東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

健康でスリムに! 動いたらその分の栄養補給を

2015年04月26日 | 健康関連

《前回の続き》

 

私自身もかなり摂取カロリーに気を使ってきました。

あすけん(http://www.asken.jp/)

というサイトで毎日カロリーをチェックをしながら食事の調整をしました。

 

ただ行き過ぎた制限となってしまったこともあり

 「食べてしまう事への罪悪感」 が強くなり大変なストレスを感じました

 

約一年、糖質制限をしたりと実験をしてきましたが。。。

(経過と結果は⇒ 糖質制限1年が過ぎ) 

 

***************

例えば私の場合ですが体重を維持するにの必要な摂取カロリーは

 A)基礎代謝量は1550kcalとします(体脂肪系での結果)

 B)活動代謝(日常生活レベル)+食事誘発性代謝=950kcal

 

   2500kcal という事になります。

 

運動が好きです

例えば軽いジョギングを60分したとします700kcalは消費します。

その分余計にエネルギーが必要となります。

  トータル 3200kcal

   ご飯に換算すると10杯 

大好きなカレーでもそんなには・・・

 

 

足りないとどうなるか?

筋肉の修復はうまくいかないし、疲れは抜けない

故障の原因にも

 

私はというと・・・ 体重を落としたいこともありかなり制限をした時期もありました。

体重は落ちたのですが、足の痛み、疲労感が抜けないそしてタイムの低下。。。

「糖質制限の結果」に書いてあります

 

今月から考えを少し変え、糖質を上手く摂りながら体調維持をしていこうと思っております。

 

今は普通に食事をしています。

  体重は1キロUPしました。

   ただ足の疲れが楽ですね~

 

*****************

ある高校の運動部の子

食べるのもトレーニングだと言っております。

1日の摂取カロリーなんと 7000kcal

これを下回ると痩せていってしまうそうです。。。

どれだけハードに動いているのでしょう?

 

 

また、ちょっと昔の女性マラソンランナー

体重を落としたくて食事を制限。

疲労骨折を繰り返しオリンピックに出られなかったなんて話も。

 

 

公務員ランナーの川内くん

マラソンランナーにしては体脂肪が多いそうです。といっても一桁ですが。

食べる量が凄いですね

一時期制限をしたら記録が全く伸びなかったそうです。

そんな例もあります。

 

やはりバランスなんですね~

自分にあったバランスを見つけることが大事なんでしょう

 

 

コメント

食べなきゃ痩せる? エコな体は不健康?! 健康になる為のダイエットを!

2015年04月25日 | 健康関連

「痩せたいから食べない!」

  という子が来ました。

 

今回来院した子の症状は

頭痛、低血圧、めまい、不眠、生理痛、不順・・・

 

見た目は細い

施術で触れると筋肉の張りがない

脈も弱い・・・

 

聞くとダイエットをしていて、それから余計に症状が重くなっている。

食事は、サラダ中心の食事

一見ヘルシーですね。

けど摂取カロリー不足は明らか

 

恐らく1日の摂取カロリーは1,500kcalに届いていないでしょう。

 「でも動けているし痩せたいし・・・」

 

その気持ちは良くわかるけど、エネルギーが足りないとどうなるか?

 

1日につかうエネルギーはどのくらいでしょう?

(体重維持のために必要なエネルギー量)

一般女性ですと1800~2000は必要とされています。

 

------------------------------

興味がある方は調べてみてください

http://www.h-nc.com/cat3/post_34.html

-------------------------------
 

この必要なエネルギーは基礎代謝活動代謝などに分けられます。

 

基礎代謝というのは何もしなくても消費されるエネルギー

呼吸であったり、食べたものを消化したり

もちろん休むことのない心臓の動きも。

これだけで男性だと1500kcal、女性で1200kcalは必要です。

(年齢や体重にもよります)

 

これが全体の60%

もっとも重要なのは生命を維持する基礎代謝になりますよね!

最優先でエネルギーが使われます。

ですから最低でも基礎代謝のラインは超えないといけないのです。

 

これ以外の40%は

・活動代謝(日常生活で使うエネルギー)

・食事誘発耐熱代謝(食事で消化吸収する際につかうエネルギー)

があります。

----------------------

自分の代謝量をしらべたい方は

http://www.e-uruoi.net/about/index3.htm

他にも色々なサイトがありますので調べてみてください。

------------------------

 

摂取カロリーがこれより上回るとどうなるかという事は想像しやすいですね。

余分なエネルギーは脂肪となり蓄積されます。

 

で問題は下回った場合

足りないエネルギーは体内にある脂肪を燃焼し使います。

痩せていいじゃん!

確かに。

 

ただし、日常的に下回るとどうなるか?

 

エネルギーを使わない体になります

燃費のいいエコなからだに。

イメージがいいでね~でもこれがくせ者

 

基礎代謝は生命維持で必ず必要なエネルギーですので減らせません。

ということは活動代謝の分を減らすのです

 

筋肉が多いと消費量が多いので筋肉を減らす

だから張りがなくなる。

動けないし代謝も落ち太りやすい体へと悪循環に

 

動くと消費するから、動きたくない・・・というか動けない

疲れる

だるい

などなど様々な不調が出ることは当然です。

 
さらに続くと基本的な体の生命維持にも影響が出ます。
 
こちらのほうが深刻です
 
無理なダイエットを続けて生理不順になってしまう子も多いです。
 
 
 
 
さてさて、その子はどうなったかというと。。。。
 
とりあえず納得してもらい、1ヶ月摂取カロリーを増やしてもらいました。
 
おもに主食を増やして。
 
 
まず頭痛とめまいが取れてきたそうです。
 
今後、ほかの症状が取れることと
 
「食べてしまうことへの罪悪感」
 
との戦いがまだ大変そうですが、目指す方向はなんとなく見えてきました
 
 
 
実は私もよくわかります。。。
次回はそんなことも
 
コメント

《患者さんの声》 肩を治して叶えたいこと。 五十肩、こり、不眠

2015年04月20日 | 症例

50代のバリバリ働く女性、右肩の痛みが出て1年。

いわゆる五十肩という症状ですね。

段々と痛みが強くなり、来院していただきました。

 

症状が楽になったらやりたいことが2つ

目標があると回復も早いですね

 

-------------------------------

 

右肩に激痛が走って自己判断で五十肩・・・

周りの人にも聞くと、長引くかもしれないけど突然治るから。そっか、突然治るまで我慢と結局1年近く我慢。

突然の日は訪れず。

浅見先生のところに通っていた姉が、行ってみたらと勧めてくれて1月後半から通い始めました。

 

私にはどうしても肩を治したい事があったから(笑)しかも二つも(笑)。

一つ目は可愛がっている甥っ子と、卒業旅行でフランスに行くことが決まっていて、エッフェル塔の前で抱きしめたい!

もう一つは大好きなロックバンドKISSのライブではじけたい!

 

1週間に一度しっかり通わせていただく中、肩だけでなく首も背中もこりこりだった体が、どんどん楽になっていくことを実感。

眠れないのも肩こりも諦めていましたが、日に日に解消されしっかりと眠れるように。

そしてなんと何をするにも激痛が走っていた肩が楽に動くように!

 

念願のエッフェル塔で甥っ子を抱きしめ、大阪と東京ドームの2会場で地獄の雄たけびとともに、2時間右肩を上げて振って最高の楽しみ方が出来ました!

ライブ中、幸せで楽しくて浅見先生ありがとう!って叫んじゃいました。

これからも自分のメンテナンス大切にお世話になっていきたいと思います。

 

-------------------------------------

ホント目標があると回復が早いですね~

これはどんなことにも言えますよね。

来院時は、肩の痛みはもちろんですが、首から腰にかけてバリバリでした

これでは緊張が強く、寝返りや物音などちょっとした刺激でも目が覚めてしまいます

この悪循環もとれ、しっかり寝られるようになりました。

 

仕事にプライベートに忙しいKさん。

さらに元気になる為に

これからもよろしくお願いします

 

 

コメント

糖質制限1年が過ぎ・・・良い点と悪い点が明らかに

2015年04月19日 | 糖質制限

糖質制限をはじめ1年が過ぎました

 

始めた目的は主に3つ

①体重&体脂肪を減らす

②ラン&自転車のタイムアップ

③体の変化がみたい

 

結構マジメにやってみたところ、色々な変化が出ました。 

肉体的にも精神的にも。。。

私が感じた良かったこと、悪かったことは

 

良かった所

・昼間眠くない。睡眠時間が少なくなった。

・糖質、炭水化物以外の制限がなく、基本的に好きなだけ食事ができる

・体脂肪が落ちる、もちろん体重も

 

最初のひと月で

  65.7Kg 13.3% ⇒ 62.5Kg  9.9%

最高に体重が落ちたのは4ヶ月目

  62.0Kg 8.8%

(この時は減るのが楽しく、糖質は殆ど摂りませんでした

 

結果だけ見ると見事である

良い点もあれば悪い点も 

 

 

 悪かった点

・便秘

 意外ときつい。特に最後の数か月はなぜ?という位に出なかった・・・

 

・ラン&自転車のタイムが悪化

 ランはさほどでもないが、自転車のヒルクライムではヒドイものです。

  もちろん練習が少ないというのも原因ではあるのですが。。。

 やはり糖がないので瞬発系は落ちると思う。

 持久力はさほどではないが、足の疲れは抜けないかも。

 

・ストレスが溜まる?

私は基本的に甘いものが好き・・・と再確認 (^^;

  (半年が過ぎ体重の変化が出ないあたりからストレスに)

溜まったストレス?からか暴飲暴食に走ることもしばしば・・・

特にお酒が入るとダメでしたね

意志の弱さからか・・・と自己嫌悪に陥ることも

 

このストレス&便秘の気持ち悪さ、タイムが出ない

ちょっと納得がいかない日々が続いて。。。

特に今回、ハーフマラソンでの結果は考え直すきっかけに。

 

悪循環なのかな・・・

と思い、完全な糖質制限を止め、プチ糖質制限にします。

 

夕飯はなるべく糖質を少なく

甘いものは控えて

運動は今まで通り。

 

どう変化するか楽しみにしながら続けていきます 

 

 

コメント

今年の初ハーフは反省ばかり。。。

2015年04月17日 | 空手&ワークアウト&RUN

今年初のハーフマラソン

浅見整体陸上部?4人出場しました

今回、結果から言うと今までで一番悪い・・・

スタート時点は最後尾

ルパンと談笑したりしたからな~

リラックスして良かったのだけど、抜いていけばいいやと思ったらコースが狭い。

抜きたくても抜けないまま3キロをだらりと。

携帯のタイムを見ると6分損?をしている。

それを引いても悪い

 

それと膝の痛み。スピード上げられなかった。

悔しいな~せっかく靴を変えても。

 

ちょっと今回はリベンジしないと納得できない。

色々とやり直すことがあるハーフでした

川内くんいい人ですね~

 

 

 

コメント

ハーフマラソンに向けてテンションUP !!

2015年04月07日 | 空手&ワークアウト&RUN

12日の本庄ハーフマラソンのゼッケンが届いた。

あと5日・・・走り足りてないのはよくわかるけど、雨だし。

 

ゼッケンにはタグが付いていて順位やタイム測定などを行います。

注意書きに「電源などの2メートル以内に近づけないように」の制限付き。。。。

う~ん、場所を選ぶね・・・

送ってくるのはいいけど、わすれる人いないのか??

 

 

先日、軽井沢のアウトレットのアデイダスのシューズショップへ何となく。

「かつてない走りを」 

アデイダス「ウルトラ・ブースト」

 

そういえば患者さんのランナーが言ってた

「かなり良いですよ~」ってこれか

 

なんて見ていると「試してみます?」と店員さん

「アデイダス史上、最高のランニングシューズです!」

ほんとかい?

「雲の上を走っているようですよ

またまた~上手いこと言うね~

どんだけ自信があるのよ。

 

で実際に履いてみると・・・

包まれる感じがすごい

 

店内を軽く走ると。。。

柔らかく軽い

指が痛くなることないかも

膝にも・・・

あっやばいやばい・・・こりゃ~欲しくなるぞ、我慢×2

 

とその場は乗り切ったものの

頭の中は、「あれで走ったら

 

こうなったらもうダメですね。

買っちゃいました

天気が悪いのでまだ数回しか走ってませんが。

FIT感 ◎

足の裏や指へのダメージ 〇

足首や膝へのダメージ 〇

タイム・・・まずまず

感覚  柔らかい。硬いのが好きな人は気になるかもしれません。

 

雨も足を休める良い機会と捉えることにします

12日に向けテンションUP

 

 

コメント