サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06161「プライドと偏見」★★★★★★★☆☆☆

2006年07月30日 | 座布団シネマ:は行

「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった、ジェーン・オースティンの小説「自負と偏見」を美しい田園風景を背景に映画化したラブストーリー。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』でブレイクしたキーラ・ナイトレイ。監督は本作が長編デビュー作ながら見事にこの名作を描ききったジョー・ライト。オール・イギリス・ロケで撮った由緒ある豪邸の数々も要チェック![もっと詳しく]

漱石も絶賛したオースティン文学は、食卓で観察し書かれたロマンスである。

 ジェーン・オースティンは、18世紀から19世紀にかけての、イギリス女流文学者として、偉大な存在である。イギリス近代小説の祖とも、リアリズム小説の先駆けともいわれる。
英国留学で英文学を研究した夏目漱石も、オースティンを絶賛している。
イギリスの田舎の中流階級の女性たちを、いきいきと描いたこの「プライドと偏見」も過去に数回映画化されている。
ベネット家の5姉妹の「結婚」をめぐる物語が皮肉と愛情をこめて、いきいきと描かれている。

 

当時の女性たちにとって、誰に嫁ぐのかというのが最大の関心事であり、嫁げない場合は、一生、父親か兄弟に面倒を見てもらうことになる。
ベネット家も使用人がいて、それなりの大きさの邸宅ではあるが、少しでもお金があり、家柄がいい家に嫁ぎたいというのが、娘たちの憧れであり、親の願望でもあった。
5姉妹とはいっても、話の中心は、聡明で気品のある長女ジェーン(
ロザムンド・バイク)と大富豪であるヒングリー、そして、勝気で行動的な次女エリザベス(キーラ・ナイトレイ)とヒングリーの友人で家柄もよいダーシーという二組の、恋の鞘当と成就がテーマになっている。

 

オースティン自身も、中流の家に生まれ、8人兄弟の7人目で、次女として生まれている。
3歳上の長女カサンドラとは、生涯を通じて、深い交流があった。
この作品の長女と次女の姉妹像に、自分とカサンドラを重ね合わせていると見ていいだろう。
この時代のある程度の家柄の男女の出会いは、舞踏会であった。
着飾った男女は、そこで、動物の求愛あるいは誇示の動作と同じくパフォーマンスを繰り返し、その後は、男性から「家」を通じて正式な交際を求めることになる。



この物語では、長女と次女の交際相手が、ベネット家より格式が上であることから、軋轢が生じ、「プライド」や「偏見」が過剰に反映せざるを得ない様子が、リアルにそしてある意味で滑稽に描かれている。
娘達を売り込もうと奮闘する母親(
ブレンダ・ブレシン)、女系家族の騒ぎに辟易して隠遁気味の父親(ドナルド・サザーランド)、家柄の不釣合いに不満を顕にするダーシーの係累キャサリン夫人(ジュディ・デンチ)らに、演劇界の重鎮を充て、リアリズムある演技を繰り広げている。

 

とはいえ、ヒロイン役を演じたキーラ・ナイトレイがすべてといってもいい。
キーラは、舞台俳優の父と劇作家の母のもとに生まれた。3歳で、エージェントを持っている両親に対し、自分にもエージェントが欲しいと言ってのけたらしい。
6歳で、勉強もしっかりやるようにという約束の下、演技の勉強を許され、7歳ですでにチョイ役を獲得している。早熟で、勝気で、目立ちたがり屋であったのだろう。
その後、99年「スターウォーズ/エピソード1」でアミダラ王女を演じた
ナタリー・ポートマンの影武者として(なるほど、よく似ている!)脚光を浴び、「ベッカムに恋して」で、ハリウッドにも注目され、ウィノナ・ライダーのような正統派美人として(ウィノナが盗癖で逮捕されたこともあるかもしれないが)、起用されることが多くなった。
パイレーツ・オブ・カリビアン」「キング・アーサー」「ドミノ」などなど。

 

「プライドと偏見」では、心理描写に若くして才を発揮したジェーン・オースティンという作家と、作品中におけるエリザベスという魅力のあるキャラクターと、幼い時から自分の進路を強く確信していたキーラ・ナイトレイという正統的な女優が、重なり合ってひとりの18世紀終盤の女性でありながら、きわめて現在に通じる感性をもった女性像を現出しているように思える。
ここで、提示された「ロマンス」に、近代以降の女性の心理の原型は、ほとんど出し尽くされているように思える。
ここから約200年、時代は経過しているが、そのときどきの時代背景や家族環境、女性を巡る自立の形態の変遷を加味すれば、「ハーレークインロマンス」の核にあるものはそれほど変わりなく保存されているかもしれない。
あとは、「通俗」の調味料をどれほど、まぶすかということだけかもしれない。

 実姉のカサンドラが描いたオースティン

ジェーン・オースティンは、書斎を持たず居間の机でそのへんの紙の切れ端に小説の断片をメモしていたらしい。
人が訪ねてくると隠し、「BY A LADY」という名義で発表していたため、村人は作家であることを知らないままであったという。
「romance of the tea-table」それが、オースティンの作品群につけられた愛称であった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (71)   トラックバック (80)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 06160「シン・... | トップ | mini review 06162「輪廻」... »
最近の画像もっと見る

71 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-07-30 23:10:29
こんばんは♪

何百年経とうと女性の心理などは変わりませんね~。

だからこそ逆に、その時代時代の背景や道徳や価値観などいろんな加味されているものがとても興味深いです。

ミチさん (kimion20002000)
2006-07-31 00:26:21
こんにちは。

映画というものは、それぞれの時代と背景をよく、伝えてくれますね。知ってるようで何も知らない、イギリスのこの時代のひとつの側面が、よく理解できました。

エリザベス (ひらりん)
2006-07-31 01:33:20
TBありがとうございます。



キーラ・ナイトレイは、「パイレーツ~」でも、たしかエリザベス役でしたね。

さすが、英国が舞台だと、役名もかぶるのでしょうか。
ひらりんさん (kimion20002000)
2006-07-31 01:57:13
こんにちは。

ああ、そうでしたか。

イギリスの古典的な名前なんでしょうね。

女王様もすぐ連想できますしね。
Unknown (ココ(ココのつぶやき))
2006-07-31 09:19:12
こんにちは。はじめまして。TBありがとうございました。

キーラ・ナイトレイ、活躍していますね。昔、スター・ウォーズの

ナタリーの影武者だったなんて、信じられませんね。

とってもいい映画でした。TBバックさせていただきます。
ココさん (kimion20002000)
2006-07-31 09:31:36
コメントありがとう。

キーラ・ナイトレイは油が乗っていますね。

この映画と、DOMINOは、正反対のつくりでしょうに、相次いで主演するとは、たいしたものです。
TBありがとうございます (roselavender)
2006-07-31 20:52:13
こんにちわ。はじめまして!

TBありがとうございます。

記事よまさせていただきました。

とても詳細にご紹介してあって、参考になりました。

キーラナイトレイがとても綺麗ですよねw

素晴らしいブログですね (sonetchi)
2006-07-31 21:07:44
TRACKBACK有難うございます。

「プライドと偏見」の研究レポートを読むかのようなブログでした。大変勉強&参考になります。

これからも素晴らしいページを増やして行ってください。



キーラのように、「旬の女優」は、残念ながら30代になると、どうしても出演作が減ってしまいがちです。旬のうちに沢山名作に出演してもらいたいと思っております。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-07-31 21:20:53
>roselavenderさん



はじめまして。これからも、気軽に、のぞいてください。



>sonetchiさん



やっぱ、旬の女優は、旬のうちですかね。

年をとって、内面の美しさが、出てくる女優さんもいますけどね。
TBありがとうございます (かっぱかえる)
2006-07-31 21:22:39
TBありがとうございます。

詳しい解説ですね。

この原作が好きでBBC版「高慢と偏見」も観賞しようと思ってます。

コメントを投稿

座布団シネマ:は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

80 トラックバック

プライドと偏見 (みるき~うぇい)
全国で公開中 2005年度作品/イギリス <原作> ジェーン・オースティン <監督> ジョー・ライト <出演> キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ドナルド・サザーランド ブレンダ・ブレシン ロザムンド・パイク <あらすじ> 18世紀末のイ ...
プライドと偏見/ PRIDE & PREJUDICE (我想一個人映画美的女人blog)
ジェーン・オースティン原作の古典「高慢と偏見」をTV界出身のジョー・ライト監督で映画化。 (「ブリジッドジョーンズの日記」のコリンファースで「高慢と偏見」というタイトルで'95年に一度映画化済) 原題、「プライドと偏見」のまま日本では来春第2弾で公開 ...
「プライドと偏見」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Pride & Prejudice」2005 UK 原作は“エマ”“いつか晴れた日に”のジェーン・オースティン。主演のエリザベスにキーラ・ナイトレイ、Mr.ダーシーにマシュー・マクファデン。キーラは「ラヴ・アクチュアリー/2003」や「キング・アーサー/2004」etc.でお目に ...
バカ一家の結婚戦略 「プライドと偏見」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_love/} プライドと偏見 恋愛においては、プライドと偏見がしばしば邪魔になるっていうお話。 これは私にも心当たりがないでもないで、昔はプライド高く、「好き」とかいう言葉を口にしないで武士のようにしているのがカッコいいと思っていた ...
『プライドと偏見』 (ラムの大通り)
----これってワーキングタイトル作品なんだね。 あの『ブリジット・ジョーンズの日記』を手がけた……。 「うん。そもそも『ブリジット・ジョーンズの日記』が この原作『高慢と偏見』を現代版に仕立てたものだからね。 でもこれを観ているとき、ぼくの頭に浮かん ...
プライドと偏見 (悠雅的生活)
I like him. I love him.
映画「プライドと偏見」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「プライドと偏見」★★★★ 原作である「自負と偏見」(オースティン著)が大好き。 18世紀末のイギリスの上流階級では女性に財産相続権が無かったということを、まず頭に入れておかねばならない。だから、その時代、女性にとって“結婚”は人生のすべ ...
プライドと偏見  (花ごよみ)
      原作はイギリスの代表的な女流作家、     ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」。     『ブリジット・ジョーンズの日記』のモデルだそうです。    テレビドラマでも(高慢と偏見)になっています。    高慢とプライドでは少し意 ...
プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン主演 ジェーン・オースティン原作の映画化 18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーに ベネット家があります その時代は階級による支配関係がまだはっきりしていました ベネット ...
プライドと偏見 (HIROMIC WORLD)
本日の3本目は「プライドと偏見」 18世紀終盤のイギリス、両親と娘5人が暮らす田
プライドと偏見/キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド (カノンな日々)
原作はイギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」。あの「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった作品でもあるそうです。劇場予告編の印象がヨカッタのとキーラ・ナイトレイが好きだったので、「THE有頂天ホテル」と続けて観てきたの ...
「プライドと偏見」 (試写会帰りに)
読売ホールにて「プライドと偏見」“PRIDE&PREJUDICE”試写会。 「ドミノ」に続くキーラ・ナイトレイ主演作。共演にマシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ジュディ・デンチ。「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」のワーキ ...
★「プライドと偏見」 (ひらりん的映画ブログ)
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。
プライドと偏見 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ネタバレありです。 イギリスの有名な小説家、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化した作品です。(この小説と映画の邦題の違いは、「pride」を「高慢」と訳したか、そのまま「プライド」としたかの違いです。小説の題名と映画の原 ...
プライドと偏見/試写会 (如意宝珠)
プライドと偏見(原題PRIDE & PREJUDICE) http://www.pride-h.jp/ 2005年製作 米 監督:ジョー・ライト 出演者:キーラ・ナイトレイ   マシュー・マクファディン ロザムンド・パイク 公開は  1/14(土)~ ********************************************* ...
プライドと偏見 (ユウヒイサナの順風満帆ブログ)
プライドと偏見試写会に行ってきました。 友達Tちゃんに誘われて行って来ました。 最近よく遊んでいます。 来週も「THE有頂天ホテル」の試写会に一緒に行きます。 場所はヤクルトホールでした。 18世紀末のイギリスが舞台。 古城と広大な風景は見物です! プ ...
「プライドと偏見」 (「境界に生きた心子」)
 英国の女流作家ジェーン=オースティンの小説、「高慢と偏見」の映画化作品。  18世紀末、イギリス田舎町の上流社会における、男女の出会いと恋物語を格調高く描いた話です。  何といっても主役のキーラ=ナイトレイが魅力的でした。  エレガントで華 ...
プライドと偏見 (小部屋日記)
Pride and Prejudice (2005/イギリス) 原作はイギリスの作家ジェーン・オースティンの名作「自負と偏見」。 18世紀のイギリスの男女の恋愛が基本です。 当時は結婚が全てだった女性たち。 古くさいと思っていたけど、現代にも通じるものがある。 主人公を演じ ...
プライドと偏見 (ココのつぶやき)
原作:ジェーン・オースティン     監督:ジョー・ライト      出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、  ドナルド・サザーランド、   ブレンダ・ブレッシン、 ジュディ・デンチ etc.2005年 イギリス 「I love you from the botto ...
プライドと偏見 (迷宮映画館)
18世紀末から、19世紀にかけて活躍したイギリスの女流作家ジェーン・オースティンの最高傑作と言われる『高慢と偏見』。「プライドと偏見」という邦題になり、『プライド』という言葉が、すっかり日本語となって、理解の助けになっている。当時の女性の生き方 ...
プライドと偏見 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「プライドと偏見」の感想です
「プライドと偏見」 (てんびんthe LIFE)
「プライドと偏見」 新宿明治安田生命ホールで鑑賞 元気のいい、キーラ・ナイトレイを見たばかりなので、中世の令嬢役はまたいつもの楚々としたキーラなのかと思えば、田舎のお嬢チャンであって、自分の意見がしっかりとしている芯のあるお嬢さん役でした。原 ...
プライドと偏見 (Akira's VOICE)
普通にハッピーなラストを迎える文芸ラブストーリー。
プライドと偏見 (【極私的】Movie Review)
原題…PRIDE & PREJUDICE 監督…ジョー・ライト 出演…キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド 極私的満足度…○ さすがは、ワーキングタイトル ひと足お先に、試写会で見てきました。 もはや古典の域に達するであろう、ジ ...
プライドと偏見 DVD (噂の情報屋)
「ブリジット・ジョーンズの日記」の元ネタともいわれている ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化したラブストーリー。 主演は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」の キーラ・ナイトレイが意志の強い知的な次女エリザベス役を好 ...
TV版の勝ち!「プライドと偏見」 (SOHOガールの一畳事務所生活)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン プライドと偏見 とうとう見てしまいました。キーラ・ナイトレイ主演版『プライドと偏見』。以前にこのブログでも書いた イギリスの古典小説「高慢と偏見(Pride and Prejudice」が原作の映画です。 とにかく一言 ...
プライドと偏見 (レンタルだけど映画好き )
2005年 イギリス 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド/ブレンダ・ブレシン/ロザムンド・パイク/ジュディ・デンチ/サイモン・ウッズ/トム・ホランダー/ルパート・フレンド/クローディー・ブレイク ...
プライドと偏見(試写会) (まったりでいこう~)
観たかったけれどどうしようかなと思っていたら、試写会の案内を人様からいただきました。嬉しい~。ということで行ってきましたです。 最初から最後までわりと静かにストーリーが流れていくので途中で退屈になり眠くなるのではないかと思ったのですがそんなことは ...
PRIDE & PREJUDICE/プライドと偏見 (DVD,ビデオ鑑賞 記録)
監督 Joe Wright  出演 Keira Knightley, Matthew MacFadyen, Donald Sutherland, Judi DenchJane Austen (1775-1817) 原作参照: Sense and Sensibility (いつか晴れた日に)1995年、Emma (エマ)1996年、の映画の原作者でもある。「ブリジ ...
『プライドと偏見』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン
プライドと偏見 |ジェーン・オースティン (DVDを観よう!)
プライドと偏見出演:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン発売日 2006-06-23
プライドと偏見(05・英) (no movie no life)
時は18世紀、イギリス上流社会。愛しているのに愛していると素直に言うにはpride(プライド)と prejudice(偏見)が障害となる。 ベネット家の5人姉妹の次女、エリザベスは読書と散歩を好む、いわば結婚適齢期にある女性(キーラ・ナイトレイ)。あるとき、ベネ ...
プライドと偏見 (<花>の本と映画の感想)
プライドと偏見 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン  ドナルド・サザーランド  ブレンダ・ブレシン  ロザムンド・パイク 2005年 イギリス 18世紀末、5人姉妹のいるベネット家の近所の豪邸に大金持ちで ...
【プライドと偏見】 (ココアのお部屋)
キーラ・ナイトレイ、 マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、 ブレンダ・ブレッシン出演のラブストーリー。 公開日:1月14日 ☆ストーリー☆ 18世紀もまもなく終わる頃。 イギリスの田舎町に住むベネット家には5人の娘がいた。 女には ...
プライドと偏見 (ルナのシネマ缶)
原作は、18世紀の有名な女流作家 ジェイン・オースティンの 「高慢と偏見」で、 英国でドラマ化され、 NHKで放送されたのは かなり有名みたいですが、 残念ながら、そちらはまだ未見なので、 ちょっと楽しみにしていました。 女性に父親の財産相続権がな ...
プライドと偏見 (雑食)
プライドと偏見を観てきました~ ニュージーランドで一回観てたんだけど (前にも書いた) 今回は日本語字幕付で初! くるるの「プレミアスクリーン」とやらも初体験。 リクライニングシートが快適。 隣との間隔も広く、前後の段差も大きく、ほんと素敵 ...
「プライドと偏見」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「プライドと偏見」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主な出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレシン、ロザムンド・パイク、ジュディ・デンチ、サイモン・ウッズ、ルパート・ ...
『プライドと偏見』 (映像と音は言葉にできないけれど)
こりゃ面白い話ですねぇ。19世紀初頭に女流文学作家ジェイン・オースティンにより書かれた名作の映画化です。この物語は、昔グリア・ガーソンとローレンス・オリビエ主演で映画化されていますが(『高慢と偏見』今、ワンコインDVDで買えます)、それ以外にも ...
プライドと偏見☆独り言 (黒猫のうたた寝)
5人姉妹かぁ・・・若草物語思い出した(笑) 設定も似てるしねー 今日の映画は『プライドと偏見』です♪ 内気で上品で美人の長女ジェーン 読書家でしっかりものの次女エリザベス ピアノが大好きなちょっと神経質そうな妹と 華やかなことや男の子に興味津 ...
プライドと偏見 (こんな映画見ました~)
『プライドと偏見』 ---Pride & Prejudice--- 2005年(アメリカ) 監督:ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド 、ブレンダ・ブレッシン ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』を映画化した作品 ...
「プライドと偏見」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
プライドと偏見ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 18世紀末のイギリス。田舎町に暮らすベネット家の5人の子どもは いずれも女ばかり。女性に相続権がないこの時代、父親が死んだら 家も土地も遠縁の男子が継ぎ、娘たちは路頭に迷って ...
映画:プライドと偏見 (駒吉の日記)
プライドと偏見(DVD)・・・DMC繋がりで 「彼と私はとてもよく似ているわ」 原作は文芸作品らしい(未読)ですが映画ではややラブコメっぽかったです。 普遍的なテーマにまあ正直ありがちなラブストーリーかな、と。どうも時代背景やその世界観がピンと ...
プライドと偏見 (mojabieda Blog)
 なにげなくQuickTimeで(というよりiTunesで)映画のトレーラーを観ていたら、名前も知らない女優にぐうぜん眼がとまった。昔のオードリーと日本のハセキョーを足して2で割ったような美しさ(なんだそりゃあ~)。しかも絵(風景や自然や時代背景の映像)がすば ...
タイトルの意味が汲み取れない◆『プライドと偏見』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月14日(土)TOHOシネマズ木曽川にて 18世紀末のイギリスの田舎町。娘ばかり5人のべネット家の隣りに、大金持ちの貴公子ビングリー(サイモン・ウッズ)が引っ越してくる。ベネット家の母親(ブレンダ・ブレッシン)は娘たちを資産家と結婚させようと躍起になり、 ...
プライドと偏見 (★Mooooovie★)
ストーリー フランス革命の余波がイギリスにも押し寄せていた18世紀末。 イギリスの田舎町に住むベネット家には5人の娘がいたが、女には相続権がないため、母親は娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていた。 そんなとき、ベネット家の隣に、大金持ちの ...
独断的映画感想文:プライドと偏見 (なんか飲みたい)
日記:2006年7月某日 映画「プライドと偏見」を見る. 2005年.監督:ジョ
プライドと偏見@想定の範囲内!王道の恋愛映画 (りおんたいむ)
昨日のプチ台風並みな雨&風はすごかった! さて。 今日、観てきた映画はコレ↓ プライドと偏見 予告編で観ていたときから、 「きっとこの主人公はこうなるんだろうな・・・」 と想定した通りに話が展開する、 ある意味では安心して見られる映画でした。 随所 ...
「プライドと偏見」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「プライドと偏見」  公式サイト   劇場鑑賞  ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★☆☆ 2006年1月14日公開 5人姉妹の末娘と結婚した詐欺師的将校 ミスター・ウィッカム。 彼がどうしてもオーランド・ブルームに見えてしまった。 ...
★「プライドと偏見」、恋愛志向娘と仏頂面男★ (★☆カゴメのシネマ洞☆★)
「プライドと偏見」(2005) 英 PRIDE & PREJUDICE 監督:ジョー・ライト   製作:ティム・ビーヴァン エリック・フェルナー   ポール・ウェブスター   製作総指揮:ライザ・チェイシン  デブラ・ヘイワード &nbsp ...
映画館「プライドと偏見」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少な ...
『プライドと偏見』(2005) (NiceOne!!)
今日は、貴重な水曜日!予定がキャンセルになってしまったので、急遽、映画に!!この映画は、年齢層高いと見ましたので、あらかじめネット予約です。いつもの、指定席(?)を選びました。ここなら、おしゃべりしている人少ないからね~~*********** ...
プライドと偏見 (ZeroCinema)
 完全なラブ・ストーリーと小耳にはさみ、苦手な映画かもしれないと不安を抱いた。苦手といえば苦手な、逃げ場のない恋愛映画だったが、全編を通して奏でる音楽、壮大なイギリスの風景、豪華な屋敷が良く、そして、ダーシーが好みのストライクゾーンど真ん中だっ ...
一時代的な恋愛観としてのラブコメなら『プライドと偏見』 (映画はトモダチ)
これはすごいですね。 よくもまあ、今の時代にこれをもってきたなと、そんな印象でした。 【作品紹介】 『プライドと偏見』 監督 : ジョー・ライト 出演 : キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン ス ...
プライドと偏見 (Movie_Room_Poster!!)
 今日は「プライドと偏見(原題:Pride and Prejudice)」です。 ストーリー:  18世紀末、イギリスでは女性には相続権が無く、女性にとって「結婚」が全てだった時代。そんな時代であったため、イギリスの田舎町に住むベネット家で母親は5人の娘たちの行く ...
プライドと偏見 (映画を観たよ)
BBCのドラマと原作が気になる。 とりあえず本は図書館へ。でもドラマはツタヤには無いだろうなぁ・・・ 古典文学が基ということで難しそうという変な先入観がありました。 最初はちょっぴり退屈でどうなるかとも思いましたが気づけばずいぶん楽しく見ていました。 ...
プライドと偏見(2005/イギリス) (虫干し映画MEMO)
PRIDE & PREJUDICE 監督: ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ   エリザベス・ベネット     マシュー・マクファディン    Mr.ダーシー     ドナルド・サザーランド    Mr.ベネット     ブレンダ・ブレシン    ...
プライドと偏見 (PRIDE & PREJUDICE) (福の神 映画のすすめ)
鑑賞日:2006/9/10 原作は、「高慢と偏見」という事で、読んだ事は無いんだけど、「ユー・ガット・メール」で、メグ・ライアン演じる女性が、好きだった本ですよね。小道具で、うまい事使われていたので、本のタイトルだけは、覚えていました。 映画中で(ユー ...
プライドと偏見…レンタルで鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先週はヒマだろうと踏んでいた私。 …甘かったです。メッチャ忙しかったよ~{/face_naki/} レンタルビデオもろくに観る時間が無くて、最後の1本(できれば後日記事に)なんか、3日ぐらいにわけて鑑賞しました。 あと、今台風が来てます{/hiyo_oro/} 凄い風{/fac ...
プライドと偏見 (狼日誌)
「プライドと偏見」 2005年 イギリス 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ロザムンド・パイク ドナルド・サザーランド 舞踏会で出会った、エリザベスとダーシー。 お互い相手のことが気になるものの、素直になれ ...
『プライドと偏見』のエリザベスの才気を象徴するキーラ・ナイトレイのアゴ (存在の耐えられない軽さ)
近頃、劇場では溝口健二、DVDでは小津安二郎や成瀬巳喜男と、古い日本映画ばかり観ていたが、雨がしとしと降る日曜日の午後ということもあって(?)久しぶりに外人だらけの映画でも観ることに。 『高慢と偏見』(ちくま文庫バージョン)は何ヶ月か前に読んだが ...
プライドと偏見 (見たり読んだり、聴いたりもして……)
お気に入り度 ★★★☆☆(最初の方は、ちょっとどうかなぁって思ってましたが、後半はなかなか盛り上がってよかったです{/kaeru_en2/}) ハーレクイン社がこの映画を支援してたので、きっと私好みのラブストーリーだわ!と思ってたので、いつか見よう~~と思っ ...
プライドと偏見 (夫婦でシネマ)
ジェーン・オースティン原作の小説が映画化されると聞いてとても楽しみにしてました。
『プライドと偏見』 (灯のBOOK&MOVIE FILE)
『プライドと偏見』(2006/9/23) 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド 製作:2005年/イギリス プライドと偏見 ジェーン・オースティンの名作『自負と偏見』の映画化作品。ちなみにこの『 ...
プライドと偏見 (::: SCREEN :::)
(2005/ジョー・ライト監督/キーラ・ナイトレイ=エリザベス、マシュー・マクファディン=ダーシー、ドナルド・サザーランド=ベネット、ブレンダ・ブレシン=ベネット夫人、ロザムンド・パイク=ジェーン、ジュディ・デンチ=キャサリン夫人、サイモン・ウ ...
これぞ王道恋愛映画! 『プライドと偏見』 (トミーのエンタメ日記)
キーラ・ナイトレイ主演作『プライドと偏見』を見ました。 プライドと偏見 販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン発売日:2006/11/30Amazon.co.jpで詳細を確認する 時は18世紀末、イギリスの片田舎を舞台にした恋愛映画で
ロスト・チルドレン/ガタカ/ナニー・マクフィー/80デイズ/アンダーワールド/プライドと偏見 (...... STAR WARS FAN !! ......)
最近観た映画をずらっとご紹介。うぉ~い、たまってしまった(汗 ロスト・チルドレン 評価がとても良かったので借りてみました。 途中放棄したのは初めて。どうしても最後まで観られなかった(TT) ファンタジックな世界と書かれてましたが、私にはどぎつ ...
プライドと偏見 (奥様的部屋)
世間の評価はとても高いプライドと偏見ん~・・・私はどうも入り込めなかった多分、キーラ・ナイトレイが苦手だからストーリー自体は恋愛者の王道ともいえるくらい、じれったく、切なく、温かく・・・と、とてもわかりやすいまた、映像が素晴らしくて、朝焼けの中 ...
永遠の定番・オースティンの世界~『プライドと偏見』 (真紅のthinkingdays)
 ジェーン・オースティン原作『高慢と偏見』の映画化。18世紀のイギリス中流家庭 を舞台に、5人の姉妹が繰り広げる、恋と結婚の顛末。製作は「作る映画に外れナシ」 ご存知ワーキング・タイトル。  ちなみに、私古典ド
プライドと偏見 (シェイクで乾杯!)
プライドと偏見2005年度・英・127分 Pride & Prejudice ■監督:ジョー・ライト ■出演:キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ブレンダ・ブレッシン/ドナルド・サザーランド/ジュディ・ディンチ ジョニー・デップと共演した二人の女優、キーラ・ナイ ...
プライドと偏見 (Ca me plait beaucoup)
 ご無沙汰していました。帰国早々咳に悩まされ(ほこりのアレルギーだと思います。半年放っておいた部屋が汚くて…{/namida/})、しばらく実家で大人しくしていました。今は東京に戻ってきています。   {/ichigo/}  さて。帰省中、TSUTAYAで「プライドと偏見」 ...
プライドと偏見 (☆A legendary Island☆(2007))
監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ドナルド・サザーランド ブレンダ・ブレッシン キーラ・ナイトレイ のファンならきっと満足する筈 さすが素敵で魅力的です。 原作を知ってる方はこれは仕方無いでしょう コ...
プライドと偏見 (きまぐれバロン)
プライドと偏見 キーラ・ナイトレイ のエリザベスです。この物語の主人公エリザベスは素敵な女性。愚かな母と妹を持っていても家族愛に溢れています。自分より地位の高い人が相手でも媚びたりしません。相手の内
weird bizzare gay sex (weird bizzare gay sex)
<a href="http://www.gb2003.de/guestbook.php?id=51723">weird bizzare gay sex</a>
free porn videos (free porn videos)
<a href="http://www.yabbers.com/phpbb/freemovies.html">free porn videos</a>
プライドと偏見 (to Heart)
原題 PRIDE & PREJUDICE 製作国・地域 イギリス 製作年度 2005年 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド/ブレンダ・ブレシン/ロザムンド・パイク/ジュディ・デンチ 「ブリジット・ジョーンズの日記」の基に...
映画評「プライドと偏見」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年フランス=イギリス映画 監督ジョー・ライト ネタバレあり
プライドと偏見 (amapola)
プライドと偏見監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ , マシュー・マクファディン , ブレンダ・ブレッシン , ドナルド・サザーランド収録時間:127分レンタル開始日:2006-06-23Storyイギリス女流文学の最高峰、ジェーン・オース...
<プライドと偏見>  (楽蜻庵別館)
2005年 イギリス 127分 原題 Pride & Prejudice 監督 ジョー・ライト 脚本 デボラ・モガー 撮影 ロマン・オーシン 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ  マシュー・マクファディン  ロザムンド・パイク    ドナルド・サザーランド...
プライドと偏見 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今日は、コチラを観て来ました。興行ランキングでは下位の方だったのでゆったり観れるかなぁと思っていたんだけど、小さな劇場だったからか満席で立ち見も出てるほど。客層的には、若いカップルよりもちょっと年齢層高め?な感じ。何でも65年ぶりの映画化なので、流石...
『プライドと偏見』 ('07初鑑賞131・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 11月10日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。