青空、ひとりきり

鉄路と旅と温泉と。親と子供と一眼レフ。

81年目の夏

2017年07月27日 07時30分00秒 | ローカル私鉄

(ジェームス返しin中徳橋@田野口~下泉間)

中徳橋でかわね路号を見送った後、「お腹が空いた」と言う事で駿河徳山のミニストップでお昼ご飯。なかなか大井川沿線で良さげな食事処を知らない私、だいたいここか下泉のサークルKあたりで買って食ってる感じもある。子供のペースに合わせてのんびり食べてたりトイレ済ませたりしていたらあっという間に返しのジェームスが千頭を発車する時間。狙っていた正島のストレートは先客あって子連れで突入する雰囲気でもなく、結局ロケハンも大して出来ず…しょうがないのでもう一回中徳橋で捕まえる事にしました。


このジェームスに扮するC5644号機は昭和11年製。北海道で活躍していましたが、太平洋戦争のさなか南方戦線の戦時輸送支援のためタイに送られる事になります。大半の僚機が砲弾に倒れる中、戦火を免れて奇跡的に生き残り、戦後もタイ国鉄で活躍。昭和54年にタイより帰還し大井川で活躍する事となりましたが、何年か前はタイ国鉄仕様のカラーリングを身に纏って走っていた事もありましたね。もう10年くらい前になりますが、千頭で撮影したC56のひとコマ。まだ転車台がないので返しはバック運転の時代でしたが、赤色のカウキャッチャーがカッコ良かった。


このC56はドラフト音に特徴がありまして、走らせると仔馬のギャロップと呼ばれる「タッタカタッタカタッタカタッタカ…」という軽快でリズミカルな音を奏でます。客車7両牽引でも補機付き&返しは下り坂ですから軽快ですね。時代に翻弄され、様々な歴史を見て来た生き証人でもあるC5644号機の81年目の夏。客車の窓から聞こえて来そうな子供たちの笑い声を乗せ、今日も川根路を走ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫煙薫香

2017年07月26日 07時30分00秒 | ローカル私鉄

(中徳橋を力行す@下泉~田野口間)

C11190の単機牽引となるSL急行「かわね路号」。家山の次は下泉に停車するので、新金谷~千頭をノンストップで走るトーマス&ジェームスに比べればゆっくりと先回りする事が出来ます。下泉から先、子供と一緒にゆったり撮るならキャパの広い中徳橋かな。と言う事で橋の欄干からお手軽に。なかなかいいケムリです。


子供も手持ちで欄干の隙間から果敢にアタック。線路際のブッシュに関しては夏の湿気を吸い込んで全線に亘りどうしようもないほどに繁茂しているので、これは大井川鉄道の保線の方々に適正な処理をお願いするしかないのでありますが、顔をのぞかせたポイントでうまくシャッターが切れたようでご満悦(笑)。真ん中に挟まれた青色のスハフ43の小口に連なる窓がいいですね。そして重油と石炭の混じったすすけた煙の匂い…

結構タバコ辞めてから時間たったけど、この程度のケムリなら、たまに吸うのも悪くない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和九十二年の夏

2017年07月25日 07時30分00秒 | ローカル私鉄

(昭和九十二年の夏@家山発車)

ジェームス、トーマスと夏休みらしい子供の喜ぶキャラものSLが行った後は、C11190で牽引されるいつものSL急行「かわね路号」。ジェームス&トーマス組が客車7両で蒸電運転となる中で、この列車は補機なしで客車4両を単引きで運転します。ノンストップの前2列車と違い、家山と下泉の停車を絡めてゆったりと川根路を遡上して行く姿は、古き良きSL客レの雰囲気を残しています。まあそんな時代に生きてはいないですけど、イメージとしては末期の会津線のような感じでしょうか。古い家並みの残る家山の街を後にするSL列車、昭和九十二年の夏はモノクロームの世界。


子供は横構図モノクロ、オトーサンは縦構図カラー、それぞれいかがでしょうか。駅へ向かう狭い路地にささやかな看板を出す杉田屋旅館(創業100年超!)のイブキの植え込みと、おそらく昔のトイレにはよく付いてた先っぽがカラカラ回る換気パイプみたいなのが味わい深いですよねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オヤコヒナダン

2017年07月24日 07時30分06秒 | ローカル私鉄

(上手に撮れますか??@福用~大和田間)

最近子供に撮り鉄の真似事と言うか、お古の一眼レフを持たせて撮らせているのだけど、今は何でも撮る事が面白い年頃らしい。いつもは好き勝手に撮らせているのですが、せっかく大井川まで来たのだから今回はやっぱりお古の三脚を使わせて構図を作るところから。撮影モードはオートなのでまだあんまり考えなくて良いけど、構図作りと言うのはやはり大事だと思うのです。福用の先の高熊のSカーブ、林道の途中からの小俯瞰はこの時期ヤブ蚊やアブや小虫のオンパレード。耳元を横切る羽音にビビりまくりの息子を奮い立たせて「ファインダーの中でここを機関車が通ったらシャッターを切るんだよ」とレクチャーしてあげましたが、ちょっと遅切り??


オトーサンは林道から少し下段の立ち位置。有名ポイントだからそこらじゅうにひな壇組んだ跡があってアングルは多彩です。こちらも迫りくるヤブ蚊を虫よけスプレーと手ぬぐいのほっかむりで防御しながら列車を待ちます。「きかんしゃトーマス」に扮したC11227とオレンジに塗られたトーマス用客車の編成美。「折角の旧型客車をこんな色で塗り替えちゃって…」と古くからの大井川ファンには批判的な向きもあったそうですが、このトーマスの完成度を考えたらこれで良いのだと思う。世界観を作るならディテールまで拘らなくちゃあいけません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煙分補給

2017年07月23日 22時32分05秒 | ローカル私鉄

(赤いジェームス、横岡の築堤を行く@五和~神尾間)

普段から休みともなるとどこかへ連れて行っているつもりの子供ですが、「夏休みだからどっか連れて行って欲しい」とか言い出しやがった(笑)。そうか、先週もうガッコ終わったんだっけ。夏休みの前から既に関東はクソ暑く、土曜日は暑過ぎて外に出たさが萎えた。一晩明け、案外曇り空ベースで涼しい朝の日曜に早起きして来た子供にどこへ行きたいと尋ねると「SLが撮りたいんだよね」との由。SLねえ。関東でSLってーと秩父か真岡か高崎かなんだけど、ダイヤを見たら大井川がSL3往復ダイヤで結構撮れ高稼げそう。朝7時に家を出て、霧に煙る箱根の山を越え3時間後には横岡新田の茶畑に親子で三脚を並べていました(笑)。

夏の大井川と言えばすっかり定番となったSL達の「きかんしゃトーマス」仮装、一本目はC56を塗り替えた赤いジェームス号。客車7両に見た感じはほぼ満員のお客様だからこの企画強えええええ!!って感じなんですが、さすがに客車7両をC56が牽き切れる訳もなく次位に電ガマのE101を配した蒸電運転なのはご愛敬。だいたい補機付けちゃうと蒸気機関車はサボるというかそこまで焚かないんだけど、横岡の築堤をまずまずいいケムリで上がって行きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加