一鉄草魂 信州の鉄道風景、ときどきB級グルメ  

美しい信州の鉄道風景を求めて
線路から少し離れて風花雪月を感じながら
ときどき信州のB級グルメの話題も

えちごトキめき鉄道の車窓から vol.5

2021-03-09 14:45:00 | えちごトキめき鉄道
スイッチバックの二本木駅を出ると、妙高山、大毛無山などが見えます。
此処もえちごトキめき鉄道のお立ち台で有名です。
ここからは市街地が続き、積雪も急に少なくなりました。



そして直江津駅に到着しましたが、雪はほとんど融けていました。
一時はホームよりも高く積もり、1週間ほど不通になりました。



駅前には僅かな雪が残っていましたが、「潮騒」の銅像もホッとした感じ。
少しお腹が空いたので、お昼ご飯にしましょう・・・。

撮影日 2021.02.13 13:12 直江津駅
コメント

えちごトキめき鉄道の車窓から vol.4

2021-03-08 14:45:00 | えちごトキめき鉄道
二本木駅を逆向きに発車した下り列車は渡り線を通り待避線へ。
雪囲いのある待避線へと移動する列車です。



このレールが上下線で使われるのでポイントも凍り付かないように
板囲いで対処されていますね。



下り列車も雪囲いの中まで入るかと思いきや、2両なのでここまで・・・。



そしてまた逆転して列車は本線へと入ってスピードを上げて行きます。

撮影日 2021.02.13 12:24 二本木駅構内
コメント

えちごトキめき鉄道の車窓から vol.3

2021-03-07 14:45:00 | えちごトキめき鉄道
今では数少なくなったスイッチバック式の二本木駅が近づきます。
駅舎や倉庫など駅構内にある施設7件が、国の登録有形文化財になりました。



妙高高原方面から来た下り列車は真っ直ぐ二本木駅へ入ります。
上り列車も引き込み線から二本木駅へバックをして来ました。



この辺りは勾配が25‰あるうえ、豪雪地帯になります。
一時は3m近い積雪にもなりましたが、大分雪は融けていました。

撮影日 2021.02.13 12:20 二本木駅構内
コメント (2)

えちごトキめき鉄道の車窓から vol.2

2021-03-06 14:45:00 | えちごトキめき鉄道
関山駅が近づいてくると妙高山が良く見える田園地帯に出ます。
この日は天気が良く車窓には素晴らしい風景が広がっていました。
積もった雪が風で模様を作り、そのまま凍り付いた風紋が見られました。



関山駅を発車するとえちごトキめき鉄道はねうまラインのお立ち台です。
片貝の田んぼは一面の雪で動物の足跡・・・。人の足跡もありました。
いつかカンジキを履いて真っ白な景色の中を行くET127系を撮影してみたいですね。

撮影日 2021.02.13 12:16 関川~二本木
コメント (2)

えちごトキめき鉄道の車窓から vol.1

2021-03-05 14:45:00 | えちごトキめき鉄道
しなの鉄道から、えちごトキめき鉄道へ乗り換えました。
車両には数名の乗客しかおらず、長閑な空気が流れていました。
先ほど乗車して来たSR1系は長野へ向けて折り返して行きました。



妙高高原駅を発車すると深沢川と白田切川を渡る鉄橋を通過。
日当たりの良い場所は急激に雪解けが進んでいます。



この辺りが一番雪の量が多かったでしょうか・・・。
えちごトキめき鉄道は豪雪で不通になった日が何日もありました。

撮影日 2021.02.13 12:11 妙高高原~関山
コメント

Go Toトラベルでプチ旅行その3

2020-09-30 14:45:00 | えちごトキめき鉄道
一通り上越妙高駅周辺の見学や買い物で時間が過ぎました。
本来なら西口駅前で蕎麦が食べたかったのですが、営業時間前。
えちごトキめき鉄道のホームに入って、JRの特急しらゆきを・・・。




いやいや、今日の目的はこの列車だったのです・・・。
人気が高くて、なかなか予約が取れない列車ですが、コロナに乗じて・・・。
一週間前に「びゅう」に行ってみたら、すんなり予約が取れまして・・・。




2014年5月2日から運行開始されたJR新潟支社の「越乃Shu*Kura」です。
車両は古く新津運輸区所属のキハ40・48形気動車の3両編成です。
キハ40系は引退が続き、この越乃Shu*Kuraも、この先そう長くはないでしょう・・・。

撮影日 2020.09.20 09:40 上越妙高駅
コメント

夕焼けの片貝を行くET127系

2019-10-06 14:45:00 | えちごトキめき鉄道

長々と引っ張ってきた、このネタも本日が最終日です。
17時台の列車で帰ろうかとも思いましたが、空が焼けないので粘り。
やっと茜色の夕焼けになってくれた片貝の空なのでした・・・。

撮影日 2019.09.07 18:12 関山~二本木(以下同じ)




ET127系のヘッドライトや車内の灯りが、暖かさを感じます。
夏には出ない色ですが、季節は確実に秋へと進んでいました。
この綺麗な風景に満足して、帰路に就きました。
コメント

さらにさらにさらに陽は傾いて

2019-10-05 14:45:00 | えちごトキめき鉄道

昨日UPした写真からさらに時間が経ち、陽は傾き山並みに隠れました。
先ほどまで無数に飛んでいた蜻蛉はいつの間にか何処へやら・・・。
上空の高層雲が少しだけ茜色になり始めていました。

撮影日 2019.09.07 17:47 関山~二本木(以下同じ)




妙高山、黒姫山、飯綱山に雲も架からず綺麗に見えていました。
越後から信州まで続く空は夕焼け色に変わりつつありました。
陽が沈み、やっと涼しくなってきた片貝の田んぼでした。

コメント

さらにさらに陽は傾き・・・

2019-10-04 14:45:00 | えちごトキめき鉄道

昨日アップした列車の1本後になり、さらに陽は傾きました。
この時間になれば少しは空が焼けてくるかと思いましたが・・・、
あまり空の色は変わりませんでした・・・。

撮影日 2019.09.07 17:11 関山~二本木(以下同じ)




山の稜線に陽が沈みそうなのですが、暑かったのを覚えています。
蜻蛉が無数に飛んでいて秋そのものなのですが・・・。
この続きはあと数本ありますので、明日以降もう暫くお付き合いください。
コメント

折り返して来た雪月花

2019-10-03 14:45:00 | えちごトキめき鉄道

妙高高原から折り返して終点の上越妙高まで行く雪月花です。
この美しい片貝地区を真っ赤なディーゼル車両が似合います。
デビュー時には??と思いましたが、今ではすっかりえちごトキめき鉄道の顔。

撮影日 2019.09.07 16:32 関山~二本木(以下同じ)




妙高高原方面行きの時には満席に近かったのですが、ほとんどが降車された様子。
雪月花の旅も、あと僅かで終わりとなる車内はどこか寂しそう。
グラデーションの棚田と雪月花が綺麗な夕刻でした。
コメント