癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO872・・・病気の原因(七孔)

2020-02-29 | 難病
五臓の状態は、顔にある七つの孔(あな)の状態によって知ることが出来る。

■肺の気は鼻に通じている。肺の氣が正常であれば香臭が良くわかる。(麝香
■心臓の気は舌に通じている。心の気が正常であればが良く区別できる。(牛黄)
■肝の気は目に通じている。肝気が正常であれば視力がよい。(牛黄
■脾の気は口に通じている。脾気が正常であれば食欲がある。(紅参
■腎の気は耳に通じている。腎氣が正常だとが良く聞こえる。(鹿茸

 以上の五臓の気が変調を起こすと、七つの孔の働きも悪くなる。病邪が六腑にあると時は、陽経脈の気が停滞して、陽気だけが盛んになり、腫物ができたりする。陽気が盛んになりすぎると、陰の気が弱くなってしまう。

 陰の気(冷やすエネルギー)が弱くなると血の流れが悪くなる。血が停滞すると陰気が盛んになり、陽気が弱くなってしまいます。注意:大きく分けて陰と陽のエネルギーと衛と営の氣があります。衛のエネルギーは外部から来る邪から守る役目で陽のエネルギーです。営のエネルギーは内部を邪から守るエネルギーで陰の気になります。ゆえに血液は陰のエネルギーを得る事で活動できます。一見したら血液は温かい陽の気と間違えますのでご注意下さい。血液に熱がありすぎると肝臓などの病気を起こします。これを冷ますのが「牛黄」です。

 以上のように、身体の陰陽の気はお互いに影響しあい、陰虚陽盛・陽虚陰盛の状態で病状を現します。


蜜殿の中の絵馬(御祈願札)と牙などの魔除けグッズ。御祈願札の受け入れ準備が出来ましたので手元に
ある方は送り返して下さい。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO871・・・病気の原因(腎)

2020-02-28 | ヒーリング
腎は精と志を蔵す。

 腎は精を蓄える。精がしっかりしていると、志の精神活動が発揮できる。
ゆえに、怒りすぎると志が傷(やぶ)られる。
志が傷(やぶ)られると健忘症になる。また、腰が痛んで屈伸できなくなる。

 腎氣が弱く(虚)なると冷えやすくなる。実(過剰な熱)すると腹が張る
腎の精は先天的(生まれた時)にもありますが、後天的(生まれた後)に胃で作られて腎に貯蔵されます。
腎の精を労働やセックスで使いすぎると冷えやすくなります。腰痛や脚弱、陰茎に症状が現れます。

 精のエネルギーが弱くなりますと、志も弱くなるので、物忘れがひどくなります。また根気がなくなりますので、同じことを根気よく続けられなくなります。

 逆にイライラし過ぎると、志が弱くなって腎のエネルギーが奪われ腎の症状が現れます。腎実とは、腎の部位に熱が籠った事を云います。下焦(臍より下)に熱が貯まりすぎると、腹が張って便秘(老人性の便秘)したり、排尿力が弱くなり、小便が気持ちよく出なくなります


腎が弱くなった高齢者や虚弱な女性最適な漢方薬■霊鹿参・・・・■男性専科・・・・■女性専科
・・・・■先祖霊寿玉

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO870・・・病気の原因(肺)

2020-02-27 | ヒーリング
肺は気と魄(はく)を蔵す。

 肺は氣を蔵す。その蓄えられた気によって、魄の精神活動が発揮できる。
喜楽が過ぎると魄が傷(やぶ)られる。魄が傷(やぶ)られると狂う。

 肺氣が虚すと鼻がつまり、呼吸する力が弱くなる。肺氣が充満しすぎると喘息様症状を現し、胸苦しくなる。肺は全身の氣を巡らせます。その気の巡りによって、心臓の陽気や血液が全身を巡ります。また、胃も良く消化し、小便も良く出ます。

 喜び過ぎると氣が一か所に滞り、肺の気は弱くなってしまいます。肺の気が弱くなると鼻を含めた呼吸器系の症状が現れます。また、肺の気が弱くなると魄に変化を起こし、ノイローゼやうつ病になる場合があります。

 いずれの場合も、肺の気が流れる経絡を補い、氣を良く巡らしてあげます。また、深い呼吸が出来る運動をするのも一つの方法です。

 肺の氣が充満(熱)しすぎの人は肺に熱がこもり過ぎ(高熱を伴うインフルエンザなど)ていますので、安静にしなければなりません。肺の氣の流れの通路にある「魚際」のツボや肝臓の気が流れる通路にある「中封=ちゅうほう)のツボや腎経の「復溜=ふくりゅう」を補います。それでも効果が弱い時は、肺の氣が流れる通路上にある「孔最穴=こうさいけつ」を強く押したり、太い鍼を差し込んだりして余分な気を外に出します。(寫法)


気の滞りを改善して、全身に氣を巡らす「救心感応丸 氣」麝香と牛黄配合です。■開運・長寿伝統生薬配合漢方薬
を参考にして下さい。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO869・・・病気の原因(脾臓)

2020-02-26 | ヒーリング
小便・生理・便秘・下痢・食欲不振・腹が張る・手足がだるい


脾は営と意を蔵す。
脾は営気を蔵す。その営気によって、意の精神活動が発揮できる。
憂愁(ゆうしゅう)しすぎると意が傷(やぶ)られ、気持ちに落ち着きがなくなる。
脾気が虚すと手足がだるくなる。実すると腹が張り、小便や月経が出なくなる。

脾は後天の原気(栄養分)を作り出します。脾気が虚すと手足がだるくなり、便秘や下痢、食欲不振などの症状を現します。また、記憶力が減退し、考えがまとまらなくなります。逆に憂愁しすぎて意が傷(やぶ)られ、脾気が虚して肉体の変化となる場合もあります。いずれの場合も、脾・心包・胃・大腸・小腸などの経を補います。

脾が実すると営気がまったく働かないので気血ともに不足してきます。肝経の太衝(たいしょう)、胃経の太谿(たいけい)、脾経の隠白などの経穴(けいけつ=ツボ)を補います。また、章門穴(しょうもんけつ)や脾兪(ひゆ)へお灸を施したり、当帰(とうき)を含む漢方薬の服用も良いでしょう。


当帰を含む漢方薬・・・複方霊黄参丸5番目


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO868・・・病気の原因「心」

2020-02-25 | ヒーリング
心臓病

心は脈と神を蔵す

 心は脈を蔵す。その脈によって神の精神活動が営まれる。
心配しすぎると神が傷(やぶ)られる。何事にも恐怖を感じるようになる。ひどくなるとやせてくる。
心気が虚すと悲しみやすくなる。実するとよく笑うようになる。

 心の蔵する脈とは、血を全身に送る脈の事です。脈氣といっても良いと思います。また、血を全身に送る陽気(活動力)とも言えます。この陽気がしっかりしておれば、心の精神活動を現す神も正常です。

 
 心配しすぎると陽気が巡らなくなり、心身ともに変化を現します。逆に、何らかの原因で陽気が不足すると、悲しみやすくなります。

 心の陽気不足は胃が働かない時に起こります。脾臓・胃・小腸などを補うと良いでしょう。また、寒邪(寒い中に存在する悪い気)に傷(やぶ)られた時も陽気不足になります。この時の症状は悪寒が現れます。肺・心・膀胱などの経(気が流れる通路)を補います。

 胃が丈夫な人は、陽気過剰になり、心に熱がこもりやすくなります。赤ら顔で口が渇き動悸などの症状を現します。胃経を補って、余分な陽気を引き下ろします。


心臓病で何処に行っても治らず、ほとほとお困りの方に牛黄配合の律鼓心(りっこしん)をご紹介します。詳しい説明・・・・仙人の健康相談室の6番目


火のエネルギーを調整するアグニ玉もご紹介します。仙人の健康相談室五大エネルギーの2番目
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO867・・・病気の原因(肝)

2020-02-24 | ヒーリング
基本中の基本(心が身体を動かす)合わせて■「難病の治し方」■「心と食べ物」もお読み下さい。

肝蔵病

 人間の精神状態が肉体に影響を及ぼして病症を現す。というのが古典医学の考え方です。怒りや悲しみがどのようにして肉体に関係するかについて論じられています。

肝・・・・血と魂を蔵す
 肝は血を蔵し、血によって魂の精神活動が営まれる。
悲しみすぎると魂が傷られ、物忘れがひどくなったり、頭が変になって言動がおかしくなる。
陰器が吊り上がり肋骨までひびく。肝気が虚す(エネルギー不足)と恐れが起こり、実する(エネルギー過多)と怒る。

魂・・・肝の精神活動を意味する魂は、悲しみすぎるとその安定を欠きます。その結果精神に異常をきたします。それがひどくなると肝に貯蔵している血にまで変化が及び、肉体的な症状も現すようになります。

 逆に、肝の血が出産、労働などで不足すると、魂に影響を与えます。その結果気力がなくなり、小心になって恐れやすくなります。あるいは理由もなくイライラしだします。

 肝気の働きは、その陽である胆経に現れます。気力が無い時は肝蔵と胆のうの両方を補います。イライラする時は肝臓を補い胆のうの熱を冷まします。陰器の引きつりを訴える患者がいます。下腹部の引きつり、腰痛、生理痛なども同じと考えます。肝の経絡を補うと良くなります。


肝蔵で何処に行っても治らず、ほとほとお困りの方に牛黄配合の霊黄参をご紹介します。仙人の健康相談室3番目

インセンス・・・・魔除け女性専科5番目


21時の状況。24時間心と体のバランスを整えるエネルギーを送っています。まだ工事中ですが、じわじわ効果が高まっています。



手前の龍の大きな香炉で魔除けとカルマを清算するインセンスを焚いています。貴方が21時にインセンスに火を点ければ共鳴します。奥の火の上の器で香木(インセンスの主原料)を蒸し焼きし煙を出します。その煙が部屋中に充満し絵馬(御祈願札)や法具に注ぎ込まれ雲の上の神に届けられます。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO866・・・氣の逆転

2020-02-22 | ヒーリング

押さば引け、引かば押せ」極意を使って、相手の氣を動かし、気の衝突を避ける。
貴方ならどうする?

「今日はなんとなく学校に行きたくない」と恐るおそる母に伝えたら…人生の支えとなる提案に「すごく共感」「母は偉大」


中学生の頃、 母に「今日は何となく学校に行きたくない気がする」とおそるおそる伝えると、いたずらっ子のような笑顔で「休んじゃおっか」と言われ、2人でケーキを食べに行ったり、家で古い映画を見たりした経験が何度もあるんだけど、成人した今でもなお、この記憶は私の人生の支えになっている

私も高校の時、1回だけありました…なんかダルくて、多分行けって言われるんだろうなーと思いながら「今日休みたいかも」と言ったら、「そうか分かった、学校に連絡するね」って。びっくりしたのと同時に、めちゃめちゃ嬉しかったのを覚えてます…同じ経験されてる方がいて、嬉しかったです!

私も習い事に行きたくなかった時、父が「そういう日もある!休んで美味しいものでも食べにいくか!」と言ってくれて、美味しいかき氷を食べに行きました…。今は教師をしてますが、それくらいの寛大さで、子どもに接していけたら良いなと思います。

続きはコチラ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO865・・・二人に一人

2020-02-21 | ヒーリング
「がん教育」が日本の子どもに与える重要な意味 授業を通じてがんを予習することが決まった

日本人の2人に1人ががんになる時代。しかし、5年相対生存率は6割を超えています。がんは不治の病から共生する病に変わりつつある中、がんの予習を始めるためにすべての小学校で「がん授業」が始まります。国際医療福祉大学病院内科学教授の一石英一郎氏の著書『親子で考える「がん」予習ノート』より一部抜粋のうえ、紹介します。

今年から全国すべての小学校で「がん授業」がスタート
 今年(2020年)から全国すべての小学校で、来年(2021年)から全国のすべての中学校で、再来年(2022年)からは高校でも「がん授業」が正式にスタートするのをご存じでしょうか? すでに今年度の新学習指導要領に「がん教育」は明記されることが決まり、着々とその準備が進んでいます。
 日本では毎年100万人以上の人に新たにがんが見つかり、30万人以上ががんで亡くなっています。がんは日本人最多の死因であり、なんらかのがんになる確率は日本人の男性が約6割、女性が約4割です。そのうち、がんで亡くなる確率は男性25%、女性12%と推測されています(国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」の2013年、2016年データより)。

 これは患者さん本人の数字ですが、患者さんを心配する家族や友人などを含めればがんは1億2000万人の全国民に関係する、最も身近な重大病といえるでしょう。
 これまでもがんになる人はたくさんいたのになぜ今がん教育を本格的に始めるのでしょうか? 私は2つの大きな要素が関係していると思っています。
 1つ目は、身近な人ががんになったとき、心身ともに最も強いダメージを受けるのは多感な時代を過ごす子どもたちだということ。実際親ががんになり、苦しむ子どもたちは少なくありません。国立がん研究センターの推計(2015年)によれば、親ががん患者である18歳未満の子どもの総数は約8万7000人に上ります。親のがんはその子どもにとっても深刻な問題なのです。

 そのことを思えば、子どもたちが中学生、高校生に差しかかる頃に「がん年齢」を迎える親御さんたちは特にがんについてより深刻に考えなければなりません。
 がん年齢とは、がんの発症が急激に増える40歳以上を指しますが、20代後半で子を授かった親御さんは皆この世代にあたります。ところが子どもたちを守るべき立場の親御さんが、予備知識がないまま、がんに侵されたらどうでしょう。パニックになり、その動揺は子どもたちの心や生活を必要以上に激しく揺さぶることになります。
 もし「がんはすぐ死ぬ不治の病」などということは過去の医学常識だと知っていればそのショックを和らげ、前向きに治療できるはずです。
 2つ目は、がんについて科学的に証明された事柄が増えてきて、その大まかな輪郭が見えてきて子どもたちに正しい事柄が伝えられるようになったからだと思います。
 例えば、がんの原因は、「生活習慣」「細菌やウイルスの感染」「持って生まれた遺伝的要因」などが複数重なったことで起こること、たった1つのがん細胞が一般的ながん検診で発見できる1センチ程度の大きさの塊になるまでに10~20年かかること、それ以降は大きくなる速度が増してがんの塊が2センチ程度になるのに1~2年しかかからないこと、その後は加速度的に大きくなり自覚症状があらわれてくること、中には急激に大きくなる場合もあること……などです。
 子どもたちにこうした事柄を教える目的は、科学的に間違いではないだろうと証明された方法を実践し、がんリスクを下げてもらうためだと思います。
低いがん検診の受診率
 子どもたちが早期に「がん」について学ぶことで、自身のがんリスクを下げる効果が期待できます。それには2つのことを実践しなければなりません。
 1つは、がんになりにくい生活習慣を心がけることです。たばこを吸わない、過度の飲酒をしない、バランスのよい食事をするといったことがこれに当たります。
 もう1つは、がん検診の有用性を学び一定の年齢になったらがん検診を受けてがんリスクをさらに抑える必要があります。
 現在の医療において総じてがんの60%は治る時代となりました。皆さんは「早期発見早期治療」という言葉を聞いたことがあると思います。なぜ、がんを早く見つけて治療することが推奨されるのでしょうか?
 その理由はいろいろありますが、その成果はがんの進行度別にみた5年生存率をみれば明らかです。がんは進行すればするほど治りにくくなる病気ですが、がんの種類によって差はあるものの、早期に治療すれば約9割は治る病気です。そのためには早期発見が重要なのです。
 日本では胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮頸がんなどのがん検診を行っており、国はこの5つのがん検診の効果を認めて推奨しています。
 ところが、現実にはがん検診の受診率はとても低いのが実情です。2016年の国民生活基礎調査によると、過去1年間にがん検診を受診した人の割合は、胃がん検診が男性46.4%、女性35.6%、大腸がん検診は男性44.5%、女性38.5%、肺がん男性51.0%、女性41.7%、乳がんは女性36.9%、子宮がん検診は33.7%となっており、目標の受診率50%は残念ながら達成できていません。

子どもを通じて親もがんについて「予習」する重要性
続きはコチラ

癌と寿玉はコチラ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO864・・・薬剤耐性菌

2020-02-20 | ヒーリング
「風邪で抗生物質」が人類の危機を…薬剤耐性菌で年間8千人以上が死亡〈週刊朝日〉

風邪をひいたら病院で抗生物質をもらう? それは今すぐやめていただきたい。そもそも風邪も新型コロナウイルス肺炎もウイルスによるもので、菌をやっつける抗生物質では治せない。むしろ意味なく使うことで菌が耐性を持ってしまい、本来効くはずの病気に効かなくなる恐れが出てくるのだ。

【気をつけたい】薬剤耐性菌を作らない5つの掟
「今、話題になっている新型コロナウイルスですが、あれには抗生物質は効きません」

 2月上旬、東京・日本科学未来館で開かれたイベントで、国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)の具芳明医師がこう話すと、その場にいた聴衆は一瞬、ざわついた。

 その数日後、具医師の言葉を裏付ける不幸なことが起きた。

 13日、新型コロナウイルスに感染した神奈川の80代の女性が死亡した(感染判明は死亡後)。当初、肺炎と診断され、医療機関で抗生剤(抗生物質)による治療が続いていたが症状は改善しなかった。現在のところ死因は不明だが、原因が新型コロナウイルスであれば抗生物質は効かない。それは、コロナが「ウイルス」だからだ。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO863・・・複雑な関係

2020-02-20 | ヒーリング
 父の叔父は北九州(小倉)で薬種商(薬局)を営みながら天理教を信奉していた。大正時代の薬種商であるから相当儲けていたそうで、父も叔父からかなりの援助を受けており、常に感謝の言葉を聞きながら幼少時代を過ごした。その叔父が死んだあと様子伺いに小倉を訪れたら、息子(親父の従妹)のだらしなさに立腹し骨壺を持って帰り、我が家のお墓に収めたと聞いている。これも金持ちの道楽息子の成れの果てで、死んでも死にきれなかっただろう。

 また、家養子に入った叔母は真言宗であるはずであり、当然遺言としては葬式は真言宗で行うように言われていたはずだが、それを実行した形跡はない。それよりも家養子に入った時点で真言宗に改宗していなければおかしいのであるが、聞きそびれたまま父は他界した。

 私が墓守をしているのであるが、宗派は親鸞聖人の浄土真宗であるゆえにお経も浄土真宗のお経で行っている。が、なるべく「般若心経」も唱えて頂けるようにお願いしているのであるが、それに不安を感じる時がある。なんといっても天理教と真言宗と浄土真宗の3つの異なる霊が収められているのである。

 それもかなりの信仰を行った人達の霊が収められているのでありますから、複雑であるのです。いくら宗教は一つと言っても。お墓に安置されている霊魂に納得して頂けるであろうか?いい加減に信仰を行った霊なら、大した問題はないであろうが?お墓の中で宗教論争を行っているかも知れない?

 長い年月をかけ、理解して頂ける人を呼び寄せていたのかも知れない。私が気が付くようにエネルギーを送り続けられているのかも知れない?よくよく考えたら親父のやった事はめちゃくちゃである。これによって親父も苦しんでいるかも知れない。生きている時は気が付かない事も、死んで気づくことが沢山あると言う。私が救わなければ、私も親父と同じく「後の祭り」になるかも知れない。死んで見なければ分からないが?南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏!これも子孫に降りかかる業であり、清算を行わなければと思っているところです。仏壇には、今でも三つの宗派の位牌が収められているのです。

参考:■先祖霊と運命と病気女性専科・魔除け・開運

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする