一鉄草魂 信州の鉄道風景、ときどきB級グルメ  

美しい信州の鉄道風景を求めて
線路から少し離れて風花雪月を感じながら
ときどき信州のB級グルメの話題も

桑ノ原信号場付近を行く383系

2020-12-15 14:45:00 | 篠ノ井線
篠ノ井線には現在2カ所の信号場があり、此処は桑ノ原信号場付近です。
雄大な車窓も此処を境に、下り列車は終わり、上り列車は此処からという場所。
10両のWVしなの3号長野行きが秋の姨捨を駆け下って行きました。

撮影日 2020.11.08 11:43 姨捨~稲荷山
コメント

姨捨界隈で一番綺麗な里山

2020-12-14 14:45:00 | 篠ノ井線
篠ノ井線に沿って冠着トンネルから稲荷山駅までロケハンしてみた。
一番綺麗な里山はこの山でしたが、電線やら蜘蛛の巣やら・・・。
写真の出来はヒドいものである。静と動を意識して撮った1枚だが。

撮影日 2020.11.08 11:42 姨捨~稲荷山
コメント

日本晴れの姨捨車窓・・・

2020-12-13 14:45:00 | 篠ノ井線
この日は日本晴れとなった信州でしたが、少し霞みがかっていました。
それでも善光寺平を一望出来る、日本三大車窓に383系がやって来ました。
篠ノ井線と言えば、この風景は外せないところです。




普通列車のE127系が25‰の勾配を駆け上がって来ました。
紅葉の目立つ場所に差し掛かったところでシュート。
さぞや、車窓には雄大な善光寺平の景色が広がっていることでしょう。

撮影日 2020.11.08 11:17 姨捨~稲荷山
コメント (2)

ドボンと撃沈した1枚

2020-12-12 14:45:00 | 篠ノ井線
この写真はドボンと音がしたような撃沈した1枚です。
後方は太陽光が差し込んで、紅葉がきらめいていますが・・・。
列車が来る直前に陰ってしまい、残念な1枚となってしまいました。
はぐれ雲め・・・と天を仰ぎ見たのでした・・・。

撮影日 2020.11.08 10:44 冠着~姨捨
コメント

金色に輝くカラマツと211系

2020-12-11 14:45:00 | 篠ノ井線
紅葉の色は例年に比べて良くないが、カラマツは金色に輝いていた。
常緑樹の杉木立とカラマツの林が交互に並んでいる。
線路脇では枯れススキも負けじと輝いていた。
そのススキを揺らしながら、211系は冠着トンネルへと消えて行った。

撮影日 2020.11.08 10:45 冠着~姨捨
コメント

篠ノ井線の山奥へ

2020-12-10 14:45:00 | 篠ノ井線
篠ノ井線の山奥へ、と言っても人が住んでいる地域なんですが・・・。
この先はトンネルになっていて、出口は冠着駅になります。
カラマツの紅葉が綺麗な場所なんですが、少し早かったようです。
木々も生長していて、撮りづらい場所になっていました。

撮影日 2020.11.08 10:39 冠着~姨捨
コメント

紅葉の篠ノ井線を行く383系

2020-12-09 14:45:00 | 篠ノ井線
まだ、真っ赤な桜の葉が残る篠ノ井線界隈でした。
列車が来るまでは桜の葉にも太陽の光が当たり光っていました。
383系WVしなのが通過する直前に陽は陰ってしまいました。




1枚目も2枚目も383系の直ぐ上までは太陽が当たっています。
鉄道風景写真はこうした事が数多くあります。
もう少し時間がズレてくれたら。駄作が減るかもしれないのに・・・。

撮影日 2020.11.08 10:14 姨捨~稲荷山
コメント

リンゴとブドウとHB-E300系

2020-12-08 14:45:00 | 篠ノ井線
霜が降りるような冷え込みが少なく、リンゴの収穫はまだ先でした。
冷え込まないと玉が締まらず、ボケたようなリンゴになってしまいます。
真っ赤なリンゴが成る脇をリゾートビューふるさとがやって来ます。




りんご畑の向こうにはブドウ棚があり、黄色く染まっています。
長野県のキャラクター、アルクマのラッピングの延長が発表されました。
この列車は乗車時間が長いので、食事がスイーツの提供したらどうでしょうか。

撮影日 2020.11.08 10:03 姨捨~稲荷山
コメント

篠ノ井線の紅葉とE127系

2020-12-07 14:45:00 | 篠ノ井線
篠ノ井線の普通列車の主力と言えば、このE127系です。
JR長野支社と新潟支社管内、えちごトキめき鉄道で50両が活躍しています。
ズームUPして里山の紅葉とE127系を切り取ります。




ステンレス車両ですから、太陽が当たると眩しいほど光ります。
此処の里山で一番綺麗だった場所でシュート。
コロナ禍ですから、E127系の窓が開いています。

撮影日 2020.11.08 09:56 姨捨~稲荷山
コメント

紅葉とリンゴと383系

2020-12-06 14:45:00 | 篠ノ井線
ズームして風景を切り取り。ブドウ棚の黄色が目に付いたので・・・。
そして、手前には撓わに実った真っ赤なサンふじ。
堰堤を「WVしなの1号」長野行きが来ました。




基本編成の6両で下り勾配を駆け下りて行きました。
長野発着のJR在来線では唯一の優等列車になるワイドビューしなのです。
この場所の里山の色付きは、余り良くなく赤が少なめでした・・・。

撮影日 2020.11.08 09:50 姨捨~稲荷山
コメント