癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO867・・・病気の原因(肝)

2020-02-24 | ヒーリング
基本中の基本(心が身体を動かす)合わせて■「難病の治し方」■「心と食べ物」もお読み下さい。

肝蔵病

 人間の精神状態が肉体に影響を及ぼして病症を現す。というのが古典医学の考え方です。怒りや悲しみがどのようにして肉体に関係するかについて論じられています。

肝・・・・血と魂を蔵す
 肝は血を蔵し、血によって魂の精神活動が営まれる。
悲しみすぎると魂が傷られ、物忘れがひどくなったり、頭が変になって言動がおかしくなる。
陰器が吊り上がり肋骨までひびく。肝気が虚す(エネルギー不足)と恐れが起こり、実する(エネルギー過多)と怒る。

魂・・・肝の精神活動を意味する魂は、悲しみすぎるとその安定を欠きます。その結果精神に異常をきたします。それがひどくなると肝に貯蔵している血にまで変化が及び、肉体的な症状も現すようになります。

 逆に、肝の血が出産、労働などで不足すると、魂に影響を与えます。その結果気力がなくなり、小心になって恐れやすくなります。あるいは理由もなくイライラしだします。

 肝気の働きは、その陽である胆経に現れます。気力が無い時は肝蔵と胆のうの両方を補います。イライラする時は肝臓を補い胆のうの熱を冷まします。陰器の引きつりを訴える患者がいます。下腹部の引きつり、腰痛、生理痛なども同じと考えます。肝の経絡を補うと良くなります。


肝蔵で何処に行っても治らず、ほとほとお困りの方に牛黄配合の霊黄参をご紹介します。仙人の健康相談室3番目

インセンス・・・・魔除け女性専科5番目


21時の状況。24時間心と体のバランスを整えるエネルギーを送っています。まだ工事中ですが、じわじわ効果が高まっています。



手前の龍の大きな香炉で魔除けとカルマを清算するインセンスを焚いています。貴方が21時にインセンスに火を点ければ共鳴します。奥の火の上の器で香木(インセンスの主原料)を蒸し焼きし煙を出します。その煙が部屋中に充満し絵馬(御祈願札)や法具に注ぎ込まれ雲の上の神に届けられます。

 
この記事についてブログを書く
« NO866・・・氣の逆転 | トップ | NO868・・・病気の原因... »
最新の画像もっと見る