サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 11526「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」★★★★★★☆☆☆☆

2011年05月20日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行

人気漫画家・西原理恵子の元夫で戦場カメラマンの鴨志田穣が、自身のアルコール依存症の経験をつづった自伝的小説を映画化した人間ドラマ。重度のアルコール依存症になった男と、彼を支え続けた家族たちの日々を、『わたしのグランパ』の東陽一監督が丁寧に描き出す。身勝手だが憎めない主人公を浅野忠信、その妻には『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の永作博美がふんする。どん底の状況で主人公が自分と向き合い、家族という心の居場所を見いだしていく姿が胸を打つ。[もっと詳しく]

実在の、一組のいいカップルの、ひとつのいい見守り方が、丁寧に描かれている。

もちろん、薬物依存症に苦しむ主人公塚原安行(浅野忠信)は、戦場カメラマンであった鴨志田穣であり、ふたりの子供を抱えながら彼を見守るイラストレーターの園田由紀(永作博美)は、西原理恵子である。
西原と鴨志田の共著は、『アジアパー伝』シリーズで見ることが出来るし、『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』は、鴨志田穣の3ヶ月に渡る入院生活や、3年にわたる精神病院での「酒断ち」の記録を自ら綴った彼の著作を原作としているが、西原理恵子側で言えば、人気の『毎日かあさん』に登場する「アブナイお父さん」の「鴨ちゃん」が鴨志田穣その人である。



鴨志田穣が西原と出会ったのは、96年に西原とタイ取材をしていた勝谷誠の紹介による。
西原理恵子の作品は、抒情的な作品と無頼派的な作品系統に分かれるが、ギャンブル無頼に嵌っていた西原に、「ギャンブルよりもアジアの方が興奮するよ」と口説いたのが鴨志田であった。
鴨志田の「アルコール中毒」のためにこの二人は籍を抜いたりしたが、最後まで西原は鴨志田を看取り、鴨志田はこの原作を残した翌年に42歳で夭逝している。



鴨志田穣は北海道に生まれたが、大学進学を断念し、焼き鳥屋で働きながら戦場カメラマンの仕事に入り込んだ。
戦地を回る中で、クメールルージュの捕虜となり、新聞種になったこともあった。
生と死の狭間のストレスからか、一時期仏門に帰依したりもしている。
鴨志田の師匠は橋田信介。
僕たちにとっては、戦場ジャーナリストの第一人者のように思っていた人であったが、04年イラク戦争の真っ只中で、甥ごさんと一緒にバグダット付近で拉致され殺害され、残念なことに63歳の生涯を終えたのはまだ記憶に新しい。
鴨志田穣は師匠の死により、さらにアルコール依存症の深みに嵌ってしまったようだ。



アルコール依存症は、以前は「アル中」などと蔑視され、自業自得の「同情されない」性向としてほとんどほって置かれたようなところがある。
現在では「薬物依存症」の一症例として、精神疾患に位置づけられている。
わが国では飲酒常連者が6000万人ほどいるが、230万人つまり26人に一人のアルコール依存症患者がいるとも、予備軍まで含めれば450万人いるとも言われている。
僕にも何人かのアルコール依存症の知人がいた。
そのうちの一人であるK・Tはゲーム業界の初期の功労者であるが、どういうわけかアルコール依存症になり、僕の会社や友人の会社や自宅にあるお酒を目ざとく見つけ出して一日中アルコールの匂いをさせ、何度も倒れて病院に運び込まれ、ついには帰らぬ人となった。



この映画では、まことに浅野忠信が、<アルコール依存症>の特徴をよく捕まえた演技をしている。
つまりは、朝から強迫的な飲酒行動を続ける。
連続した飲酒行動から発作が生起する。
妄想に脅かされ、痙攣的な発作が群発する。
本人はアルコール依存症であることを否認したがっているが、ついつい「目先の快感」に負けてしまう。
そして周囲の「イネーブラー」と呼ばれる尻拭い家族は、暴力に耐えるしかない。
自分で自分がコントローツできない状態そのものが「薬物依存症」の特徴である。
知人のK・Tも発作が起きない時は、優しくて内省的ないい男だった。
浅野忠信演じる「鴨ちゃん」を見ながら、僕はK・Tをふと想い出して、思わず目頭が熱くなってしまった。



西原理恵子の作品の映画化が相次いでいる。
『女の子ものがたり』の深津絵里や、『パーマネント野ばら』の菅野美穂や、『いけちゃんとぼく』のともさかりえや声で出演した蒼井優や、『ぼくんち』の観月ありさや、『毎日かあさん』の小泉今日子や・・・想い出してみれば、どの作品の女優にも、西原理恵子の分身のような影がある。
あるいは子役で登場する少女たちの抒情は、西原理恵子の少女時代のこころのゆれを反映している。
しかしそのなかでも『酔いがさめたら、うちに帰ろう』は、まるで私小説的な「素」の西原理恵子が、永作博美を通してそこに存在している。
お決まりのように、その他の「おばさん」で本物の西原もカメオ出演をしているわけだが、今回はその作風の抒情や無頼ということよりも、もっともっと「素」の西原理恵子がせり出している。
それは「さいごに、ちゃんと帰ってきました。いい男でした」という鴨志田との壮絶なといっても静かなといってもいいのだが、ふたりの対幻想を脚本・監督の東陽一が丁寧に掬い取ったからなのだと思う。



鴨志田穣の「遺稿集」には、次のような絶筆がある。
「僕はささやきながら彼女の手を強く握りしめた。それから二人はずっと手を離すことがなかった」。
やっぱりこの二人は、いいカップルだったのだ。






コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 浮遊惑星(宇宙はまだまだ謎... | トップ | 泥の河/安藤庄平(映画撮影監... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ときどき父さん (sakurai)
2011-05-22 20:55:10
でしたねえ。
期せずして、「毎日かあさん」と同じような時期になってしまい、つい比較してしまいますが、こっちの方に軍配を上げたいと思います。
やっぱ役者の違いでしたかね。
やはり病院の中の様子に興味があって、その辺が丁寧に描かれていたのが、満足の要因でした。
sakuraiさん (kimion20002000)
2011-05-23 13:56:27
おひさしぶりです。
鴨ちゃん、善人そうな顔してるもんね。
ああいう病院空間は、不思議なものですねぇ。
今年最後の (オカピー)
2011-12-31 19:36:58
コメントです。

元来余り酒を飲まない方でしたが、膵炎の為に医師から完全にアルコールは避けるように言われてから一滴も飲んでおりません。
僕の場合は、カフェインが入っているものも少ししか飲めないので、麦茶かジュースくらいしか飲めないのですけどね。

来年は本当に静かな年になると良いと思います。
喪中につき、公式の年末年始の挨拶はごご遠慮させて戴きますが、来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。
オカピーさん (kimion20002000)
2012-01-01 00:16:27
こんにちは。
いま、年が明けたところです。
久しぶりに、息子とだらだらしています。
本年もよろしく。

コメントを投稿

座布団シネマ:や・ら・わ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」 (元・副会長のCinema Days)
 悲惨な話なのに、透徹した明るさとユーモアで満ちているのは、作者の底抜けにポジティヴな姿勢ゆえだろう。つまり、どんなに辛くても心の拠り所さえあれば、運命を受け入れられるという、作者の一種の“理想”を描いている。もちろん、こういうテーマは作り手の力量が...
酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (映画的・絵画的・音楽的)
 ことさら「海老蔵事件」があったからというわけではなく、好きな俳優の浅野忠信が出演しているというので、『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』を見に、テアトル新宿に行ってきました。 (1)浅野忠信については、『乱暴と待機』でその健在ぶりを目の当たりにしたばかり....
酔いがさめたら、うちに帰ろう。/浅野忠信、永作博美 (カノンな日々)
西原理恵子さんの原作が次々と映画化されるので混同しそうになりますが、こちらは西原さんの夫で戦場カメラマンの鴨志田穣さんが自身のアルコール依存症の経験を綴った自伝的小説 ...
酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。鴨志田穣原作、東陽一監督、浅野忠信、永作博美、市川実日子、利重剛、藤岡洋介、森くれあ、高田聖子、柊瑠美、甲本雅裕、渡辺真起子、堀部圭亮、西尾まり、大久保鷹 ...
誇り高く生きよう~『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』 (真紅のthinkingdays)
 元戦場カメラマンの塚原(浅野忠信)は、アルコール依存症が原因で漫画家の 妻(永作博美)と離婚。二人の子どもたちとも別れ、実家の母(香山美子)の元で 生活していた。どうしても酒が断てない彼は、...
酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (とりあえず、コメントです)
鴨志田穣著の自伝的な同名小説を映画化した作品です。 浅野忠信さんと永作博美さんの写った写真を見て、どんな作品になっているのだろうなあと期待していました。 アルコール依存症から立ち直ろうとする主人公と彼を取り巻く家族たちの姿に深く考えさせられました。
酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (迷宮映画館)
アルコール依存症入院体験記として見ると、非常に興味深い。
酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
報道カメラマンとして活躍した鴨志田穣の同名自伝的小説を映画化した作品。原作は未読です。 戦場カメラマンの安行は、人気漫画家である由紀と結婚し、2人の子どもをもうけます。けれど、アルコール依存症が酷くなり、由紀に暴力を振るうようになり、それが原因で離婚...
酔いがさめたらうちに帰ろう。(2010) (銅版画制作の日々)
やっとみつけた、どん底での希望。それは“心の居場所”に帰ること。 京都シネマにて鑑賞しました。 大好きな浅野忠信さんと永作博美さんが初共演。人気漫画家西原理恵子の元夫である鴨志田穣の自伝小説の映画化です。残念なことに、鴨志田さんは、...
『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』をテアトル新宿で観て、これは好きだな男ふじき☆☆☆☆ #yoisame (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆いい役者さんがいっぱい出てる映画が好き】       はっきり言って、もともとかなり期待していなかったのである。 それは監督、東陽一の東ヨーイチ名 ...
酔いがさめたら、うちに帰ろう。  監督/東 陽一 (西京極 紫の館)
【出演】  浅野忠信  永作博美 【ストーリー】 戦場カメラマンとして世界中を駆け回ってきた塚原安行は、人気漫画家の園田由紀と結婚し子どもにも恵まれるが、彼のアルコール依存症が原因で離婚。やがてアルコール病棟へ入院した安行は、そこで出会った人々との触れ合...
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」 (俺の明日はどっちだ)
・ 戦場カメラマンとして世界各国を巡って活躍したのち、アルコール依存症となり次第に症状が悪化し、意を決して過酷な治療に耐えるものの、がんで他界した主人公と、そんな彼を取り囲む家族の姿を描いた作品。 とにかく良い映画でした。 劇中、利重剛扮する医師から「唯...
映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう」 (しづのをだまき)
2010年 日本 118分 
『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』 毎日かあさん、時々とうさん (映画のブログ)
 自分が、恋人が、肉親が、難病に侵されて余命いくばくもないことが判ってしまったら、あなたはどうする?  そんなテーマの作品が毎年続々と作られている。園子温監督が余命モノと名付けたこのジャンルは...
映画 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」 (ようこそMr.G)
映画 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」
映画 「十三人の刺客」 (ようこそMr.G)
映画 「十三人の刺客」
酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
酔いがさめたら、うちに帰ろう。'10:日本◆監督:東陽一「風音」◆出演:浅野忠信、永作博美、市川実日子、利重剛、藤岡洋介◆STORY◆今度こそやめると誓いながら、今日も深酒を重ねる ...
酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
やっとみつけた、どん底での希望。 それは“心の居場所”に帰ること。 アルコール依存症をのり越えた戦場カメラマン鴨志田穣と別れた妻・西原恵理子。家族の絆がつむぎだす”大きな愛の物語”
映画評「酔いがさめたら、うちに帰ろう」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・東陽一 ネタバレあり