癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO527・・・アムリタ

2017-04-10 | 悟り

私が生き神様より引き継いだアムリタは、薬師如来が手に握っている薬壺の処方に類するものでは無いかと思っています。またインドのアムリタとも共通する神の意思が働いているのでは無いかと研究を重ねているところです。

 

このアムリタを服用された方から感想を頂きましたので、ご披露させて頂きます。この内容から見ても魔を退治するのは間違いないです。魔が体内から完全に除去されましたら、神と同じ境地になる事が出来ると推測できますし、脳内は涼しくなり、魔(悪霊)にとっての環境は悪くなるでしょう。

 

「私の昔からの癖で

周りの人に影響されやすい
→特にネガティヴな情報に感化されやすい

自分に芯がない

自分にとって 必要な情報を正しく
選ぶことができない。

素直に人の話を聞く事ができない

という面がある事を数日前までは
自覚ができなく正常だと思っていました。

いつも 自分は人の話をキチンと聞き
正しく判断できていると固く信じていました。

これも 含めて
魔 が入っているという事なのでしょうね…
→悲観的な意味ではないです。

魔が入っている人間が
自覚する事は簡単ではないのだ
と理解しました。

魔の影響が少ない人や
一時的に魔が入っただけの人なら

言葉で伝えると かなり
変化するかもしれませんが

生まれた時から
魔の影響を受けていたり、

長いウツ状態などでネガティヴが深い人などには

言葉だけでは 難しいのですね。

魔とは恐ろしい。そして自力で取り除くのは難しい。自覚がなかなか出来ないものなのですね。

だから ヒーリングや塚原の黒焼きやアムリタが必要なのですね。

塚原の黒のアムリタは本当に
素晴らしいと思うのです。

患者さんが飲む事もですが

施術時に服用してもらう事で
ヒーリングの効果が高まったり
ヒーラーへの被爆が最小で済むのではないのか?

と理解しました。

また 何か変化があれば
ご報告します。いつも ありがとうございます。」


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする