早生者日記 by K.MITSUNAGA

早生者(わさもん)=
熊本弁で「新しいものが好きな人」という意味
毎週月曜更新(2009年12月開始)

良 縁/長い間のご愛読に感謝申し上げます。

2019年04月22日 | 良縁

2009年の年末から始めた「早生者日記」
今読み返してみても偏ったテーマあり
おもしろくもない内容ありなのに
毎週1000名近くの方々に読んでいただいてるんです!
どなたが読んでくださっているのか分からないので
この感謝の気持ちをお伝えすることはできませんが
本当にありがとうございます。
このブログを毎週準備することが
私の大切なライフワークになっていたのですが
ここで一旦終了させていただきたく
本日は残念なご報告になってしまいました。

人生ってみなさま感じておられるでしょうが
毎日同じことの繰り返しのようでいて
長い時の流れの間には少しずつ進路が変わり
生活も環境も変化していくもの..... 

私も昨年還暦を迎え
両親の介護のために実家のある熊本市内に戻り
生活が一変しました。
穏やかではありますが変化のあまりない毎日.....

それに加え健康だけがとりえだった私が
ストレスからか自分でも大病を患い
今までのように皆様に興味を持っていただけるような文章を
毎週用意できるのかと不安を感じるようにもなりました。
だんだん見放されていくよりは
このあたりで幕引きをさせていただいた方がいいのではと
悩みに悩んだ末の決断です。
10年近くもやっていたことをやめるなんて
やはり「苦渋の決断」と行ってもいいのではないでしょうか。(笑)

これからも人生は流れ流れて
また十分ブログを書ける余裕ある生活に戻るかもしれません。
その時にまたお会いできたら幸せです。

長い間のご愛読、本当にありがとうございました。
みなさまも健康で健やかな毎日を送られますよう
心よりお祈り申し上げます。 


光永久仁子


 

コメント (2)

No.595 景 色/香港の風物詩

2019年04月15日 | 景色

面白い面白い!
ここはビクトリアピーク
高い位置から街が見渡せて
誰もが一度は足を運ぶ観光スポットです。 



ここに来る足として一番の人気はモノレール
全行程約10分ほどの旅なのですが
これがまた面白い!

上りは普通(ディズニーランドの雰囲気満載!)



ところが下りは… 



日本なら座席がひっくり返るところですが
そのまま後ろ向きでで降りていくのです。
これは愉快な体験でした。

こちらは市内をはしる路面電車
とても便利な足として利用されていますが
時々横転することもあるというアンバランスな形…
ハリーポッターに似たようなバスが出て来たのを思い出しました。



狭い香港ならの風物詩ですね。(笑) 


 

コメント

No.594 美 味/香港のおいしいもん

2019年04月08日 | 美味

市場で見つけた新鮮そのもののサバに驚き!
日本で見ることのないサイズ
20センチほどのイワシサイズなんですよ! 



基本的に生きたままの魚たち
最低限の水でなんとなく哀れを誘います。(ひと思いに殺してくれ〜)



はい。

はい

なぜかお肉売り場の照明は赤い…
お肉が美味しそうに見えるのかしら?
かえっておどろおどろしいような(笑)



これは街のあちらこちらで見たソフトクリーム販売の渋い車 



どこも列ができてて結構人気 
だって140円だもん!



ここはミシュランを毎年獲得しているお店「沾仔記」(TSIM CHAI KEE)


ぷりっぷりの大きなエビワンタン
麺は見た目はラーメンのよう
食感は半ナマの冷麺のようで結構硬め。
好きかも… 



こちらもミシュラン
長蛇の列をクリアして入店
むせるように生姜がたっぷりと効いたスープに黒ごまの湯圓(団子)入りスイーツ



ここは牛乳プリンが美味しいお店





そして大人気というエッグタルトのお店





出来立てのエッグタルトはトロトロのカスタードが熱々!
何個もいけちゃいそうな美味しさ!



夜は夜でディープでアジアンな食べ物もあります。



ペットボトルの水がないと手を洗えませんからご注意!
(笑)
シャコがめちゃ美味しい!(サービスのピーナッツも手が止まらない!)



ぐっと雰囲気変わって
香港といえばアフタヌーンティー
ペニンシュラホテルも憧れますが
娘のおすすめインターコンチネンタルホテル



ちょうど靴ブランドとのタイアップ企画中
ゆっくりとした時間を楽しめました。




 







 

コメント

No.593 良 縁/香港のいいもの

2019年04月01日 | 良縁

初香港で私の目にとまったのは
まずはお金
同じ額面の紙幣がなんと3種類あるんです。



この写真では2種類ですが上の方を見てください。
ひとつは中国銀行、もうひとつは香港上海銀行
たしか残りのひとつはスタンダード・チャーター銀行 
それぞれが3種類あるのですごい種類が出回っていることになります。
なんでこんなことに!
日本人の感覚としてはとても不思議(笑)

さすがもと英国領
なんとなくイギリスっぽいなあ…



これはちょっと感動
地下鉄の駅構内の駅名表示
それぞれの駅によってタイルの色が違うんです。
とってもキレイです。







ぱっと見でこれなんだか分かります? 



香港の人は金魚が好きなのかしら?
それにしてもこの売り方は面白い!
じっくり1匹ずつ見極められて好きな人には買いやすいかも… 



ストリートアート





これは香取慎吾さんの作品
やはり多才な人なんですね。



巨大なビルに登る…これキンシコウだよね。
窓に映る摩天楼が香港っぽい。



この店は世界中にあるのかも…衣料品ショップです。
先日フランスの妹からTシャツをもらったばかり。
なんでこういう名前にしたんだろう?



地下鉄の駅構内で演奏するユニコーン
「婚約指輪の購入資金」だそうな(笑)



たのしい!






 

コメント

No.592 景 色/香港の光と影

2019年03月25日 | 景色

特派員として香港に赴任している娘に会いに香港に行って来ました。
だいたいのアジアの主要な各都市には行きましたが
実は香港は初めて! 
あまり興味を惹かれることもなかったため
今まで行く機会に恵まれなかったんです。



福岡からは3時間半ほどで手軽に行ける香港
私が大好きな台湾の西側です。 
事前に知っていることといえば
もと英国領だったこと
面積が狭いので世界一の家賃だということ
そしてお金持ちの住む街だということ… 



その通りだと感じたのは
まずは娘のアパートメントの近くにあるマクラーレンのショールーム 



車に興味のない方ならご存知ないでしょうが 
中古車でも2〜3000万円はするスーパーカー
まして香港は車両価格と同等の税金がかかるというから驚きです。 
買う人がいるんだ…! 

たくさん走っているレクサスも
こんな特注なのか玉虫色のが走ってたりして…



税金が高いのは土地が狭いので
できるかぎりマイカーには乗って欲しくないということなのでしょうか?
それにしても聞きしに勝るバブリーぶりです。 

ところが一方では
もちろんそんな人たちだけで街が動くはずもなく



日曜になると目抜き通りに集まってくる人たち… 



なんと全人口の20人に一人がフィリピン人
そして全就業人口の10%が
フィリピンからの女性ハウスメイドさんで占められているのだそうです。
お休みは日曜日だけ。
こうやって集まることで友達と再会したり
お国の話をしたり、 物々交換したり、一緒にお弁当を食べたり
祖国に送る荷物を扱う業者さんまで繰り出して商売しているありさま。

この人たちで香港の富裕層の暮らしは成り立っているのですね。



早速この街の光と影を見ることができました。 

コメント