一鉄草魂 信州の鉄道風景、ときどきB級グルメ  

美しい信州の鉄道風景を求めて
線路から少し離れて風花雪月を感じながら
ときどき信州のB級グルメの話題も

群岡のカーブで貴婦人

2018-05-17 14:45:00 | 磐越西線

久々の磐越西線でしたが、ラストショットの時間となりました。
最後に選んだのは通称、群岡のカーブを呼ばれる場所です。
遠くで汽笛が聞こえた後に貴婦人が姿を現しました。

撮影日 2018.04.29 12:08 上野尻~徳沢(以下同じ)




青空と新緑の中を貴婦人がやって来ます。
田んぼの水溜まりの中はオタマジャクシがいっぱいでした。
ここから煙を吐き始めた貴婦人でした。




それでも奥さんが今回の磐越西線のラストショット!
直前に車が乱入して来たそうですが、落ち着いてました。
少しピン甘な感じもしますが、綺麗に撮れました。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント

首都圏色と急行色風のキハ

2018-05-16 14:45:00 | 磐越西線

バラエティに富んでいる新津のキハ40系達である。
首都圏色はキハ47 515、急行色風はキハ48 523の編成でした。
しかし、日本の原風景にはこの国鉄色が良く似合いますね…。

撮影日 2018.04.29 10:03 日出谷~鹿瀬(以下同じ)




実際にはキハ40系に急行色はなかったはずですので昔見た!というのはあり得ない。
でも、キハ58やキハ65などが急行色だったので違和感はありません。
見とれてしまうほどの車両にドキドキしていました。




両車両とも新潟鐵工製なので晩年は故郷で過ごしているのです。
首都圏色のキハ47 515は新潟から出たことのない生え抜き。
う~ん、たまらない景色と国鉄形気動車に感動です。

にほんブログ村
鉄道写真ランキング
コメント

麒麟山温泉宿からの風景

2018-05-15 14:45:00 | 磐越西線

早朝に四季島を撮影した後、温泉宿に戻り朝風呂で体を温めました。
そして、部屋からは阿賀野川越しに磐越西線を見ることが出来ます。
それもキハ40系が2本もあります。急行色風と首都圏色が行きます。

撮影日 2018.04.29 06:11 鹿瀬~津川(以下同じ)




陽が高くなるにつれて、川霧も晴れてきました。
キハ110系とキハE120形の混結編成がやって来ました。
川の中の岩がいい感じを出している阿賀野川です。




1時間もすると、霧もすっかり晴れて新緑が眩しい…。
赤い新潟色を期待しましたが、旧新潟色が下って来ました。
これを撮影後に美味しい朝食をいただきました。


にほんブログ村

鉄道写真ランキング
コメント

春の夜明けの四季島

2018-05-14 14:45:00 | 磐越西線

日曜日の磐越西線には、TRAIN SUITE 四季島が運転されます。
非電化区間は陽の長い季節だけ撮影可能となりますので、3時半起き。
温泉宿に行ったのに、ゆっくりと寝ている場合ではありませんでした。

撮影日 2018.04.29 04:59 野沢~上野尻(以下同じ)




温泉宿のある麒麟山温泉は新潟県ですが、晴れていました。
福島県に入った途端に、濃霧…。何処へ行っても霧…。
それでも霧の薄い場所を探しましたが、厳しい撮影条件でした。




太陽があれば、朝日に輝くシャンパンゴールドが輝いたことでしょう。
まあ、自然相手ですからしょうがないですね…。これはリベンジです!
しかしこの場所だけでも7~8人集まったのは驚きでした。


にほんブログ村

鉄道写真ランキング
コメント

山を駆け下りる貴婦人

2018-05-13 14:45:00 | 磐越西線

午後の長い時間を豊実トンネルの出口で待機していましたが…。
貴婦人が来る5分前に日が陰ってきてしまったので急遽移動。
野生のサルの群れがいる明るい杉林の前で待ちます。

撮影日 2018.04.28 17:00 豊実~日出谷(以下同じ)




山を駆け下りて来るので煙は期待していませんでしたが完全な絶気。
スピードも速く、あっという間に通過して行きました。
初日はこれを最後に麒麟山温泉へ向かい、旨い肴と地酒で疲れを癒しました。

にほんブログ村
鉄道写真ランキング
コメント

新緑の中のキハ47

2018-05-12 14:45:00 | 磐越西線

昼下がりに撮影した232Dが会津若松から折り返す233Dを待ちます。
旧新潟色がトンネルから飛び出し新緑の中へ…。
レンガ積みの豊実トンネルがいい感じでキハ47に良く似合います。

撮影日 2018.04.28 15:45 豊実~日出谷(以下同じ)




振り返ると素晴らしい新緑の世界へ飛び込んで行くようです。
暑い季節には夏草で覆われそうですが、春はいいですね。
春の陽射しを浴びながら1時間ほど待ちました。




縦構図にすると山の深さが解りますね…。
鉄道林の杉が色と形のポイントになっています。
キハは軽快に下り勾配を駆け下りて行きました。




この周辺にはずっと野生のサルの群れがいました。
線路の右や左を行ったり来たりしていました。
20~30頭はいたでしょうか。大きな群れでした。

にほんブログ村
鉄道写真ランキング
コメント

阿賀野川の新緑と新潟色

2018-05-11 14:45:00 | 磐越西線

磐越西線はSLのC57とともに、キハ40系気動車が活躍しています。
新潟のキハ40系も置き換えが発表されましたが…。
意外にも撮影者は少なくSL通過後は思い思いの場所で撮れます。

撮影日 2018.04.28 13:24 萩野~尾登(以下同じ)




この日は旧新潟色しか撮るチャンスはありませんでした。
それでも大好きなキハ47に会えて嬉しい限りです。
1979年5月の製造ですからまだ39才なんですね…。




ここでは夫婦2人とも同じような構図になってしまったので…。
こちらは奥さんの作品です。引退が正式に発表されるとこうはいきません。
きっとSL以上にフィーバーしそうなので、今のうちに撮影しておきます。

にほんブログ村
鉄道写真ランキング
コメント

飯豊邦峰の残雪と貴婦人

2018-05-10 14:45:00 | 磐越西線

鹿瀬駅から国道を通って上野尻のカーブへ行きました。
すでに列車通過の3分前でギリギリセーフでしたが…。
この付近は黒だかりの人、人、人、間に入れていただいて…。

撮影日 2018.04.28 12:10 野沢~上野尻(以下同じ)




正面に陽は当たるものの、側面は影側となる難しい露出。
それでも後方の残雪の飯豊連峰が綺麗でした。
5月らしい画が撮れる場所で人気の高さが窺えます。




すかさず、引いて1枚。遠景が霞む日でした。
惚れ惚れするようなフォルムの貴婦人です。
ここの時間だけは昭和30~40年代初頭といったところでしょうか…。




奥さんの会心のショットです。ここではレクチャーの時間がなく…。
何も指導しなかったのですが、チューリップの入れ方が抜群です。
でも何か仕上がりがぬり絵のようになってしまいました。

にほんブログ村
鉄道写真ランキング
コメント

爆煙で鹿瀬駅進入

2018-05-09 14:45:00 | 磐越西線

奥さんには大体の構図を説明して鹿瀬駅ホーム撮りをしてもらいます。
鹿瀬駅進入も爆煙の貴婦人でした。
制限速度65の看板の処理が残念でしたが、まあまあの1枚。

撮影日 2018.04.28 11:34 鹿瀬~津川(以下同じ)




縦構図も中々に撮れていました。
奥さん本人的には少々不満足だったらしいのですが…。
機関士はSLは生き物だといいますが、撮り鉄にとっては魔物ですね。

にほんブログ村
鉄道写真ランキング
コメント

爆煙の貴婦人

2018-05-08 14:45:00 | 磐越西線

やはり蒸気機関車を撮るのであれば爆煙を期待します。
そこでゆっくりと追いかけて来たのは鹿瀬の手前。
遠くは陽炎でユラユラとしていたので広角を選択しました。

撮影日 2018.04.28 11:33 鹿瀬~津川(以下同じ)




期待通りの爆煙で上り勾配を駆け上がって来ました。
それでも強い風で煙が暴れていました。
そして此処は新緑はあまり綺麗ではありませんでした。




立ち位置は逆光側になるのでSLが黒く潰れないように…。
しかしSLを撮るというのは難しいと痛感しました。
でもこの爆煙はファインダー越しでも嬉しかったですね。




そしてギリギリまで引き付けて1枚…。
ドレンも吐いてくれたら良かったのですが…。
煙と匂いを満喫しながら見送りました。


にほんブログ村

鉄道写真ランキング
コメント