W A K I の気ままなトンボの目

自分流の勝手な生き方ですが、何か気付いたことを書いてみます。
コメントはタイトルをクリックしてどうぞ。

台風被災「19号やっぱり家が浸かってた」

2019年10月18日 | 80歳代

今度の台風19号で案じていた従弟の家が被災した、17日の深夜になって携帯に連絡が入って福島県郡山市に住む従弟のFさんが無事であることが分かった。家はあの阿武隈川の氾濫で屋根まで浸かる状態で今は親戚の家に避難している状況で最悪とか、こちらからは電話を入れても繋がらないし、水害から1日おいてやっと郡山市の災害対策本部に電話を入れ避難所の小学校と公民館を教えて貰い、心当たりを尋ねたが分からづじまい。でも分かって良かった。

命あってのものだねだ、再建は大変だがどうか頑張って欲しい。

コメント (1)

こつこつと積み上げた努力 「満面の笑みに努力のノーベル賞」

2019年10月11日 | 80歳代

今年のノーベル化学賞は日本人の吉野彰さんに輝いた。日常私たちの身近に接するようになったリチュームイオン電池の開発が受賞の理由であった。吉野さんは記者のインタービューに応えて、科学に興味を持ったのは、学生時代フアラデーの「ローソクの化学」を読んだことで始まったと述べられて、なるほどと思った。WAKIは工業高校に進んだが、その学校での教科書はフアラデーの「ローソクの化学」と国語は「夏目漱石の三四郎」であった、「ローソクの化学」は後ちに仕事で燃焼器具の設計開発の仕事で大いに役にっ立ったことは言うまでもない・・・吉野さんおめでとう!

コメント (2)

罪は深いぞ  「世の中はそんなに甘くありません」

2019年10月04日 | 80歳代

 

関電の前回の記者会見はまったく中味のないものとの批判を受けて、2日午後2時から2回目が行われた。今回は最高責任者の会長も出席して、岩根社町が調査結果を報告した。記者団の質問も含めて4時間に及ぶものであったが、驚くことに会長・社長を含む26人の幹部・役員が金品の受領をしていたことが報告された。発端は金沢国税局の税務調査が入ったことから問題視されたことだが、会社の保身と隠蔽体質が見え見えで悪びれるとこはまったくなく、まだまだぬけぬけと続投すると言ってのけた。一般の組織では即刻馘と言ってもいいような事態なのに。・・・

 

コメント (2)

やればできる 「JRやっと本腰入れ工事」

2019年09月29日 | 80歳代

先日は月例のパソコン同好会のため八尾の古巣まで出掛けた自宅からはバスで枚方公園へ、そうして京阪電車で京橋へ、京橋からはJR環状線内回りに乗って久宝寺までおよそ1.5時間だがJR京橋駅では大和路快速を待つことになるが以前に比べたら随分便利になったものだ、そうして気付いたのが防護柵の工事中であった多分終電後の夜間工事で行っているのか、WAKIは都会でのこの工事が一刻も早く進むことを願っている、というのも、身近な人がホームから転落したことを知っているからだ。本人の過失とはいえこの種の事故が無くなることはいいことだ。

コメント (2)

馬肥ゆるの秋 「さあ秋だ自然の恵み頂こう」

2019年09月21日 | 80歳代

暑い暑いと言っている間にもう9月も後半になってしまった。季節の移り変わりは早いものでもう店頭には秋の果物がいっぱい並んでいる。.都会に住むわれわれには売り場の品物から季節を知る、これも仕方のないことか、でも目の前の林の渋柿も色づいて小さな名もない草花も実を付けていてホットする。

コメント (2)

月が出た出た 「名月は交野山から顔を出す」

2019年09月15日 | 80歳代

中秋の名月は生憎の曇り空で望むことはできなかったが昨夜は東の交野山から顔を出すところからじっくりと鑑賞することができてラッキーであった。早速カメラを向けたが、お月さんは素晴らしい、こうして観るたびに昔の想いがつのる。帰省中の娘は月を愛でながら月見だんごを頂いていた。 

https://www.youtube.com/watch?v=_WX7eXiPGtE ☜クリック

フォレスタ音楽集~聴きくらべ1~『荒城の月』51,517 回視聴 •2016/10/08 に公開

コメント (2)

季節は秋に着々と「雷鳴が轟き咄嗟に身がすくむ」

2019年09月06日 | 80歳代

雷三日と言うが4日の雷は本当に凄かった、すぐ近くに落雷があったのか停電でTVもパソコンも使えず困ったがすぐに復帰した。このようなときはすぐさまベランダに三脚をたててデジカメをセットし動画モードで閃光の起きそうな方向に向けて撮影、気まぐれな雷に向けてチャンスを待つ、なかなか上手くいかないが、退屈しのぎに丁度良い。今回は何とか物にしたがあとの編集作業が大変、でもこれが今はWAKIにとって楽しいしごとになってしまった。どうぞ動画(10分)のほうもご覧くだされ。コメントもお願いいたします。

https://www.youtube.com/watch?v=JrFuy-UXAPU&t=12s ☜クリック

3回聴視

 

コメント (2)

皆さん上手「駅ピアノ名手が揃い頼もしい」

2019年09月01日 | 80歳代

秋雨前線が停滞して毎日鬱陶しい日が続き時間を持て余している、こんな日はパソコンを開いてYoutubeで動画を見ることにしている。最近よく視聴するのが、「駅ピアノ」で本当に観ていて楽しい。

都庁45F南展望台の「おもいでピアノ」のデザインは名誉都民草間彌生さん、ピアノは都民の寄贈で設置は2019年4月8日以、以来来庁者が思い思い弾いてはBlogやYoutubeにアップして公開している。

またこの傾向は世界中に広まって私たちを楽しませてくれている。

空港・駅に置かれた1台のピアノ。世界中から訪れた人々が、思い思いに音を紡いでいく。どんな曲をどんな思いで弾いたのか。定点カメラで見つめる。(NHKが放映して話題が広まった。)

今朝の朝日新聞朝刊には「エキナカ あなたもピアニストという表題でストリートピアノが神戸市内で広がって6台目が神戸空港に置かれたと伝えてる。

https://www.youtube.com/watch?v=uUaUwcCGAyo ☜クリック

ビートルズの“名曲”を都庁で弾いたら、外国人観光客の方が後半フルで熱唱してた!! 642,008 回視聴

https://www.youtube.com/watch?v=TOv99uEL4F4 ☜クリック

Meeting a Boogie Woogie Girl at the Street Piano 1,490,548 回視聴

 

コメント (2)

人間業とは思えない 「鳥人間60キロを制覇する」

2019年08月29日 | 80歳代

  きのう読売テレビの鳥人間コンテストを楽しみながら観た。ハイライトは常勝の渡邊さんが人力部門で60Kmの三角コース飛び見事完全制覇した。鳥人間コンテストで前人未到の60㎞を達成した渡邊悠太さんは2017年に樹立した40kmを大きく上回る前人未踏の大会新記録、2時間36分のフライトで60kmを完全制覇し「鳥人間コンテスト2019」の王者に、東大在学中に鳥人間サークル「F-tec」に所属。パイロットとして琵琶湖の空を夢見るも書類審査落ち。社会人になって、夢をあきらめきれず2012年に会社のクラブとして発足したBERDMAN HOUSE 伊賀に所属今回の偉業を成し遂げた、勤務先は精密工作機械メーカーとして有名な奈良の森精機。さすが機体は一分の狂いもなく完璧であった。それにしても人力でしかも余裕で60キロも飛ぶなんて素晴らしい。

https://www.youtube.com/watch?v=mKTMS0UAcNE ☜クリック

1.4万回聴視

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

さわやかウクレレ少年 「演奏は中学生とは思えない」

2019年08月18日 | 80歳代

ことしすぐ近くの小学校を卒業した近藤利樹くん、とにかく凄い。メジュアー・デビューを果たした本人が私は楽譜は読めませんと言うのですがではどうしてこれだけの素晴らしい演奏ができるのか本人曰く、私は耳コピーで覚えましたとさらりと言ってのけたのには驚いた。WAKIはハワイ旅行のお土産にウクレレを買って帰ったが物にならなかった苦い経験があるがウクレレは大好きな楽器だ。この近藤利樹君が駅前の岡東公園でミニライブをするというのでカメラをもって出かけたが、会場はすごく盛り上がって良かった。

https://www.youtube.com/watch?v=JQwrOi--uDU ☜クリック

5回視聴 ウクレレ天才少年

 

 

コメント (2)