えしぇ蔵日記

えしぇ蔵日記のブログ版です。

ラン&ランチ (おしのちいたま)

2022年05月22日 | Weblog

最近忙しくて日記も書けない。久しぶりの日記。

今日は朝から姫と「ラン&ランチ」。略してランラン。ロングランして遠くにある飲食店までランチしに行くという我が家のイベント。今回選んだお店は糸島にある「おしのちいたま」。「またいちのしお」プロデュースのラーメン屋で、いつか行ってみたいと思っていたお店。

自宅からお店までは19kmぐらいあって姫にはちょっときついので、ワシは先に出発し、姫は後からチャリで追いかけて、下山門駅でチャリを預けてそこから二人で走るという作戦。

ワシは9時半ぐらいに出発したが、既に気温が高かった。城南線を通り、西新から明治通りを西へ。意外に速いペースで走れたので下山門駅手前で姫を待つ時間は長かった。
合流してからは「生の松原海岸森林公園」を抜けて海沿いを走り、「長垂海浜公園」を経由し西へ西へ。





「おしのちいたま」は人気店なので行列してるかもしれないので、ワシは順番を確保するために先に走ったが一組しか待ってなくてスムーズに店内へ。
あっさり系のラーメンを堪能した。





その後、「ブランジュリ ノアン」まで歩いてパンを買いに行き、帰りは筑前前原駅から電車で帰った。姫は下山門駅で下りてチャリで帰宅。

夜はいつもの焼酎ソーダ割。ワシはカニカマ炒飯を作ったがこれが奇跡的にうまかった。もう二度と作れないおいしさだった。



「にんじん」

にんじんで 成り立つ姫の ロングラン

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

御経会

2022年05月10日 | Weblog

今日は「雷山千如寺」さんの「御経会」。今年はいろんなイベントが3年ぶりに開催されているが、この「御経会」も3年ぶり。なんだか懐かしい感じがした。
天気も上々で参拝者も多かった。







( 動画1 )

晴れたので護摩焚きも外の護摩道場で行われた。雷山の新緑がまぶしかった。









( 動画2 )

もう何年「御経会」の取材をしてるだろう?昔はでっかいデジカメを抱えて来たが、今は写真も動画もスマホできれいに撮れるので便利だ。だがどうしても仕事してるように見えないのが難点。

「御経会」

それぞれの 祈り和するや 般若経

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海岸線を走る

2022年05月08日 | Weblog

午前中はゆっくりして、ランチからおでかけ。今日は「KYANCHOME102」でカレーを食べた。噂通り確かにうまい。だがなかなかのお値段にちょっとびっくり。

買い物して帰宅後、久しぶりにロングランへ。正直、身体に疲労感があったが、もう長いことロングランをしてないし、せっかくの好天気なのでゆっくりペースで。
今日のコースは、赤坂~鳥飼~福浜西交差点~ももち浜~愛宕大橋~愛宕浜~よかとぴあ通り~小戸公園~よかとぴあ通り~福浜西交差点~明治通り~大濠公園~赤坂。約20㎞。













夜は姫の韓国料理で久しぶりのビールと焼酎。ワシは豆腐ステーキを作った。



「初夏のラン」

初夏の風 足は自然に 海岸線

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連休終了

2022年05月05日 | Weblog

今日も快晴。でもさすがに遊び疲れたので今日は散歩のみ。
大濠公園の近くにおいしいホットドッグのお店のキッチンカー「Today」が来てるというので食べに行ってみた。これはたしかにうまい。3本ぐらい食べたかった。キッチンカーなので場所が一定しないが、インスタで現在地を発信してるらしい。近くに来てたら絶対に食べるべき逸品。



天神でちょっと本を見て、薬院のボンラパで買い物して帰宅。



長い連休も終わった。7日間みっちり遊び倒した。

「新緑」

新緑や おかんの知らぬ 夏が来る

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

波佐見と伊万里

2022年05月04日 | Weblog

休みなのに5時半起床。今日の目的は「波佐見陶器まつり」と「伊万里やきものまつり」。
朝7時に出発して、高速で鳥栖経由で走ること1時間半で波佐見到着。
駐車場もまだガラガラだった。空は今日も快晴。



「波佐見陶器まつり」の目標はただ一店のみ。伝統工芸士の福重さんのお店「福春」。陶器まつりのたびにここの器を少しづつ買い集めてきたが、コロナのせいで今回久しぶりの訪問。前回訪問時に脳梗塞で緊急入院されていたので心配していたが、今日お元気な姿を見られて本当に嬉しかった。まだまだ素晴らしい作品を作り続けて欲しい。



次に向かうは「伊万里やきものまつり」。黒髪山に登った帰りにちょっと寄ってすっかり気に入った大川内山へ。駐車場に入れるかが心配だったが、全く問題なし。正直客はまばらだったが、ゆっくり見たいワシらにはその方がいい。
到着したのがちょうど昼ぐらいだったので、まずはうどんを食べて腹ごしらえ。

ここは窯元が集落を形成して、小さな村のようになっている。山を背景にした坂道がなんとも風情がある。
いろんなお店を見てまわったが、かつて藩の御用達として献上品を作っていた由緒があるせいか、ぐんと敷居が上がる。お値段もなかなか気軽には買えない。でも芸術品を鑑賞しながら歩くつもりでいれば楽しい。

あちこちのお店で伊万里焼の歴史、鍋島青磁の特長、美しい色合いの出し方、染付けの仕方など本当に詳しく教えてくれて、かなり勉強になった。











せっかく来たので奮発して美しい青磁の皿を買った。
登ったり下ったりかなり歩いたが、帰る頃はまだ2時台だった。帰りは唐津方面から西九州道経由で。

夜久しぶりにワインを開けたが、ワシが作ったペペロンチーノを買って来た青磁の皿に盛ってみた。こんな美しい皿だとワシのパスタでも余計においしく感じるものだ。



「青磁」

手料理も 青磁に盛れば プロの味

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

広島日帰りの旅

2022年05月03日 | Weblog

今回利用したおとなびのチケットは5日間グリーン車乗り放題になっている。ということはまだあと1日残ってる。もったいないので最後の1日は広島まで日帰りでお好み焼きを食べに行こうということになった。なんと大胆な試み!

10時台のゆっくりめの時間に新幹線に乗って、1時間ちょっとで広島到着。早速路面電車に乗ってお好み焼きのお店へ。
連休中とあってどのお店も長蛇の列。でもお目当ての店の一つにスムーズに入れたのはラッキーだった。目の前の鉄板で作られる広島風お好み焼き。これこれ。これぞ広島の醍醐味。おいしかった!





午後は散歩しつつ「原爆ドーム」、「広島城」、「ひろしま美術館」をまわった。
何度来ても「原爆ドーム」には圧倒される。これはまさに世界への、そして未来への大きなメッセージだ。今は是非プーチンにこれを見に来て欲しい。







3時台の新幹線で福岡に戻った。まさに弾丸ツアー。

今回の旅で広島がいかに近いかを実感した。これなら気軽にまた来れる。次回はまた別のお店のお好み焼きを食べてみようと思う。


「原爆ドーム」

手を合わす ドームの先の 青い空

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京都・金沢の旅 その4

2022年05月02日 | Weblog

昨日の雨から一転、気持ちのいい快晴になった。 朝食を終えてから、金沢の街をマラソン観光。 金沢駅から近江町市場の前を通って金沢城址公園とその周辺を観光しつつゆるジョグ。
かつて陸軍が兵器廠に使ってた煉瓦造りの建物を利用した歴史博物館は、常設展示を見に中に入った。展示内容も良かったが、何より外はレトロ、中はモダンな建物が一番興味を引いた。



















ホテルに戻り、義母が持ってきてくれたランチを食べてから、昼過ぎのサンダーバードで大阪へ。 姫が大阪でもちょっとだけ遊びたいというので、買い物したり、紅茶飲んだり、たこ焼き食べたりした後に新大阪へ。
4時過ぎの新幹線で福岡に戻った。 帰宅は9時前。3泊4日フルに遊んで来た。

「加賀」

古くあり 新しくあり 加賀の里

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京都・金沢の旅 その3

2022年05月01日 | Weblog

6時に起床。ホテルの朝食を食べてしばしまったり。
10時ぐらいに迎えに来た義父母と4人で能登半島をドライブ。 あちこちに咲く能登キリシマツツジを見ながら走ったが、その途中でちょっと寄った能登長寿大仏が印象的だった。





それにしても能登半島は広い。運転結構疲れた。 4時頃ホテルに戻った。
夕食まで時間があったのでホテルにあるジムで筋トレした。スミスマシンがあったのは嬉しかった。

夕食はまた義父母と4人で、従兄弟が経営する寿司屋「なを喜」へ。 開店してまだ2年だが、もうすっかり金沢では有名になって予約をとるのも大変。金沢に帰る時は食べに来るようにしてるが、ワシらもちゃんと予約しておかないと食べられない。
一品ずつが本当に悶絶級にうまい。最初から最後まで感動の連続だった。 カウンターで見事な手捌きを見ながら、一つの道を極めることの凄さをしみじみ思った。全く大したもんだ。脱帽。



帰りに叔父(大将の親父さん)のところにちょっと寄ってお茶した。 叔父に会うのはちょうど3年前の連休の時に一緒に高三郎山に登って以来。あの時は本当に楽しかった。 叔父さんはこの連休中にまたあの山に行くらしい。うらやましいことこの上ない。

ホテルに戻って、ほろ酔いのまま夢の中へ。

「なを喜」

技一流 静かな笑顔 寿司なを喜

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京都・金沢の旅 その2

2022年04月30日 | Weblog

本日の目的地は貴船神社と鞍馬寺。
まずはバスで出町柳まで。そこで出町ふたばのお菓子を買うのはお約束。 そして叡山鉄道に乗って、終点の鞍馬寺まで。



叡山鉄道はもみじのトンネルが有名なので、さぞかし新緑をたっぷり味わえるかと思いきや、もみじのトンネルはほんの一駅分だった。でも短いとはいえ美しい新緑にしばし見惚れた。

鞍馬寺は本当に一つの山域全体が境内なので、一番上まで登るとしっかり一つ分の山を登ったことになる。
昨日の雨に洗われた新緑はどこも見事で、いい森林浴ができた。雲一つなく晴れて眺望も最高だった。だが足はなかなか鍛えられた。









一番上からさらに道が続いてそのまま進むと山の頂上を超えて下りに入る。なかなかの急な道を下っていくと、最後に行き着くところが貴船神社になる。



貴船神社は想像したよりもかなりこじんまりとしていた。姫はここでお約束の水占いをした。



その後はバスで叡山鉄道の貴船駅へ。そしてもと来たルートで戻る途中にある岩倉駅で下車して、ぶらぶら歩いて実相院へ。有名な床もみじを見に行った。
小さいお寺だが、庭の素晴らしさは一見の価値あり。新緑が眩しいほどだった。床もみじが見える場所に座るともう立ち上がりたくなかった。床に反映した見事な新緑にしばし見惚れた。撮影禁止なのでしっかりと目に焼き付けてきた。





実相院を後にしてバスと地下鉄で京都駅に戻った。
ポルタでランチしてホテルに戻り、預けていた荷物を受け取って再び京都駅へ。

今日はこれから金沢まで移動。いつも乗るサンダーバードも今回はおとなびのおかげでグリーン車に乗れた。これが超快適!広くてフワフワのシートでぐっすり眠ったので金沢まであっという間。

ホテルは最近、金沢駅前にできた新しい「ハイアットハウス」。キッチンやソファーがあるマンションみたいな部屋でこれまた超快適!駅からすぐの立地なのでこれは是非御用達にしたい。

夜は義父母と焼肉へ。野菜料理ばかりの我が家なので焼肉なんてかなり久しぶり。
食後は義父母もホテルに来てしばらく団欒。家族4人でいると本当にマンションみたいだ。

義父母が帰った後、これまたマンションのような風呂で汗を流して、足のストレッチをして夢の中へ。

「鞍馬寺」

鞍馬寺 葉陰の笑顔 緑なり

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京都・金沢の旅 その1

2022年04月29日 | Weblog

連休を利用して金沢に帰省することになった。今回は50歳以上限定の「おとなび」に入会して、新幹線グリーン車5日間乗り放題という超お得なサービスを利用することにした。だからただ帰省するだけでなく、ついでに京都も一泊しようということになった。

朝の便で博多を出発。京都駅前のホテル「三井ガーデンホテル京都駅前」にちょうどお昼ぐらいに到着した。
まずは京都駅の地下街ポルタでカレーうどんを食べて腹拵え。

午後はバスを利用して、「京都市キョーセラ美術館」で開催中の「ポンペイ展」を見に行った。
これがなかなか良かった。火砕流に埋もれたのにいろんなものが原形をとどめていたんだなと驚いた。だから当時の生活がリアルに実感できる。できたばっかりのようなパンがそのまま炭化して残ってたのにはビックリ。
いづれポンペイには行きたかったので、ちょっと予習になって良かった。





この美術館は建物自体が芸術といえる。昭和8年に建築された豪壮な造りをそのまま生かしつつ、モダンなデザインと見事に融合させて2020年にリニューアルオープンしたらしい。 古さを殺さない新しさのいい例ではないかと思う。





館内のカフェでしばし休憩。到着した時は土砂降りだったが、ポンペイ展を見てる間に雨は上がったので庭も散策した。
結構ゆっくりしたので美術館を後にした時はもう夕方。日差しも戻りつつあったのでディナーを予約したお店まで歩くことにした。

出町周辺を少しブラついて買い物した後、イタリアンのお店「カンティーナロッシ:」へ。 ここは住宅街にある普通の民家なので、本当にこの辺にあるのか?と到着するまで不安だった。
わずか3組しか入れない小さなお店で頂いたイタリアンのコースは本当に最高だった。ミシュランのビブグルマンに選ばれたというのも納得できる。 ちなみにビブグルマンというのは、5000円以下でお値段以上の料理が楽しめるお得なお店に与えられる称号。調査員は本当によく見てるなと思う。



ワインでいい感じにほろ酔いのままバスでホテルに戻った。今回のホテル「三井ガーデンホテル京都駅前」もきれいないい宿だった。 快適に夢の中へ。

「京のまち」

幾旅も 飽きることなし 京のまち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする