北京暮らしを始めてみれば ふたたび

2012年1月から再び北京生活が始まりました。(前回は2003.1~2006.1)
北京の毎日をつづります。

一時帰国中のランチは…

2018-04-21 19:57:10 | 日本一時帰国

一時帰国中です。

 

 

健康診断えお兼ねて京都の実家へ。

 

 

いつもは、こってりコテコテ 天一こってりラーメンがランチの定番ですが、今回は…。

 

 

 

 

長崎ちゃんぽん!!!

 

 

長崎旅行以来すっかりハマってます(*^_^*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎旅その12 ランタン祭りを満喫!!!

2018-04-18 16:32:54 | 2018.02一時帰国 長崎旅行

長崎旅レポ、今回が最終回。

2月21日 長崎旅7日目後半。 長崎最期の夜です。

 

 川沿いの美しいランタン。

 

 

 

 商店街のランタンと市電をパチリ。

 

 

 

 

 中央公園会場へ。

 

 

 

 

 

長崎のランタンを最後の最後まで楽しむぞ~とやって来ました。

美しいランタンにうっとり...

 

 

 

の私たちの目に飛び込んできたのは。

 

 

 

 

 

 愉快な仲間たち。

 

 

 

 

上海ランタン祭のオブジェの微妙さにケタケタ笑っていましたが。

 

 

 

 

 

 ランタンオブジェって、みんなどこかとぼけてます。

 

 

 

 

 

 みんなのアイドル パンダ。

うっすら口あいて威嚇してるつもりなのかもしれないけど。

 

 

 

 

 敵はお前の後ろから狙ってるぞ。

 

 

 

そんな愉快なランタンオブジェたちに。

 

 

 

 

 

かんぱ~い!

旅行中ずっと寒かったので、五臓六腑にしみますわ。

 

 

 

続いて向かった先は。

 

 

 

 

 

 黄色い提灯が並ぶ『眼鏡橋』。

 

 

 

 

 川に浮かぶランタン。  美しいなぁ…。

 

 

各スポットのランタンを満喫した後は。

 

 

 

 

 

もぐもぐタイム。

夫は皿うどん。 私はドハマりしたちゃんぽん。

 

 

 

今回の長崎旅では、長崎の魅力を存分に感じることができました。

当たり前だけど一週間では全然足りない~❗

(来年の春節も長崎に行きたい by夫)

 

 

 

 

 本当にそう思ってしまうほど素敵な街でした。

 

長崎、ありがとう~❗

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大人気店『四季民福』故宮店 とにかく早めに行くべし!

2018-04-15 21:55:22 | 北京暮らし もぐもぐ編 中華

今日。

大人気店 『四季民福』の故宮店へ行ってきました。

10:30オープンのこのお店ですが、10:40くらいに到着した時点で。

 

 

1階は既にお客さんでいっぱい。

 

 

 

2階も・・・。

 

 

 

 

そこそこ。

 

 

 

"故宮店"と名がつくだけあって、窓際のテーブルからは。

 

 

 

おっ!!!

 

 

 

 

 

故宮がばっちり!

 

 

 

ですが、私たちは。

 

 

 

 

壁に囲まれた個室。 

故宮はどこ???

 

 

 

 

さて、このお店はどのお料理も美味しいのですが、やはり北京ダックが人気です。

 

 

 

それでは、もぐもぐタイムスタート!

このお店、北京市内に何店舗もあるのですが、どこへ行っても不思議なのが。

 

 

 

 

最初に果物、ど~ん! ナゼ?

 

 

 

今日は夫と二人だったので、品数控えめに。

 

 

 

 

スペシャルなソースを絡めた海老・・・と書いてあったので注文してみたら、それは。

 

 

 

エビマヨだった。

 

 

 

エビマヨソースはスペシャルとは言わない。

 

 

 

・・・けれど、お料理はうまうま! 

外はカリっと、中はぷりぷり。 

 

 

 

 

冬たけのこの炒め物。

これがもう、美味! ほのかな甘みとお醤油の香ばしさ。

 

 

 

 

北京名物、炸醤麺(ジャージャンメン)。

1つ15元(250円くらい)なので結構小ぶりかなと思ったのですが、軽い一人前くらい。

一人のランチならこれだけでも食べに来たい!

(ちなみに、このお店『四季民福』の麺専門店もあります。 その日のブログは → コチラ

 

 

 

 

北京ダックの材料がきました。

 

 

 

というわけで、ビール投入。

 

 

 

 

わ~い!!! 

北京ダックを食べるの、かなり久しぶり!

 

相変わらず、口の中でとろける感覚のダック。 うまうま!

お昼から大満足であります。

 

 

さて、お会計を済ませて出口に向かうと。

 

 

 

 

うわぁぁぁぁぁ~!!!

すっごい行列!

 

 

このお店は待っている間、飲み物とかサラダバーっぽいものもあるのですが、そうこうしているうちにお腹がたまってしまいそう。

お店を出たのは11:40くらいだったのですが、その時点で既にしばらく並んでいると思われる人が店員さんに「何時くらいに席につけそう?」と聞いたところ。

 

 

「13:00くらい???」

 

とのことでした。

 

 

≪四季民福へは早めに行くべし!!!≫

 

 

四季民福 故宮店

南池子大街11号

 

 

 

 

さて、腹ごなしにと向かった先は。

 

 

 

 

故宮~!!!

 

 

 

 

 

めっちゃ人、多い~!!!!!

 

 

 

 

・・・その人混みを横目に。

 

 

 

 

中山公園へ。

 

 

 

目的はもちろん。

 

 

 

 

チューリップ!

 

 

続きはまたこんど。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

川沿いに延々と続く"海棠(カイドウ)"の花! ≪元大都遺跡公園≫

2018-04-12 21:02:04 | 北京暮らし おでかけ編

"海棠(カイドウ)"というお花をよく知らなかったのですが。

 

 

なんとも愛らしい、こんなお花。

 

 

先週、清明節の連休中5/7に夫と一緒に、"海棠(カイドウ)"で有名な公園に行ってきたのですが。

 

 

 

まだほとんど蕾でした。

(蕾がまた可愛い!!!)

 

 

さらに。

 

 

 

なんだか哀れなドラえもん風船の姿も目撃し、これはもう、日を改めて来ないとあかんな・・・と家路についたわけであります。

 

 

 

で、4日後の昨日(4/11)。

 

 

 

 

ちょうど強風がPM2.5も黄砂も吹き飛ばしてくれた翌日。 晴天ということもあり、再度行ってきました!

 

元大都遺跡公園 海棠花渓

北土城東路甲100号

 

 

 

果たして開花状況は???

 

 

 

 

 

おぉぉ~!!!

 

めっちゃ咲いてる!

あれからたった4日しか経ってへんのに、めっちゃ綺麗!

 

 

 

 

ブルーの晴天バックに、私、めっちゃ興奮。

 

 

・・・ですが、すぐに冷静になれるのは。

 

 

 

 

 

連休時よりも多い観光客!

 

平日の午前中やろ! みんな! 仕事はどうした!? (ま、私もですけど)

 

 

 

 

川沿いにある海棠の花がそれはそれは美しいのですが。

 

 

 

 

 

どうしてもカラフルな衣装に身を包む皆様がバックに入り込んで、インスタ映えとやらには程遠い写真ばかり。

 

 

 

以前に比べてかなり減ってはきているけど、相変わらずマナー無視のみなさん。

お花を引っ張り込んでの自撮りに加え、木によじ登るのはやめてくれ。

 

 

 

 

中国の名所で、人が入り込まない写真を撮るのは至難の業!

 

 

 

 

 

ま、色々思うところはあるけれど、圧倒されるのはこの規模!

≪元大都遺跡公園≫は何キロにも続くなが~い公園なのですが、海棠の花を楽しめる"海棠花渓"エリアだけでも1km。

 

 

 

 

途中、中国っぽいいい感じの建物もあり、ここはフォトジェニック。

 

 

 

 

 

 

晴天の春の北京。 

 

 

 

 

日差しを浴びたお花の、なんと美しいこと!

 

 

 

 

 

聞くところによると、この公園には28種もの海棠が植えられているのだとか。

 

 

 

これだけの数の海棠に囲まれ、ほのかに漂う甘い香りに包まれ、なんとも幸せな私の耳に飛び込んできたのは・・・。

 

 

 

 

 

 

・・・なんや? 

このリズミカルなミュージックは!?

 

 

 

 

正体は、こちら。

 

 

 

 

 

いぇ~い!

 

おばちゃんの集団ダンスはよく目にするけど、少数民族チックなこんなダンスは久しぶり。

 

 

 

 

軽やか(かどうかわからない)ステップを踏む二人を遠巻きに見守るのは。

 

 

 

 

「あの2人、どない?」

「・・・・・まだまだやな」

 

 

みたいな会話が聞こえてきそうなベテラン風のおばちゃん2人。

 

 

 

一方、別の場所では。

 

 

 

 

おばちゃん、爆笑!!!!!

 

 

 

 

・・・ではなく、高らかに歌い上げていらっしゃるのでした。

 

 

 

 

どうやら通りすがりのおばちゃんが即興で美声を披露し、それに合わせて二胡のおっちゃんが伴奏してる・・・と言う感じ。

 

実は、二胡が気になってちょっと前からその様子を見ていたのですが、最初は。

 

 

 

”二胡のおじちゃん&横笛のおじちゃん”

 

のペアでした。

 

 

が、そこに突如登場した、美声を響かせるおばちゃん。

二胡のおじちゃんは即座に対応し、それは楽しそうだったのですが、一方横笛のおじちゃんはと言いますと。

 

 

 

 

 

 

 

 「・・・その歌、知らんし」

 

 

 

おばちゃんが次から次へと歌い上げる曲はどうやら、横笛おじちゃんのレパートリーには一切入っていないらしく、ご覧の表情。

 

 

 

複雑な人間模様を目にしてしまった・・・。

 

 

 

というわけで。

 

 

 

 

 

今まさに海棠が見頃の元大都遺跡公園。

 

 

 

 

 

川沿いてくてくお散歩も楽し。

 

 

 

 

一度行く価値あり!です。

 

 

 

 

ただし、人混みを覚悟のうえで。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

清明節 北京の城壁めぐり! ついでに運もゲットか!?

2018-04-10 20:13:22 | 北京暮らし おでかけ編

4/5~7 中国では清明節の3連休でした。

が、ものすごい強風の一日だったり、黄砂らしきものが舞ってたり・・・となかなか天候に恵まれなかったのですが最終日!

 

 

ようやく晴天! 二階建ての市バスに乗っておでかけ! おでかけ!!!

 

向かった先は・・・。

 

 

 

 

え??? 

また、ここ???

 

 

この春、私は3回目の訪問となる『北京明城壁遺跡公園』。

(一回目、二回目の訪問は→コチラコチラ

 

 

 

 

梅の見ごろは過ぎていましたが。

 

 

 

 

城壁大好きな夫は、上に登って大感激!

(かなり昔に来たことがあるようなのですが、記憶があいまいらしい・・・)

 

 

 

楼閣内には昔の北京の様子が展示されているのですが、その写真をよ~く見ると。

 

 

 

 

あちこちに"仁丹"の広告が!!! すごいぞ!仁丹!

 

 

 

一方、ここに来るたびに「しょぼっ!」って思ってしまうのは。

 

 

 

城壁の上にある事務所。 

 

この、なんとも味わいのある手書きの紙キレ。

せっかく素敵スポットにあるんやから、もうちょっといい感じの看板とかつけたらどうやねん。(大きなお世話か・・・)

 

 

 

 

さて、北京市内には他にも登れる楼閣があります。

("正陽門"には以前登りました。(その日のブログは→コチラ))

せっかく城壁気分も高まってきたことだし、ついでに他も登っとくか!

 

 

 

というわけで、自転車で向かった先は。

 

 

 

 

 

徳勝門。

 

 

 

 

青空バックに、いざ!

 

 

 

 

 

一歩一歩階段を上ると、城壁マニアでなくても気持ちは高まります。

 

 

 

 

 

城壁の上に到着~。

これだけ気持ちの良いお天気なので、すぐ近くで誰かが凧を揚げているようですね。(写真左側に点々と・・・)

 

 

清明節には凧揚げの習慣もあるしなぁ。(ま、清明節関係なく、凧揚げてる人よく見るけど)

 

 

 

 

楼閣の中。

何やら色々展示してありましたが、あまり興味はそそられず。

 

 

 

 

ゴミ箱のお口あ~ん!の方が可愛くて印象的だった。

 

 

 

 

門の周辺。

 

 

 

 

北京の春は、(空気さえ良ければ)どこへ行ってもお花が咲いて美しい。

 

 

 

 

さて、こちら。

正面入り口から入ったところなのですが、左側に何かあるの、わかりますか?

 

 

 

 

このお金の真ん中の空洞部分に小さな"鐘"がぶら下がっているのですが、そこに硬貨を投げて当たったら、あんさんラッキーでっせ!というわけ。

 

 

 

そこで、お財布に入ってた少額硬貨1角(約1.7円)を、夫婦二人で真剣に投げる! 投げる!!!

 

 

結果・・・。

 

 

 

おぉぉぉぉぉ~!!!!!

 

夫、見事に命中~! 

 

 

キーンと、それはそれは澄んだ美しい音が響きました!

おいおい、どうする? これから幸運がゴロゴロ舞い込んできたら!!!

 

 

 

 

・・・と浮かれるのは早かった。

このブログを書くために、その日撮ってきた説明書きをよ~く見てみたら。

 

 

 

チケット売り場で専用のコインを購入してください。

清代の銅貨:10枚10元  普通の硬貨:50枚10元

 

 

 

 

 

えぇぇぇぇ~???

これって、有料やったん!? 

 

 

 

 

っていうか、みんな自分のお金投げてたやんっ!

 

すぐそばで警備員が見ててもノーチェックやったしっ!!!

 

 

 

 

 

ご利益あるんだかないんだか・・・。

微妙です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1980年開業!中国で初めての"私営食堂" ≪悦賓飯館≫へ!

2018-04-08 20:47:02 | 北京暮らし もぐもぐ編 中華

先日、夫が興味深いお店の情報をゲットしてきました。

その名は≪悦賓飯館≫。

 

開業は1980年。

それまで基本的にあらゆるものが国営だった中国で、初めての"個人営業"の食堂としてオープンしたのがこのお店。

 

 

ほそ~い"翠花胡同"の奥にある、そのお店。

 

 

 

小さな門構え。

 

悦賓飯館

翠花胡同43号

 

 

 

 

 

お昼時を少しずらして行ったのですが、それでも大人気店!

紙切れを渡されたので見ると、殴り書きのような「11」だか「17」だかよくわからん文字。

夫が確認したところ、現段階で13番らしいので、この殴り書きは17と判明。

 

 

 

 

それほど広くはない店内。

古いお店だけど、客層はわりと若い人が多いかな?

 

 

 

経済、文化両面の変遷著しい北京。

こじゃれたお店が次々とオープンする中。

 

 

 

 

なんとも懐かしい感じのお店。

 

 

 

そうです。

ほんの十数年前まではこんなお店がゴロゴロだったんです。

 

この懐かしい雰囲気に、早くも私たちはワクワク!ワクワク!

 

 

 

 

 

ステンレスの洗面器にど~んと入れて、一気にお片付け!

いいぞ!いいぞ~!

 

 

待つこと、10数分。

相席でいいならどうぞ・・・ということで、いよいよランチタイム!

 

 

 

 

 

 

お昼なので、2人で半分こ。 

メニューには青島ビールもあったのですが、それは「めいよ~(没有:ないよ!の意)」の一言で却下。

 

 

で、そのビールのお味はと言いますと。

 

 

 

 

 

 

 

まっっっっっず~!!!!!

不味っ! 不味っ!!!!!

 

 

 

一応冷蔵庫っぽいのに保管されていたようなのですが、とにかく ぬるい! (この辺が昔懐かしの中国基準なのか)

 

それこそ昔の中国は「冷たいビールを!」といちいち念を押さないといけなかったけど、今はほぼその心配はなし!

 

 

 

 

 

 

・・・油断してました。

さすが、1980年開業。 時代の流れにはそうそう身を任せませんぜ!といったところか。

 

 

 

で、肝心のもぐもぐ。

周りのテーブルを見ると、どうやら一皿のボリュームがなかなからしい。(これも昔の中国あるある)

 

 

というわけで、人気の・・・。

 

 

 

海老の炒め物。

内陸の北京で海老料理というと、小ぶりの海老が出てくることが多いのですが、ここはなかなかしっかりした海老! しかもプリップリ!

 

 

そして、このお店オリジナルの一品。

 

 

 

 

五絲桶

豚肉、鶏肉、セロリ、ネギ、生姜の細切りの5種類が、からりと揚がった薄焼き卵か湯葉のようなもので巻かれている一品。

 

 

 

 

餅(bing)で巻いて醤(jiang)をつけてもGOOD!

 

 

 

ビールはともかくとして、ご飯は美味しかった!

お値段も実にリーズナブル。

 

 

ちなみに相席になった中国人2人はこのお店の人気メニュー「豚もも肉のにんにく醤油だれ」も注文してました。

で、その数分後。

 

「ご飯、2人前お願い~!」

と注文。

 

 

 

 

うんうん。

ここのお料理は、白いご飯に合う!

 

 

 

 

 

注文してからあっという間にお料理が運ばれてきたので、待ち時間のわりに滞在時間は短かったかも。

 

 

衛生面とかビールの美味し不味しとか、トイレ事情はどうなの?とかそういうのが気にならない方は、一度訪問してみては?

そして、ここ数年のこじゃれた都会北京しか知らない・・・という方にこそおすすめしたい、懐かしさあふれるお店です。

 

 

 

 

~おまけ~

 

 

お店のすぐそば。

せま~い胡同に路駐した車。

 

 

 

壁にぺったり!!!

その路駐テクニック、すごすぎ!!!

 

 

 

『悦飯』

近所のおばちゃん家にご飯食べに行ったような雰囲気でした。

悦飯についての記事 → コチラ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

清明節 ご先祖様のために燃やすのは、お金、そして・・・銀行まるごと!?

2018-04-06 21:00:42 | 北京暮らし 中国のひとびと

昨日 4月5日は。

 

 

清明節。(故宮博物館のカレンダーなのですが、左のあほづらに見える犬も、立派なお宝らしい)

 

 

昨日から中国は清明節の3連休。

この日はみなさん、お墓参りをするという習慣があるのですが、その際。

 

 

 

このような紙のお金も一緒に燃やして、ご先祖様があの世でもお金に困らないよう・・・とお祈りするのだそう。

 

 

 

 

 

ま、こんな感じでデコったお金もあるみたいですが、最近では故人の好みに応じて色々あるようで・・・。

 

 

 

 

ウォーターサーバー??

いつでもどこでも、お水は大事ですもんね!

 

 

お水つながり・・・ではないのだけど。

 

 

 

洗濯機!

 

 

・・・そんなに洗濯好きな故人やったんやろか?

 

 

 

カメラ好きならこちらを!(ちなみに、ソニー)

 

 

 

テレビ大好きのあの人には、こんなのいかがでしょうか?

 

 

 

 

今ではすっかり車社会の中国ですので。

 

 

 

 

思い切ってポルシェを!

 

 

 

 

こちらはベンツ。

ちなみに、組み立てるのは子孫の仕事らしく、「ここ、ポイントやで! 折り目はきちんとね!」みたいなアドバイスあり。

ちゃんと作らないとあの世でご先祖様が笑いものになりますから、ここはちゃんと折らないとね。

 

 

 

これだけ高級車をいただいたら何も文句言えないと思うのだけど、中には欲張りさんもいらっしゃるようで。

 

 

 

 

自家用飛行機かいっ!!!

(どこ行くつもりや?)

 

 

 

乗り物はもちろん、住居も当然大事よね。

というわけで。

 

 

 

おうち。

 

 

 

 

お庭もプールもついているので。

 

 

 

 

屋外に置いてもぴったり。

 

 

 

 

さっきの車も一緒に置いちゃえ!

 

・・・って、家と車のサイズ、合ってへんのとちゃう?

(もっと言ったら、後ろの椅子とのサイズもめちゃくちゃ)

 

 

 

このくらい大きな家じゃないと、バランスとれませんわ。

 

 

さてさて。

最近の中国はもう、スマホなしでは生活できないほどのIT社会。

 

 

 

ご先祖様にも必須アイテムですね。

 

 

ご丁寧に、「時計のベルトは男女で色が異なるのでご注意を!」との記述が。

 

 

 

・・・ほんまや。

時計のベルトがこちらは赤。それ以外のアイテムも微妙に色が違う。

 

 

 

 

・・・とまあ、みなさま。

あの世のご先祖様の好みを色々考えておられるようですが、いやいや、もう面倒くさいわっ!という方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな時はいっそ。

 

 

 

クレジットカード!

これさえあれば、何でも買えるやろっ!

 

 

 

 

あるいは・・・。

 

 

 

ATMごとプレゼント!

 

 

 

あるいは、いっそ。

 

 

 

銀行まるごとご先祖様に贈っちゃえばいかが?

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎旅その11 平和公園へ・・・

2018-04-04 22:08:29 | 2018.02一時帰国 長崎旅行

2月21日。長崎旅7日目。

 

 

この日は朝から路面電車に乗って。

 

 

 

 

長崎原爆資料館。

 

 

 

 

平和公園(原爆落下中心地)。

 

 

 

 

平和公園(平和祈念像・平和の泉)。

 

 

 

前日の夜、長崎の夜景を見るツアーに参加したのですが、ガイドさんの説明に言葉を失いました。

 

 

 

 

原爆によって、目の前に広がる長崎の灯りが一瞬にして消えたのだと・・・。

 

 

 

これまで映像や写真、文章で原爆についての知識はあったものの、それらは"知識"に過ぎなかったのだと実感しました。

自分が今目にしているものが一瞬に消えるという具体的な説明を受けて。

 

 

 

 

改めてなんと恐ろしことが起きたのか、そして、この人々の命を絶対に、二度と恐ろしい戦争、兵器で失ってはいけないのだと、"実感"として自分の中で強烈に突き刺さってきたのでした。

 

 

 

続いて。

平和公園からは、再び路線バスで移動します。

 

 

 

 

路線バスのキャラクター? 猫さん、かわいい・・・。

 

 

 

 

歴史ある路線バス。

 

 

 

 

お昼ご飯は、↑この広告にある『吉宗』に再び訪問予定ですが、まだ少し時間があるので。

 

 

 

 

街をぶらぶら。

古い建物はなんと、交番!

 

 

 

 

足元のマンホール(?)が可愛い!

 

 

 

通り沿いのお店で、ちょっと遅れちゃったけど夫にバレンタインデーのプレゼントを。

 

 

 

 

道端で出会ったにゃんこは、実に懐っこい! もっふもふ。

 

 

 

てくてく歩いてお腹がすきました。

人気店『吉宗』はランチ時ということもあり行列でしたが、並ぶこと数十分。

 

 

 

 

 

ミニ卓袱料理を日本酒で!

 

 

 

そして、食後は。

 

 

 

 

『マツコの知らない世界』でも取り上げられていた『ニューヨーク堂』さんで。

 

 

 

 

ソフトクリーム!

なんだか懐かしいやさしい味。 うまうま~!

 

 

 

 

"なんばんえびす"さんとやらにもご挨拶。

まだまだ長崎めぐりは続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人気店! 移転後の『五臓六腑』でもぐもぐ!

2018-04-02 21:04:24 | 北京暮らし もぐもぐ編 日本料理

以前もブログで紹介しました居酒屋さん『五臓六腑』。

 

移転すると聞き、オープンはいつかな?いつかな?・・・と心待ちにしているうちに、うっかりちゃっかり忘れてしまい、気づいたら。

 

 

 

移転後の新店舗、とっくにオープン。

 

 

 

・・・って、お店、どこ?

 

 

 

 

ここ。

看板がないけど、ここです。

(最初自信がなくて、ぐるぐるとビルの周りを一周してしまった・・・)

 

五臓六腑

新東路新源西里19号楼格納斯大厦105-106室

 

 

 

 

こじんまりとした店内。

テーブル数個、あとはカウンター。

 

 

なので、予約がおすすめです。(平日でも予約でいっぱいでした)

 

 

 

 

この日はカウンター。

 

 

 

 

以前のお店でも使われていたタイルがここにも。

 

 

 

 

あざやかな手つきで、次々とうまうまなお料理が生まれます!

 

 

 

 

では、(信じられないくらいのピント外れ写真ですが)かんぱ~い!

 

 

 

 

豚しゃぶサラダ。 お肉がやわらかい!

 

 

 

 

 

ごぼうの揚げ物。

ほくほく! ごぼうってこんなに甘いんやっ!!!

 

 

 

 

レンコンの肉詰め。 ジューシー!

 

 

 

 

串もどれも美味。 

 

 

そして。

 

 

 

がっつり食べ応えのあるカツオのたたき。

ニンニク、ショウガ、青じそ、おネギなどなど薬味をたっぷりのせてあり、実に私好みの味であります。

 

 

 

他の日本食屋さんに比べてボリュームがあるので、美味しくもぐもぐ、おなかいっぱい!

確か以前はもつ鍋メインのお店だったような気がしますが、それ以外のお料理もとっても充実しています。

 

 

 

・・・それにしても。

 

 

以前行った時(の内容は→こちら)と注文内容がほぼ一緒だったことにびっくり。

美味しかったからまた注文した・・・というのもありますが、次回はもう少し別のお料理にチャレンジしてみようっと。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明城壁遺跡公園 リベンジ! 果たして梅の開花は???

2018-03-30 20:16:49 | 北京暮らし おでかけ編

1週間前に出かけた≪明城壁遺跡公園≫。

梅の名所なのですが1週間前ではまだ少し早かったようで。

 

 

 

・・・こんな感じ。

つぼみばかりでした。

 

 

 

 

が、その後北京は一気に暖かくなったのでそろそろ見頃のはず。

 

というわけで昨日(3/29)。

黄砂まみれの空だったけど、少しマシになったので思い切ってGO! 果たして・・・。

 

 

 

 

おぉ~!!!!!

 

 

 

 

 

梅、満開~!!!!!

 

 

 

 

素晴らしいです!

空気汚染対策でマスクがっちりだったので梅の香は楽しめなかったけど、いやいや、素晴らしい!

 

 

 

 

 

城壁沿いに。

 

 

 

 

延々と続く梅、梅、梅・・・。

 

 

 

 

 

 

見頃ということで、平日にもかかわらず人がいっぱい。

 

 

 

 

 

ど~んとお家みたいなドデカ岩の表面には梅が彫られてた。

 

 

 

 

 

ピンク色、白色の梅、その反対側には黄色いレンギョウ。

 

 

 

 

・・・の下で。

 

 

 

 

 

何を熱心に拾ってるんや???

中医にでも使うんやろか?

 

 

 

 

 

 

このスポット。

 

 

 

 

 

やはり城壁がバックというのが最高!

 

 

 

 

 

ちなみに、植えられている梅の種類は。

 

 

 

 

 

50種類以上だとか!

 

 

 

 

 

こんなに種類があるなんて。

 

 

 

 

 

そして、その数1000株近く。

 

 

 

 

 

なが~い城壁に沿って続く梅。

 

 

 

 

 

散歩がてらにいかがでしょう?

 

 

 

それにしても、つくづく思うのは。

 

 

 

空気汚染のあほ~!!!!!

これさえなければ、美しい春の空の下、色も香りも楽しめるのに・・・。

(写真が全体的にうっすら黄色がかっているのは、たぶん、黄砂のせい)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎旅その10 不思議な余韻 『軍艦島クルーズ』

2018-03-28 22:04:25 | 2018.02一時帰国 長崎旅行

前回の続き。

いよいよ軍艦島に上陸です。

 

 

上陸と言っても参観できる場所は限られていて。

 

 

 

ネットからお借りしたMAP。 3つの見学広場でそれぞれガイドさんからの説明を聞き、その後30分ほどの自由行動。

 

 

 

ガイドさんのお話が本当にわかりやすく、軍艦島の生活が生き生きと目に浮かぶようです。

そのガイドさん曰く、こんなに穏やかな天候は珍しいとのこと。

以下、青空の下の軍艦島の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルーズで来るお客さんは、今回利用した船の場合1回でMAX200人。

中には、以前軍艦島に住んでいたという方も参加されるそうです。

 

そして、その方々は・・・。

 

 

 

 

 

写真も撮らずただただ、今目の前にある軍艦島を眺めておられることが多いのだとか。

 

 

 

 

 

 

 自分たちが住んでいたあの頃とのあまりの変わりように、おそらくカメラを構えることすら複雑な思いなのではないか・・・とガイドさんはおっしゃっていました。

 

 

ガイドさんのお話を聞いて驚いたのですが、軍艦島は当時最先端の生活水準だったとのこと。

 

 

 

 

 

鉄筋コンクリートの学校。

 

 

 

 

映画館などの娯楽施設。屋上には緑化設備。

 

 

 

 

 

 

 

 

炭鉱で栄えたこの島の人口密度は当時世界一だったとか・・・。

 

 

 

 

 

 

繁栄を極めた軍艦島。

ですが、閉山と共に無人島となり、今に至るのでした。

 

 

 

この軍艦島を保護する技術は今のところないらしく、ただ風雨にさらされ少しずつ形を変えていく軍艦島を見守るしかないそうです。

この一瞬一瞬の光景は、今しか見られない、そして永遠に失われてしまう軍艦島の姿なのです。

 

 

 

 

この空間にいること自体が不思議で実感がわかず、ただただカメラのシャッターを切り、軍艦島の姿を目に焼き付けました。

 

そして、あっという間に30分程度の参観時間は過ぎ、いよいよ島を離れる時。

 

 

 

 

 

船の上から少しずつ小さくなっていく軍艦島を見て、これまで世界のどの国を旅した時にも感じたことがない不思議な気持ちに襲われました。

 

 

例えとしてふさわしいかわからないけれど、映画『千と千尋の神隠し』のラスト、千尋が車に乗ってトンネルを抜ける時の空気感。

なんだかそんなふわふわと不思議な、現実に体験しているのだけど非現実的な、なんと表現してよいかわからない気持ちで、軍艦島が小さく小さく点になるまでずっと見ていました。

 

 

 

 

 

帰りの船はひたすら長崎港へ向かいます。

 

あんなに快晴で日差しが強かったけど、夕方の船は寒いっ!!!!!

 

 

 

 

不思議な余韻が残る『軍艦島クルーズ』。

本当に訪れて良かった・・・。 素晴らしい場所でした。

 

 

続きはまた今度。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎旅その9 いよいよ世界遺産『軍艦島』へ!

2018-03-26 19:40:27 | 2018.02一時帰国 長崎旅行

2月20日。 長崎旅6日目。

この日の午後は、この旅の最大の目的と言っても過言ではない『軍艦島上陸クルーズ』!

 

本当はその前日に予約していたのですがあいにくの雨だったので、今日の午後に変更してもらいました。(快く変更してくださって感謝!)

 

 

受付時刻、事務所へGO!

必要書類を準備しておいたので、手続きはさくっと終了。

 

 

乗船時刻までまだ時間があったので・・・。

 

 

 

ランチ。 

すっかりハマってしまったちゃんぽん。

他府県でも目にするチェーン店ですが、これもまた美味。(ドレッシングがついてくるのにはビックリでした)

 

 

 

 

 

それではいよいよ、乗船タ~イム!

ブラックダイアモンド・・・って、めっちゃ格好いいネーミングやん。

 

 

お天気も良いことですし、嬉しがって2階席をゲット。

個人的な感想ですが、向かって右側の方が見どころの写真を撮りやすいかもしれません。

 

 

 

 

船は長崎港を出て、一路軍艦島へ。

 

 

 

 

こちらは・・・?

 

 

ジャイアント・カンチレバークレーン』。

なんと、こちらも長崎の世界遺産の一つ! 今も現役っていうのがすごいっ!

 

 

船内にはガイドさんの案内アナウンスが流れ、知識の乏しい私でも理解を深めることができます。

 

 

 

 

そうこうしているうちに船はぐんぐん進み・・・。

 

 

 

 

『横島』

 

なんとこの島、以前は炭鉱として島全体が開発され、最盛期には700人もの方が生活していたのだとか。

その後操業が中断、更に地盤沈下が進み、今のこの姿になっているらしい。

 

 

 

この、今は小さな岩の塊のようなものにしか見えない島にそんな歴史が・・・。

 

軍艦島に行く前にすでに、この横島の運命にガツ~ンと衝撃を受ける私。

 

 

 

 

乗船して40分。

私たちが最初に到着した島は。

 

 

 

 

 

猫! 猫の島!?

 

 

 

・・・ではなく、"高島"。

その後向かう軍艦島にはお手洗いがないとのことで、私たちはいそいそと、はばかりへ。

 

 

 

・・・の中は何故か。

 

 

 

 

めっちゃラブリーだった。

 

 

 

さて、国内炭鉱産業の礎となった"高島"。

 

 

 

ここでは、高島や軍艦島などの探鉱事業について知ることができる資料館があります。

 

 

 

 

 

まずはこちらでその歴史や風土、人々の生活などを頭に入れておくと、次に向かう軍艦島での臨場感というか、実際に軍艦島を目の当たりにした時の生々しさがぐっと違ってくると思います。

 

 

 

 

"高島"を観光した私たちは、いよいよ・・・。

 

 

 

 

 

軍艦島へ!

遠くに見えてきました。

 

 

 

船はぐんぐんと近づいていき、徐々に視界の中でクリアになっていく軍艦島を、ただただ息をのんで見つめる私たち。

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

 

なんという圧倒的な存在感。

 

つたない語彙だけど一言でこの時の心境を表すと、「信じられない」という思いしかなく、ただただその姿を見つめるばかり。

 

 

 

 

 

 

船は徐々に軍艦島に近づき。

 

 

 

 

 

島の建物の詳細もくっきり見えてきました。

 

 

 

 

 

船はぐるりと船着き場へと周り。

 

 

 

 

いよいよ上陸です!

長くなりそうなので、軍艦島後半はまた今度。

 

 

 

 

 

ところで、この船の"ブラックダイアモンド"というネーミングはおそらく、石炭がかつて『黒いダイヤ』と称されていたから・・・だと思うのですが、我が家でも黒いダイヤと呼んでいるものがありました。

 

それは・・・。

 

 

愛猫 にゃおのにくきゅ~!

キジトラにゃおはんの肉球は黒色なのですが、それを見た夫が一言。

 

「黒いダイヤ・・・」

 

 

以来我が家では、黒いダイヤ=にゃおのにくきゅ~・・・であります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北京・明の時代の城壁で梅まつり!

2018-03-23 21:47:15 | 北京暮らし おでかけ編

先日の雪はともかくとして、日ごと暖かくなってきている北京。

春の北京のお楽しみ。それは何といっても春を彩る花々。

 

3月後半、この時期は梅でしょう~!

 

 

・・・と出かけた先は。

 

 

 

 

北京明城壁遺跡公園

この時期、"梅まつり"なるものも開催されているようです。

 

 

 

この公園の何が素晴らしいって・・・。

 

 

 

 

 

じゃ~ん! 城壁だ!!!

 

 

明の時代に建設された北京を囲む城壁のうち、唯一ここだけが残っているのであります。

チケット代10元。 

その城壁の上には・・・。

 

 

 

 

更に楼が。

 

 

 

この季節、この楼の中では。

 

 

 

 

あらま。 梅の盆栽・・・。

 

一歩、楼の中に足を踏み入れると、梅のほのかに甘い香りに包まれてそれはそれは心地よい・・・。

 

 

 

 

この楼内での盆栽梅まつりはまだ第三回と始まったばかりのようですが、今後続いていくといいなぁ。

 

 

 

 

 

さてさて。

楼の上に上がった人だけが味わえるお楽しみ、その2。

 

 

それは・・・。

 

 

 

 

北京駅~!!!!!

 

 

 

こちら、北京駅のすぐ南に位置するので、城壁の上からは北京駅を往来する電車が見放題!

鉄ちゃんにはたまらないスポットであります。

 

数分おきに貨物列車、客車、いろいろ行き来を楽しむことができました。

 

 

 

さてさて。

 

 

 

 

 

この城壁は、チケット売り場がある北京駅の南側(あるいは、地下鉄建国門駅の南側)を東の端として、ず~っと崇文門まで続いています。

 

 

 

 

というわけで、鉄道を眺めつつ城壁を下りて、梅を愛でるおさんぽへ。

 

 

 

 

今年で11回目を迎える梅まつり。

この、色鮮やかな飾りつけ。 いかにも北京!

 

 

 

 

 

 

どちらかというと、こちらの提灯の方が日本人にはしっくりくるかも。

 

 

 

さてさて。

城壁沿いにずら~っと梅の花が咲き乱れるということでしたが。

 

 

 

 

でしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

?????

 

 

 

 

見頃には早すぎました。

 

 

 

 

まだまだ、ほとんどがつぼみ。

見頃にはちょっと早すぎたようです。

 

 

 

とはいえ。

 

 

 

 

 

 

 

種類によるのか、場所の影響か、ほぼ満開の梅も!

 

 

 

 

城壁をバックに、美しい・・・。

 

 

 

 

 

そしてその城壁。

修繕を繰り返した後は残っていますが、何百年も前に造られたものかと思うとそのひとつひとつの作業に心が奪われます。

なが~い歴史の国にいるって面白いなぁと改めて感じたのでした。

 

 

 

 

 

今日以降一気に暖かくなる北京なので、来週あたりが見頃かな?

 

機会があればぜひとも満開の梅を見に行きたいと思います!

 

 

 

ところで。

こういうお花が美しいところで必ずお見かけする方々。

それは・・・。

 

 

 

小道具持参で写真撮影!のおばちゃんたち。

 

 

 

今回もさぞかし良い写真が撮れたことでしょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎旅その8 晴天の下、そして夜のグラバー邸へ!

2018-03-21 21:31:08 | 2018.02一時帰国 長崎旅行

2月20日。長崎旅6日目。

猫を愛でた後は・・・。

 

 

 

 

なんだか不思議な目印が続く壁にそって、てくてく、てくてく・・・。

 

 

 

 

大浦天主堂へ。

修繕中でしたが、中を参観できました。

美しいステンドガラス、教会の内装。 撮影不可だったのでお写真はありませんでしたが、その美しさに心が落ち着きます。

 

 

 

 

そこからすぐそばのグラバー園へ。

 

 

 

 

長崎は住宅街も観光地もエスカレーター率高し(byかっちゃん調べ)

 

 

 

 

そのエスカレーターを下りたところに、なんだか眉間にしわ寄せたおっちゃんの顔が貼りついてる不思議なモノが。

 

 

 

これ、何かといいますと。

 

 

 

水道でした。

眉間にしわ寄せたおっさんのデコの上のボタンをぐい~っと押すらしい。

 

 

 

・・・ますます眉間にしわ寄るっちゅ~ねん。

 

 

 

 

グラバー園内は、美しく保存された建物に。

 

 

 

 

 

心地よい庭園。

ここには・・・。

 

 

 

 

鯉がいるそうなので、ガチャガチャでご飯ゲットして鯉にあげてください。

(私はしてませんけど)

 

 

 

 

で、こちらがグラバー園。

 

 

 

 

グラバーさんの素敵お宅訪問。

 

いいとこに住んで、いいもん食べたはる。

 

 

 

 

ところで。

長崎は鎖国時代も海外との貿易を行っていたということもあり。

 

 

 

 

海外の文化の玄関口。 〇〇発祥の地・・・というのを何度か目にしました。

 

 

 

 

その、日本で初めての西洋レストランで。

 

 

 

 

なんだか美味しそうな水出しコーヒーがいただけるらしい。

 

 

というわけで入ってみたら。

 

 

 

 

・・・満席。 がっくり。

 

 

 

そこで。

 

 

 

 

陽の光を浴びてキラッキラの素敵な液体を。

(ま、ラムネは押した瞬間、うわぁぁぁぁぁぁぁって泡があふれてくる、お約束のわちゃわちゃでしたが)

 

 

 

 

"手引きラムネ"と"バンザイサイダー"。 どちらも懐かしい味!

 

 

 

 

 

ぐびぐびっと飲み干した後は、いよいよあの海の向こうへ・・・。

軍艦島上陸ツアーであります。

 

 

 

・・・が、時間をちょっと早送りして、この日の夜。

 

 

 

 

ふたたびグラバー園へ。

 

 

 

 

ちょうど長崎旅行中に『グラバーナイトイルミネーション』というイベントが開催中だったので。

 

 

 

 

 

夜もまた訪問。

(ちなみにチケットはその都度購入する必要があります。 こういうイベント開催時は1DAYチケットとか何かの割引があったらいいのになぁ・・・)

 

 

 

 

 

こちらは竹をくり抜いたオブジェ。 昼間見た時は特に何も感じなかったけれど、夜にこそその美しさを発揮するのですね~。

 

 

 

 

そして、グラバー邸。

これだけでも美しくライトアップされているのですが、15分おきに・・・。

 

 

 

 

わぁぁぁぁぁ!!!!!

3Dプロジェクションマッピングが!

 

 

 

・・・あまりの美しさに2回も見てしまいました。

 

 

昼も夜も美しいグラバー園。 公式サイトをチェックしてみると、常に色々なイベントが開催されているようです。

どの季節も楽しそう!

 

 

続きはまたこんど。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

相変わらず美味しいタイ料理『暹羅泰(非常泰)』

2018-03-19 20:20:38 | 北京暮らし もぐもぐ編 アジアン料理

本題に入る前に、まずは一昨日の雪の話を。

 

あの雪・・・。

 

 

 

まさかの・・・・・。

 

 

 

人工雪 だったそうです。

 

 

 

 

あんなにわちゃわちゃ降ってたの、ぜ~んぶ。

 

 

 

 

人工雪

 

 

 

 

だったそうです。

 

 

 

"瑞雪"、つまりおめでたいとされる雪。

これはもう演出のため?

 

 

ちょうど今このお国では大事な会議があって、大事なことが決まってる最中。

 

 

 

 

…と考えると、前回のブログにも書きましたが2013年3月のドカ雪。 あれはちょうど5年前の3月。

その時も、お国の大事な会議があって、お国の大事なことが決まったタイミングでありました。

 

 

 

ということは、ということは・・・。

 

 

 

 

当時のドカ雪も人工雪だった・・・かも!?

 

 

 

 

ちなみに人工雪、人工雨はこの国では時々あることでして。

 

 

 

雲に向かってロケットをガガガガ~ン!と発射するそうです。

 

 

 

 

・・・気を取り直して。

 

もやもやする時は、美味しいもぐもぐに限る!

 

 

 

というわけで。

 

 

 

 

タイのビールだ!

 

 

前回の駐在時からず~っと人気の『暹羅泰(非常泰)』

新源西里東街甲10号 新源西里社区

 

 

 

 

定番、海老の生春巻き。

 

 

 

 

タイのチャーハン。(少し甘みが強かったかな)

 

 

 

 

色々盛り合わせ!

揚げ春巻き風、さつま揚げ風、ビールに合って色々楽しめる一品です。

 

 

 

・・・で、なんと言っても美味しかったのが。

 

 

 

大好きなトムヤムクン! この奥深い味。 酸味と辛みのバランスの良さ!

プリップリの海老と一緒にがぶがぶいただきました。

 

 

 

このお店は他にも蟹カレーとかタイのお鍋とか美味しいお料理がいろいろです。

 

 

あぁ~・・・。 タイ、久しぶりに行きたいなぁ~。

 

 

 

ちなみにタイは、中国人の旅行先として大人気。

先日の春節休暇も。

 

 

 

 

タイは人気ナンバー1!!!

 

 

 

ちなみに2位の日本。

北海道、東京、沖縄・・・などは当然人気なのですが、今回の"中国人訪問の伸び率"だけをピックアップしてみると、なんと伸び率1位は・・・。

 

 

 

 

長崎~!!!!!

 

 

 

・・・めっちゃ中国人のブームに乗って旅行してしまった私たち。

(2位の小松っていうのもすごい)

 

 

というわけで、次回以降マイペースで長崎旅行記を続けたいと思います。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加