東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

五十肩を改善する整体法、体操は? (第48回療術セミナーDVD)

2019年01月19日 | 膝の痛み

五十肩を改善するには?


肩の症状を改善する事は整体師には必須です。


五十肩は特に痛みが強いので、やる側もビビります・・・

自信をもって調整をする為に

四十肩・五十肩の調整方法のコツ

そして患者さん自身にやってほしい体操法など

様々な症状の原因と調整方法を学んでいきます。


初診で結果を出す「肩の症状の治し方」

手技療術指導協会 療術セミナーDVD 

講義と実技で症状を見極め改善する方法を学びます

2018年11月18日に行われた 第48回療術セミナーのDVDです

手技療術指導協会ホームページ http://ryojyutu.com/menu/dvd.html

 

講演内容(講演)  

〇肩こりを治さなくては頭痛は治らない  

〇心臓が悪い?息苦しい、のどの詰まりの原因は  

〇頚椎症が睡眠やメンタルに及ぼす影響  

〇低血圧を治す必要があるのか  

〇施術中に頭痛が出る人の特徴

《実技》

〇五十肩の人にやってほしい体操  

〇五十肩に効果的なツボと施術  

〇膝の痛み・関節?筋肉?見極め方


詳しい内容は手技療術指導協会ホームページへ http://ryojyutu.com/menu/dvd.html

《内閣府認証NPO法人 手技療術指導協会》 東洋医学の普及と発展を目的とした活動をしてます。


コメント

冷えを改善する、冷⇔温水の刺激

2018年11月06日 | 健康関連

冷えを改善するのにはツボが効果的(前回の記事)と書きましたが

 -------------------------------------------

 冷えの関連記事はこちらも ↓↓↓

 冷えを改善するのにタンパク質が必要なワケ

 白砂糖は体を冷やすわけ

 冷えに効くツボはこの6つ

 ----------------------------------------------

 

もう一つ、簡単に出来る事があります。

 

冷えを改善する、冷 ⇔ 温水 の刺激です。

 

お風呂に入りゆっくり温まりますよね。

冷え症の人はお風呂から出る時に一工夫。

 

①足に冷たい水をシャワーなど5~10秒かけてください。

 ・慣れないうちはぬるま湯でもOKです。

 ・たらいや桶に水を汲み、その中に足を入れても。

 

②その後に温かいお湯を5~10秒かけます。

 ・湯船に入ってもOKです。 できれば熱めに設定してください。

 


①⇒②を数回繰り返します。

※最後にお風呂でもう一度全身を温めて出てくださいね。

 

 

この 温水 の刺激は

足の血管が 収縮 ⇔ 拡張 を繰り返す事で血流がグッとあがります。

 冷え症の方にはお薦めのやり方です。

 

ぜひ試してください!

 

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〇整体の教室 ブログ http://seitaino-k.jugem.jp/

■浅見整体院 ホームページ http://www.azami-r.com/

 

■日本伝統療術学院 ホームページ  http://gakuin.ryojyutu.com/

▲手技療術指導協会 ホームページ  http://ryojyutu.com/

 

△日本伝統療術学院 長瀞校 ホームページ http://www.azami-r.com/gakuin.html

□長瀞の整体師 ブログ  https://blog.goo.ne.jp/a-ryoujyutu

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

 

コメント

冷えに効くツボはこの6つ

2018年11月04日 | 東洋医学

冷えは様々な症状を引き起こし

また多くの病気や症状の引き金になります。

 冷えは万病のもととはよく言ったものです。

-------------------------------------------

冷えの関連記事はこちらも ↓↓↓

冷えを改善するのにタンパク質が必要なワケ

白砂糖は体を冷やすわけ

----------------------------------------------

 

そんな冷えを予防するツボを挙げていきます。

 

まずは足から

①湧泉(ゆうせん)

 ・押せば命の泉湧く、万病に効くとされる万能穴です

 ・ココは全員に施術します!足の疲れは勿論、疲労回復、気力の回復。


三陰交(さんいんこう)

 ・冷えのみならず、ホルモンのバランスをとる重要なツボ

 ・施術ではここも必ず使います   

 

 

そして背中のツボ

志室(ししつ)

 ・腎癒の横で冷えや疲れに。これも欠かせないですね!

 ・ここが硬いとストレス気味。疲労回復や冷えからの腰痛にはここです。


次髎(じりょう)

 

 ・仙骨上のツボ。腰痛、坐骨神経痛や婦人科にも。

 ・骨盤内の症状(泌尿器・消化器など含め)には。

 

 

お腹のツボは

天枢(てんすう)

 ・お腹の調子が気になったらココ。

 ・反って痛い腰痛にもいいですよ。

 ・ストレスの人も硬くなります!


関元(かんげん)

 

 ・消化器(特に小腸)、婦人科や泌尿器など 

 

この6か所は効果的です!

 

 

指で押してもいいですし、ツボ押しの棒でも

グイグイ押すのもいいですが

数秒かけてじっくりと押すのも良く効きます!

 

背中やお腹などは押しにくいですよね。

私は拳を押し付けたり、テニスボールやゴルフボールを使ったりします。

ボールの上に寝て体を動かしてください。

カイロや、ホットおしぼりも気持ちいいですよ。

 

お灸ができればより効果的ですね。

火を使わないタイプもありますので試してください。

 

詳しくはセネファ株式会社ホームページまで。

https://www.sennenq.co.jp/

 

 

-------------------------------------------

冷えの関連記事はこちらも ↓↓↓

冷えを改善するのにタンパク質が必要なワケ

白砂糖は体を冷やすわけ

冷えに効くツボはこの6つ

 

冷えを改善する、冷⇔温水の刺激

----------------------------------------------

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〇整体の教室 ブログ http://seitaino-k.jugem.jp/

■浅見整体院 ホームページ http://www.azami-r.com/

 

■日本伝統療術学院 ホームページ  http://gakuin.ryojyutu.com/

▲手技療術指導協会 ホームページ  http://ryojyutu.com/

 

△日本伝統療術学院 長瀞校 ホームページ http://www.azami-r.com/gakuin.html

□長瀞の整体師 ブログ  https://blog.goo.ne.jp/a-ryoujyutu

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

 

コメント

冷えを改善するのにタンパク質が必要なワケ

2018年11月02日 | 健康関連

食事をすると体が温まりますよね

これを「食事誘発性熱生産 (DIT)」というそうです。

 

食事でとった栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されます。

そして内臓も筋肉です。

活動をすることで熱を出します

このため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増えます。

 

食事誘発性熱産生は摂取エネルギーの10%位消費するようです。

 

何を食べても温まるのでしょうか?

例えば、おやつの後は?

 

どれたけ熱生産をするかは栄養素の種類によって異なるようで・・・

タンパク質ですと摂取エネルギーの約30%

糖質のみの場合は約6%、

脂質のみの場合は約4%、

 

 

という事は

甘いものや脂肪分ではあまり熱生産が期待できない・・・

 

代謝を上げるには

やはりタンパク質をいかにとるか

という事になりますね。

 

筋肉にもタンパク質が必要!

冷えやダイエットにはタンパク質が必要になりますね!

 

 当然砂糖は控えていきましょうね。

 

-------------------------------------------

冷えの関連記事はこちらも ↓↓↓

冷えを改善するのにタンパク質が必要なワケ

白砂糖は体を冷やすわけ

冷えに効くツボはこの6つ

冷えを改善する、冷⇔温水の刺激

 

----------------------------------------------

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〇整体の教室 ブログ http://seitaino-k.jugem.jp/

■浅見整体院 ホームページ http://www.azami-r.com/

 

■日本伝統療術学院 ホームページ  http://gakuin.ryojyutu.com/

▲手技療術指導協会 ホームページ  http://ryojyutu.com/

 

△日本伝統療術学院 長瀞校 ホームページ http://www.azami-r.com/gakuin.html

□長瀞の整体師 ブログ  https://blog.goo.ne.jp/a-ryoujyutu

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

 

コメント

白砂糖は体を冷やすわけ

2018年10月30日 | 健康関連

この時期、「冷え」に気を付けないといけません。

食欲の秋です。

食べ物で気を付けたいのが甘い物。

 

甘いものでも自然の甘味は良いですよ。

秋の味覚、柿、栗、さつま芋・・・

美味しいですよね。

 

気を付けてほしいのは砂糖です。

「砂糖」は体を冷やします

 

白砂糖は吸収が良いので体の中にすぐに吸収されます。

血液中にブドウ糖が一気に大量放出 血糖値が急上昇します

 

 ・白砂糖は精製されていますので不純物がありません。

  黒砂糖などは精製していないので、栄養素が沢山ついています。

  その分、吸収が緩やかです。

 

 

 冷えのポイント① --------------------------

血糖値が上がると末梢の血流は悪くなります

砂糖水が乾くとべとべとになりますよね・・・

これが血液で起こったら。。。。血液は悪く冷えますよね・・・

 

 

 

冷えのポイント②-----------------------------

上がりすぎた血糖値は、元に戻さないと!

今度はインスリン(膵臓から出るホルモン)が大量に分泌

血糖値をグンと下げます

甘いものを食べて少し経つと、無性にまた食べたくなるのはこの為です。

この時に体温も一緒に下がってしまうんですね!

 

 

 

冷えのポイント③-----------------------------

インスリンが出ていると脂肪燃焼が落ちるそうです

当然ですね、ため込もうとしているわけですから。

脂肪が燃焼できない ⇒ 熱が出ない ⇒ 冷え

 

 

 

冷えのポイント④-----------------------------


最初に書きましたが砂糖は精製されています。

砂糖が吸収されブドウ糖になりエネルギーとして使われるときに必要なのが

ビタミンB1で、糖が多いと浪費します。


・ 糖質の代謝・・・ビタミンB1

・ 脂質の代謝・・・ビタミンB2

・ たんぱく質の代謝・・・ビタミンB6が必要


ビタミンB1はエネルギーを産生するほかに、筋肉疲労時にたまる乳酸の燃焼にも関与

「疲労回復ビタミン」と呼ばれています。

不足すると、慢性疲労や倦怠感などが生じます。



この様なポイントから、砂糖は冷えを強くします

 

 

でも食事をすると体が温まるのでは??

確かに温まります!

その辺のメカニズムは次回の記事に↓↓↓

食事で温まるには? タンパク質が必要

 

-------------------------------------------

冷えの関連記事はこちらも ↓↓↓

冷えを改善するのにタンパク質が必要なワケ

白砂糖は体を冷やすわけ

冷えに効くツボはこの6つ 

冷えを改善する、冷⇔温水の刺激

----------------------------------------------

 

 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〇整体の教室 ブログ http://seitaino-k.jugem.jp/

■浅見整体院 ホームページ http://www.azami-r.com/

 

■日本伝統療術学院 ホームページ  http://gakuin.ryojyutu.com/

▲手技療術指導協会 ホームページ  http://ryojyutu.com/

 

△日本伝統療術学院 長瀞校 ホームページ http://www.azami-r.com/gakuin.html

□長瀞の整体師 ブログ  https://blog.goo.ne.jp/a-ryoujyutu

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

コメント