東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

運がついた?!

2006年02月11日 | プライベート
先日の朝の事、子供達が幼稚園バスを待っています。
近所の子もウチの前で乗るのでちょっと賑やか、いつものように微笑ましい光景です

その中の一人“しゅんちゃん”がウチの看板の方を見ながら笑い出しました。
看板が変なの?そう思っていると

「ウ○コだ~

そうなのです、看板の下には大きなウ○コがしてあったのです
(食事中の方、ごめんなさい

昨年からちょくちょくあるのです。

「ラブラドールとかゴールデンとか大型犬だね」と嫁さん。
流石に訓練士の娘だけあって犬に詳しい。

「こんなに大きいウン○するんだ~」と、その時は妙に感心してしまいました。
だってホントに大きくって、自分のより立派なんです。
(すいません

しかし何度も続くうちに怒りもこみ上げて“犯人は誰”状態

こうなるともう犬の散歩をしている全ての人が犯人に見えるのです

しょうがなく“犬猫が嫌がる臭いがする薬”を撒く事にしました。

しかし効果が持つのは約一月、効果が切れる頃になると、○ンコはド~ンとあるのです

そして、先日もド~ン
今朝もド~ン

ウチに恨みでもあるのかな

怒るというより精神的に来ます

あまり出したくないのだけど、そろそろ「お断り」の看板を出さないとかな・・・

一部の不届き者のせいで、大勢の愛犬家が悪く思われるのです!
マナーは守って下さい!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

寝られない腰痛・・・ちょっと悔しい・・・

2006年02月10日 | 症例
「夜、腰が痛くて寝れない

可動はしっかりしている..問診してみるとやはり肝腎の疲れがある。
脈でも虚証だしここだなと狙いを定め施術。

施術2回目の時、
「先生、明け方まで寝られたよ」と嬉しい声

少し時間が掛かると思い、週1回ペースでの来院を予定していました。
しかし持病の病状が思わしくないので暫く休む事になるそうです

もう少し早く施術をすれば腰だけでも楽になったのではとかいろいろ考えちゃうのです。
久々に凄い悔しい思いをしたので書いちゃいました・・・落ち込んでいてもしょうがないので、次に笑顔で来院してくる日を心待ちにして、日々頑張らねば

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい瞬間!

2006年02月07日 | 症例
この仕事をしていて、嬉しい事はというと、なんと言っても「良くなったよ」の一言

先日もどうしても「首の痛みがとれない」という事で来院されたM君。
来る前までは寝違いが長引いているのかなと思っていたのですが・・・

可動範囲は正常で痛みも伴わない。
痛む箇所は後頭部、首と後頭骨の付く所で「風池」という風邪に良いとされるツボ。軽く押すと強い痛みが。しこりも腫れも硬さもなし。
疲労はかなり溜まっている様子・・・

う~ん、ちょっと悩んでしまいました。
肺と胃が虚証、風邪かな

「下痢気味なのは飲みすぎ」とは本人談。
バランスをみると、背中からふくらはぎまで強い張りが有り、患部が引っ張られてる感じ。
“患部から遠い所から緩めて、プラス風邪だな”
最近は決めたら迷わないようにしてます。もちろん臨機応変ですが。

下肢から背部が終わると首が緩むのが分かりました。姿勢を変え、肩甲骨と腕を施術、患部に触れてもさほど強い痛みは無くなりました

施術後は首の痛みが軽減した事より体の軽さに喜んでいました。

そして次の日、M君からの電話。
「朝起きたらさ~、痛みが無いんだよ何したの
何したのってあんた・・・

飲み過ぎはいかんよと念を押したのに二日酔いとは・・・
「診てもらうと調子良くなっちゃうから、つい飲んじゃうんだよね」
そう言われるのは嬉しいんだけど気をつけてね。

「肝臓に負担を掛けると筋肉の疲労が抜けないで、大好きなゴルフの飛距離も落ちるぞ~」と釘を刺したのでした。

電話を切った後にちょっとガッツポーズ
この仕事をしていて嬉しい瞬間です
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

節分祭、中高年の皆様のパワーに圧倒され・・・

2006年02月03日 | プライベート

宝登山神社で節分祭が行われ、私は今年初めて行って来ました。

“年男”といわれる方たちが福豆やみかん、餅などをまき、それを取れると縁起が良いのです。
特に豆が入った小さな袋には福引が付いており、破魔矢やだるまなどの景品付き
嫁さんは
3年連続の参戦
昨年はウチの母と共に行き、母をはじめとした皆様の迫力にビックリしたそうです。

私も先程までは「大げさだな~」と思っていましたが、いざ豆まきが始まると一転。

「来たー
「こっちにも投げて~

それまで静かに見ていた人達
(主に中高年の皆様)が我も我もの大騒ぎ

飛んできたら飛ぶ落ちたらしゃがむ

その俊敏さに驚きました
そしてとうとう「頂だ~い」と年男が持っている枡に手を伸ばす・・・

そんなの中で私はというと、最後まで輪の中には入れませんでした
人の波が去った後に、残っていた豆を数粒分けて頂きました。

夜は豆まきと恵方巻を食べ、福を呼ぶとしましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加