浜のみかん屋

愛媛の美味しい柑橘類を 『浜のみかん屋』 があなたの元へお届けします。

新たなお盆

2018年08月16日 | 旬の情報
【新たな家族を迎えて】

 新たな家族(長男・次男の結婚)を迎えて、初めてのお盆休みの三日間が過ぎました。

 墓地への参拝、そして先祖の霊をお迎えするための準備、そしてお見送り。

新たに家族となったお嫁さん達にとっては・・・どの様に映ったのでしょうか

 投稿写真は先祖の霊をお迎えするための祭壇を作った様子を撮ったものです。

これまで35年間、父から引き継いできたお盆の行事ですが、

これからは本家の長男が引き継いでもらい、次男は分家として継承してもらいたいものです。

慌ただしい三日間でしたが、帰省していた親戚や子供達も帰り、今日からまた日常の生活に戻ります。

 お盆休みの間にテレビ東京の人から次のようなメールが届きました。

 「テレビ東京の橋本です。
いつも色々とお世話になりまして、誠にありがとうございます。
この度、取材をさせていただいたものをまとめて、
20日(月)23時~
ワールドビジネスサテライトというニュース番組で放送させて頂く予定となりました。
愛媛ではBSジャパンで同時間に視聴可能ですので、よろしくお願い致します。
放送に向け、
16日から編集作業に入るのですが、
せっかくなので明浜のミカン畑が、
一面にオレンジに色づくような
風光明媚な写真を使わせて頂きたいなと考えておりまして、
もしお持ちでしたらご提供願えますか?
加えて、土砂の片付けをしている写真も数枚頂けますと幸いです。
お手数ですが、よろしくお願い致します」

 と言うことで、過去の写真を探しましたが

「ミカン畑が一面にオレンジに色づくような写真・・・」

その時は採収作業に忙しい思いをしているので・・・なかなかありませんでした。
コメント

みかん山の涙跡:復旧活動Ⅲ

2018年08月12日 | 旬の情報
【復旧活動・・・開始】

あっという間に・・・今年もお盆がやって来ました。

 昨日は長男と一緒にお墓掃除・・・

 結婚を機に、少しずつ家長として行われなければ行けない事を継承しています。

 今日は次男と長女が共に連れ合いを連れて帰省。

 毛利家は・・・賑やかなお盆になりそうですが、

西日本豪雨で被災された方々にとってはどの様なお盆が過ごせるのでしょう

 家が流され、仮設住宅に転居されている家庭、

まだ仮設住宅にも入居できず、親戚等でお世話になっている家庭、

 床上浸水等で・・・未だに家が片付かず、避難生活を余儀なくされている家庭、

 それに、人命を亡くされた方々とその親戚の方々・・・

 亡き霊を供養するお盆ですが・・・

 投稿写真はモノラックの被害調査をしているところを撮ったものです。

この後、河川に流れ込んだエスロンパイプの撤去作業の様子を投稿します。
コメント

みかん山の涙跡:復旧活動Ⅱ

2018年08月11日 | 旬の情報
【復旧活動・・・開始】

 投稿写真はネットで探した( PASCO)航空写真です。

上の画像が俵津地区~狩江地区にかけた航空写真と下段の画像が狩江地区の渡江区を撮した航空写真です。

 今回の大雨で、みかん山が悲鳴を上げ、山が涙を流した涙後です。

 投稿画像で茶色く縦に筋が入ったところが山が泣いた涙跡で崩壊したところとなり、

モノラックのレールやスピリンクラーの埋設パイプ、そして農道が寸断された所となります。

 やっぱり 思った以上の被害状況であることを・・・あらためて感じました。

 モノラックの被害調査に入った心ない人が

「流失した土は、また新たに運び上げて畑に復旧するのですかぁ~」と問いかけてきました。

 ば~か どれだけの土砂が流失したと思っているのでしょう。

 心が折れそうです。
コメント

みかん山の涙跡:復旧活動Ⅰ

2018年08月09日 | 旬の情報
【復旧活動・・・開始】

 先月、26日に開催された、土砂崩れによる被災したモノラックの聞き取り調査(8月4日の投稿写真)から

10日間もたち・・・やっと現地確認作業が始まりました。

 一班4名で、全10班に分かれて、聞き取り調査の被災箇所の現地確認作業です。

 破壊されたモノラックのレールの全長を測定し、

レールの支柱になるパイプ数量の確認、被害箇所の平均勾配の測定等を行いました。

 この調査によって、モノラックの被害額が想定され、補助金が確定するものだと思われます。

 投稿写真は破壊されたモノラックの現地調査の様子を撮ったものです。

 こうした作業もお役所仕事です・・・炎天下の暑い日中の作業にかり出されました。

 我々は早朝の6時から10時半まで、午後は3時から6時半までの、

出来るだけ気温の上がらない時間帯に農作業をおこないます。

 毎日の炎天下での野良仕事・・・体調管理に気を遣いますが、

 日頃は庁舎内で仕事をしている方々には・・・炎天下での作業が苦にならないようです。



コメント

みかんの里:応援メール紹介Ⅲ

2018年08月04日 | 旬の情報
【応援メール紹介】

 東洋大学の菅原先生(海外研修で外国に在住)から

「中馬君や矢部くんも学生同士で連絡を取ってくれているようですが、私からあらためて発信します。

本学科の学生たちがお世話になっている地域なので、同学科の先生たちにも呼びかけをしたいと思います。」


東洋大学のOB:横山君から

 「お久しぶりです。秋祭りの時に大変お世話になったので、微力ながらお力添えさせていただきます。」

 「何時か、また狩江に来ることができればいいですねぇ」

 「はい! ぜひまた行きたいです。一日も早く美しい狩江の地が見られることをお祈りしています。」


 西予市明浜支所・・・産業建設課長より

 西日本豪雨で被災したモノレールの被災確認調査について

西日本豪雨により被災した明浜地域の農業用施設(モノレール)について、
下記のより被災状況の聞取り調査をさせていただきます。
今回の調査は、明浜地域全体のモノレールの被災箇所、被災状況を把握することが目的です。
調査当日は、地図上に被災したモノレールの場所を書き入れたり、別紙の内容等を聞取りさせていただきますので、
農家の方にはお手数ですが、事前にモノレールの被災状況を確認していただき、
当日に聞取りさせてください。(別添の調査票を記入の上、当日ご持参ください。)

 投稿写真はその被災確認調査の様子を撮ったものです
コメント

みかんの里:応援メール紹介Ⅱ

2018年08月01日 | 旬の情報
【応援メール紹介】

 東洋大学のOB:檜渡さんから

「毛利さん お久しぶりです。東洋大学の檜渡です。

豪雨大変でしたね・・・ 皆様とみかん畑は大丈夫ですか

 「毛利さんのお宅も床下浸水だったんですね

ひどい状況、わたしが知っている狩江とはほど遠いです」

 「お体無事で良かったです。何から手をつければ良いのか

気持も環境も大変だと思いますが、みなさんの持ち前の明るさで、頑張ってください」

 東洋大学のOB:大場くんから

 「お久しぶりです。 大変な被害に遭われたこと、心よりお見舞い申し上げます。

お力になれたかどうかはわかりませんが、是非後日訪れる際に復興した地を見たいなと心から思っています。

楽しい思い出を頂いた土地がこんなにも被害に遭われたことが、すごく悲しいですが、

お世話になった皆様が無事であったことが何にも変えられない救いだと思います。

是非、またお邪魔させてください」

以前、閉校になった狩江小学校の体育館の清掃活動に来てくれた学生さんです。

 みかん園の復旧にはまだまだ時間がかかりますが、災害で遅れていた日常の農作業に手をつけ始めました。

 投稿写真はみかんの摘果作業を撮ったものです。

みかんの実が小さいもの、大き過ぎるもの、器量の悪いものを取り去っている状態で、

みかんの樹の下に落としたみかんが写っていると思います。

炎天下の中、園内にあるみかんの樹を一本、一本、この摘果作業を行っていきます
コメント

みかんの里:応援メール紹介Ⅰ

2018年07月30日 | 旬の情報
【応援メール紹介】

 西日本への台風12号の大きな被害も・・・TVでは報道されて無く、

被災された方々の折れそうな心も・・・何とか折れずに済んでいることと思います。

 ここで、心温まるメールを紹介したいと思います

 横須賀市立明浜小学校元PTA会長さんから

「 毛利様  本日、ゆうちょ銀行の〇〇〇〇様あてに送金させていただきました。

岩崎会長をはじめとした現在のPTA役員のみなさん、私、髙松のような旧PTA運営委員のみなさん、

坂元先生にもお声掛けをし、趣旨にご賛同いただいた有志(23名)によるものです。

先代PTA会長の丸山さんが集金・送金をしてくれました。

金額に端数がありますが、これは子供達も協力してくれたからです (これは私もうれしかった)

被害の大きさから考えたら僅かながらの金額ですが、お収めいただき、有効にお使いいただけたら幸いです。

横須賀・髙松 」

 本当に 本当に嬉しいメールでした。

 元髙松PTA会長が狩浜に来られた時に言われた

「時間が取れたら、私の『故郷』として狩江に、何度も足を運びたいものです」との言葉通りに、

 今年から「空き屋」の委託管理を請け負い、「都会の人達に故郷を提供する事業」として、

何時でもお迎え出来るような体制を整えようとしていま~す

 その時は、愛媛に自分の別荘を持った気持で、ご家族で来て頂ければ仕合わせです。

 投稿写真は集団健康診断に集まって・・・受付業務をしている住民の姿を撮ったものです。

豪雨後の時間も過ぎ・・・少しずつ、日常の生活に戻って来ています。

コメント

集団健康診断Ⅰ

2018年07月29日 | 旬の情報
【健康診断】

 今週の前半に狩江地区の集団健康診断が行われました。

 一般の診断コースとは別に、胃と胸部レントゲン、腹部エコー診断、大腸がん診断等を受けましたが、

 血圧測定の結果、数値が少し高いとのことで、心電図・眼底診断が無料の受診を余儀なくされました。

 毎年の事ですが、減量するように注意はせれているのですが、

 アハハハハ 他人には厳しく、自分に甘い性格で、なかなか減量が出来ません。

減量さえすれば、脂肪肝による血液検査の数値も下がりますし、肥満による血圧上昇も防げるのは解ってはいます。

 数週間後の血液検査の結果が出る頃には、

 今までのような経過観察で済むのか、精密健診と出るのか心配するところで~す。

 心配と言えば・・・台風12号の動向です。

今のところ台風前の静けさを保っていますが・・・今までに無いコースを進んでいるので、

この後、どうなるか検討もつきません

 ただただ・・・これ以上の被害が起こらないことを願うだけです。
コメント

みかんの里:緊急速報15

2018年07月27日 | 旬の情報
【みかん園崩壊】

災害から、もう~10日間も経ちましたが、まだ10日間しか過ぎてないのかぁ~と言う気分です。

 今回の災害によって、スプリンクラー施設の破損し、農家が出賦して修理を重ねてきましたが、

土砂崩れでスプリンクラー施設の本管が寸断され、自動防除体制が取れなくなったブロックもあり、

改修工事が終了するまで・・・手がけによる手散布での防除になりました。

 40度を超えようかとする猛暑の中、雨カッパを着ての防除作業です。

 早朝の涼しい時間からの防除作業に努め、少しでも体の負担を軽減させようとしますが、

10時を越えると・・・とても耐えられなくなる暑さで、何もかも投げ捨てて、防除作業を止めることになります。

 投稿写真はまだ若い長男が防除作業をしている様子を撮ったものですが、

 高齢化が進んでいる当地区においても、この先、大変な事になってくるのではと心配するところです。
コメント

みかんの里:緊急速報14

2018年07月25日 | 旬の情報
【みかん園崩壊】

投稿写真はなだれ込んだ土砂とえぐられた土の様子を撮ったものです。

各個人単位で、こうした園内がいたるところに点在します。

このみかん園地の整備に・・・どれだけの時間と体力が要るかと思うと、うんざりします。

このまま放置しておいても、採収時期になっての果実の搬出に余分な負担がかかるだけですので・・・放置も出来ません。

 この猛暑の中、こつこつと手作業で整備する以外・・・ありません。

 只でさえ、年を取って体力がなくなっている中、再度、園内整備することを考えると・・・ぞ~とします。

 こうした被害のため、今年度の8月6日に予定されていた「あけはま町のカッパ祭り」が中止に、

 8月14日の渡江地区の「歌舞伎くずし盆踊り」も中止になりました。

おそらく9月の町民運動会も中止になるでしょう

 こんな時だけに・・・「狩浜の秋祭り」は五穀豊穣を願う神事ごとだけに、開催してもらいたいものです




コメント

みかんの里:緊急速報⒔

2018年07月22日 | 旬の情報
【みかん園崩壊】

投稿写真は、大川の護岸が壊され、家の基礎部分がえぐられているところを撮ったものです。

間一髪で、家が傾きところでした。

今は応急処置として、大きな土嚢を設置し、これ以上の浸食を防ぐ様にしています。

おそらく、今は野村町の災害復旧が優先的な課題でしょうから、致し方ないない事だと思いますが、

 できるだけ早急な工事の開始をしなければ、今後の台風シーズンに耐えうるものか心配するところです。

 当狩江地区を見回して見ると、何とか日常生活が営めるように復旧はしましたが、

これからが基幹産業であるみかん栽培の復旧に努めなければいけません。

そして復興への灯火を見つけなければいけません。

 海外で研修を重ねている菅原先生からのメールで

「岩手にいる義父母も茨城の実父母も東日本大震災での被災がなかったら、

今よりももっと体調がよい状態でいただろうなぁとつくづく思います。

復興のために費やした時間と体力気力は後々まで心身に響きます。」

 高齢化が進み、限界集落に向かって行く狩江地区において、

お年寄りへの心配りが大切なことに再認識するところです。

 こんな事を言っている私も・・・もうすぐ老人の部類に入りますがぁ~

 
コメント

みかんの里:緊急速報Ⅻ

2018年07月21日 | 旬の情報
【みかん園崩壊】

投稿写真は氾濫した大川(名前負けする川ですが、それでも狩江区では流域面積の大きい川です)の現在の状態です。

アップした写真をよく見て下さい。

写真の川の中ほどに幅1㍍程の鉄骨で作られた渡橋があろうかと思います。

この渡橋が約500㍍上流から・・・ここまで流されました。

この渡橋に取り付けられていたモノラックのエンジン・荷台が大川の河口まで流されています。


 ここで一言、お礼を申し上げたいと思います。

 東洋大学、菅原ゼミの卒業生の鈴木君、中馬君、大場君らから、今回の被災に対してのお見舞いが届きました。

 本当にありがとうございます

 届けられたお見舞いですが、今のところ、私の個人的な考えですが、

灌水して使用不能になった室外機やボイラーの買い換え費用の一部に支援する考えでいます。

 今後、このようなお見舞いが続くことも考えられますので、

「空き屋対策委員会」のメンバーで相談して、運用をしっかり決めたいと思います。

 本当に心温まる支援・・・ありがとうございます
コメント

みかんの里:緊急速報Ⅺ

2018年07月19日 | 旬の情報
【みかん園崩壊】

 今日で大まかな農道の復旧工事は終わりましたが、

各農家単位の果樹園に流入した土砂対策や破損したモノラックの改修が始まります。

 長男は南予用水施設の試験散水に出賦し、これから施設の破損箇所の確認作業に入ります。

みかん園に埋設されているエスロンパイプの破損箇所を見つけるだけでも大変な作業ですが、

その修理作業は・・・もっと大変なことになろうかと思います

 投稿写真はこの豪雨で現れた「だんだん畑に幻の白糸の滝」を撮ったものです

災害から10日間程経ち、災害後を見回してみますと、

甚大な被害があったとなりの吉田町、同町内の俵津地区や渡江地区に比べて

当狩浜地区は豪雨被害が少ないように感じられます。

 急傾斜のサゴ畑は・・・いたるところで表層流れを起こしていますが、

 先人達が築き上げた「だんだん畑」では表層流れをあまり見ることはありません。

 やっぱり、「匡の重要文化的景観」に選定されようとするだけの価値はあろうかと思います。

 私はこの高温続きの毎日で・・・ちょっとお疲れモードに入りました。
コメント

みかんの里:緊急速報Ⅹ

2018年07月17日 | 旬の情報
【みかん園崩壊】

 昨日、国道56号線が全面交通規制の解除となったので、

お中元の注文があった『蜜柑汁』を発送するため、クロネコ宅急便宇和島営業所まで片道50分かけて行ってきました。

 何時もなら、毎日集荷に立ち寄ってくれるクロネコさんですが、

クロネコ吉田営業所が灌水し、事務所の中の事務器財が使用不能、集配・配送用のトラックが全車使用不能となり、

 連絡手段は携帯電話のみ、「営業所が復旧するまで、当分の間の集荷はできなくなりました」との連絡がありました。

 そんな訳で、営業が行われている宇和島営業所まで、荷物は自分達で持って行かなければいけなくなったのです。

 宇和島までの道中  狩江と比較して、被害の甚大さに驚くばかりでした。

 特にライフラインである水道水の復旧が、急がれるところですが、

浄水場の復旧を断念せざるを得ない場所にあるため、新たな場所で浄水場が建設されるようになり、

何時まで断水が続くのか解らない苦しみがあります。

 泥まみれになった家具類・食器類も綺麗に洗うことができずにいますし、

町全体が泥ぼこりで・・・マスクが必要不可欠の必需品です。
コメント

みかんの里:緊急速報Ⅸ

2018年07月15日 | 旬の情報
【みかん園崩壊】

 本当に心温まるメールが各地から届いています。

 数年前から交流のある横須賀市立明浜小学校PTA会長から

 「毛利様 ご無沙汰しております。 昨年度副会長の岩崎です。

本年は会長を拝命し そろそろ「はっPまつり」でお声をかけさせていただこうかと思っていた矢先、

今回の災害に被災されたのでは? と委員会で話がでたことで ひとまずご連絡させていただきました。

予定では11月17日に開催し、事前の予選会をやらずに本番で恒例の「みかんの皮むぎ選手権」を考えておりますが、

今回の件でどうしたら宜しいかとお伺いをさせていただきました。

合わせて、お見舞い方々ご多忙のなかご連絡いただければ、幸いに存じます」

 元横須賀市立明浜小学校PTA会長さんからは

 「横須賀の髙松です。ブログ、見ました。

一緒に連れていってもらったみかん畑もこんな大変なことになってしまい、言葉もありません。

何か私にもできることがあったらおっしゃってください。

短期間ではありますが、そちらにお伺いすることもできると思います。

どうか気を落とされませぬよう」

 こうした気持を頂けるだけでも、本当に幸せ者です

 投稿写真は幅約30㍍にわたって土砂崩れが起き、寸断された農道を撮ったものです。

 復旧作業に・・・相当の時間と金額がかかるでしょうねぇ

農道だけに、工事費には受益者負担が必要となってきます。

 災害復旧という形で・・・受益者負担の免除になれば良いのですが
コメント