サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06161「プライドと偏見」★★★★★★★☆☆☆

2006年07月30日 | 座布団シネマ:は行

「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった、ジェーン・オースティンの小説「自負と偏見」を美しい田園風景を背景に映画化したラブストーリー。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』でブレイクしたキーラ・ナイトレイ。監督は本作が長編デビュー作ながら見事にこの名作を描ききったジョー・ライト。オール・イギリス・ロケで撮った由緒ある豪邸の数々も要チェック![もっと詳しく]

漱石も絶賛したオースティン文学は、食卓で観察し書かれたロマンスである。

 ジェーン・オースティンは、18世紀から19世紀にかけての、イギリス女流文学者として、偉大な存在である。イギリス近代小説の祖とも、リアリズム小説の先駆けともいわれる。
英国留学で英文学を研究した夏目漱石も、オースティンを絶賛している。
イギリスの田舎の中流階級の女性たちを、いきいきと描いたこの「プライドと偏見」も過去に数回映画化されている。
ベネット家の5姉妹の「結婚」をめぐる物語が皮肉と愛情をこめて、いきいきと描かれている。

 

当時の女性たちにとって、誰に嫁ぐのかというのが最大の関心事であり、嫁げない場合は、一生、父親か兄弟に面倒を見てもらうことになる。
ベネット家も使用人がいて、それなりの大きさの邸宅ではあるが、少しでもお金があり、家柄がいい家に嫁ぎたいというのが、娘たちの憧れであり、親の願望でもあった。
5姉妹とはいっても、話の中心は、聡明で気品のある長女ジェーン(
ロザムンド・バイク)と大富豪であるヒングリー、そして、勝気で行動的な次女エリザベス(キーラ・ナイトレイ)とヒングリーの友人で家柄もよいダーシーという二組の、恋の鞘当と成就がテーマになっている。

 

オースティン自身も、中流の家に生まれ、8人兄弟の7人目で、次女として生まれている。
3歳上の長女カサンドラとは、生涯を通じて、深い交流があった。
この作品の長女と次女の姉妹像に、自分とカサンドラを重ね合わせていると見ていいだろう。
この時代のある程度の家柄の男女の出会いは、舞踏会であった。
着飾った男女は、そこで、動物の求愛あるいは誇示の動作と同じくパフォーマンスを繰り返し、その後は、男性から「家」を通じて正式な交際を求めることになる。



この物語では、長女と次女の交際相手が、ベネット家より格式が上であることから、軋轢が生じ、「プライド」や「偏見」が過剰に反映せざるを得ない様子が、リアルにそしてある意味で滑稽に描かれている。
娘達を売り込もうと奮闘する母親(
ブレンダ・ブレシン)、女系家族の騒ぎに辟易して隠遁気味の父親(ドナルド・サザーランド)、家柄の不釣合いに不満を顕にするダーシーの係累キャサリン夫人(ジュディ・デンチ)らに、演劇界の重鎮を充て、リアリズムある演技を繰り広げている。

 

とはいえ、ヒロイン役を演じたキーラ・ナイトレイがすべてといってもいい。
キーラは、舞台俳優の父と劇作家の母のもとに生まれた。3歳で、エージェントを持っている両親に対し、自分にもエージェントが欲しいと言ってのけたらしい。
6歳で、勉強もしっかりやるようにという約束の下、演技の勉強を許され、7歳ですでにチョイ役を獲得している。早熟で、勝気で、目立ちたがり屋であったのだろう。
その後、99年「スターウォーズ/エピソード1」でアミダラ王女を演じた
ナタリー・ポートマンの影武者として(なるほど、よく似ている!)脚光を浴び、「ベッカムに恋して」で、ハリウッドにも注目され、ウィノナ・ライダーのような正統派美人として(ウィノナが盗癖で逮捕されたこともあるかもしれないが)、起用されることが多くなった。
パイレーツ・オブ・カリビアン」「キング・アーサー」「ドミノ」などなど。

 

「プライドと偏見」では、心理描写に若くして才を発揮したジェーン・オースティンという作家と、作品中におけるエリザベスという魅力のあるキャラクターと、幼い時から自分の進路を強く確信していたキーラ・ナイトレイという正統的な女優が、重なり合ってひとりの18世紀終盤の女性でありながら、きわめて現在に通じる感性をもった女性像を現出しているように思える。
ここで、提示された「ロマンス」に、近代以降の女性の心理の原型は、ほとんど出し尽くされているように思える。
ここから約200年、時代は経過しているが、そのときどきの時代背景や家族環境、女性を巡る自立の形態の変遷を加味すれば、「ハーレークインロマンス」の核にあるものはそれほど変わりなく保存されているかもしれない。
あとは、「通俗」の調味料をどれほど、まぶすかということだけかもしれない。

 実姉のカサンドラが描いたオースティン

ジェーン・オースティンは、書斎を持たず居間の机でそのへんの紙の切れ端に小説の断片をメモしていたらしい。
人が訪ねてくると隠し、「BY A LADY」という名義で発表していたため、村人は作家であることを知らないままであったという。
「romance of the tea-table」それが、オースティンの作品群につけられた愛称であった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (71)   トラックバック (80)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 06160「シン・... | トップ | mini review 06162「輪廻」... »
最近の画像もっと見る

71 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-07-30 23:10:29
こんばんは♪

何百年経とうと女性の心理などは変わりませんね~。

だからこそ逆に、その時代時代の背景や道徳や価値観などいろんな加味されているものがとても興味深いです。

ミチさん (kimion20002000)
2006-07-31 00:26:21
こんにちは。

映画というものは、それぞれの時代と背景をよく、伝えてくれますね。知ってるようで何も知らない、イギリスのこの時代のひとつの側面が、よく理解できました。

エリザベス (ひらりん)
2006-07-31 01:33:20
TBありがとうございます。



キーラ・ナイトレイは、「パイレーツ~」でも、たしかエリザベス役でしたね。

さすが、英国が舞台だと、役名もかぶるのでしょうか。
ひらりんさん (kimion20002000)
2006-07-31 01:57:13
こんにちは。

ああ、そうでしたか。

イギリスの古典的な名前なんでしょうね。

女王様もすぐ連想できますしね。
Unknown (ココ(ココのつぶやき))
2006-07-31 09:19:12
こんにちは。はじめまして。TBありがとうございました。

キーラ・ナイトレイ、活躍していますね。昔、スター・ウォーズの

ナタリーの影武者だったなんて、信じられませんね。

とってもいい映画でした。TBバックさせていただきます。
ココさん (kimion20002000)
2006-07-31 09:31:36
コメントありがとう。

キーラ・ナイトレイは油が乗っていますね。

この映画と、DOMINOは、正反対のつくりでしょうに、相次いで主演するとは、たいしたものです。
TBありがとうございます (roselavender)
2006-07-31 20:52:13
こんにちわ。はじめまして!

TBありがとうございます。

記事よまさせていただきました。

とても詳細にご紹介してあって、参考になりました。

キーラナイトレイがとても綺麗ですよねw

素晴らしいブログですね (sonetchi)
2006-07-31 21:07:44
TRACKBACK有難うございます。

「プライドと偏見」の研究レポートを読むかのようなブログでした。大変勉強&参考になります。

これからも素晴らしいページを増やして行ってください。



キーラのように、「旬の女優」は、残念ながら30代になると、どうしても出演作が減ってしまいがちです。旬のうちに沢山名作に出演してもらいたいと思っております。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-07-31 21:20:53
>roselavenderさん



はじめまして。これからも、気軽に、のぞいてください。



>sonetchiさん



やっぱ、旬の女優は、旬のうちですかね。

年をとって、内面の美しさが、出てくる女優さんもいますけどね。
TBありがとうございます (かっぱかえる)
2006-07-31 21:22:39
TBありがとうございます。

詳しい解説ですね。

この原作が好きでBBC版「高慢と偏見」も観賞しようと思ってます。
TBどうもでした。 (カオリ)
2006-07-31 21:26:17
ウィノナ・ライダーにも似てると思いましたが、ナタリー・ポートマン扮するアミダラの影武者だったとは・・・知りませんでした!!

そろそろ「パイーレーツ・・・」見に行こうかとも思います。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-07-31 23:00:23
>かっぱかえるさん



映画も、数回つくられていますが、テレビ版も話題になっていますね。やっぱり、原作の持つ、普遍性でしょうね。



>カオリさん



パイレーツでも、魅力的でしたね。本当は、僕は、DOMINOが好きなんでけどね(笑)
TBありがとうございました。 (小米花)
2006-08-01 22:29:55
いつもながら丁寧な記事、楽しく読ませて頂きました。

作者も見えてくる解説、嬉しい記事ですね~。

TBさせて頂きました。

これからも宜しくお願い致します。
小米花さん (kimion20002000)
2006-08-01 23:29:36
こんにちは!

この国民的女流作家も、正体を隠して、作品を発表していたというのは、意外な発見でした。

いまは、情報があふれすぎて、表現者にもプライバシーがないですけど、昔は、作品と作家が、切り離されて、あったんですね。
TBありがとうございましたm(_ _)m (メル)
2006-08-02 10:18:58
お返しが遅れてしまって(^^;;) もうしわけありません。



小米花さんも書いてらっしゃいますが、kimionさんの記事は

1つの映画について、いつも多岐にわたって書いてあるし、

すごく深いし、いつも楽しく読ませていただてます♪

これも読ませていただいてたんですが、私のあの薄っぺらい

記事に比べると・・・・(^^;;)  とTBためらってました(^^ゞ



ほんと、この映画でもキーラはほんとに素敵でした♪^^

BBC版の高慢と偏見でのコリン・ファースがとてもよかったので

今回のマシュー・マクファディンにちょっとガッカリしたりしたもんですから(^^;;)

彼女の演技と素晴らしさに救われたって感じでした♪^^



ジェーン・オースティンは大好きなので、原作も読みました^^

やっぱりあの世界を丸々映画にするのは難しいですが

この映画、風景とか小道具とか衣装とかは完璧なのでは?!と思いました♪



こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m
コリン・ファース (駒吉)
2006-08-02 10:43:58
こんにちは、TBさせて下さい。

普遍的なテーマなのですが、時代背景やなんかがイマイチピンとこないので、

なんだか色々見逃してるんじゃないかなあ、と思った作品でした。

BBC版も観てみたいです。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-08-02 15:11:51
>メルさん



いや、いつも、メルさんのblog楽しく、拝見しています。英語が、からっきし駄目なので、コンプレックスをいだきながら(笑)

こういう、文芸作品の、時代考証は、すごいですね。

ロケ地にしたって、実際に本物の館を使っているわけですからね。すごいです。
駒吉さん (kimion20002000)
2006-08-02 15:13:14
こんにちは。

BBC版は、僕もみていないんですよ。

DVDになるのかしら。
Unknown (mojabieda)
2006-08-02 18:31:12
トラックバックありがとうございます。ブログ拝見しました。オースティンについてよく分かりました。それにしてもキーラ・ナイトレイという女優に惹かれてプライドと偏見とオースティンを知りました。
ブログにTBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-08-02 20:56:24
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。

ブログにTBありがとうございました。

悪い映画だとは思わなかったのですが、感情移入しづらかったので、評価は☆にしてます。

そんなに悪い映画じゃないと思うのですが....
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-08-02 22:06:35
>mojabiendaさん



キーラ・ナイトレイは、久々の大型正統派美人女優だと思います。これから、また、あっという役にチャレンジするでしょうし、それが許される年齢ですから、楽しみですね。



>jamssionさん



いつも、blog楽しみに、拝見させてもらってますよ。
サザーランド (ほんやら堂)
2006-08-02 22:58:19
TB&コメントありがとうございました.

キーラ・ナイトレイも最近はまっちまってるんですけど,サザーランド良いですね.

娘を持つ父親としては,誰もいなけりゃえんえん泣いちまいそうな,演技でした.
ほんやら堂さん (kimion20002000)
2006-08-03 03:42:01
TBありがとう。

僕は、娘はいないんですけど(笑)、やっぱ、サザーランドは、とても味わい深い役者さんですね。
TBありがとうございます! (凛音(りおんたいむ))
2006-08-04 15:04:18
はじめまして!TBありがとうございました。

TB頂いたことがきっかけで、久しぶりにこの映画を観てみたくなりました。



また機会がありましたら私のBlogも覗きにきて下さいね!
凛音さん (kimion20002000)
2006-08-04 21:11:34
こんにちは。

初年度は1年、皆勤BLOGでしたが、2年目は、映画感想のみになっています。凛音さんは、各カテゴリーをバランスよく、blog化しているようで、感心します。



ヒングリーの妹さん (ゆづ)
2006-08-04 21:46:25
ヒングリーさんの妹さんが

とても嫉妬深くて、自分の家柄を鼻にかけている

「いかにも貴族」な感じを出しているのが

印象的でした(笑)

同じ兄弟でも、お兄ちゃんだけ

あんなにお坊ちゃんらしくなるものなのかしら?



TBありがとうございました。
ゆづさん (kimion20002000)
2006-08-04 22:16:40
こんにちは。

あのキャサリン夫人も、とっても高慢な夫人の役回りでしたね。

憎々しげな演技がうまい。
TB、感謝です! (カゴメ)
2006-08-05 14:44:47
>99年「スターウォーズ/エピソード1」でアミダラ王女を演じたナタリー・ポートマンの影武者として(なるほど、よく似ている!)



カゴメはですね、あの影武者役の時から、

ハッとしてグッと来てましたですよ♪



>ウィノナ・ライダーのような正統派美人として(ウィノナが盗癖で逮捕されたこともあるかもしれないが)、起用されることが多くなった。



ウィノナの良いんですが、彼女の方がもうちょいノーブルでイノセントな感じがしますね。

「パイレーツ」の続編見るのが楽しみだなぁぁ(←劇場で映画観ない人。苦笑)
カゴメさん (kimion20002000)
2006-08-05 20:33:07
コメントありがとう。

キーラは、ノッテいますねぇ。

僕は、評判の悪い、ドミノの演技が、好きなんだけど(笑)
TBありがとうございました (ななな)
2006-08-22 17:37:45
こんばんわ。

私情でTBのお返しが大変遅くなってしまいましてすみません。



キーラちゃんが正統派美人といわれると納得できない私です(笑

どうも彼女の笑顔が好きじゃないんですよね・・・。

でもこの映画ではホントに生き生きしていてステキでした。

映画自体も好きな映画でした。
なななさん (kimion20002000)
2006-08-22 20:02:51
こんにちは。

ふむ、女優を見る目に関しては、自信がないな(笑)

たとえばs、現代女優で、正統派美人というのは、誰なんだろう?あらためて、考えちゃいますね。

正統とはなんぞや!
Unknown (cocos)
2006-09-02 04:47:06
kimion20002000さん、こんにちわ。



この作品の記事を拝見して見たくなりました。

ロザムンド・パイクも出てるんですね。

007/ダイアナザーデイでイイなと思ったものの

DOOMでは何だかな?な役柄だったので、、。

それにキーラ。

DVD購入して観たらまたカキコさせて頂きます。

cocosさん (kimion20002000)
2006-09-02 09:36:16
こんにちは。

ロザムンド・バイクは、上品で人のよさそうなおっとりした役柄ですね。美人というよりは、親しみの持てる、女優さんですね。

また、カキコ楽しみにしています。
似てますよね (リッチフィッシュ)
2006-09-14 23:57:41
TBありがとうございました。



私も「ナタリー・ポートマン」に似てるなって、ドミノの時に、思って調べた口です。

自分のブログにも書いたけど(ドミノの時)、ほんと、「スターウォーズ」では、あんな化粧もしているんで、区別ついて無かったです。(^^;



この「プライドと偏見」は、夕食の時に見たので、あまり集中して無くって、この記事で、理解が深まりました。

といっても、この記事だけじゃなく、いつも読ませていただくとなるほどって、理解を深めさせてもらってますが・・
ちょっとTBにびっくり^^ (月猫)
2006-09-15 00:31:11
いろいろ勉強になる記事をTBしていただいてありがとうございます

この記事の6枚目のエリザベスの画像、まだ映画を観ていない人が見ると、違うシーンに見えちゃいますね…とちょっと気が付いたのでした
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-09-15 09:54:10
>リッチフィッシュさん



綺麗ですね。ちょっと、勝気なところも、いいんじゃないでしょうか。「ドミノ」は評判が分かれたけど、僕は、彼女の演技、好きでしたね。



>月猫さん



そうですね。魔女裁判のようですかね。ドキっとするほど、美しいですね。
おじゃまします (ピロEK)
2006-09-18 23:04:54
おじゃまします。

こういう作品、自分には柄じゃないんじゃないかなぁ…なんて思いながら鑑賞開始したのですが、割と楽しめました。

ロケーションとか衣装とか主演女優さんが実にキレイな映画でした。

キーラ・ナイトレイは、この映画のが、今までで一番キレイに思えましたよ。

ところで、キーラ・ナイトレイって、アミダラ女王の影武者役だったのですね。こちらの記事読んではじめて知りました(私は自称SWファンにも関わらずです

では、またうかがいます。
はじめまして (狼)
2006-10-12 15:30:50
TBありがとうございます。予想以上に良い作品でした。キーラ・ナイトレイ、ドミノに引き続き、素敵でした。

ラストもあっさりしてて好きです。

狼さん (kimion20002000)
2006-10-12 16:02:17
こんにちは。

僕は「ドミノ」のキーラ・ナイトレイも好きでしたけどね。

この作品では、ちょっと、活発で勝気な女性をよく演じていますね。美しいです。
こんばんは (nyanco)
2006-10-12 19:59:37
こんばんは。はじめまして。

TBありがとうございました!

ジェーン・オースティンという作家を通して、この作品をとても丁寧に解説されていて、読んでいて面白かったです。

これからも楽しみにしています。(^-^)/

こちらからもTBさせていただきました。

これからもよろしくお願いします。



TB嬉しいです(^^) (sum-va)
2006-10-12 21:01:04
ありがとうございました。

はじめまして、です。

たくさんの情報が詰まったブログ、すごいですね!

これからも参考にさせてもらいます♪
Unknown ()
2006-10-12 21:26:38
TBありがとうございました!

こちらからもTBさせていただきました。

キーラ・ナイトレイはナタリー・ポートマンの影武者やってたんですか!

気が付きませんでした~。

とても色々勉強になる素適なブログですね。

また遊びに来ます~。



コメント多謝 (kimion20002000)
2006-10-12 23:24:31
>nyancoさん



なんか、ちょっと、本当に書くのが好きな、アガサ・クリスティを思い起こさせるような作家だなあと感じました。



>sum-vaさん



いつでもいらしてください。



>灯さん



最初は、いつも、どちらがどちらか、迷ったりしていましたね、僕は。
TBありがとうございました (トミー)
2006-10-13 00:44:25
こんばんは。

TBありがとうございました。



キーラは美しく演技も巧い魅力的な女優ですね。

今後さらに成長していくのが楽しみです。
トミーさん (kimion20002000)
2006-10-13 10:30:00
こんにちは。

女優になるべくして、生まれて来たような女性ですね。

若いし、とても楽しみな人ですね。
こんにちは。 (omuhashi)
2006-11-13 00:51:11
ドラマ版ではコリン・ファースがダーシーを演じられてましたね。
映画版ではいろいろとカットされる部分も多くストーリーの流れも多少異なる点がありましたがとても楽しむことができました。
まだ原作は読んだことがないので読んでみたいと思っております。 エリザベスとダーシーがぶつかり合う(口論する)シーンがとても印象的です。
omuhashiさん (kimion20002000)
2006-11-13 10:10:54
こんにちは。
それにしても、東西を問わず、この時代の恋愛小説が、こんなに幅広く愛されているということは、すごいですね。
とっても、普遍的なかたちを、とりあげているからでしょうね。
Unknown (Organa)
2006-11-17 21:46:54
コメントとTBを有難う御座いました。

特典映像も見たのでこの映画で時代の背景や暮らしぶりはよくわかりました。ちょっとお金のことばかり考えているようで下品な印象を受け、それを上流階級がやっているということがまたかえって面白かったです。
そんな中で回りに振り回されない女性が凛々しくて素敵でした。
orangeさん (kimion20002000)
2006-11-17 23:25:36
こんにちは。
ちょうど、貴族階級が、没落していく兆しの時代が、オースティンの時代ですね。
時代を先取りした、主人公の娘たちの意識は、まさに近代の始まりであり、現在の女性たちの意識の枠組みをつくっているといえるかもしれませんね。
TBありがとうございました (can)
2006-11-19 05:18:00
キーラ・ナイトレイは本当に大活躍ですね
この作品では、他の人に対して顔が現代的過ぎるかなぁ、とちょっと思ったのですが・・・・・

笑った顔よりも、縄のブランコで揺れている時のような憂いのある顔のほうが好きです
canさん (kimion20002000)
2006-11-19 11:08:42
こんにちは。
キーラは、今はいろんな役どころに、どんどんチャレンジしていこうというところなんでしょうね。
パイレーツシリーズも3部作で卒業宣言をしましたしね。
今回のイギリスの役者さんたちふくめ、舞台での経験も意図しているんじゃないかと思いますね。
TB失礼します。 (真紅)
2006-11-20 10:17:31
kimionさま、こんにちは。
この作品、18世紀イギリスでは『トレンディドラマ(死語?)』のような感じだったのでしょうか?
それとも『渡鬼』風ホームドラマ、かもしれませんね、5人姉妹ですし。
ジュディ・デンチの貫禄が凄かったです。もう、怖くて(笑)
ではでは、失礼します。
真紅さん (kimion20002000)
2006-11-20 11:22:57
こんにちは。
近代小説の走りというのは、それまで、個人の心理を中心に描いた小説はなかったんですね。
大衆が、教養以外の目的で、娯楽として小説を読んだのは、この頃からだと思います。
そこから延々とね。
トラバありがとうございました。 (ダイゴロウ)
2006-12-12 11:18:13
トラックバックありがとうございました。
コメント遅れましてスイマセン(汗
最近やたらとスパムばかりだったので、
大変うれしく思います。
それにしてもすっごく見やすいブログですね!(驚
映画の話題も多くて参考になります。
ありがとうございました!
ダイゴロウさん (kimion20002000)
2006-12-12 11:27:20
こんにちは。
そうですね。スパムは瞬間削除しますが、誤っていくつかの通知なんかを、削除したりしているケースなんかも多いですね。今後とも、よろしく。
TBあありがとうございました (choco)
2006-12-16 14:32:33
TBありがとうございました
すごく深く書かれてあって勉強になります
プライドと偏見
すごく好きです~。
映像も配役もとてもよかったと思います。
あの時代、恋愛には色々制約があったのだろうケド、
でも女心というものは今と余り変わらないのがちょっと感動でした。またDVD買おうかなあとさえ思っています。
それくらい好きな映画になりました。
またこちらからもTBさせてくださいね、
では
chocooさん (kimion20002000)
2006-12-17 13:36:25
こんにちは。
イギリスの文芸映画というのは、しっかりとつくられているものが多いですね。やはり、役者陣が、日ごろ、舞台でも鍛えられているからかもわかりません。
文芸映画は僕の場合、最初の10分の入り込み方が重要で、そこで、のれないと、半分ぐらい眠っちゃうんですけどね(笑)
大好きなオースティン (コニコ)
2007-02-23 08:16:39
TBをありがとうございました。こんなにもオースティンのことを語る人がいるなんてとても嬉しいです。彼女も生きていたらさぞ驚くことでしょうね。オースティンのウィットと皮肉のバランスがたまらない魅力です。Romance of the tea-table、なんとイギリスらしいこと♪
コニコさん (kimion20002000)
2007-02-23 11:12:16
こんにちは。
オースティンの作品は、英国内だけでなく、世界に拡がる普遍性をもっていますね。近代的で、ウィットに富み、観察眼のとてもすぐれた人だったんですね。
こんばんは (moco)
2007-04-03 02:59:06
kimion20002000 さん ご来訪ありがとうございました。

この映画を鑑賞していたら、まるで当事者になったかのような
感覚で感情移入して観ていました。18~19世紀の女性達の
関心事も、女性として興味を持ちながら楽しく観れました。
mocoさん (kimion20002000)
2007-04-03 08:51:40
こんにちは。
やはり、原作の持つ魅力ですかね。
国も時代も環境も違うのに、「当事者」のように感じることが出来るというのは、すごいことですね。
こんにちは (kira)
2007-09-16 14:14:17
今頃ですがこの作品に出会えましたので、TBさせて下さい。

トシのせいかどうか(笑)最近時代物に惹かれます。
メールじゃなく肉筆、
タクシーで立ち去るわけにいかず、走って逃げなければならないなど、
いちいち頑張らなければならなかった時代に憧れます(笑)
kiraさん (kimion20002000)
2007-09-16 23:16:35
こんにちは。
はは、年のせいね(笑)
でも、昔の恋愛は、とても不自由で、だからこそ、ロマンスがドラマティックになるんでしょうね。
トラックバックありがとうございました。 (クロヤギ)
2007-10-30 20:17:07
お返事が遅くなってしまいましたが、
トラックバックありがとうございました。

ハーレークインロマンス!
確かに、女性の求めるロマンスのエッセンスは
この原作に既に書かれているのかもしれませんね。
そうすると、200年前も今も
女性の(創作物に)求めるものはあまり変わらないということで
それも興味深い話のように思われます。
クロヤギさん (kimion20002000)
2007-10-30 20:43:30
こんにちは。
「女性意識の変遷」なんていわれますが、本質的な部分では、たった200年ぐらいでは変わらないものがほとんどじゃないでしょうか。
TB致しました。 (オカピー)
2007-10-30 20:49:09
原作は高校時代に買った文庫版が手元にありますが、日常描写を積み重ねて立体的に物語を展開するスタイルは100年早かったのではないかという気がしております。

本作は原作の味わいとは若干違いますが、なかなか面白かったです。少なくともオースティン最初の映画化である1940年のハリウッド版より心理を追求しようという意識が伺えました。
オカピーさん (kimion20002000)
2007-10-31 00:46:52
こんにちは。
どれだけ多くの人たちが、オースティンの物語を夢中で読んだり、自分と重ね合わせたりしたでしょう。小説家という存在は、偉大です。
こんにちは! (みのり)
2007-11-10 17:56:12
アミダラ王女の影武者役だったなんて気がつきませんでした。 ほんとうによく似ていましたね。 TBさせていただきます。
みのりさん (kimion20002000)
2007-11-10 22:06:14
こんにちは。似てるでしょ(笑)
でも、やっぱり、影でおさまる人じゃなかったんですね、この女優は。面白いものです。
キーラ・ナイトレイ (miyu)
2007-12-19 22:33:47
のハマり役ですよね!これは。
だけど、父ちゃんのドナルド・サザーランドも
いい味出してましたね。
miyuさん (kimion20002000)
2007-12-20 01:08:52
こんにちは。
ドナルドは息子のキーファーが超人的に頑張れば頑張るほど、力が抜けてとぼけた味を出すようになってきましたね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

80 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プライドと偏見 (みるき~うぇい)
全国で公開中 2005年度作品/イギリス <原作> ジェーン・オースティン <監督> ジョー・ライト <出演> キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ドナルド・サザーランド ブレンダ・ブレシン ロザムンド・パイク <あらすじ> 18世紀末のイ ...
プライドと偏見/ PRIDE & PREJUDICE (我想一個人映画美的女人blog)
ジェーン・オースティン原作の古典「高慢と偏見」をTV界出身のジョー・ライト監督で映画化。 (「ブリジッドジョーンズの日記」のコリンファースで「高慢と偏見」というタイトルで'95年に一度映画化済) 原題、「プライドと偏見」のまま日本では来春第2弾で公開 ...
「プライドと偏見」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Pride & Prejudice」2005 UK 原作は“エマ”“いつか晴れた日に”のジェーン・オースティン。主演のエリザベスにキーラ・ナイトレイ、Mr.ダーシーにマシュー・マクファデン。キーラは「ラヴ・アクチュアリー/2003」や「キング・アーサー/2004」etc.でお目に ...
バカ一家の結婚戦略 「プライドと偏見」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_love/} プライドと偏見 恋愛においては、プライドと偏見がしばしば邪魔になるっていうお話。 これは私にも心当たりがないでもないで、昔はプライド高く、「好き」とかいう言葉を口にしないで武士のようにしているのがカッコいいと思っていた ...
『プライドと偏見』 (ラムの大通り)
----これってワーキングタイトル作品なんだね。 あの『ブリジット・ジョーンズの日記』を手がけた……。 「うん。そもそも『ブリジット・ジョーンズの日記』が この原作『高慢と偏見』を現代版に仕立てたものだからね。 でもこれを観ているとき、ぼくの頭に浮かん ...
プライドと偏見 (悠雅的生活)
I like him. I love him.
映画「プライドと偏見」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「プライドと偏見」★★★★ 原作である「自負と偏見」(オースティン著)が大好き。 18世紀末のイギリスの上流階級では女性に財産相続権が無かったということを、まず頭に入れておかねばならない。だから、その時代、女性にとって“結婚”は人生のすべ ...
プライドと偏見  (花ごよみ)
      原作はイギリスの代表的な女流作家、     ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」。     『ブリジット・ジョーンズの日記』のモデルだそうです。    テレビドラマでも(高慢と偏見)になっています。    高慢とプライドでは少し意 ...
プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン主演 ジェーン・オースティン原作の映画化 18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーに ベネット家があります その時代は階級による支配関係がまだはっきりしていました ベネット ...
プライドと偏見 (HIROMIC WORLD)
本日の3本目は「プライドと偏見」 18世紀終盤のイギリス、両親と娘5人が暮らす田
プライドと偏見/キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド (カノンな日々)
原作はイギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」。あの「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった作品でもあるそうです。劇場予告編の印象がヨカッタのとキーラ・ナイトレイが好きだったので、「THE有頂天ホテル」と続けて観てきたの ...
「プライドと偏見」 (試写会帰りに)
読売ホールにて「プライドと偏見」“PRIDE&PREJUDICE”試写会。 「ドミノ」に続くキーラ・ナイトレイ主演作。共演にマシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ジュディ・デンチ。「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」のワーキ ...
★「プライドと偏見」 (ひらりん的映画ブログ)
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。
プライドと偏見 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ネタバレありです。 イギリスの有名な小説家、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化した作品です。(この小説と映画の邦題の違いは、「pride」を「高慢」と訳したか、そのまま「プライド」としたかの違いです。小説の題名と映画の原 ...
プライドと偏見/試写会 (如意宝珠)
プライドと偏見(原題PRIDE & PREJUDICE) http://www.pride-h.jp/ 2005年製作 米 監督:ジョー・ライト 出演者:キーラ・ナイトレイ   マシュー・マクファディン ロザムンド・パイク 公開は  1/14(土)~ ********************************************* ...
プライドと偏見 (ユウヒイサナの順風満帆ブログ)
プライドと偏見試写会に行ってきました。 友達Tちゃんに誘われて行って来ました。 最近よく遊んでいます。 来週も「THE有頂天ホテル」の試写会に一緒に行きます。 場所はヤクルトホールでした。 18世紀末のイギリスが舞台。 古城と広大な風景は見物です! プ ...
「プライドと偏見」 (「境界に生きた心子」)
 英国の女流作家ジェーン=オースティンの小説、「高慢と偏見」の映画化作品。  18世紀末、イギリス田舎町の上流社会における、男女の出会いと恋物語を格調高く描いた話です。  何といっても主役のキーラ=ナイトレイが魅力的でした。  エレガントで華 ...
プライドと偏見 (小部屋日記)
Pride and Prejudice (2005/イギリス) 原作はイギリスの作家ジェーン・オースティンの名作「自負と偏見」。 18世紀のイギリスの男女の恋愛が基本です。 当時は結婚が全てだった女性たち。 古くさいと思っていたけど、現代にも通じるものがある。 主人公を演じ ...
プライドと偏見 (ココのつぶやき)
原作:ジェーン・オースティン     監督:ジョー・ライト      出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、  ドナルド・サザーランド、   ブレンダ・ブレッシン、 ジュディ・デンチ etc.2005年 イギリス 「I love you from the botto ...
プライドと偏見 (迷宮映画館)
18世紀末から、19世紀にかけて活躍したイギリスの女流作家ジェーン・オースティンの最高傑作と言われる『高慢と偏見』。「プライドと偏見」という邦題になり、『プライド』という言葉が、すっかり日本語となって、理解の助けになっている。当時の女性の生き方 ...
プライドと偏見 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「プライドと偏見」の感想です
「プライドと偏見」 (てんびんthe LIFE)
「プライドと偏見」 新宿明治安田生命ホールで鑑賞 元気のいい、キーラ・ナイトレイを見たばかりなので、中世の令嬢役はまたいつもの楚々としたキーラなのかと思えば、田舎のお嬢チャンであって、自分の意見がしっかりとしている芯のあるお嬢さん役でした。原 ...
プライドと偏見 (Akira's VOICE)
普通にハッピーなラストを迎える文芸ラブストーリー。
プライドと偏見 (【極私的】Movie Review)
原題…PRIDE & PREJUDICE 監督…ジョー・ライト 出演…キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド 極私的満足度…○ さすがは、ワーキングタイトル ひと足お先に、試写会で見てきました。 もはや古典の域に達するであろう、ジ ...
プライドと偏見 DVD (噂の情報屋)
「ブリジット・ジョーンズの日記」の元ネタともいわれている ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化したラブストーリー。 主演は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」の キーラ・ナイトレイが意志の強い知的な次女エリザベス役を好 ...
TV版の勝ち!「プライドと偏見」 (SOHOガールの一畳事務所生活)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン プライドと偏見 とうとう見てしまいました。キーラ・ナイトレイ主演版『プライドと偏見』。以前にこのブログでも書いた イギリスの古典小説「高慢と偏見(Pride and Prejudice」が原作の映画です。 とにかく一言 ...
プライドと偏見 (レンタルだけど映画好き )
2005年 イギリス 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド/ブレンダ・ブレシン/ロザムンド・パイク/ジュディ・デンチ/サイモン・ウッズ/トム・ホランダー/ルパート・フレンド/クローディー・ブレイク ...
プライドと偏見(試写会) (まったりでいこう~)
観たかったけれどどうしようかなと思っていたら、試写会の案内を人様からいただきました。嬉しい~。ということで行ってきましたです。 最初から最後までわりと静かにストーリーが流れていくので途中で退屈になり眠くなるのではないかと思ったのですがそんなことは ...
PRIDE & PREJUDICE/プライドと偏見 (DVD,ビデオ鑑賞 記録)
監督 Joe Wright  出演 Keira Knightley, Matthew MacFadyen, Donald Sutherland, Judi DenchJane Austen (1775-1817) 原作参照: Sense and Sensibility (いつか晴れた日に)1995年、Emma (エマ)1996年、の映画の原作者でもある。「ブリジ ...
『プライドと偏見』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン
プライドと偏見 |ジェーン・オースティン (DVDを観よう!)
プライドと偏見出演:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン発売日 2006-06-23
プライドと偏見(05・英) (no movie no life)
時は18世紀、イギリス上流社会。愛しているのに愛していると素直に言うにはpride(プライド)と prejudice(偏見)が障害となる。 ベネット家の5人姉妹の次女、エリザベスは読書と散歩を好む、いわば結婚適齢期にある女性(キーラ・ナイトレイ)。あるとき、ベネ ...
プライドと偏見 (<花>の本と映画の感想)
プライドと偏見 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン  ドナルド・サザーランド  ブレンダ・ブレシン  ロザムンド・パイク 2005年 イギリス 18世紀末、5人姉妹のいるベネット家の近所の豪邸に大金持ちで ...
【プライドと偏見】 (ココアのお部屋)
キーラ・ナイトレイ、 マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、 ブレンダ・ブレッシン出演のラブストーリー。 公開日:1月14日 ☆ストーリー☆ 18世紀もまもなく終わる頃。 イギリスの田舎町に住むベネット家には5人の娘がいた。 女には ...
プライドと偏見 (ルナのシネマ缶)
原作は、18世紀の有名な女流作家 ジェイン・オースティンの 「高慢と偏見」で、 英国でドラマ化され、 NHKで放送されたのは かなり有名みたいですが、 残念ながら、そちらはまだ未見なので、 ちょっと楽しみにしていました。 女性に父親の財産相続権がな ...
プライドと偏見 (雑食)
プライドと偏見を観てきました~ ニュージーランドで一回観てたんだけど (前にも書いた) 今回は日本語字幕付で初! くるるの「プレミアスクリーン」とやらも初体験。 リクライニングシートが快適。 隣との間隔も広く、前後の段差も大きく、ほんと素敵 ...
「プライドと偏見」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「プライドと偏見」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主な出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレシン、ロザムンド・パイク、ジュディ・デンチ、サイモン・ウッズ、ルパート・ ...
『プライドと偏見』 (映像と音は言葉にできないけれど)
こりゃ面白い話ですねぇ。19世紀初頭に女流文学作家ジェイン・オースティンにより書かれた名作の映画化です。この物語は、昔グリア・ガーソンとローレンス・オリビエ主演で映画化されていますが(『高慢と偏見』今、ワンコインDVDで買えます)、それ以外にも ...
プライドと偏見☆独り言 (黒猫のうたた寝)
5人姉妹かぁ・・・若草物語思い出した(笑) 設定も似てるしねー 今日の映画は『プライドと偏見』です♪ 内気で上品で美人の長女ジェーン 読書家でしっかりものの次女エリザベス ピアノが大好きなちょっと神経質そうな妹と 華やかなことや男の子に興味津 ...
プライドと偏見 (こんな映画見ました~)
『プライドと偏見』 ---Pride & Prejudice--- 2005年(アメリカ) 監督:ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド 、ブレンダ・ブレッシン ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』を映画化した作品 ...
「プライドと偏見」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
プライドと偏見ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 18世紀末のイギリス。田舎町に暮らすベネット家の5人の子どもは いずれも女ばかり。女性に相続権がないこの時代、父親が死んだら 家も土地も遠縁の男子が継ぎ、娘たちは路頭に迷って ...
映画:プライドと偏見 (駒吉の日記)
プライドと偏見(DVD)・・・DMC繋がりで 「彼と私はとてもよく似ているわ」 原作は文芸作品らしい(未読)ですが映画ではややラブコメっぽかったです。 普遍的なテーマにまあ正直ありがちなラブストーリーかな、と。どうも時代背景やその世界観がピンと ...
プライドと偏見 (mojabieda Blog)
 なにげなくQuickTimeで(というよりiTunesで)映画のトレーラーを観ていたら、名前も知らない女優にぐうぜん眼がとまった。昔のオードリーと日本のハセキョーを足して2で割ったような美しさ(なんだそりゃあ~)。しかも絵(風景や自然や時代背景の映像)がすば ...
タイトルの意味が汲み取れない◆『プライドと偏見』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月14日(土)TOHOシネマズ木曽川にて 18世紀末のイギリスの田舎町。娘ばかり5人のべネット家の隣りに、大金持ちの貴公子ビングリー(サイモン・ウッズ)が引っ越してくる。ベネット家の母親(ブレンダ・ブレッシン)は娘たちを資産家と結婚させようと躍起になり、 ...
プライドと偏見 (★Mooooovie★)
ストーリー フランス革命の余波がイギリスにも押し寄せていた18世紀末。 イギリスの田舎町に住むベネット家には5人の娘がいたが、女には相続権がないため、母親は娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていた。 そんなとき、ベネット家の隣に、大金持ちの ...
独断的映画感想文:プライドと偏見 (なんか飲みたい)
日記:2006年7月某日 映画「プライドと偏見」を見る. 2005年.監督:ジョ
プライドと偏見@想定の範囲内!王道の恋愛映画 (りおんたいむ)
昨日のプチ台風並みな雨&風はすごかった! さて。 今日、観てきた映画はコレ↓ プライドと偏見 予告編で観ていたときから、 「きっとこの主人公はこうなるんだろうな・・・」 と想定した通りに話が展開する、 ある意味では安心して見られる映画でした。 随所 ...
「プライドと偏見」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「プライドと偏見」  公式サイト   劇場鑑賞  ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★☆☆ 2006年1月14日公開 5人姉妹の末娘と結婚した詐欺師的将校 ミスター・ウィッカム。 彼がどうしてもオーランド・ブルームに見えてしまった。 ...
★「プライドと偏見」、恋愛志向娘と仏頂面男★ (★☆カゴメのシネマ洞☆★)
「プライドと偏見」(2005) 英 PRIDE & PREJUDICE 監督:ジョー・ライト   製作:ティム・ビーヴァン エリック・フェルナー   ポール・ウェブスター   製作総指揮:ライザ・チェイシン  デブラ・ヘイワード &nbsp ...
映画館「プライドと偏見」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少な ...
『プライドと偏見』(2005) (NiceOne!!)
今日は、貴重な水曜日!予定がキャンセルになってしまったので、急遽、映画に!!この映画は、年齢層高いと見ましたので、あらかじめネット予約です。いつもの、指定席(?)を選びました。ここなら、おしゃべりしている人少ないからね~~*********** ...
プライドと偏見 (ZeroCinema)
 完全なラブ・ストーリーと小耳にはさみ、苦手な映画かもしれないと不安を抱いた。苦手といえば苦手な、逃げ場のない恋愛映画だったが、全編を通して奏でる音楽、壮大なイギリスの風景、豪華な屋敷が良く、そして、ダーシーが好みのストライクゾーンど真ん中だっ ...
一時代的な恋愛観としてのラブコメなら『プライドと偏見』 (映画はトモダチ)
これはすごいですね。 よくもまあ、今の時代にこれをもってきたなと、そんな印象でした。 【作品紹介】 『プライドと偏見』 監督 : ジョー・ライト 出演 : キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン ス ...
プライドと偏見 (Movie_Room_Poster!!)
 今日は「プライドと偏見(原題:Pride and Prejudice)」です。 ストーリー:  18世紀末、イギリスでは女性には相続権が無く、女性にとって「結婚」が全てだった時代。そんな時代であったため、イギリスの田舎町に住むベネット家で母親は5人の娘たちの行く ...
プライドと偏見 (映画を観たよ)
BBCのドラマと原作が気になる。 とりあえず本は図書館へ。でもドラマはツタヤには無いだろうなぁ・・・ 古典文学が基ということで難しそうという変な先入観がありました。 最初はちょっぴり退屈でどうなるかとも思いましたが気づけばずいぶん楽しく見ていました。 ...
プライドと偏見(2005/イギリス) (虫干し映画MEMO)
PRIDE & PREJUDICE 監督: ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ   エリザベス・ベネット     マシュー・マクファディン    Mr.ダーシー     ドナルド・サザーランド    Mr.ベネット     ブレンダ・ブレシン    ...
プライドと偏見 (PRIDE & PREJUDICE) (福の神 映画のすすめ)
鑑賞日:2006/9/10 原作は、「高慢と偏見」という事で、読んだ事は無いんだけど、「ユー・ガット・メール」で、メグ・ライアン演じる女性が、好きだった本ですよね。小道具で、うまい事使われていたので、本のタイトルだけは、覚えていました。 映画中で(ユー ...
プライドと偏見…レンタルで鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先週はヒマだろうと踏んでいた私。 …甘かったです。メッチャ忙しかったよ~{/face_naki/} レンタルビデオもろくに観る時間が無くて、最後の1本(できれば後日記事に)なんか、3日ぐらいにわけて鑑賞しました。 あと、今台風が来てます{/hiyo_oro/} 凄い風{/fac ...
プライドと偏見 (狼日誌)
「プライドと偏見」 2005年 イギリス 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ロザムンド・パイク ドナルド・サザーランド 舞踏会で出会った、エリザベスとダーシー。 お互い相手のことが気になるものの、素直になれ ...
『プライドと偏見』のエリザベスの才気を象徴するキーラ・ナイトレイのアゴ (存在の耐えられない軽さ)
近頃、劇場では溝口健二、DVDでは小津安二郎や成瀬巳喜男と、古い日本映画ばかり観ていたが、雨がしとしと降る日曜日の午後ということもあって(?)久しぶりに外人だらけの映画でも観ることに。 『高慢と偏見』(ちくま文庫バージョン)は何ヶ月か前に読んだが ...
プライドと偏見 (見たり読んだり、聴いたりもして……)
お気に入り度 ★★★☆☆(最初の方は、ちょっとどうかなぁって思ってましたが、後半はなかなか盛り上がってよかったです{/kaeru_en2/}) ハーレクイン社がこの映画を支援してたので、きっと私好みのラブストーリーだわ!と思ってたので、いつか見よう~~と思っ ...
プライドと偏見 (夫婦でシネマ)
ジェーン・オースティン原作の小説が映画化されると聞いてとても楽しみにしてました。
『プライドと偏見』 (灯のBOOK&MOVIE FILE)
『プライドと偏見』(2006/9/23) 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド 製作:2005年/イギリス プライドと偏見 ジェーン・オースティンの名作『自負と偏見』の映画化作品。ちなみにこの『 ...
プライドと偏見 (::: SCREEN :::)
(2005/ジョー・ライト監督/キーラ・ナイトレイ=エリザベス、マシュー・マクファディン=ダーシー、ドナルド・サザーランド=ベネット、ブレンダ・ブレシン=ベネット夫人、ロザムンド・パイク=ジェーン、ジュディ・デンチ=キャサリン夫人、サイモン・ウ ...
これぞ王道恋愛映画! 『プライドと偏見』 (トミーのエンタメ日記)
キーラ・ナイトレイ主演作『プライドと偏見』を見ました。 プライドと偏見 販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン発売日:2006/11/30Amazon.co.jpで詳細を確認する 時は18世紀末、イギリスの片田舎を舞台にした恋愛映画で
ロスト・チルドレン/ガタカ/ナニー・マクフィー/80デイズ/アンダーワールド/プライドと偏見 (...... STAR WARS FAN !! ......)
最近観た映画をずらっとご紹介。うぉ~い、たまってしまった(汗 ロスト・チルドレン 評価がとても良かったので借りてみました。 途中放棄したのは初めて。どうしても最後まで観られなかった(TT) ファンタジックな世界と書かれてましたが、私にはどぎつ ...
プライドと偏見 (奥様的部屋)
世間の評価はとても高いプライドと偏見ん~・・・私はどうも入り込めなかった多分、キーラ・ナイトレイが苦手だからストーリー自体は恋愛者の王道ともいえるくらい、じれったく、切なく、温かく・・・と、とてもわかりやすいまた、映像が素晴らしくて、朝焼けの中 ...
永遠の定番・オースティンの世界~『プライドと偏見』 (真紅のthinkingdays)
 ジェーン・オースティン原作『高慢と偏見』の映画化。18世紀のイギリス中流家庭 を舞台に、5人の姉妹が繰り広げる、恋と結婚の顛末。製作は「作る映画に外れナシ」 ご存知ワーキング・タイトル。  ちなみに、私古典ド
プライドと偏見 (シェイクで乾杯!)
プライドと偏見2005年度・英・127分 Pride & Prejudice ■監督:ジョー・ライト ■出演:キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ブレンダ・ブレッシン/ドナルド・サザーランド/ジュディ・ディンチ ジョニー・デップと共演した二人の女優、キーラ・ナイ ...
プライドと偏見 (Ca me plait beaucoup)
 ご無沙汰していました。帰国早々咳に悩まされ(ほこりのアレルギーだと思います。半年放っておいた部屋が汚くて…{/namida/})、しばらく実家で大人しくしていました。今は東京に戻ってきています。   {/ichigo/}  さて。帰省中、TSUTAYAで「プライドと偏見」 ...
プライドと偏見 (☆A legendary Island☆(2007))
監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ドナルド・サザーランド ブレンダ・ブレッシン キーラ・ナイトレイ のファンならきっと満足する筈 さすが素敵で魅力的です。 原作を知ってる方はこれは仕方無いでしょう コ...
プライドと偏見 (きまぐれバロン)
プライドと偏見 キーラ・ナイトレイ のエリザベスです。この物語の主人公エリザベスは素敵な女性。愚かな母と妹を持っていても家族愛に溢れています。自分より地位の高い人が相手でも媚びたりしません。相手の内
weird bizzare gay sex (weird bizzare gay sex)
<a href="http://www.gb2003.de/guestbook.php?id=51723">weird bizzare gay sex</a>
free porn videos (free porn videos)
<a href="http://www.yabbers.com/phpbb/freemovies.html">free porn videos</a>
プライドと偏見 (to Heart)
原題 PRIDE & PREJUDICE 製作国・地域 イギリス 製作年度 2005年 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド/ブレンダ・ブレシン/ロザムンド・パイク/ジュディ・デンチ 「ブリジット・ジョーンズの日記」の基に...
映画評「プライドと偏見」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年フランス=イギリス映画 監督ジョー・ライト ネタバレあり
プライドと偏見 (amapola)
プライドと偏見監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ , マシュー・マクファディン , ブレンダ・ブレッシン , ドナルド・サザーランド収録時間:127分レンタル開始日:2006-06-23Storyイギリス女流文学の最高峰、ジェーン・オース...
<プライドと偏見>  (楽蜻庵別館)
2005年 イギリス 127分 原題 Pride & Prejudice 監督 ジョー・ライト 脚本 デボラ・モガー 撮影 ロマン・オーシン 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ  マシュー・マクファディン  ロザムンド・パイク    ドナルド・サザーランド...
プライドと偏見 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今日は、コチラを観て来ました。興行ランキングでは下位の方だったのでゆったり観れるかなぁと思っていたんだけど、小さな劇場だったからか満席で立ち見も出てるほど。客層的には、若いカップルよりもちょっと年齢層高め?な感じ。何でも65年ぶりの映画化なので、流石...
『プライドと偏見』 ('07初鑑賞131・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 11月10日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。