W A K I の気ままなトンボの目

自分流の勝手な生き方ですが、何か気付いたことを書いてみます。
コメントはタイトルをクリックしてどうぞ。

風景が変わった 「雑木林周りの木々が払われて」

2012年02月29日 | TOWN

 

ベランダから見下ろした先の築山の雑木林の木が蔓延って鬱蒼としていたが市の作業車が来て周囲5mほどの木々が取り払われた、結構太い木もあってブナや松の大木もあった。1mほどに切られた幹の年輪を数えると団地の造成と同じ50年を超えていた。5年ほど前のときは周囲2m程の刈り込みだったが今度は少し規模がおおきい。脇の電線にはモズが何事かと考えながら心配そうに留まって作業を眺めていた。去年カラスが子育てをした松の大木は切り払われた。また金網から出入りしていたタヌキはどうしているのだろう。

 

コメント (4)

とにかくきれいな鳥だ 「山田池オシドリ戻りほっとする」

2012年02月28日 | TOWN

 

去年の11月ごろから山田池は池底の学術調査で干上がって心配したがいまはもとどおり水を満々とたたえてようやく水鳥たちも戻ってきた。うわさでオシドリも来ていると聞いたので行ってみたらいたいた。水面に張り出した大木の葉陰に何箇所か別れて戯れていた。去年も3月に入ってから取り上げたがさすがに美しい。臆病なのでオオタカに狙われるのを避けて岸辺の木陰に集まっているらしい。動画でも撮ってみたのでYoutubeで公開しています時間が許せばご覧いただくと嬉しい。

 

YoutubeのURLは  http://www.youtube.com/user/w10391/videos です。

Youtubeを開き W10391 → 検索 でもご覧いただけます。

コメント (5)

故郷に思いを馳せて 「牽牛と織女のロマン生きる街」

2012年02月27日 | TOWN

 

きのうはユーカリフェスタ2日目、天気も回復して舞台演目の発表もあり会場は沢山の人で賑わった。ユーカリ川柳会はふるさと「枚方」をテーマにしてこれを各自が色紙にして展示をしたがこれが大好評で多くの人に見ていただいた、これが皆さんの作品、それぞれ思い思いで味がある。タイトルは指導をいただいている碓氷祥昭さんの作品。毎年見ていただいている地元の番傘川柳本社主幹の礒野いさむさんからもお褒めの言葉をいただいた。ふるさと枚方への想いが詰まった皆さんの力作をとくとご覧ください。

 

コメント (3)

一年の成果を展示 「作品を色紙に託し展示する」

2012年02月26日 | TOWN

 

ユーカリフェスタはきのう初日を迎えた。ユーカリ川柳会は各自が2枚ずつ自分の作品を色紙にしたためてパネルに展示、雨にも拘わらず600人の入場者があったと発表された。色紙の一枚は地元「枚方」を詠み込んだもの、もう一枚は毎回の句会での自選作品、この二つに各自イラスト、写真、水墨、などいろいろ自分で作品に仕上げて展示した。講師の先生も同じように作っていただいた。今回の「句集4」は両日とも午前、午後先着50名様に進呈した。Wakiの作品はご覧のとおりでした。きょうは舞台発表の演目が加わる。

 

コメント (3)

春の兆し 「やがて春梅もちらほら咲いてます」

2012年02月25日 | TOWN

 

梅一輪一りんほどの暖かさ、と詠んだのは芭蕉の高弟服部嵐雪と言われていますがこの句は、梅の花の一輪また一輪と咲くにつれ、暖かくなって春の訪れがきたと読みとるが、香里団地にもようやく春の兆しがやってきた。昨日は風もなく穏やかで木洩れ日水路にも春の日差しがさしていた、傍らの梅の木にもちらほらと花が咲いて、おとといは近所の林でうぐいすの初鳴きをアカトンボが聞いた。きょう明日とはユーカリフェスタWakiたちのユーカリ川柳会は川柳の作品を出展する。

 

コメント (4)

ついて行くのに忙しい 「この世界日進月歩で進化する」

2012年02月24日 | TOWN

 

WAKIのトンボの目」もかれこれ7年こうしてパソコンやスマホに送って見ていただくことができるのもパソコンを取り巻く周辺の技術の革新と進歩のおかげにほかならない。この2冊の雑誌はいまコンビニでも売っている本だが、これからのパソコンやスマートフォンのユーザーはクラウドサービスによって計り知れない恩恵を受けることになる。その数々の活用法を解説している。もう一方の本はいま話題のGoogle社が提供する数々のアプリケーションとそれらを生み出すGoogle社のユニークな開発体制を特集している。どちらもタイムリーにWakiの知りたい情報が満載で参考になった。

 

 

コメント (4)

お粗末ボヤ騒ぎ 「タッチの差影響受けずホッとする」

2012年02月23日 | TOWN

 

 

きのうは2日続きで大阪へ出た午前中は「おもしろ書道」の月例会、少し早かったが地下鉄御堂筋線の西田辺駅に着いた、改札口を出て帰りのことを考えながらIKOCAのチャージをしてふと見ると降りた電車が止まったままで扉も開いた状態で「ただいま運転を見合わせています」とアナウンスをしている。先生も含めて阪和線を利用した人も多かったが、多くの人が思わぬ影響を受けた。Wakiは午後からの会合もあって帰りは淀屋橋で4時半頃、「地下鉄は梅田駅が閉鎖で通過しています」とのアナウンスがあった。長年乗ってるがこんなのは始めてだ。淀屋橋から梅田に行こうとしてホームに入ったお客さんは案内が不親切だとぶつぶつ言っていた。

 

コメント (5)

パソコン同好会 「パソコンの話題は尽きず盛り上がる」

2012年02月22日 | TOWN

 社友のOBで組織するパソコン同好会、月1回の例会が待ち遠しい。この一年は新しくデビューしたWindows7の勉強をメンバーのYさんの講義でシリーズで行なってきたがようやく終了した。またきのうはWakiの担当で動画作品をYoutubeにアップロードする方法を説明したが欲張った内容で、理解いただけたかどうか心許ない。またこのグループは超ビギナーから超ベテランまで多彩、どんなことでも解決してくれるからこれほど恵まれた環境はそうないと自負している。昨日もAさんがYさんのアドバイスで新品のパソコンにメモリの増設をしたが。こんなよろず相談に応えられるのが強みでもある。Wakiはどちらか言えばハードよりもソフトに興味があって進歩し続けるハードでこんなことも出来ると言うのをいろいろと体験してゆきたい。そうしてアンドロイドとかクラウドとかの世界をこれからの課題として体験してみたいと思っている。

コメント (5)

下水のコレストロールを落とす 「下水道高圧水でメンテする」

2012年02月21日 | TOWN

 

昨日は年に1回の下水道のメンテの日、住宅の各戸に委託のメンテ業者がやって来て各戸順番にやってくれる、家の前には静音型の高圧水を発生する専用車が止まって階段を伝ってホースが引かれ、各家の台所、洗濯場、風呂場、洗面所の排水口を丹念に高圧水を掛けて洗浄してくれる。風呂場などの手の届く範囲は時折り自分でやるが沢山の水垢を取るのは容易では無い。でもこうして綺麗にしていただくと衛生的で気持ちがいい。

コメント (4)

団地とともに 「愛されて歴史の重み50年」

2012年02月20日 | TOWN

 

きのう家から5分のところにあるピーコックストアに買い物に行ったら果物売り場に挨拶文が掲出してあった、文面によるとこの売り場責任者のMさんがめでたく退職されるとのことであった、いつも顔馴染みで会話が弾みいろいろ買い物のアドバイスを頂戴した。文面によるとこのストア誕生とともに店頭に立たれて一途に50年、団地が造成された時から共に頑張ってこられた。ご本人は感無量のことと思う。時あたかも周りの中学校も小学校も皆創立50周年を迎える。

コメント (3)