 (モモマニア)
2009-06-04 11:16:53
TBありがとうございます。

以前にもつけていただいたことがありましたよね?
TBの仕組みがよくわかっていなくて、
お礼申し上げないままですみません。

『アラベラの試練』にオペラの元ネタがあったとは知りませんでした!
そう思ってみると、どこまですごいんだ!
小説の着想がそもそもそこにあったんでしょうか?

今、原作も読んでいます(一部後半まできました)。
映画では存在感の薄いタリス夫妻や、
エミリーママの妹(ローラと双子の)の生き様も
重要な要素になってますね。
書き込みすぎるほど書いてあるのに、ムダがない。

小説と映画は、マキューアンとライトの間で交わされたラブレターのようです。

モモマニアさん (kimion20002000)
2009-06-04 11:48:28
こんにちは。
翻訳もいいのでしょうが、なかなか読み応えがありますね。
この原作をもとにした脚本家の手腕も、感心させられました。
洞察力が凄い! (nudge_nudge)
2009-06-08 20:40:11
『アラベラの試練』に関しての記事に、唸らされました。洞察力に感服しました。映画と原作を比べる、というのも私の好きな所。この映画の原作はまだ未読なので、ぜひ読みたいと思っています。

TBがえしさせてくださいね。
nudgeさん (kimion20002000)
2009-06-09 00:35:19
こんにちは。
いやいや、勝手な思い込みかもしれないし・・・。
今後とも、よろしくお願いします。
Unknown ()
2009-07-24 21:23:09
TBありがとうございます。
最初の物語「アラベラの試練」にも、こんな意味があったのですね。
これを理解してもう一度見てみたいです。
原作もとても気になっています。
花さん (kimion20002000)
2009-07-24 21:30:58
こんにちは。
原作は機会があれば、お読みください。
とても深いです。
こんにちわ (つばめ)
2009-08-08 09:17:00
冒頭からしきりに鳴り響いていたタイプライターの謎が解けた時は、ほんとにショックでした。
時代背景や、登場人物の心理の掘り下げ方もていねいで、とても説得力があったように思います。
つばめさん (kimion20002000)
2009-08-08 15:05:24
こんにちは。
タイプライターがまことにうまく、サウンドとしても使われていましたね。
Unknown (花)
2009-08-17 22:28:47
原作を読み終わりました。本当に深いです。
何度も書き換えられていることに驚きました。
「アラベラの試練」は、最後に、演じられていて、本ならではのいいラストでした。
花さん (kimion20002000)
2009-08-17 23:23:35
こんにちは。
とても読み応えのある原作ですね。
他の彼女の作品は読んでいないので、がぜん興味がわきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『つぐない』 (Sweet*Days**)
監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、...
「つぐない」 (シネマ・ワンダーランド)
第1作「プライドと偏見」(2005年)で世界の注目を集めた英国若手監督ジョー・ライト(1972年~)が07年、2作目としてイアン・マキューアンの小説「贖罪(しょくざい)」を映画化した大河ロマンス「つぐない」(英、123分、ユニバーサル映画配給)。この映...
「つぐない」 (或る日の出来事)
この映画を観た理由は、アカデミー賞をはじめとする賞レースの常連だったから。 賞をとる映画が、すべての人にとって必ず素晴らしいとは限ら...
つぐない (シネマ大好き)
帰省する兄の歓迎パーティーで上演するための戯曲を書く13歳の少女ブライオニー(シアーシャ・ローナン)。年の離れた姉セシリア(キーナ・ライトレイ)は、幼馴染で同じ屋敷で暮らすロビー(ジェームズ・アカヴェイ)をことさら避けながら、視線の先に彼をとらえてい...
つぐない (Memoirs_of_dai)
To A Visual Stimulus 【Story】 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライオニー(シーアシャ・ローナン)は、ある週末、姉のセ...
映画 【つぐない】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「つぐない」 イアン・マキューアンの小説「贖罪」を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。 おはなし:1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェ...
つぐない (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
イアン・マキューアンの小説「贖罪」を映画化した作品。原作は未読です。 第二次世界大戦前夜の夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を夢見る13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉、セシーリアと家政婦の息子で幼馴染であり、姉妹の父親がその才能...
「贖罪」 イアン・マキューアン (ミチの雑記帳)
{/book/}「贖罪」 イアン・マキューアン ブッカー賞ノミネート作品。 映画『つぐない』を見た後、どうしても原作が読みたくなって手に取りました。 この本は3部構成になっています。 第1部はブライオニー、ロビー、セシーリアの3人の視点で1932年の夏、彼らの住む屋...
「つぐない」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1935年夏、英国。官僚ジャック・タリスの屋敷では、小説家を夢見る末娘のブライオニー(シアーシャ・ ローナン)が休暇で帰省する兄とその友人を自作の劇で歓待しようと準備。一方、大学卒業後の身の 振り方が定まらない姉セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、ある出来事...
つぐない (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。イアン・マキューアン原作、ジョー・ライト監督、ジェームズ・マカヴォイ、キーラ・ナイトレイ。「つぐない」をテーマにした映画としては、「君のためなら千回でも」があるけれど、あちらはかなり身勝手な贖罪であったのに対し、こちらは償い自体が叶わぬもの...
「つぐない」 今年度アカデミー7部門ノミネートの実力 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 前評判の高さ通り、素晴らしい作品でした。 まず、すごいと思ったのはやはり音楽です。 タイプライターの音を巧みに取り入れた音楽は、この作品の“からくり”を内包すると同時に、緊迫感をも高め、観客を作品の中に引き込む不思議な強さが...
つぐない (to Heart)
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マ...
つぐない/ キーラ・ナイトレイ (カノンな日々)
「プライドと偏見」のジョー・ライト監督が再びキーラをヒロインに起用しイギリスのイアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」を映画化した作品です。「シルク」はハズレな予感があってスルーしちゃったから私にとっては久しぶりのキーラ・ナイトレイ作品です。 ...
つぐない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
つぐない (Akira's VOICE)
嘘から始まる・・・  
「つぐない」Atonement 感想 4つ★ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
2007年度映画の英国アカデミー賞で、凄く沢山の受賞をしたとのことですが、なるほど・・と思う部分と(アメリカの賞じゃなくて、イギリスのだ...
~『つぐない』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:イギリス映画、ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演。 
「つぐない」:石原一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}東京都復興記念館?何の復興だ? {/hiyo_en2/}関東大震災の資料を展示しているらしいわよ。 {/kaeru_en4/}震災にしろ、戦争にしろ、心が受けた傷が復興するまでには、長い時間がかかるんだろうな。 {/hiyo_en2/}「つぐない」の主人公ブライオニーのようにね...
つぐない 東京厚生年金会館 2008.3.26 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
あらすじ:1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女に生まれた美しいヒロイン、セシーリア。兄妹のように育てられた使用人の息子・ロビーを、身分の違 いを越えて愛しているのだと初めて気付いたある夏の日、生まれたばかりの二人の愛は、小説家を目指す多感な...
『つぐない』 (2007) / イギリス (NiceOne!!)
原題:ATONEMENT監督:ジョー・ライト原作:イアン・マキューアン出演:キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブレンダ・ブレッシン鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜公式サイトは....
つぐない (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー賞7部門にノミネートされアカデミー作曲賞獲得、 キーラ・ナイトレイ出演作なのに、CMも少なくひっそり公開されているのは何故なのでしょう? 知り合いのYさんに関内の横浜シネマリンのチケットを頂き、 調べてみたら「つぐない」上映中!ということでダッ...
映画「つぐない」を完成披露試写で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「つぐない」完成披露試写@スペースFS汐留[DVDソフト]つぐない 映画の話 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うよう....
つぐない(映画館) (ひるめし。)
一生をかけて 償わなければならない罪があった。命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。
許されざる者 (宇宙のめいぐると)
「つぐない」
つぐない (ネタバレ映画館)
全ては“関東”が原因か・・・
贖罪の人生~『つぐない』 (真紅のthinkingdays)
 ATONEMENT  1935年の夏。英国上流階級タリス家の令嬢セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、 使用人の息子ロビー(ジェームズ・マカヴ...
107「つぐない」(イギリス) (CINECHANの映画感想)
少女は嘘を吐いたのか?  1935年夏、イングランド。政府官僚ジャック・タリスの屋敷では小説家を夢見る末娘ブライオニーが、休暇で帰省する兄と友人を自作の劇で歓待しようと準備に追われていた。一方大学卒業後の身の振り方が定まらず鬱屈した日々を送る姉セシーリ...
つぐない [監督:ジョー・ライト] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■■■□[6段階評価] テクニックと戯れる映画作家の業。
キーラ・ナイトレイの「つぐない」を観た! (とんとん・にっき)
なんと言っても映画「つぐない」は、キーラ・ナイトレイありきの作品です。どう考えても「つぐない」のヒロインは、キーラ・ナイトレイ以外は考えられません。キーラの美しさを前面に打ち出した、哀しくも切ないヒロインですから。スカーレット・ヨハンソンに置き換えて
つぐない (メルブロ)
つぐない 211本目 2008-17 上映時間 2時間3分 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マカボイ シアーシャ・ローナン ロモーラ・ガライ 評価 7点(10点満点) 会場 スバル座  今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見よう、そ...
『つぐない』 (めでぃあみっくす)
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そ...
黒い嘘、白い嘘。『つぐない』 (水曜日のシネマ日記)
嘘をついた少女が罪の重さを背負って生きる物語です。
つぐない (シャーロットの涙)
息苦しさと切なさとやるせなさと…
つぐない (映画鑑賞★日記・・・)
【ATONEMENT】PG-122008/04/12公開製作国:イギリス監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人た...
つぐない (2007・イギリス) (白ブタさん)
すっごく見たかった作品(*^_^*) ようやく行ってきました~{%ハート4webry%}
つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!! (銅版画制作の日々)
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです...
「つぐない」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
名作と名高い原作をよく知らないが故の悲劇。悲恋と戦争は抜群に相性がいい。細切れに場面や時間が不規則に跳ねる編集もおもしろい。妹ブライオニーが動くとき後ろに流れるタイプライターのリズムも効果的である。でも、好みの問題と言うべきなのかもしれないが、引き離さ...
つぐない (小部屋日記)
ATONEMENT(2007/イギリス)【DVD】 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/ロモーラ・ガライ/シーアシャ・ローナン/ブレンダ・ブレシン/ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて...
『つぐない』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
あなたを愛しています。私のもとに帰ってきて…。 壮大なスケールで描く切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン
つぐない (映画三昧、活字中毒)
■ テアトルダイヤにて鑑賞つぐない/ATONEMENT 2007年/イギリス/123分 監督: ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカ...
つぐない (心のままに映画の風景)
1935年、イングランドの政府官僚ジャック・タリスの屋敷。 小説家を夢見る13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、 夏の休暇で帰省...
『つぐない』 (・*・ etoile ・*・)
'08.04.19 『つぐない』@テアトルタイムズスクエア 「第二次大戦中のイギリス。政府高官の娘ブライオニーは小説を書くのが好きな夢見がちな少女。家政婦の息子ロビーと密かに愛し合う美しい姉セシーリア。ブライオニーは2人の仲を衝撃的な形で知ってしまう。そして彼女...
『つぐない』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」 □脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレン...
つぐない/Atonement (描きたいアレコレ・やや甘口)
壮大なメロドラマを観ているよう。しかし、ありきたりのメロドラマでなく、最後に作家として名を成した77歳のブライオニー(バネッサ・レッド...
[Review] つぐない (Diary of Cyber)
映像技術の為せる業なのか、それとも彼女自身の持つ性分なのか。『プライドと偏見』、『シルク』、そして『つぐない』の中で演じられるキーラ・ナイトレイの、まるで静かに佇むような女性像には、本当に息を飲んでしまうくらいに引き込まれます。 小説の登場人物を忠実に...
つぐない (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「つぐない」の感想です
つぐない (夫婦でシネマ)
これはwanco的に2008年のベスト1になるかもしれない映画です!
つぐない (迷宮映画館)
うーん、映画としてみたら、合格点にあと一歩・・かな。
つぐない (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた。あなたを愛しています!私のもとに帰ってきて・・・。 壮大なスケールで描く、切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン! 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブ...
つぐない (ももママの心のblog)
「プライドと偏見」のジョー・ライトがベストセラー「贖罪」を映像化。まるで目で見る小説のような美しい画像。微妙な少女の内面を演じたシアーシャ・ローナンがすばらしい。
【映画】つぐない…昼メロだなんて誤解していて申し訳ないm(__)m (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後...
『つぐない』 (Atonement) (Mooovingな日々)
1935年英国。13歳のブライオニー・タリスの家族は富と特権を持ち、大邸宅で暮らしていた。最も暖かい季節に屋敷を動揺させる出来事が起こる。そこで働く家政婦の教養ある息子ロビー・ターナーはブライオニーの美しい姉セシリアに気があった。ロビーに首ったけなブラ...
『つぐない』 @シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証...
映画 『つぐない』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が...
つぐない☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『ペネロピ』で注目したジェームズ・マカヴォイが出演してたことで観たい度上昇したのは『つぐない』でした。同じ監督の『プライドと偏見』が結構よかったしで、映像的にもたぶん好き。それにしても、キーラ・ナイトレイ・・・相変わらず胸がない、、、汗ある意味、うらや...
『つぐない』 (千の天使がバスケットボールする)
予告編ですっかりその映像に魅せられて、指おり数えて公開を待っていた映画『つぐない』。 それは、期待以上の極上の恋愛映画だった。 1935年の夏の盛り、英国の田園地帯にある政府官僚の屋敷。ケンブリッジ大学を卒業して帰省したセシーリア(キーラ・ナイトレイ)は...
つぐない (映画とキャラメル*)
【鑑賞】テアトルタイムズスクエア 【日本公開日】2008年4月12日 【製作年/製作国】2007/イギリス 【監督】ジョー・ライト 【出演】キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/シアーシャ・ローナン/ロモーラ・ガライ/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/ブレンダ・...
つぐない/作家の宿命 (マダム・クニコの映画解体新書)
 冒頭のミニチュアの動物たちは「ノアの箱船」を想起させ、ダンケルクの海岸のシーンでは「聖書にそっくり」とのセリフが飛び出す。 goo 映画  原題は「贖罪」。キリスト教用語で、教義の中心となる。その意味は、何らかの方法により罪や過ちの埋め合わせをすること。...
つぐない(2007年・英) (SCARECROW'SROOM)
★「罪」は誰が許すものなのでしょうか?★『嫉妬』という感情が何歳ぐらいで芽生えるか…ともすれば大人の専売特許のように思われがちなこの感情は(もちろん本人はそんな意識はないにしても)相当に幼い頃から持ち合わせる厄介な感情の一つじゃないかと思います。そして...
『つぐない』 (『映画な日々』 cinema-days)
つぐない 妹が嫉妬から偽証で、姉の恋人を投獄 5年後、罪に気付き贖罪に奔走するが 時既に遅く、二人の時間を取り戻す事は出来なかった... ...
映画『つぐない』を観て~アカデミー賞受賞作品 (KINTYRE’SDIARY)
40.つぐない■原題:Atonement■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:124分■字幕:関美冬■鑑賞日:4月20日、テアトルタイムズスクエア(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジョー・ライト□脚本:クリストファー・ハンプトン□原作:イ...
映画評「つぐない」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2007年イギリス映画 監督ジョー・ライト 重要なネタバレあり。注意されたし。
つぐない (ダイターンクラッシュ!!)
5月9日(金) 19:00~ キネカ大森2 料金:0円(キネカ大森ポイント使用) パンフレット:800円 『つぐない』公式サイト 第二次大戦頃。イギリスの上流家庭の姉妹、そこの家政婦の息子の青年の物語。青年と姉は良い仲になるが、妹の誤解というか嫉妬で、離れ離れに...
つぐない(Atonement) (nudge-nudgeの映画レビュー The Cinema Show)
こういう、罪の償い方があるのか、と感動  atonement、その語ズバリ「つぐ
【DVD】つぐない (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 劇場鑑賞時に発作発生 ▼感想 事実を伝えることが本当のつぐない ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた...
つぐない (とりあえず、コメントです)
ベストセラー小説を映画化した作品です。 一つの嘘によって引き裂かれてしまった愛の行方が美しい映像と音楽で綴られていました。 1935年夏。13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は多感な少女で、小説を書くのが大好き。 今日は帰省してくる兄を歓迎するために戯...
映画「つぐない」 (<花>の本と映画の感想)
つぐない 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ, ジェームズ・マカヴォイ, シーアシャ・ローナン, ロモーラ・ガライ, ヴァネッサ・レッドグレイヴ 2007年 つぐない [DVD] ...
「つぐない」 (純愛シネマ)
「つぐない」 監督   ジョー・ライト 出演   キーラ・ナイトレイ   ジェイムズ・マカヴォイ  シーアシャ・ローナン  
映画 「つぐない」 (英国日記)
映画「つぐない」を見ました。
つぐない(Atonement 2007 英) (ドリーミングピーチ)
「セシーリア、再開出来るかもしれない、あの日の僕の計画を…正装で希望に満ちて、屋敷の道を歩いた、かつての僕に戻れるのだ」ロビー13才のブライオニーのあの夏までは美しく甘美...