えしぇ蔵日記

えしぇ蔵日記のブログ版です。

三者面談

2012年11月30日 | Weblog

姉夫婦が両親と萌ちゃんを湯布院旅行に連れていくということで来福。夕方みんなで「台北」で食事した。
なんでも萌ちゃんの大学で面談もあるということで義兄は背広を着ていた。大学で三者面談というのもあまり聞いたことがないので、萌ちゃんの大学は親身になってくれるんだなと思っていたら、さにあらず。面談の場に出てきた年配の先生の最初の言葉が、「いや、私も長年この仕事してますが、こういう経験は初めてで……」だったらしい。姉夫婦は、 は?どういうこと?と内心驚いたらしい。真相はなんと萌ちゃんが自分で三者面談をセッティングしていたのだ。普通、そんな子がいるかね?自分で三者面談セッティングするなんて!しかもその面談の場でも萌ちゃんは全く気後れせず快調に天然ボケをかまして先生を何度も爆笑させたらしい。
この子一体どこまですごいんやろう……と今日しみじみ思った。やっぱり吉本に入れるべきじゃなかろうか?

「国士無双」

手に負えぬ 国士無双の ボケたおし

コメント

エラリーを探して

2012年11月27日 | Weblog

夕方からの冷え込みはすごかった。いよいよ冬本番だな

移動中にブックオフを見つけるたびに、エラリー・クイーンがないかをチェックするがないんだなこれが。ヤフオクを見ても1冊ずつしかないし、数冊まとまってるのは状態がイマイチ。アマゾンで買おうかとも思うけど1冊につき250円の送料が馬鹿らしい。もういっそJUNK堂に行ってピカピカの新品買うか。でも高いしなぁ。
国名シリーズは全部揃えたい。とにかくエラリー・クイーンは作品数が多い割にアベレージが高いのでどれを買っても極端にがっかりすることがないのがいい。
あぁどっかに状態のいい国名シリーズ複数で売ってないかなぁ。

「北風」

北風や 干した我が家の 柿おもふ

コメント

不休

2012年11月25日 | Weblog

今朝は早起きして、8時半には大牟田の「古雅書店」さんにいた。 新しいパソコンのセットアップ諸々。今日は時間がなくてゆっくり本が見れなかったのが残念。それにしても古賀さんのお店はいつ行っても宝の山だ。ワシが店番だったら暇な時に読み散らかしそうだ。

午前中で仕事が終わったので午後はかろうじて休み。だがデスクワークがないわけではない。それをこなしているとすぐに夕方。その後、筋トレすると今日もおしまい。あっという間の1日。

「不休」

我未だ 歩度を緩める 身にあらず

コメント

代打

2012年11月24日 | Weblog

世の中3連休らしいがワシには関係ない。3日とも仕事。

今日の最後のお客さんは「星香園」さんだった。牛島さんが亡くなってから初めての訪問だ。まずは遺影に手を合わせてご挨拶をした。なんだか今にも奥から「どうもぉ~」と言いながら出てきそうなんだが・・・。
奥さんと後を継いだ長男さんが元気に仕事してあったので少しほっとした。まだ不慣れな部分もあるようだったので、最大限のサポートをさせてもらおうと思う。

人の死というのは不思議なものだ。牛島さんが亡くなっても社会は活動を停止しないし、時は流れ続ける。ワシが死んでも同じように世の中はそのまま時を刻んでいくのだ。
思えば人間の一生なんて、永遠に続く野球の試合で代打出場するようなものかもしれない。表に出るのはほんのわずかの時間だ。そこで空振りをする人もいれば、ヒットを打つ人もいるし、デッドボール、フォアボールの人もいるだろう。中にはホームランを打つ人もいるわけだ。だがチャンスは1度きりだ。それが終わればむ二度と出られない。自分に与えられたチャンスをいかに生かすかが問題だ。
牛島さんは日本茶を極めて、多くの人に紹介するという実績を残して出番を終えた。ワシは今死んでも何も実績が残らない。何かしっかり足跡を残したいのだが、気が焦るばかりだ。

「星野村」

静かなり あの日と同じ 星野村

コメント

発掘

2012年11月22日 | Weblog

日中の車の中は暑いくらいの陽気。自転車乗ってどっか行きたい気分。
 
歴史小説の作家を発掘しようかなと最近物色中。本屋に行くとどうしても読んだことがある人を選んでしまうが、それだといつまでたっても新たな出会いがないので思い切って知らん人も読んでみようかなと。
現在の候補は宮城谷昌光。この人は歴史と言っても他とはちょっと時代と場所が違って、昔の中国が多い。登場人物もありがちの漢の劉邦や三国志の英雄ではなく、知名度ではその次あたりにくる人たちに焦点をあてている。実に興味深いのではまるにはいいかなと。しかもたくさん書いているのでしばらくは不足を心配する必要もないし。
ということでとりあえず1冊買ってきた。その評価で今後どうするか決めよう。
 
月曜日に作った干し柿がいい感じに乾いてきた。

「干し柿」

北風や 師走は近し 柿を干す

コメント

Food

2012年11月19日 | Weblog

旅行の疲れをとるために「中国鍼灸院」さんへ。

「Food」

呉炳宇

庭隅柿熟鳥先知、(庭隅柿の熟するを鳥先に知り)
蟷螂思蝉秋過時。(秋時を過ぎて蟷螂蝉を思う)
勤倹倉満無欝慮、(勤倹は倉を満たして欝慮無く)
感謝蒼天与我食。(感謝す蒼天我に食を与うを)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)。

庭ん隅っこで柿が熟しとるとば鳥は先に知っとると
秋になってかまきりは蝉んこつば思いだしよると
真面目にしときゃ金には困らんでなーんも心配いらんと
神様が食べさせてくれるけん感謝せないけんばい

今日も武術太極拳の動きを習った。武術太極拳の動きには終わりがなく、またどこからでも始められる。他の拳法は動きが止まった瞬間が最も危ないが、武術太極拳は止まらないので死角がない。
ワシが武術太極拳で最も好きな点は決して自分からは攻撃しない拳法であること。あくまで身を守るためにあること。そして究極は戦わないことこそ最上であるという教え。これは本当に素晴らしい教えだと思う。平和を最も尊重する拳法ではないだろうか?

「感謝」

勤倹は 倉を満たして 欝慮無し
蒼天仰ぎ 今生くるを謝す

コメント

ソウルの旅 3日目

2012年11月18日 | Weblog

たっぷりとしめさば(自然に目が覚めるまで爆睡するの略)をきめこんで、遅い朝食をカフェでとった。余裕のスケジュールで空港へ。帰りはソウル駅からエクスプレスで空港まで移動したが、これがなかなかに快適。時間も早かった。
インチョン空港は去年よりかなり広くなっている。ターミナルを移動するのに地下鉄まで作られていた。それだけ利用者が多いということだろうな。
空港で最後の食事をとり、ワシがラウンジでコーヒーを飲む間、姫はまた一人で買い物に走り回っていた。
福岡に戻り、帰宅は5時。今回は余裕のスケジュールでいつもより楽しかった!



「旅」

おもへらく 旅の合間の 仕事かな

コメント

ソウルの旅 2日目

2012年11月17日 | Weblog

ソウル2日目。当初雨の予想が晴れに変わり、爽やかな秋晴れで言うことなし。
まずはPSYのようなおっさんが作るトーストで朝飯。これがまたうまい。そしてまずは市場へ。例によって姫の食材買い出しの荷物持ち。
収穫をホテルに置いてから、お昼は鶏の唐揚げを食べに行った。これが最高にうまい。既に今回で三回目の店だが、今のところここよりうまい唐揚げは日本でも見当たらない。このためだけにソウルに来る価値はある。



その後、ビールの酔いをさますために散歩していたら、見晴らしのいい公園で尹東柱という詩人の碑を発見。姫によると有名な悲運の詩人らしく、そのエピソードに感動した。近くに記念館もあったのでそこも見た。この詩人との出会いは今回の旅の最大の収穫かもしれない。
天気がいいので紅葉を楽しみつつひたすら歩いた。そしてまた買い物。お茶してまた買い物。女性ってのはほんとに買い物が好きだねぇ。ホテルで休憩後、晩飯のラッポッキを食べに行き、ワシは本日の予定終了。姫は更に一人で買い物。



「尹東柱」

運命(さだめ)かな 丘での出会い 尹東柱

コメント

ソウルの旅 1日目

2012年11月16日 | Weblog

今日からソウルの旅。姫は先に行ってるので行きは一人旅。 ティーウェイという初めて聞く航空会社の便を使った。最近は格安の会社が乱立で訳わからん。
空港はすごい人でごった返していた。不景気なんて嘘のようだ。ゲート前は人が座りきれず立って待つ人がたくさんいた。
ソウルに着いて、安国で姫と合流。買い物した後、サンギョッサルの晩飯。肉とビールの宴。ん~たまらん。 その後は酔っ払いながらもまた買い物をした後、ワッフルとコーヒーのおやつを済ませてからホテルへ。かなり歩いたから足が痛かった。当然ながら爆睡。



「肉」

今はただ 仕事忘れて 肉食らう

コメント

目が回る

2012年11月15日 | Weblog

昨日、テナントの下見に行ってそのままそこを借りることに決定。来週賃貸契約を結ぶ。そしてすぐにリフォーム屋さんと打合せの予定。来月から借りて、すぐにパーティションの設置やらLANの配線工事、備品の搬入をしないといけない。来月は大阪に研修にも行かないといけない。忘年会なんて言ってられない。なんとか1月オープンに間に合わせないといけない。目が回りそうだ。

それなのに明日から韓国に行く。どういうこと?

「不安」

焦る今 不安半分 夢半分

コメント