一鉄草魂 信州の鉄道風景、ときどきB級グルメ  

美しい信州の鉄道風景を求めて
線路から少し離れて風花雪月を感じながら
ときどき信州のB級グルメの話題も

さなだどりーむ号と赤い鉄橋

2021-04-14 14:45:00 | 上田電鉄
さなだどりーむ号が赤い鉄橋を試運転で渡って来ました。
順光で見ると崩落した鉄橋は化粧直しがされて赤が綺麗です。



もうこの赤い千曲川橋梁が落ちるような水害は起こって欲しくありません。
そのためには、自分達が地球のために出来る事をしなくてはいけません。



いつまでもこの赤い鉄橋を電車が渡る日が続くように・・・。
この鉄橋が150歳になっても200歳になっても・・・。



この赤い鉄橋の北側には県道77号線の赤い上田橋があります。
それを隠せる位置に立って、さなだどりーむ号を見送ります。

撮影日 2021.03.27 08:37 上田~城下
コメント

光る赤い鉄橋と1000系

2021-04-11 14:45:00 | 上田電鉄
崩落して架け直されたトラス橋だけが朝日に輝いていました。
塗り直されているため?、ピカピカで赤が際立っていました。



そのトラス橋を1000系試運転列車がガタゴトと渡って行きます。
この赤い橋を渡る電車を見ていても飽きることはありません。

撮影日 2021.03.27 09:20 上田~城下
コメント

赤い鉄橋と1000系と青サギ

2021-04-08 14:45:00 | 上田電鉄
鉄橋が崩落した千曲川左岸の堤防はすっかり直されていました。
左岸の堤防道路は翌日の開通式まで通行止めで入ることは出来ません。
何事もなかったのように、1000系が静かに赤い鉄橋を渡って行きます。



1枚目、2枚目共に一番手前の石垣に青サギが留まっています。
川の流れの淀みに鉄橋と電車と青サギが映り込んでいます。
流れを穏やかにするための石垣でしょうが、自然の前では無力の気がします。

撮影日 2021.03.27 08:56 上田~城下
コメント

煌めく千曲川を渡る上田電鉄

2021-04-05 14:45:00 | 上田電鉄
煌めく千曲川の流れが綺麗ですが、流れているのはここだけ。
下流でも護岸工事をしているので本流を片側に寄せてありました。
中間車改造した6000系が千曲川橋梁を渡って行きました。



原田泰治デザインのラッピング列車「自然と友だち1号」が渡ります。
本流が狭く列車の窓から上流側が綺麗に抜けず・・・。
シルエットにして撮ってみたかったのですがムリでした。

撮影日 2021.03.27 1枚目08:37 2枚目09:20 上田~城下
コメント

上田電鉄千曲川橋梁全景

2021-04-03 14:45:00 | 上田電鉄
上田市民の心の風景とも言える「赤い鉄橋」こと千曲川橋梁。
それをどのように撮るか、私には引き出しがなくヒドい絵です。



右端が崩落した橋桁。川の流れを右岸に寄せて工事をしました。
下流でも護岸工事をしていたので、暫くはこの流れでしょうか。
5連の赤い鉄橋を2両編成の電車がガタンゴトンと渡って行きました。

撮影日 2021.03.27 09:14 上田~城下
コメント (2)

赤いトラス橋を渡る上田電鉄

2021-04-01 14:45:00 | 上田電鉄
5連のトラス橋のうち、一番奥が崩落した橋桁ですが赤が綺麗です。
100年以上も大切に使われてきた橋桁は市民から愛されています。



台風前には中州に木々が生い茂り全部見渡せませんでした。
今は綺麗に赤い鉄橋が見えて上田電鉄の1000系がガタンゴトンと渡ります。

撮影日 2021.03.27 07:47 上田~城下
コメント

赤い鉄橋を渡る1000系

2021-03-30 14:45:00 | 上田電鉄
しなの鉄道と上田電鉄を交互にUPしていこうと思います。
さて全線営業運転再開日の前日に試運転された上田電鉄。
再開日のニュースを見ると密状態でしたが、皆さんが待ちに待っていたのでしょう。



前日の試運転では穏やかな感じでマッタリと撮影出来ました。
上田圏内、長野市内ではコロナ感染者が増加中で、緊急事態宣言直前です。
赤い鉄橋を渡る1000系を南側から、北側から撮影しました。

撮影日 2021.03.27 07:34 08:16 上田~城下
コメント

祝!532日ぶり上田電鉄復活

2021-03-28 14:45:00 | 上田電鉄
一昨年の台風19号の大雨増水により上田電鉄の鉄橋が崩落。
あれから約1年半。本日上田電鉄は復活を遂げました。
この線路がピカピカに削られることでしょう・・・。



架空電車線も張り替えられてピカピカの銅線が光っていました。
こちらは年月と共に十円銅貨のように黒ずんでいくでしょう・・・。



昨日は始発から試運転として赤い鉄橋を1000系が渡りました。
ダイヤ改正前日で通常運転に近いダイヤで全列車が鉄橋を渡ります。
上田市民の方も「電車走ったね!」と私に嬉しそうに声を掛けてきました!

撮影日 2021.03.27 08:12 上田~城下
コメント

ダッチングマシンと硬券

2020-08-10 14:45:00 | 上田電鉄
ダッチングマシンは切符に日付を入れる器械で日付印字機とも言います。
城下駅ではクハ5251の見学のために入場券を買うと自分で日付が入れられます。
現在はダッチングマシンを製造している企業はなく貴重な鉄道遺産です。




城下駅から上田駅まで代行バスで帰る際にも硬券を購入しました。
こちらは駅員が別のダッチングマシンで日付を入れます。
真ん中の入場券は自分で日付を入れたものです。今では懐かしい硬券です。

撮影日 2020.07.26 12:39 城下駅
コメント

上田電鉄と丸窓ぽんて

2020-08-09 14:45:00 | 上田電鉄
昨年の台風19号の被害によって城下~上田間の千曲川橋梁が落ちました。
現在は城下~別所温泉間の運転、城下~上田はバス代行です。
2021年春頃の復旧に向けて、地域も応援しています。




「丸窓ぽんて」という上田電鉄を応援するプロジェクトがあります。
丸窓電車の「丸窓」と「橋」を意味するイタリア語のPONTEを組合せた造語です。
ステッカー、エコバック、ハンドタオルなどがありますが、ブックスタンドを選択しました。
地元の精密板金加工のオアシ工業さんがブックスタンド第2弾を7/11から発売。





赤い鉄橋を彷彿させるデザインで桜が第1弾。アジサイが第2弾です。
偶然にも城下駅でオアシ工業の方とお会いできました。
早速、上田駅でブックスタンド第1弾、第2弾を購入させていただきました。
重厚感があって素敵なブックスタンドです。通販も可能ですので是非ご協力ください。

撮影日 2020.07.26 城下駅
コメント (2)