一 鉄 草 魂  

四季が美しい信州を走る鉄道風景を追いかけて…。
線路際から少し離れて花、風、光、山を感じてありのままに写し撮りたい…。

HIGH RAIL 1375と離山

2018-05-20 14:45:00 | 小海線

小淵沢発のHIGH RAIL 1号の回送列車が離山を行きます。
新緑の淡い緑とHIGH RAILの青い車両が絶妙なマッチングでした。
これは是非とも水鏡の状況で撮りたいですね…。

撮影日 2018.05.05 08:30 龍岡城~太田部(以下同じ)




回送列車ですから、ブラインドが下りているのは致し方ありません。
春の朝日に照らされて銀色に輝くHIGH RAIL 1375です。
空を表す濃いブルーは車両を引き締めた印象を持たせます。


にほんブログ村

鉄道写真ランキング
コメント

離山とキハ110系

2018-05-19 14:45:00 | 小海線

佐久バルーンフェスタと小海線のコラボが上手くいかず…。
離山まで来ましたが、いつもとは反対側へ回ってみました。
まだ田んぼに水は入っていませんでしたが、綺麗な新緑でした。

撮影日 2018.05.05 07:23 龍岡城~太田部(以下同じ)




昔は狼煙を上げるために利用されていたとする離山。
小さくて可愛い里山?、丘?ですが、小海線は回り込みます。
田んぼに水が入って水鏡になったら、もっといいでしょう…。




青い空に新緑が映えます…。
小海行きの単行列車が離山に良く似合っていました。
初夏と言ってもいいような清々しい信州の朝でした。


にほんブログ村

鉄道写真ランキング
コメント

佐久バルーンフェスタと小海線

2018-05-18 14:45:00 | 小海線

佐久バルーンフェスタは毎年GWに開催されます。
昨年も飛んだのは1日のみ。今年も天候不順で1日のみです。
6:30に競技開始でしたが、30機以上が30分も早く飛び始めました。

撮影日 2018.05.05 06:02 滑津~北中込(以下同じ)




本当はこの下り2番列車の時に飛び始める予定でしたが…。
始発に合わせて行ったので撮れた1枚目の写真。
このときに飛んでいたのはこの気球1機のみでした。




待てども待てども、もう飛ばず…。
しょうがないので、設定は水鏡に急遽変更です…。
佐久バルーンフェスタと小海線のコラボは3年越しの悲願でしたが…。


にほんブログ村

鉄道写真ランキング
コメント

小海線を行く車両

2017-12-23 14:45:00 | 小海線

気動車しか走らない路線の小海線です。
それでも数種類の車両が現役で活躍中です。
日本初のハイブリッド車両E200形が、かっ飛んで来ました。

撮影日 2017.12.16 10:44 龍岡城~太田部(以下同じ)




主力のキハ110形は13両が在籍しています。
平成3年から小海線に投入が始まりました。
また、リバイバルとして「ときめきの恋列車」を復活させて欲しいもの。




今年から運行を始めたHIGH RAIL 1375です。
キハ103形は日本唯一の形式です。
真っ白な風景の中で撮影してみたい車両です。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント (2)

表情を変える浅間山とキハ

2017-12-22 14:45:00 | 小海線

場所を変えてお立ち台で有名な離山踏切へ…。
冬の朝日に照らし出された浅間山が綺麗でした。
モルゲンロートには恵まれませんでしたが、堂々とした山です。

撮影日 2017.12.16 07:51 龍岡城~太田部(以下同じ)




単行列車がやって来るとあって、ズームアップします。
浅間山の半分が雲に覆われてきました。
冬の佐久平は乾いた風が強く冷たく吹いていました。




次の列車の際には唐笠を被ったような浅間山になりました。
浅間山を後にして八ヶ岳山麓へ向かう小海線です。
色々な表情を見せてくれた冬の浅間山でした。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント

日の出の浅間山と小海線

2017-12-21 14:45:00 | 小海線

モルゲンロートを期待して大糸線には出掛けますが…。
浅間山も赤く焼けるので、早起きして出掛けてみました。
丁度、この列車の頃から赤くなると予想していましたが…。

撮影日 2017.12.16 06:53 三岡~乙女(以下同じ)




南東の空は赤くなっていたものの、遠くに薄雲。
この日、浅間山は赤くなることはありませんでした。
浅間山がすっぽりと雪に覆われた時に再チャレンジです…。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント

ブルーモーメントの大堰堤

2017-10-19 14:45:00 | 小海線

夕焼けを期待して日没まで粘ったのですが、赤くならず…。
逆に青い空のままで、ブルーモーメントに。
シルエットを綺麗に写すことだけを考えました。

撮影日 2017.09.30 17:27 小淵沢~甲斐小泉(以下同じ)




陽が陰ると無数に飛んでいたトンボも消えました。
まるで、影絵の藤城清治の世界のようでした。
こんな綺麗なブルーモーメントにもなかなか会えません。




感動しながら、ブラさないようにシャッターを切ります。
数人の乗客の姿も捉えることが出来ました。
列車のブラインドがほとんど上がっていて良かったです。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント

秋の夕暮れを行くHIGH RAIL

2017-10-18 14:45:00 | 小海線

秋の日が落ちる寸前に大堰堤を行くHIGH RAILです。
斜光が車両の中まで差し込んでいます。
夕焼けにならない秋の空は真っ青のままでした。

撮影日 2017.09.30 16:52 小淵沢~甲斐小泉(以下同じ)




空には無数のトンボが飛び交っていました。
レンズに付いたホコリのようですが、違うんですよ。
この秋、1・2を争うような素晴らしい光景です。




乗客の皆さんも、車窓に広がるダイナミックな風景を見つめます。
露出が難しい状況でしたが、斜光の太陽が演出してくれました。
これぞ秋の夕暮れを行く高原列車という1枚になったでしょうか…。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村

コメント (2)

夕暮れの中のHIGH RAIL1375

2017-10-17 14:45:00 | 小海線

14:22に小諸を発車したHIGH RAIL2号は2時間半あまりの旅。
間もなく終着駅の小淵沢へ到着です。
HIGH RAILが通過する時間になると撮影者が増えます。

撮影日 2017.09.30 16:52 小淵沢~甲斐小泉(以下同じ)




旅の最後に、一番の絶景を目の当たりにする乗客です。
ここは、ゆっくりとやって来たHIGH RAIL2号でした。
傾いた秋の日に照らし出された八ヶ岳を観賞中です…。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント

影が長く伸びた大堰堤

2017-10-16 14:45:00 | 小海線

秋の日は釣瓶落としというように、急速に傾いていきます。
大堰堤の影も長~く伸びてきました。
陰陽で夕方を表現しようと思いましたが、果たして…。

撮影日 2017.09.30 16:40 小淵沢~甲斐小泉(以下場所同じ)




稲刈りをしていた農家さんも仕事は終了していました。
まだ僅かに残った黄金の稲は輝いていました。
斜光が列車の中まで伸びて、突き抜けています。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント