一鉄草魂 信州の鉄道風景、ときどきB級グルメ  

美しい信州の鉄道風景を求めて
線路から少し離れて風花雪月を感じながら
ときどき信州のB級グルメの話題も

また行きたい「のと鉄道」

2017-09-27 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

桜の季節には活気づく「のと鉄道」ですが、魚も旨い。
地酒を煽りながら、新鮮な刺身で1日の疲れを癒す…。
そんな場所にあるだけではないのですが…。

撮影日 2017.09.03 09:26 笠師保~能登中島




信州からも新幹線なら直ぐ。比較的近い場所の能登。
海なし県民にとって海沿いを走る鉄道は魅力的です。
温泉もあって言うことなし…。の小旅行になりました。

撮影日 2017.09.03 09:38 能登中島~西岸(以下同じ)




北風が吹く冬の能登もいいものでしょう…。
寒ブリや牡蠣をつまみに、熱燗で体を癒しに行きますか…。
これが「のと鉄道」のラストショットになりました。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント (2)

稲刈りの準備と「のと鉄道」

2017-09-26 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

始発列車から撮影をして旅館に戻る前にもう1カ所…。
前日は逆光でしたので、順光で撮影してみたかった場所。
里山を意識してフレーミングしてみます。

撮影日 2017.09.03 07:37 能登中島~西岸(以下同じ)




この田んぼも稲刈りの準備が始まりました。
コンバインを入れるために、田の端の稲刈りが始まります。
あすなろの木々が綺麗な緑の山と黄金の田がいい感じでした。




私の後方は海なのですが、そんな事を感じさせない場所です。
本当に里山里海の、「のと鉄道」の風景が広がります。
いつまでもこんな平和な風景が続きますように。
さて、旅館へ帰って朝ごはんです…。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント

2番列車が七尾湾を行く

2017-09-25 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

前日から立つ頻度が一番多い此処からのアングル。
太陽が高くなるにつれて、立ち位置も微妙にずらしています。
でも、此処は本当に絶景ポイントですね…。

撮影日 2017.09.03 06:52 西岸~能登鹿島(以下同じ)




海霧が少しあって蒸すような能登の朝でした。
牡蠣いかだに漁師さんが小舟で来ましたが、よく分かりませんね。
花咲くいろはの主人公「松前緒花」が爽やかです…。




黒い甍の間を擦り抜けてNT200形が行きました。
2両編成の2番列車には乗客の姿はありませんでした。
これで旅館に戻って朝ごはんにしましょう。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント (2)

七尾北湾の朝日・・・

2017-09-24 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

のと鉄道の旅2日目の朝も早起きして始発から撮影へ。
旅館を出ると、目を見張るような光景…。
思わず車を止めて1枚。真っ赤な太陽光線が海に降り注いでいました。

撮影日 2017.09.03 05:31 西岸~能登鹿島付近




始発列車は穴水駅を6:15に発車します…。
先程の赤い朝日は無くなり、高く昇ってしまいました。
何処からどう撮るか…。直前まで悩みました。

撮影日 2017.09.03 06:26 西岸~能登鹿島(以下同じ)




朝日に輝く海面がキラキラと黄金色に染まっていました。
ブラインドが1枚下りていましたが、窓抜きが出来ました。
海のない信州から見ると、別世界のようです。




始発列車でもビュースポットは徐行運転です。
エンジンが唸りを上げてスピードを上げて行きます。
薄っすらと海霧があり、纏わりつくような空気の朝でした。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント (2)

夕暮れに伸びるロケットパンチ

2017-09-23 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

この日はお昼過ぎから運用に就いたNT211号車…。
時間帯も関係なく、ずっと単行で走っていました。
夕暮れの斜光に照らし出されたNO TO GOです。

撮影日 2017.09.02 16:50 西岸~能登鹿島(以下同じ)




ズームから素早く広角に切り替え…。
手前のコスモスが咲き揃えば、もっと秋らしい画になったのでしょう。
牡蠣いかだが浮かぶ、七尾北湾が青く綺麗でした。




再び、ズームで車両をアップにすると迫力あります。
ロケットパンチが飛んで行くような感じです。
遠くにはツインブリッジのとが綺麗に見えていました。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント

夕焼け迫る七尾北湾とのと鉄道

2017-09-22 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

能登中島駅周辺の田んぼは黄金色の稲穂が実っていましたが…。
ここでは刈り取りまでまだ時間がかかりそうでした。
「花咲くいろは」ラッピング車両が初秋の夕日を浴びて通過です。

撮影日 2017.09.02 16:29 西岸~能登鹿島(以下同じ)




信州と違って日の入り時間も遅く、まだまだ明るい能登。
それでも、あすなろの木々の影が伸びています。
これは後世に残したい日本の原風景です。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント

夕陽に輝く里山里海号

2017-09-21 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

大きく広がった田んぼの中を通過する、のと鉄道。
ところが、通過時には太陽は雲隠れ…。
直前まで、傾きかけた太陽がギラギラだったのですが…。

撮影日 2017.09.02 14:57 笠師保~能登中島




場所を移して七尾湾を見渡せるお立ち台へ再び…。
遠くにはツインブリッジのとが見えます。
里山里海号が車体をギラリとさせながらやって来ました。

撮影日 2017.09.02 16:20 西岸~能登中島(以下同じ)




七尾湾には牡蠣いかだが浮かんでいます…。
冬の牡蠣も旨いのですが、夏は岩ガキが旨い能登半島。
旅情の感じられる場所ですが、この田のご主人も優しかったです。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント

実り豊かな能登路を行く

2017-09-19 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

黄金の稲穂が揺れる能登路をNT200形単行列車が行きます。
NO TO GOが黒瓦の住宅と稲刈り前日の田の横を駆け抜けます。
日本の実り豊かな秋を行く鉄道風景には心穏やかになります。

撮影日 2017.09.02 15:25 能登中島~西岸(2枚目同じ)




上り勾配に差し掛かり、エンジン全開。
秋の傾いた陽に車両から立ち上る排煙が棚引きます。
この田は翌日に訪れると稲刈りが始まっていました。




この日のラストショットは此処で崩れかけそうな民家を入れて。
この地方独特の板壁と黒い甍の民家…。
家だけでなく、日本の地方は疲弊し崩れかけています…。

撮影日 2017.09.02 17:36 能登中島~西岸


鉄道写真ランキング

にほんブログ村

コメント

里山を行くNO TO GO!

2017-09-18 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

かつての七尾線沿線である輪島市市出身の永井豪のラッピング。
私にとっては懐かしいマジンガーZやデビルマン…。
NO TO GOと永井豪を掛けたネーミングも面白いですね。

撮影日 2017.09.02 14:27 笠師保~能登中島(2枚目同じ)




こちら側はロケットパンチの力強いラッピングです。
頭を垂れた稲穂をコンバインで稲刈りが始まっていました。
能登地方の稲刈りは早く、9月中旬にはすべて刈られてしまうでしょう。




反対側はマジンガーZ、デビルマン、キューティーハニーです。
色合いもまったく違っているNO TO GOは2012年3月10日から走っています。
当初は3年間だったらしいのですが延長されて運転されています。

撮影日 2017.09.02 10:28 穴水駅にて

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント

里山里海号で穴水へ戻る

2017-09-16 14:45:00 | のと鉄道(七尾線)

能登中島駅に元郵政省が保有したオユ10 2565が保存されています。
冷房装置がつけられた郵便車の中では比較的新しい方です。
国鉄とともに鉄道郵便局があった時代が懐かしいですね…。

撮影日 2017.09.02 13:03 能登中島駅(2枚目同じ)




見学を終えて車内に戻ると、運転台に制帽が置かれていました。
車掌?運転士?どちらも兼務しますが、サービスの良い方でした。
平仮名で「のと」七尾湾の波をあしらったマークです。




ビュースポットでは停車、または徐行をしてくれます。
車窓から眺める七尾湾の漁村といった風景が綺麗です。
大きな窓はさながらキャンバスのようです。

撮影日 2017.09.02 13:18 能登中島~西岸




最後はトンネルの中の電飾がお出迎え。
のと鉄道社員の手作りの電飾なんだそうです。
青い光が幻想的。お客さまを迎える気持ちが嬉しい、のと鉄道です。

撮影日 2017.09.02 13:37 能登鹿島~穴水

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント (2)