猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

帰らざる夜明け

2019-08-01 21:04:10 | 日記
1971年のフランス映画「帰らざる夜明け」。

緑に囲まれたフランスの田舎町。通りすがりの男ジャン(アラン・ドロン)は、車の
荷台から石油孵卵器をおろしている未亡人クーデルク(シモーヌ・シニョレ)の手助
けをしたことから、彼女の家で働くことになった。運河の跳ね橋を挟んで、亡き夫
の妹夫婦が住んでいた。彼らはクーデルクと一緒に暮らしている父親アンリ(ジャ
ン・テシエ)を丸め込んで、クーデルクが支えてきた農地を自分たちのものにしよ
うと企んでいた。クーデルクとジャンの間には、男と女の微妙な気持ちが流れ始め
た。ジャンが人殺しの前科者で脱獄して追われている身だとわかってからも、クー
デルクの愛は深まるばかりだった。

フランスの田園風景がとても美しい。そこで農業をしている未亡人クーデルクと出
会った通りすがりの男ジャン。働きながら旅をしているということで、ジャンはク
ーデルクの家で雇ってもらうことになった。ジャンはクーデルクが持ってきた孵卵
器を動かすことに苦心するだけでなく、よく働いた。若く美しいジャンにクーデル
クが惹かれるのも無理からぬことだった。2人はやがて男女の仲になる。クーデル
クの夫の妹夫婦は彼女の農地を手に入れようと考えており、クーデルクだけでなく
ジャンのことも目の仇にするようになる。
美しい風景に歪んだ人間関係が対照的。やがてジャンは妹夫婦の娘フェリシー(オ
ッタビア・ピッコロ)とも関係を持つようになる。フェリシーは少し頭が弱いのか、
誰の子ともわからない赤ん坊を生み、その子に名前もつけていないのだ。ジャン、
若い娘、年増の未亡人の三角関係の構図ができてしまい、クーデルクは悩む。これ
ではジャンがただの女たらしのように見えなくもない。
ジャンは毎日農作業をし、それなりに楽しんで生活をするのだが、やがて警察に身
元がばれてしまうことになる。せっかく孵卵器がうまく作動し始めたのに。クーデ
ルクはジャンへの愛を貫こうとする。アラン・ドロンとシモーヌ・シニョレの演技
がとてもいい。言ってみれば刹那的な愛だったのだ。哀れで悲しい物語である。暗
い映画だが印象的でおもしろかった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 孤独なふりした世界で | トップ | ユージュアル・ネイバー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素適な二人! (エレナ)
2019-08-01 23:51:59
アラン・ドロンとシモーヌ・シニョレのゴールデンコンビ! フランスの田園風景が綺麗でしょうね♪
観てみたい映画です…探してみますね^^。アルカナ?
Unknown (杏子)
2019-08-02 01:18:44
>エレナさん
コメントありがとうございます。この2人は「燃えつきた納屋」でも共演していましたね。観たのが昔なのでほとんど覚えていないのですが…
演技が素晴らしかったし、フランスの田園風景はほんとに素敵でした(^-^)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事