いしかり手打ちそば同好会

北海道石狩市にて、そばを通じで食文化の普及、そばの効用等の啓蒙、手打ちそば技術、そば料理の研鑽等をしているグループ

例会 10月25日

2020-10-25 18:24:47 | 例会

 

聖地~紅葉   一息してじっくり眺めていました~時は動く・・・                受付・・・今日は結構密でしたね~

 

  

パスタも好きなんだと顧問~            オレは元気だぜ~そばは好きだ        手は上げなくていいよ~

  

会長~切板修理してきたよ~              今までの傷ついた切板の上に板を一枚重ねて研磨し素晴らしい出来でした

  

楽しき蕎麦人生~今は3密に注意して            やはり楽しいひと時~       今の木村さんの心境ですかね・・・

  

久々の登場ですかね~                   日増すごとに上達してますよね~     またまた新兵器ですか~?

  

無理しないで・・・楽しんでください            木村さんです               冨田さん賄い打ちの応援ですね

  

お元気でしたか~内山さんです               今日はそば粉が残った~       こんな感じです

     

賄い班長福さん登場です                    時間があれば~口も手も出す熱心さ~

 

賄い始めるよ~メンバーは他の班員じゃないの?      あたたかいキノコベースの納豆そば~完成

コロナ恐いけど・・・注意しながらやろうよ~ 川村さんがいないと寂しいね~

 

コメント

「紅葉山町内会」お土産そば

2020-10-25 17:31:17 | イベント情報

毎年恒例の「紅葉山町内会そば祭り」もコロナ禍の為中止になりました。

それでも、そばだ~い好きな町内会の皆様はお土産そばを注文してくださいました。

ご注文数は、ワンパック150g×2を63パック お届け時間はAM11:00

 

早朝AM7:00に集合~ひとも車も見かけない~ 車は小椋さんcar              先ずは朝礼ダ~

  

賄いのベテラン登場・・・                オレ~弟子入りします(オッス)     先ずは室内の風通しを確保~

  

練り機の前で~おれ弟子入りしたさぁ~           打ち手選抜4人衆居上さん         空腹な塚越さん

  

小椋さん                         そして志摩さんで~す             ごぼう?ごぼう天・・・?

  

揚げ始めました~                  打ち手補助の松永さん~包み           打ち手補助の佐々木さん~洗い

  

完成で~す  中々良いですね            よ~しゃ 賄い食べるよ~         ごぼう天そばの完成で~す          

 

そばの太さ~触感~汁の濃さ~だしの香り~マジ美味しかった                  オレも弟子入りしていいかい?

コメント

サッポロ さとらんど そば打ち体験 2020/10/18

2020-10-18 18:15:10 | イベント情報

 

晴れわたる秋の天気~すがすがしく~なまら気持ちが良い今日のさとらんど~         会長から爽やかご挨拶~

 

点呼を取る後藤さん(Mr.サトランド)                 規律正し朝礼~皆さんジェントルマンに見えます・・・

 

さとらんどのお姉様より「歓迎」と「応援」のお言葉あり~              さん密を避けた配置にて生徒は約半数~

 

デモ打ちA班:打ち手小林さん、解説は市原さん             デモ打ちB班:打ち手後藤さん、解説は田中さんでした

  

そば打ち歴が豊富な二人が久々帰ってきたぁ~あえて嬉しいですね・・・             天才そば打ち少年が登場~

  

じぃっと見守る大切さ~             一緒に打って指導する大切さ~      そうなんですか・・・?

  

田中さんで~す。繊細ですね~            え~ッ、吉田顧問ではありませんか    指導員は小林さんです。愛情たっぷり

  

市原さん~元気でいたんですね~?            田村師匠密対策も完璧~        左が小椋さんで右側が加藤先輩~

 

ランチタイム~洗いは居上さん            そば打ち楽しみ~食を愛するお二人~石狩の会に入会しませんか

  

そばが大好きなんですって~               楽しかった~来てよかったです        打ち終えてホット一息・・・

  

う~ん なんてコシが強いんだぁ               結構なおそばで・・・            少量だけど美味しいね~

 

年末までにもう一回来たいですね~                使用した踏み台を片付ける「蕎麦女子」入会してくれないかなぁ

 

自然と釜前に集まる男たち・・・3密ですよ~(油断大敵)                      そうそうこの距離がナイスです~     

  

おかわりそば早く来ないかなぁ~                  きた~                だめ!おかわりはあと~

        

         おれさぁ~さらに腕が上がったんだけど・・・まぁまた来るわ~

コメント

例会 10月10日(土)

2020-10-10 18:05:48 | 例会

 

いよいよ例会開催に暖房が必要となりました。                           フェイスシールドもがっちりと~

  

室内も暖房が入りました~              さん密対策は大丈夫ですか~       居上さん~お金数えてる~スゲェ・・・

 

本日の朝礼時のお題目~ポイントは昼食の再開ですかね~                 例会・・・色々チャレンジしていきたい~

 

例会 朝一朝礼はこんな感じでサン密対策バッチリですね~                 司会進行は塚越事務局長で~す

  

小林総務部長も何かと忙しい~                賄い打ちは吉田顧問~       志摩事業部長も賄い打ち~

  

コロナ対策ツイツイ緩む・・・               小椋広報部長は指導も熱心~     孤独なそば打ち大道さん・・・

  

例会必参加の佐々木良己さん               お土産そばの注文は全て松永さん      いつもコツコツと~有り難うございます 

  

会長は廊下で集中していました。              田中さん今日は何かい打ったのかな?     マイペースでいつも明るい木村さん  

  

な~んか・・・包丁がカッコいい               早く3段位の審査会来い       辻さん~遂に会長からも指導受けて~

 

久々の例会時のランチタイム会場~公民館から車で5分の距離~                厨房では福田班長の怒声が~

  

今日はちくわ&カニ天ぷら?そば              天ぷらを揚げたら4段位~      湯煎~盛り付け~汁~に厳しい班長~

 

密を避けた~そば屋さんですね~                                     レディファーストで~

  

笑顔は~美味しいのですかね~              ちくわ&カニ天そばの完成で~す       六郎さんお味は如何でしょうか~ 

 

志摩部長からもオイシイを頂きました          全て美味いが特に汁のダシがきいてうまいわ 

例会時の昼食は口数は少ないものの楽しいひと時でしたね

特に汁が研究に研究を重ね抜群に美味いのです。今までの例会時のランチとは一味違うかも・・・

次回25日の例会も福田班長率いる第4班が賄い当番です~楽しみですね

コメント

会報 いしかり 第120号

2020-10-08 23:51:05 | 会報 いしかり

 会報いしかり 

          第120号(令和2年10月3日)

                       いしかり手打ちそば同好会  初版発行:平成20年9月13日

                       〒061-3202 石狩市花川南2条6丁目256 URL:http:blog.goo.ne.jp/it sobo

その手袋、誰を守るためのもの?
 吉岡 鉄史郎

なかなか終息が見えない新型コロナウイルス。

今回吉岡さんから感染を防ぐために使用している“手袋”に焦点をあてた感染予防について寄稿いただきました。2回に分けて掲載します。
そもそも”について考える内容です。そば打ちの水回し、菊練り、へそ出しなどすべての所作にも理由がありますので“なぜ”その工程を経るのか、

“そもそも”について考えてみましょう!わからなければ高段位の方に聞きましょう。上達の近道となるはずです。

新型コロナへの感染対策の一環として、コンビニやスーパーなどで、店員さんがゴム手袋を着用している光景を多く見かけるようになりました。

不特定多数の人が触った小銭や商品を直接触らないで済むことから、お客さんに安心感を与える効果が狙いだと考えられますが…。

医療従事者から見るとあまり意味がないことなんです。 接客相手が変わるたびに手指消毒をして手袋も交換する、ということならば効果があるかもしれません。

でも、勤務中ずっと同じものを着けっぱなしであれば、直接触ろうが手袋をつけて触ろうが関係ありません。

また、「手袋を着けているから大丈夫」という安心感が、手洗いや手指消毒をする頻度を下げてしまう可能性があります。

これは、お客さんだけではなく、自分自身の健康を守るうえで、好ましくないことといえます。

医療従事者の間では、清潔不潔の観点から患者毎、処置毎に「手指消毒→手袋交換」を行うことが大前提となっています。

一見清潔そうな手袋でも、一度何かに触れてしまっていれば、衛生面での信頼性は薄くなります。

ましてや、商品や小銭に繰り返し触れた手袋は、商品や小銭と同等以上に、清潔度は低下していくわけです。

その手袋のままで、カートや買い物カゴを扱うなどの作業をすれば、汚染を広げることにつながりかねないと考えます。

手袋の着用より大切なのは、こまめな消毒や手洗いであることはいうまでもありません。「医療の手袋」にまつわる私の経験をお話ししたいと思います。

私が透析医療という仕事に携わった日の朝、一番先に院長から言われたことは「一般の清潔不潔と医療の清潔不潔とは違うからな」という言葉でした。

一般に言われる清潔不潔は、見た目に汚れているものは不潔であり、綺麗なものは清潔という感覚です。

しかし、医療でいう清潔不潔は、基本的に滅菌(菌を無くす、ゼロにする)・殺菌(菌を殺す、減らす)・消毒をされているものは清潔であり、

それ以外は不潔という捉えかたをします。

透析の仕事を始めた頃は、何ごとも素手で行っておりました。医療からみれば不潔ということになります。

透析で使用する手袋には、滅菌されているものとされていないものとがあります。

透析患者さんに接するものは全て滅菌された手袋であり、それ以外に使用するものは未滅菌で良いとされております。

当時の私の仕事は、現在のように透析全般に携われる時代ではなく、透析の準備と終わったあとの廃棄物の後片付けが中心でした。

そのような日常を送っていたある日のこと。何事も素手で行っていた私を見兼ねたのでしょう。

院長から「お前は手袋を使わないで何でも素手でやっているようだけど、勘違いしているんじゃあないのか。

手袋を着けることは、患者からの感染を防ぐためじゃなく患者や廃棄物からの感染を防ぐ自己防衛のために着けなきゃいけないものなんだ」と言われたのです。

(次号に続く)

 皆さんからの寄稿をお待ちしています。テーマは問いません。

 6月に感染予防対策を講じながら例会を再開しました。

が、感染を心配されて例会参加を見合わせている方や「食事が無い」事から「割り損、メリットが減った」……などの理由から

例会の参加者が減っているのが現状です。今までの例会の在り方から比べ、確かに魅力が減っていることは否めません。

そこで、9月例会から「そばつゆ」の持ち帰りを始めましたが、例会参加者の増には繋がっていないことから、まだまだ魅力づくりが必要と考えています。

 また、私たちの常設の拠点として「手打ちそば処 いしかり工房」(花川南4条2)を開設しましたが、

利用についてまだまだ余裕がある状況です。もっと会員の皆さんに利用していただき活気のあるものにしたいと考えています。

9月の役員会で例会の魅力づくりといしかり工房の利用促進を図るため、10月の例会からいしかり工房で「昼食」を再開することとしました。方法としては、

  1.  例会の受付、そば打ちは公民館で行い、 受付時に昼食希望者の人数を把握します。

  2. 「厨房」担当班は自分用のそばと「デモ」担当班は昼食用のそばを最初に打ちます。

  3. その後「厨房」担当班は『いしかり工房』へ移動します。なお、駐車場の関係から公民館から乗合で移動とします。

  4. 例会参加者の昼食はグループに分かれていしかり工房へ乗り合いで移動します。
    昼食時間は午前11時から午後1時までとします。

以上10月からの例会の開催方法についてですが、今後もバージョンアップを図りたいと考えております。

もっといいアイディアがありましたらご意見ください。皆さんの“会”ですので、もっとより良い方法を模索していきたいと役員一同考えています。

さとらんど

9月22日「サッポロさとらんど」の25周年記念事業の一環として「そば打ち体験」が開かれました。コロナ対策のため参加者を12

に絞り、マンツーマンで指導にあたりました。打ち終わった後の参加者は皆さん笑顔になり、達成感に浸っておられました。

今後のサッポロさとらんどのそば打ち体験は、1018日、111日、15日、29日、126日、20日の6回を予定していますので、

ご協力をお願いします。

お土産そば

新そばの季節になりました。例年この時期は各町内会などでそば打ち体験や試食会のイベントが開かれ、市民に喜ばれております。

しかし今年は町内会の様々なイベントが見送られています。

そこで当会としては今まで体験会を開催していた町内会に対し、「お持ち帰りそば」の注文を受け付けることにし、

市民に新そばを味わっていただくことにしました。

 新活動拠点 「 手打ちそば処 いしかり工房」

926日石狩市第5町内会と札幌市あいの里31丁目町内会からの依頼分79パックをそば工房で打ちました。

このほか依頼を受けている分として、石狩市紅葉山町内会(1025日)、石狩市第1町内会(1121日)を予定していますので、

ご協力お願いします。

嚮道塾

今まで蕎道塾は更科蕎麦、変わり蕎麦、郷土そば、そばがきなど蕎麦料理について学んできました。

そば以外でも天ぷらやうどん、ラーメン、シフォンケーキなど幅広く種物や粉ものの料理についても見識を広めています。

 

蕎道塾(2020.7.18)「更科蕎麦」         蕎道塾(2019.11.23)「そば屋さんの天ぷら」
                         講師:東屋本店当主(当会顧問)佐藤公二男さん

次回1128日を予定しています。テーマは皆さんからの強い要望があります「パスタ」を検討しています。

乞うご期待ください。

コメント

会報 いしかり 第120号 月別作業当番班

2020-10-08 23:45:20 | 会報 いしかり

 会報いしかり 

          第120号(令和2年10月3日)

                       いしかり手打ちそば同好会  初版発行:平成20年9月13日

                       〒061-3202 石狩市花川南2条6丁目256 URL:http:blog.goo.ne.jp/it sobo

  受付 計量/清掃 厨房 デモ
10月 1班 3班 4班 2班
11月 4班 2班 3班 1班
12月 3班 1班 2班 4班
1月 2班 4班 1班 3班

 

コメント

サッポロ さとらんど そば打ち体験 2020/9/22

2020-09-24 18:10:09 | イベント情報

サッポロさとらんど「そば打ち体験」は、2019/3/19以来、約1年半ぶりの開催でした。

里ランドは今年で25周年を迎えコロナ禍における徹底した3密対策を行い開催いたしました。

  

お久ぶりです~ 里ランド           名物の野菜販売は全て中止でしたね・・・    キッチンカーもソーシャルディスタンス

  

1年半も経てばメンバーの顔触れに変化も~    登場~Mr.サトランド(後藤副会長)       記念品もありました

 

開催はドアオープンにて風通しOK              教室内全ての人が約1分の手洗いを必須とし~

  

里ランドのお姉さんからご挨拶があり         藤田会長も久々にご挨拶~今日は新そばを打ち最後に頂けま~す

  

里ランド卒業、入会1期生の江藤さん        今日の賄い打ち~豪華ですね・・・塚越さんと・志摩さんでした~

 

デモ打ち:田村さん・・・居上さんです。    今日は祝25周年なのかマぁ~豪華組み合わせ~(生徒は関係ないかぁ?)

  

ここも豪華~吉田さんと小椋さんですもん~      こんなにハードル上げて・・・次回から誰もやる人いないよ・・・

  

居上さんです。                       後藤さんです                    小柳さんです

  

江藤さんです。                       塚越さんです                    吉田さんです

  

田中さんです。                       小椋さんです                    田村さんです

  

吉岡さんです。                       小林さんです。                  志摩さんです。

  

今回からは賄いそばを80g程度ですが体験者の皆さんに試食して頂きました。               さとらんど産の辛味大根付

  

皆さん少しですが~美味しいと~                                    親子で参加~夕食は食べ比べ・・・

  

お兄ちゃん~頑張りましたね                                     汁も美味しいと~

  

食器も使い捨てにしましたね~          美味しさに関心を持って頂いて~       夕食は食べ比べで楽しんでください~

 

 

コメント

例会 9月12日(土)

2020-09-13 22:53:47 | 例会

 

サン密に注意しながら受付が始まりました(~ん、参加者は少ないか?)               ぞくぞくと登場~

 

入室時には厳しい体温チェックも~                          朝礼時の項目です

 

一日体験者の「畑中さん」いいね~                       総勢22名の参加者でした

 

例会参加者に1個提供オリジナル辛汁~  これは会長と志摩さんとで何日もかけて作りました自信作の「汁」

これはマジ美味いです。①香りで楽しめる ②鋭く深みを感じる味 ③蕎麦湯を入れると数々にだしの香りとまろやかな味

  

体験者に熱心に指導する森下さん              吉田顧問に指導を受け緊張する?辻さん     打つ姿に見とれる体調不良の高橋さん  

  

最近廊下で静かに打つことが多いかも            久々さ登場で~す「佐藤 勝」さん        居上指導員が関わる人皆上達ですね

  

オレは腕を上げるぞ~と江藤さん               多趣味で忙しい田中さんも登場だ!         収穫がきになる小林総務部~  

    

何をやっても几帳面な~冨田さん             暇さえあればそば打ちをしている美知子さん    塚越事務局長が新取り組みを披露・・・

コメント

例会 8月23日(日)

2020-08-25 18:14:08 | 例会

 

立つ位置は距離をとって~                         受付の開始~

 

今日の司会は塚越事務局長~                  できるだけ距離を取って~

  

藤田会長~コロナ対策前向きに~           志摩事業部長~いしかり工房・・・  小椋広報部長~広報いしかり

  

塾長~サトランド25周年・・・            佐々木良己さん・・・無言         松永さん・・・やはり無言

  

木村さん:廊下は空気の流れが完璧~?        江藤さん:最も打ち込んでいる人   佐々木資材部長~そば粉売れん  

  

フェースシールドは熱いわ~           熱心に指導する志摩さん~            キッチリ、ソーシャルディスタンス

  

前回に引き続き一人でも多くの人にコロナ禍における対応~勉強会実施          全麺協ガイドラインメンバーの吉田顧問からも指導受ける

       

         打ち終わり次第帰っていく・・・何かが必要かも~

コメント

会報 いしかり 119号 ②例会当番班表&スケジュール表

2020-08-22 23:38:18 | 会報 いしかり

例会 月別当番班表

  受付 計量/清掃 厨房 デモ
8月 3班 1班 2班 4班
9月 2班 4班 1班 3班
10月 1班 3班 4班 2班
11月 4班 2班 3班 1班
12月 3班 1班 2班 4班

スケジュール

月 . 日 イベント名
8月23日 例会/役員会
9月5日 市民そば打ち教室(そば打ち道場事業)④
9月12日 例会
9月22日 サッポロさとらんど25周年記念イベント
9月27日 例会/役員会
10月3日 市民そば打ち教室(そば打ち道場事業)⑤
10月25日 例会/役員会
11月7日 市民そば打ち教室(そば打ち道場事業)⑥
11月14日 例会
11月22日 例会/役員会
12月5日 市民そば打ち教室(そば打ち道場事業)⑦
12月27日 例会/役員会
12月29日 市民そば打ち教室(そば打ち道場事業)⑧

 

 

 

コメント

会報 いしかり 第119号

2020-08-22 16:39:35 | 会報 いしかり

 会報いしかり 

          第119号(令和2年8月23日)

                       いしかり手打ちそば同好会  初版発行:平成20年9月13日

                       〒061-3202 石狩市花川南2条6丁目256 URL:http:blog.goo.ne.jp/it sobo

新型コロナウィルスの影響でこの会報も2月から発行をお休みしておりました。

緊急事態宣言も解除されましたが、第3波、4波が予想されていますので皆さん、充分ご自愛ください。

再開の第1号は田村勇治さんからの投稿です。

手打ちそばとの出会い

私は本来うどんが大好きで中学生の頃から自分で鍋焼きうどんを作って食べていました。

今はすっかりそば派になっていますが。

30代中半、栃木県の田舎の得意先を訪れた時、そこの奥さんから

「田村さんうどんを打ったので食べていきなさい」と言われご馳走になったことがありました。

この時の美味しさと手打ちに感動し、自分で打ったうどんを家族と食べてみたいと思ったものです。

しかしながら、毎日仕事に追われ、転勤による環境変化などですっかり心の奥に隠れてしまっていました。

それから25年近く経った平成17年、NHKの教育テレビ(現在のEテレ)で

「(名人・高橋邦弘)こだわりのそば打ち入門」が放映され毎回見ていました。

やっぱり手打ちに興味があり、やってみたいという思いがあったのだと思います。

そんな折、偶然にも職場の同僚から新たにそば打ち同好会を立ち上げたので参加しないかと

誘いを受けたのが手打ちそばとの出会いでした。

まったくそば打ち経験なしで会に参加してもということで白石区にある「北の郷そば工房」に

連れていってもらい打ち方を段々と身に付けて行き、

段位受験も勧められ平成18年に初段位に合格しそば打ちにはまっていきました。

妻から「習い事は一人で行った方が良いよ、

仲間と誘い合って行くと相手が行かないと引きずられて自分も止めたりするから」と言われ

一人マイペースでそば打ちに通っていましたが、

アドバイスになぞる様にそば打ちに誘てくれた人も当時私と一緒に始めた人も早々とそば打ちを引退、

今は逆に機会をみて彼にそばを届けたりしています。

三段位は成長のターニングポイント・節目?

三段位は平成21年にチャレンジするも不合格、1年留年し平成22年に合格しました。振り返ればこの留年した1年間は至らないところを見直しその後のそば打ちの技能に向き合う機会を得たように思います。あの時、たまたま合格していたらここまでそば打ちを続けていたかなとも思います。元スピードスケート銅メダリスト・現在参議院議員の橋本聖子さんが「たまたま勝つことがあっても、たまたま負けることはないと知った(偶然の勝利必然の敗北)」負けた時こそ成長できるとも語っていますが(平成26年日経新聞)、何事にも言えることだと思います。

三段位の力量について「そば打ち教本」(全麺協)に記載がありますが、私の感覚としては合格したほとんどの人達が人前に出せる蕎麦・人前で打って見せ他人に教えることもできるレベルになっていると思いますので、そば打ちを始めたら三段位までは是非ともチャレンジしてほしいと思います。

また、三段位は更に研鑚を重ね上位段位や名人戦にチャレンジして行く人、そこで満足される人などの節目にもなっているなと感じています。

五段位受験

平成30年五段位に挑戦するも技能で滑りました。今思えば受ける前からアレコレ不安を抱えたままで必然の敗北でした。再び反省して1年後、ドタバタのそば打ちでしたが何とか第7回五段位認定を受けリベンジを果たすことが出来ました。

五段位を受けようとしたきっかけは、私と同じ時期に34段位になった人や後輩が結構五段位にチャレンジしていること、また、五段位は平成19年から当初3年おきに開催され第3回平成25年認定会時点、全国で34名程度と五段位の方々は雲の上の人という感じでした。ところが、第5回平成29年認定会から毎年行われるようになり身近なものとなってきたと感じたからです。ちなみに、現在、全国で145名(北海道で34名)程にもなっています。

これから

今まで新人や認定会に臨む人のそば打ち指導に関わりましたが何かを得て喜んでもられるとやりがいを感じ嬉しいです。技量・力量不足で的確で簡潔な指導とはなかなか至りませんがこれからもみんなと一緒に学んで行こうと思います。

また、「同じ粉で同じ様に打ったつもりのそばなのに、Aさんの打ったそばはとても美味しくて全然違うのよ」とまま聞くことがあります。私もそんな美味しいそばを打てる様にもう少し頑張って行こうかと思っています。

 皆さんからの寄稿をお待ちしています。テーマは問いません。

新型コロナウイルスの影響で、私たちの日常が大きく様変わりしています。新型コロナウイルスの特効薬やワクチンが普及しない限り、この非日常的なライフスタイルが続くと思います。当会の連絡手段として“LINE”を活用してます。現在57会員が参加しています。スマホ、パソコンをお持ちで、まだ参加されていない方は、役員までご一報ください。
この新型コロナウイルスを分岐点に新しい日常が創られていくのかと感じております。いずれにしても早く皆が一堂に会してワイワイとそば打ちをしたいものです。
それでは会報を休刊していた間の出来事について紹介します。

〇 平成2年度総会
 提案された議案について慎重に審議いただき全て原案通り承認されました。

 新年度の役員は次の通りです。

 会長:藤田宜且

 副会長:佐々木六郎、後藤篤雄

 事務局長;塚越智

 総務部長:小林国雄

 教務部長:吉岡鉄史郎

 事業部長:志摩辰也

 広報部長:小椋修次

 蕎道塾長:後藤篤雄

〇 段位認定会
当会主管の3月に開催を予定していた3段位の認定会(令和元年度としての認定会)は、令和3年3月に令和元年度認定会として開催を予定しております。
初・二段位(4月開催予定)は、コロナ禍の終息が見えぬことから、今年度は中止としました。



〇「手打ちそば処 いしかりそば工房開設

当同好会のイベントのそば打ち及びそば道場として「遊秀庵

を利用させていただいておりましたが、横山さんのご逝去により利用をご遠慮することにしました。

このままでは、当会のイベント(公民館まつり、市民文化祭等)でのそば打ち(製麺)ができなくなることから、

打ち場について役員会で検討していました。

当会の上田さんのそば店“かってまま”が閉店したことからそこを新たなそば道場として借りることにしました。

名称を「手打ちそば処 いしかりそば工房」、これからは常設の拠点とし手打ちそばの技術向上・普及、仲間づくりや

地域づくりなどに役立てたいと考えていますので、ご利用をお願いします。

 利用としては
全麺協そば道場(手打ちそば教室)
店舗
イベントのそば打ち
自主練習
会員の交流&会員のそば会の場
として考えております。

 利用にあたっては
申し込み
 事業部長の志摩辰也さんへ
利用料
 ・ 個人(1~4人)
  300/日・人。
  ガスを使用する場合は、500/日。
  4人でそばを打ち+食事(ガス使用)
    300×4人+500円=1,700
 ・ 団体(5人以上)
  300/日・人。ガス使用料無料。

注意事項
 ・ 駐車場は4~5台まで。
 ・ 照明、ガス、戸締りは必ず確認。
 ・ 冬季は水道の水抜き などです。

 

〇 令和2年度イベント
幌加内そば祭り、石狩市民文化祭をはじめ、町内会などからの依頼により開催していました各種イベントは、

 新型コロナウイルスの対応からすべて中止となりました。

 しかし、町内会からはお土産そばの注文がありましたら受けることを検討しておりますので、

 その時は打ち手を募集しますので、ご協力をお願いします。

 なお、「市民そば打ち教室は」全麺協の“withコロナガイド”などに沿いながら実施しております。

〇 例会
8月以降の例会について実施方法を変更します。

 これは全麺協のガイドラインと6月、7月の実績を基にしました。

  1. 打ち台:実習室内5台、廊下に3台配置

  2. 受付:朝1回のみ

  3. フェースシールド:受け付け、粉の計量、初心者等への指導をする場合はフェースシールドを着用することになりましたので、用意してください。なお、会で実費で斡旋します。

  4. そば道具:練り鉢、延し板、切り板の3点は今までどおり利用可能とします。その他の打ち粉容器、計量カップ、篩、麺棒、刷毛などは各自で用意してください。
    なお、練り鉢、延し板、切り板の3点は使用後、会で用意するアルコールで消毒願います。
    詳しくは、「8月からの月例会実施方法(8月4日)」をご参照ください。



 

 

コメント

8月度例会  8月8日(土) 

2020-08-09 17:10:50 | 例会

全麺協から発信されたwithコロナでの「ガイドライン」を踏まえ

早速例会の運営方法の変更と塚越事務局長による3つのガイドラインについて

プレゼンテーション形式で勉強会を開催いたしました。

 

フェースシールドは会長がDIYより40個購入してきてくれました。                 マスクとフェースシールドは必須

 

約40分間事細かく事例付きでのご説明で~非常に分かりやすかったですね

  

佐々木良己さんですか?                   あっ~永岡さんですね         熱心な美知子さん

  

打ち手は会長です                     最高齢の松永さ~ん          けじめの辻さんに指導員は志摩さん

 

窓オ~プン、隣とは5m、廊下も活用だぁ                           マスクとフェースシールドは必須

 

内山さんです~珍しいですね                              室内もしっかり5m以上の距離をしっかりと~

  

小椋さんです(わからんでしょう)          腰を痛めた高橋さん~諦めないで・・・      石狩市役所・・・

コメント

8月からの月例会実施方法の変更について

2020-08-09 16:50:07 | 例会

いしかり手打ちそば同好会 会 員 各位

          8月からの月例会実施方法の変更について

 

1、81日㈯、当会 そば道場「市民そば打ち教室」開始前の午前中において、役員会を開催し、全麺協本部より出されたwithコロナ ガイドライン】の内容検討と、6月、7月の月例会の実施状況の確認を行い、変則例会で行った状況をふまえて、問題点の改善、変更事項の要否について検討を行いました。

 【withコロナ ガイドライン】については、全麺協通信2号(いしかりLINE参照)、ネットご利用の方は、

全麺協ホームページで確認願います。

 6月、7月の例会参加者の状況(昼食ナシ・am,pm2分割の変則実施)

   ・6/13 午前=11

                          午後=11名  当日計 22名  粉購入ノミ帰宅 9名 合計31

   ・6/28 午前=12

         午後= 9  当日計 21    粉購入ノミ帰宅 5名 合計26

   ・7/11 午前=13

         午後=10  当日計 23    粉購入ノミ帰宅 6名 合計29

   7・/26 午前=12

          午後= 4  当日計 16    粉購入ノミ帰宅 2名 合計18

 

 2か月、4回実施においての課題

過去の平常時での例会出席人数が40

前後、実績は予想していたより出席人数が少なく、平常時の

21名/40名=52.5%で、午前・午後ともに出席人数が10名前後と少ない状況にありました。

 全麺協のガイドラインが出た事により、当会月例会においてもこのガイドラインをベースに対策を

講じて実施される事が必要と思われます。

課題となる項目において、具体的な対応策をまとめ、8月からの月例会で実施する事としました。

2、88日からの月例会、改善実施事項

 ⑴ 打ち台の配置方法 ➡ 実習室= 棚側に3、中央は設置しない、ガス台側に2

              実習室= 廊下に3、  合計 8台設置で過密を回避(厳守)する。

    そば打ち台間の衝立ナシ(2m以上離す事で間隔の確保し衝立不要とする)

 午前・午後の二分割参加者制限解除 ➡ 二分割は取止め そば打ち人数が少ない事から元へ戻す。

   例会受付を、朝の一回で行う。(そば打ちは、午前:2回、午後:2回 で実施)

 (午前でそば打ち出来ない場合は、オニギリ等持参、コンビニへ購入に行く等して、人込みを避けて食事)

 フェースシールドの着用

例会受付、粉類担当者、初心者への指導、特訓指導時は、フェースシールドの着用とします。

   ※着用励行の為、フェースシールドを当会で購入しますが、会員には実費で斡旋します。(8/8より)

   ※例会時での密集会話、打ち台廻りでの会話は、極力避ける様にする。

 ⑷ 当会保有そば道具の利用制限

  練り鉢そば延し板切り板、の3点は利用可としますが、他のそば道具会員個人が持参して下さい。

  鉢、延し板、切り板は、使用後の粉清掃後高濃度アルコール霧吹きで消毒滅菌を励行実施

  消毒滅菌後の拭取りは、次の使用者が、アルコール含有ティッシュで拭取り(霧吹き後。時間を置いて拭取り)

     ・当会で購入品=高濃度アルコール霧吹きアルコール含有ティッシュ、 (但しフェースシールドは実費斡旋

(よって、ふるい、打粉容器、計量カップ、麺棒、刷毛、ふきん、粉掬い、スクレーパ等は会員個々で持参する)

 以上の改善実施項目を、8月例会より実施する事と致しましたのでご協力をお願いいたします。

 

 6月より、変則例会実施時にお願いしている項目の例会受付前のアルコール消毒の励行、手洗い、

   マスク着用継続して励行して下さい。

 試行錯誤の月例会となっていますが、【withコロナ ガイドライン】に対応して、

会員皆様のご協力で当会の運営、活動が 安心、安全に事故の無い形で継続できる事を願っています。 

(追記)打ち粉は粉類受け渡し時に受取、使用残は各自持帰り  

                                   

                              いしかり手打ちそば同好会 役員会 

コメント

蕎道塾 「更科そば」 7/18(土)

2020-07-21 17:16:47 | 蕎道塾

コロナ禍のなかそれぞれが3密に十分気を付けての開催でした。

 

すこ~し元気がなかったかな・・・?                  楽しき蕎麦人生の皆さんですね

  

水よ~沸け~                      え~始めての取り組み・・・       探究熱心な居上さんで~す

  

2回目ですか?那須野さんです           塾長も慣れた手つきで~          遅れてきたので立たされています・・・

  

久々の兄貴!粉に触れていないかなぁ          頑張る「俺は辻じゃ」~        見かねて口も手も出しに来ました~

   

大先輩河端さんも登場~                Mr.そば~今日の出来は?        則子姉さん薬味の入れるタイミング間違う~

   

こんな感じです~やはり口数が少ないですね~                     お~遅れて開始~

  

会長は解説入りで打ってくれてました       もっと出席してくれなきゃダメ        塾長、準備有り難うございました

今回は16名の参加で楽しく終了いたしました。塾長に感謝です。

コメント

例会 7月11日(土)

2020-07-12 22:56:33 | 例会

夏満開~ いしかり手打ちそば同好会~聖地

  

旧上田工房が「そば打ち道場の証」を頂きました。             サン密に注意しガンガン活動しましょう

 

例会午前の部~朝礼です   15名の参加              3段位の審査会のご案内を聞きたくナイスでした

  

3段位審査会は来年3月~冨田さん         風のごとく打って~塚越さん       そばでもうどんでも何でも来い~福田さん

  

全てが個性派~辻さん              打っている時は無口・・・松永さん        とても熱心~自習中

 

審査会までタップリ時間あり木村さん            会長のマンツーマンレッスン~熱心でしたねェ~

 

こんな感じでの午前の部 「例会」でした~                   メリットもなかなか多いですね~

コメント