猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

2016-03-12 14:31:23 | 日記
イギリス映画「SHERLOCK 忌まわしき花嫁」を観にいった。
1895年、冬のロンドン。トーマス・リコレッティは、古いウエディング・ドレスをまと
った妻の姿を見て、驚きを隠せなかった。何故なら彼の妻は、数時間前に自ら
命を絶ったばかりだったのだ。リコレッティ夫人の幽霊は、復讐への怨念とともに
路地を徘徊する。その謎を解明すべく、ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)
とワトソン(マーティン・フリーマン)は奔走する。

BBCのテレビドラマシリーズの映画版。ベネディクト・カンバーバッチがホームズ
?と最初は思ったが、意外に合っている。やっぱり長身なのがいいんだろうな。
この「忌まわしき花嫁」はホラーというかオカルトテイストで、私は好きな題材で
ある。ウエディング・ドレスを着て、濃い化粧をし、両手に拳銃を持って撃ちまくる
リコレッティ夫人。ショッキングなシーンである。そして夫人は拳銃自殺をする。
ところが夫人は幽霊になって、殺人を犯す。「幽霊などいない」と言うホームズは
ワトソンとともに調査を始める。
ヴィクトリア時代のイギリスの街や屋敷やファッションの雰囲気がとてもよく、忠
実に再現されているのだと思う。冬のロンドンは薄暗く、寒そうだ。いかにもイギ
リス映画という感じで、ステキだな~と思う。ベネディクト・カンバーバッチやマー
ティン・フリーマンの英国紳士らしさはさすが。ホームズの帽子やコートやパイプ
を見ると、これこれこれですよ!(≧▽≦)という気分になる。
ストーリーは好き嫌いが分かれるかもしれないが、私は楽しめた。でもホームズ
と言うと、昔のBBCのテレビドラマシリーズがやっぱり1番好きだなあ。いろんな
俳優がホームズを演じているけれど、あのシリーズのジェレミー・ブレットが最高
だと思う。小説から抜け出してきたみたいだ。これは多くのホームズファンの同
意するところだろう。でもベネディクト版もなかなかである。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
コメント