感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

ミステリーではなくなった米国のエボラ2次感染

2014-10-15 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
米国テキサス州の病院で、2例目の2次感染がおき、さらに報道が加熱してます。
恵まれた設備の米国でなぜこんなことがおきるのだ?ということが不安の根底にありました。

もっと過酷な状況のMSFでおきないことがなぜ理想的な環境と思われる米国でおきたのか?です。

CDCが「なぜ?」を鋭意調査をしているなか、衝撃的な展開がありました。
テキサスの病院のナースから内部批判がメディアに伝わっています。
事実はみなが知りたかったことですが、コミュニケーションとしてはますます難しい状況になっています。

しかし。なぜ?は解明されました。残念な内容ですが。












この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 1日800件の相談電話 不安・... | トップ | next story, next step »
最新の画像もっと見る

毎日いんふぇくしょん(編集部)」カテゴリの最新記事