猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

MAY -メイ-

2016-03-22 23:06:46 | 日記
2002年のアメリカ映画「MAY -メイ-」。
内気なメイ(アンジェラ・ベティス)は、動物病院で助手を勤める女の子。幼い頃、
斜視であるというコンプレックスのため友達ができなかったメイは、人とうまく接す
ることができず、母親にプレゼントされた人形のスージーだけが唯一の話し相手
だった。ある日メイはアダム(ジェレミー・シスト)という青年と知り合い、恋に落ち
るが、メイの愛情表現が常軌を逸したものになると、アダムは彼女を避けるよう
になる。

内気、というよりコミュニケーション障害っぽい少女のグロテスクで切ないホラー。
コミュ障に関しては私も人のことは言えないので、メイの気持ちがわからなくもな
いが、まあ私はメイほど異常ではない。子供の頃から友達がいなかったメイは、
好きになったアダムに対して、愛情をどう表現すればいいのかわからない。最初
はメイを「変わった子だな」と思いつつも好意を持っていたアダムだが、彼女の異
常さがエスカレートしていくと、恐怖を覚えるようになり、距離を置くようになる。
「僕たちはうまくいかなかったけど」と優しく話しかけるアダムに、「いいのよ」と答
えるメイ。アダムはホッとするが、メイのアダムに対する執着はなくなってはいな
かった。メイはレズビアン関係も経験するが、浮気されてしまい、やっぱりうまく
いかない。
アンジェラ・ベティスの狂気をたたえた演技がうまい。キョロキョロと落ち着かない
目つきや体の動き。孤独で異常な少女を見事に体現している。メイが大切にして
いる人形のスージーのガラスケースが割れたシーンは、本当にかわいそうだった。
「友達ができなければ、自分で作ってしまおう」と考えたメイの狂気。ラストシーン
の安らかな表情のメイは、あれからどうなってしまうのだろうか。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
コメント