癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO296・・・二面性と調和

2021-06-30 | 難病
 この世は、陰と陽の二面性が均衡を保つことで維持されている。つまり陰と陽の調和において均衡が保たれている。0が陰の極であり、100が陽の極であり、神の世界が100なら悪魔界の極限が0になる。均衡であるから0の世界である悪魔界の頂点に10人いるとすれば、100の神の世界にも10人いることになる。

 これを前提に自分の立ち位置が今どこにいるのかを知らなければ進化の方向を誤ることになる。もし真ん中の50の立ち位置にいるのなら、自分の知りえた情報や仲間や友達などの思考に流れやすくなるので、下の者と付き合えば下に引っ張られるようになるし、上の者と付き合えば上の者(神)に引っ張られるようなる。つまり類は友を呼ぶである。

 これを治療の観点から考えるなら、テクニックだけを追い求める集団には、魂で治す意味が永遠に理解できず、ヒーリングとは魂で治す意味が分かる集団には余りテクニックは要求されない。これは自分の立ち位置によって望むことになる。

 もう少し掘り下げて考えるなら、楽をして治る方法を追及する集団には、悪魔界がやって来る。そして悪魔は耳元でささやく「お前には才能があるから、私が面倒をみてやろう」と囁く似非仏陀がやって来る。欲深い人は、イチコロデ騙され徐々に悪魔にエネルギーを吸い取られる。当然である。悪魔は努力せず、楽をして生きる性質があるからである。

 これを「悪魔に魂を捧げた」人という。世の中には、楽をして会得できるものはない。スポーツも歌も楽器演奏もすべては魂が行っているのであり、肉体ではない。ゆえに強い表に出ている肉体を抑えなければ魂は表に出ることが出来ないので、徹底的に肉体を苛め抜くのでありましょう。それをクリアできた人のみが達人と言われる境地を味わうことが出来る。

 何を言いたいか?ヒーラにはテクニックは必要なく、魂で治すヒーラーを目指すべきであると言いたい。エネルギーは上から下に流れる性質があるので、自分が70から80を目指し70になれば69以下の者を治すことは出来るあろう。ゆえに100である神はすべての人を治すことが出来る。

 一番難しいのは、50以下の人で楽をして病気を治したい。楽をして人生を送りたい人である。この人達は知らず知らずに悪魔界が正しい教えだと傾聴されているので難しい。つまり真実を見分けることなく楽をせず楽な人生を歩みたいと思っている。そして気が付いた時には、手遅れであり悪魔界の奴隷に成り下がっている。こうなると心は常に不安が一杯で疑心暗鬼に悩まされ、心が落ち着く意味さえ知らずに一生を終える。

 結論は、多くの人は45から55の間で生活しているので45以下に落ちる前に気が付き、とりあえず55を目指すべきである。そのためにはプラス思考の人と付き合い、常に人の悪い事を言う人や嫉妬心が強い人や妬みが強い人からは離れるべきであると言いたいし、これを目指すのが人生勉強であると思っている。最初はマイナス思考の人とつきあわないことから始めるのが良いのではないだろうか?そしてマイナスなニュースにも耳を貸さないことでありましょう。

体験談を頂きました。
最初なかなか出なかったのですが、豊隆にラジウムバンを貼って貰うと出てきました。
右足は以前に剥離骨折し、最近捻ってしまい痛かったので恐る恐る擦り始めたのですが、痛い所が黒くなってきました。
早く左足も擦りたくて、帰宅してすぐに法具を神の塩とオイルでお手入れをして毒出しを始めました。

親指と人差し指の付け根の辺りがうっすらと黒くなってきました。
足の甲全体も擦りましたが、かなり薄いです。
内側を擦ると、出てきました。
足の裏は軽く触るだけで色が噴き出てきます。
擦ってる時は気持ちよかったのですが、終わってからかなりダルいです。
すごい邪気です!
目で見て確認出来るなんて驚きです!
これが身体から抜けるように続けていきたいと思います。

オイルを拭き取って両足を比べてみると、左足の方がスッキリしているような気もします。
素晴らしい体験をさせて頂いて本当にありがとうございました。

解毒茶・・・モニターの方より
 このお茶…スゴすぎて(*≧∀≦*)
朝、、お祈り前に飲み、そしていつものドリンク(除霊本気応援セット)をこのお茶で作りました!
ドリンクはとても美味しくなりました。
解毒茶は、最初苦くて飲みにくいんやろな~って思いましたが、あまりにも甘くおいしくて解毒茶です!
飲んですぐに眉間に何かが集中してくるような感じで普段ない締め付け感が強く続きました。
ババファミリーマントラ(オーム サイ スリーサイ ジェヤジェヤサーイ)を唱えると涙が自然と流れてきて心が熱くなり、
その後全身が熱くなり今も熱いです。

 何とも不思議な感じでした。
お茶を主人に飲まれたことへの幼稚な怒りも健康や幸せを願う愛のエネルギーに変わったような感じです(^-^ゞ
続けて飲むのが楽しみです。
うまくお伝えできませんがとても不思議な感覚になりそれは、凄い力があるように感じます!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO295・・・宇宙と人間の三蜜3

2021-06-29 | エンジェルスティック
 我らは、これを神という。だから、我らの本性は宇宙線を活用して神に帰る。われらが神に帰り行く過程を説明するには、偉大な宝庫の扉を開かねばならない。この宝庫から大智識を引き出す為には、ヨガの学理と実修にまたなければならない。

 これによって、自分たちは、宇宙にみなぎる帯電振動のエネルギーの中に生き、エーテルエネルギーの中に生きている事を知る。また、宇宙帯電エネルギーが、吾人の脳脊髄内に流れ込んで、肉体の内分泌腺に作用し、吾人が宇宙意識へと進化して行く秘密を知る。

 こうなれば、一切の物質は、我が意識の中に、その秘密をもっていることがわかり、病老死を克服する大秘密をつかむ。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO294・・・宇宙と人間の三蜜2

2021-06-28 | 難病
仙人式座禅(ヨガ)瞑想法
 座禅用座布団(丸型)に動物の毛皮(バンビ・エゾシカ・白熊他)の毛皮を貼った中心部(肛門)に地の缶を置き前と後ろに瞑想用陰と陽の玉を置き行う瞑想。これを強化するために解毒茶と神の塩を飲みながら行います。詳しくは「松果体覚醒瞑想法」をお読み下さい。 この瞑想法を行うと、昨日の体験談にプラスになりますが、怒りが消え、人を憎むことや嫉妬心などもなくなり心が穏やかになり、毎日が楽しくなるとのご報告が追加されました。まだ継続中なのではっきり断言はできませんが、ひょっとしたら持って生まれた性格を変えることが出来るかも知れないと密かに期待しています。性格を変えることが出来れば宿命も変えることが出来るかも知れない。そのためには、生まれた星の位置から割り出した生薬をお茶に追加することによって可能になるかも知れないと研究とモニターを継続中です。ゆえにお茶(解毒茶)のご紹介はもう少しお待ちください。

本題・・・・・宇宙と人間の三蜜2
 宇宙は帯電振動に満たされている。これを宇宙エネルギー、エーテルエネルギー又は宇宙線という。科学者は、宇宙線を捉えようとしているが、仲々成功しない。しかし、われわれの肉体は、イダ、ピンガラの通路を通してこれを吸い取っているのである。

 イダ、ピンガラに吸い込まれた宇宙線が、脊柱の下までくだると結合調和して、ふしぎな発電作用を起こす。これを火力(クンダリーニ)の覚醒という。白光のクンダリーニは目覚めると、スシウムを登って、体内の内分泌腺を強めつつ、頭部に登ってゆく。脳髄内には大切な三中心がある。これをタラマス、粘液腺、松果腺という。

 クンダリーニがこの三中心を還流すると、頭脳は光を発し、電力を放って、宇宙精神大意識を目ざます。これがヨガ実修の最大目的である。宇宙精神大意識は、物質宇宙をこえて、物質宇宙を支配する大造物主である。われらはこれを神という。

上に書いた瞑想法を行う目的は、この松果体(腺)を活性化するために必要な瞑想法であり、そのためには火力(火のプージャ)が必要と書かれているのであり、松果腺が活性化し出す兆候が体験談に書かれていることなのです。そして、これが完成した時にゴッドヒーリングが完成するのです。私たちの目的は、ゴッドヒーリングを行うのが目的であり、親指を患者の第三の目に当てマントラを唱えるだけで、あらゆる病気を改善することが目的であるのですが、まだまだその入り口の扉を開けたに過ぎない事を胸に刻み、決して奢れることなく、日々研鑽を積まねばなりません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO293・・・宇宙と人間の三蜜

2021-06-27 | エンジェルスティック
 脳脊髄中枢神経を正常に戻すと神の力において正常にな体に戻すことが出来る。この脳脊髄中枢神経を本来の姿に戻すには、正しい瞑想を行うことが重要であり、この瞑想(座禅=ヨガ)で松果体が活性化され脊髄がまっすぐになることが実証された。ある人は30年前に事故を起こし腰椎の骨を金属板で固定されて以来、毎夜数回寝返りを打たなければ痛みで目が覚める生活を送っていたが、正しい瞑想を行うことで30年ぶりに改善された。

 それだけではなく、精髄の周囲の筋肉は緩み1cmほど突起ていた骨も正常値に戻された。恐るべき結果であり、神はあらゆることが可能であるという事が現実に起こったのであります。それだけでなく、夜間排尿も改善される奇跡が起こったのであります。神は万能!である事実を目の当たりに見せられた満月行であったのです。この体験者は、蜜殿で毎週5回の瞑想を行った結果なのです。

本題
 宇宙のエネルギーは、三蜜の法則で活動して、神の目的と経を執行している。人間の体内にも、三蜜の法則が様々な方法で行われ、その完全な法則を活動させると、人間は神たるの体験へと進んでいく。人体内三蜜の法則の中、最も大きな働きをするものは、脳脊髄中央神経である。

 脊髄内には、宇宙線の三通路がある。中央にあるのをスシウムナといい、左側のをイダといい、右側のをピンガラという。呼吸をすれば、空気が鼻から肺臓の中に流れ入り、空気中の酸素が燃焼して血液を浄化し、燃えカスの炭素を吐き出す。ところで自分たちは、呼吸にしょって、酸素をとっているばかりでない。

 左右鼻孔の奥には、扉付きの小さな門があって、一呼吸ごとに、その扉が開き、門が交替に開閉されて、宇宙線を吸い入れている。右から流れ込む宇宙線は身体を暖めて昂奮作用を司り、左から流れ込むのは身体を冷やし、沈静作用を司っている。だからイダを月の軌道という。ピンガラを太陽の軌道という。

続く

新魔除け・部屋の除霊・呪い返し・厄落としの缶を作りました。中に法物とお札を封じ込めていますので、蓋を開けても大丈夫です。黒玉からはラジウム光線が出ています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO292・・・癌難民にならない

2021-06-26 | 難病
岡田由香さんのFace Bookより転写
今日は満月行につき多忙の為良い記事をご紹介します。後は自己責任でお願いします。私にとっても耳の痛い事が書かれていますが、改めて日々精進しなければと思っています。


癌難民にならないために
(長いが重要)
食だけでなく放射能などの影響もあり、癌患者がどんどん増えてきています。
それもあって、某医師のところにも問い合わせが増えていますが、FBで答えられることはありません。

 会ったこともないのに会話などできませんし、まずは本くらい読んでとしか言えませんし、FBでアドバイスしたとしてもその人は依存と他力本願の繰り返しになるでしょう。
では、どうすればいいのでしょうか?
まず第一には、大学病院や大手有名病院の言うことをうのみにせず、ちゃんと医療の裏側を調べてくださいと言うことです。
いまや抗ガン剤や検査の罠も含めて、本屋には多くの本が並ぶようになりました。
情報を手にするのはまったく苦ではなくなっており、ネットを使えなくても大丈夫になっています。
要はやる気だけです。

 しかしそれを知ったところで癌難民からは抜け出せないのです。
また、よく勘違いされるのが代替療法をやれば癌難民でなくなると思っています。
代替療法をやっても癌難民な人はたくさんいます。

 それをやって根本とは無縁の食事療法、温熱療法、東洋医学、ホメオパシー、量子医学、デトックス、健康食品をとって結局悪くなっていく人ばかりです。
某医師の情報をしょっちゅう見ていると、西洋医学が悪で代替療法が善のように見えるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。
代替療法もまた悪ですが、西洋医学よりましなだけです。
このデータは数多くありなによりも経験談が豊富であって、逆に皆さんの周りに西洋医学で悪くなった人、死んだ人、後遺症だらけの人があふれ、病院に通い続けていることでしょう。

 某医師も昔は西洋医学の消化器内科医でした。
つまり最も多く癌患者を診てきた普通の内科医です。
勤務医自体はオーソドックスな癌治療をやっていました。
もちろん当時から東洋医学を知っていたので、某医師自身あまり積極的ではありませんでしたが、教科書通りする必要もあったので提示していました。
しかし某医師は積極的ではなかったので患者と家族に選んでもらっていました。
そうするだけで多くの人は、抗ガン剤をしないで死んでもいいと言っていたのを覚えています。

続きは上記Face Bookをクリックして下さい。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO291・・・藤瘤

2021-06-25 | 難病
 藤ノ木にできる藤瘤という生薬があるのですが、この瘤(こぶ)は一説によると木にできた傷を治すためにできると言われているのですが、どうも藤の花をきれいに咲かせるために活性化するために自らが内部から作っているのではないかと私は思っている。人間でいえば癌のようなもので、ガンは出来たり消えたりしながら免疫力を保っている装置なようなものかも知れない。

 例えば、大雨が降り下流が氾濫しないように一時的にせき止めるダムのようなもので、大雨が過ぎればダムは必要がなくなる。しかし大雨によりせき止められた水の中にはゴミも溜まっている。このゴミが通常の川の流れで大海に流れれば問題はないのであるが、流すことが出来ないほどのゴミが溜まると、川の水自体が流れにくくなる。そしてだんだんと川底にゴミが溜まり川自体の通路が狭くなる。

 これが癌だと仮定するなら、川底の大掃除が必要になるのでプチ断食などを行うデトックスが必要なになるのであろう。これを人間が気が付かないので、体は自然治癒力という神から与えられた機能を使い食欲を落とす。ゆえに食べたくなければ食べる必要なないし、無理に食べるという行為は自然治癒力に逆らう行為という事になる。これが断食をしなさいという警告かもしれないので、ニンジンジュースや私が提供しているお茶を用いてプチ断食をすべきと思う。これに塩を用いれば体力が落ち免疫力が低下するという事はないであろう。

 人間の体液は塩が主成分であるので、戦争などでリンゲルが不足した時は、海水と同じ濃度の塩水を代替したことからでもわかる事である。なら癌が瘤とみなすなら、瘤を持って瘤を治せばよいことになるので、きれいな藤の花を咲かせる藤ノ木の瘤を活用させていただくのが良いのであります。藤の花の色は高貴な色と言われている紫色でもあるのです。ひょっとしたら高貴な色とは藤の花から来ているかも知れない。

これが藤ノ木にできる藤瘤なのですが、どういうわけか入手が難しいのです。採取する人がいなくなったのか?環境汚染により瘤ができないのか?わからないのですがいくら探しても入手が難しいのです。もしご存じのが方がいましたらご一報いただきたく思っています。産地は四国の香川県や徳島県らしいのですが、情報を求めています。私も暇を見つけて藤棚があるとこを探し取りに行こうとは思っているのですが、在庫がなくなりそうなので少し焦っているところです。



 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO290・・・真実は闇の中

2021-06-24 | 難病
 コロナワクチンの賛否のうわさが絶えませんが、この機会に自分の眼と耳で真実を知る習慣をつけたらいかがでしょうか?多くの人が言っているようにニュースの大半はフェイクで、両面から見る習慣をつけないと政府からも騙される恐ろしい時代になっています。世の中の知識層と言われる医者や弁護士や裁判官(慰安婦の判例等)などの世界は人によって真逆なことが起こっているのが現実であります。

 一説によりますと、世界でガンが増えているのは日本だけで、それにつれて抗がん剤の使用率が世界一だとも言われています。そして中には、抗がん剤の在庫のはけ口だとも言われています。どこに真実があるのでしょうか?ロイター共同発のニュースが世界中に流れているのですが、このロイターというニュースの発信元は何処の国にあり、誰が黒幕なのでしょうか?

 これを知れば知るほど恐ろしいことが起こっていることが想像できるでしょう。今や自分の身は自分で守る以外にないと思うのです。経済の発展というマジックな言葉に騙され多くの国や人民は奴隷や社畜に洗脳されています。自分の人生は自分で決める。

 豊かさは自分の心で変わる。心が豊かになればたとえ貧乏でも楽しいものだとアフリカのどこかの大統領が言っていました。人と比較する豊かさを求めるゆえに競争社会に巻き込まれストレスを生むのではとも思います。この機会に根本的に生き方の改善と真実を知る智慧を養い、未来に向かって行きたいものです。

ワクチン打てば永久に貴方の細胞が変形弱体化します、 と 徳島大学名誉教授 医学博士 大橋眞氏  が仰っています。

この動画を観た視聴者の感想
・この話は深刻です。TVに出ている専門家の話と真逆です
私は大橋先生の話が腑に落ちます。
どうか1人でも多くの方にこの話が届くよう願うばかり
命を何かの理由で犠牲になってはだめです。

・アメリカやドイツでも医療従事者、弁護士が反対運動してますよね?
世界的に連携できたらいいですね。

・枠珍大臣は、「12歳以上の生徒は夏休み中に接種してほしい」と言ってます。12歳の生徒にロシアンルーレットに参加させようとしています。参加する生徒は自分がロシアンルーレットに参加するとは思っていません。大人が言うから、先生がいうから、お医者さんが言うから、疑いも持たずに参加します。人をなんやと思とるんや?!

・自分の身を省みずに、ちゃんとして言葉にして、持論を持っている。これが日本社会どころか、世界中で欠乏している世の中です。素晴らしい先生です。

・ファイザーの注意書にある「接種者の呼気や汗に含まれるエクソソームから周りの人間が感染?する可能性」について解説して欲しいです。実際に起こるならば未接種者も無事では済まないのではないかと危惧しています。

・早く打て早く打て。ってしないと
真実を語る人がどんどん出てくるから急いでるんだね。

・あきれるのは、「これは治験です」と製薬会社も厚生省も認めているにも関わらず、治験の代金はワクチンを接種した本人には支払われず、治験の協力金として接種した医者に莫大な治験協力金が支払われている事。
それも、私達の血税!

この情報も嘘かも知れないし、本当かも知れない。難しい時代になりましたね。

昨日はリフレッシュと健康のために息子とゴルフに行ってきました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO289・・・13 魂の歌

2021-06-23 | 悟り
インドスピリチュアル寓話より

 アクバルは、インドにムガール帝国を樹立した偉大な帝王だ。 王のもとには、「九つの真珠」と呼ばれるすぐれた人々がいたが、そのなかのひとりにタンセンという音楽家がいる。彼がタンブーラを弾きながら歌うとき、聴く人はだれもが深い恍惚境に入りこんだと言われている。
ある日、タンセンはいつものように、アクバル帝のまえで歌っていた。タンセンが歌いおわると、宮廷には音楽の余韻とともに心地よい静寂がただよっていた。

 「タンセン、なんとすばらしい音楽だろう! 私はおまえのように歌う人をみたことがない。おまえは最高の歌い手である」とアクバルが言った。
「身にあまる光栄です、王よ。しかし、私は正直に申し上げねばなりますまい――私よりはるかにすぐれた歌い手がいるということを・・・」
「信じられない、タンセン。おまえより上手に歌う人間がいるなんて・・・。それはだれなのだ?」
「私の師で、ハリダスという名前です」
「そんな人がいたのか。私はぜひともハリダスの歌を聴いてみたい」
「師は人のためには歌いません」
「私はアクバル帝王だ。私の命令にそむくことはできまい」
「師はサドウー―世捨て人―です。王といえども、歌わすことはできないでしょう」
「では、どうすればよい? 私はなんとしてもハリダスの歌を聴いてみたいのだ」
「では、まず師の居所を捜してみましょう」

 タンセンが人を使ってハリダスの居所を捜させると、ハリダスはヤムナ-川のほとりの小屋にいることがわかった。近くに住む人たちの話では、ハリダスはほとんど一日中川辺に座っているが、ときおり、真夜中に歌声が聞こえることがあるという。
満月の夜、アクバルとタンセンはふたりだけでハリダスの小屋にむかった。小屋のまわりは葺が高くおいしげり、身を隠すには絶好の場だった。 彼等はじっと待った。 夜が更けていった。満月が高くのぼった。 静けさが深まっていった。まわりにはひとっこ一人いなかった。
そして、ついにハリダスが歌いはじめた。 それは不思議な歌だった。 それは魂の奥の奥にしみわたっていくような歌だった。
アクバルは、声もなく、呆然と、ハリダスの歌を聴いていた。

 ハリダスは、月にむかって、川にむかって、闇にむかって、歌っていた。 ときに一弦琴を奏で、ときに踊りながら、歌っていた。
アクバルの眼から涙がとめどなくあふれだしてきて、とまらなかった。 彼等は無言のまま夜を過ごした。 宮廷に戻ってから、アクバルが言った。
「タンセン、私はいままでおまえにまさる歌い手はいないと思っていた。しかし、ハリダスの歌を聴いたいま、おまえは無にひとしい。このちがいは、いったいなんなのだろうか?」
タンセンが静かにこたえた。

 「王よ、私は人々のために歌います。それによって富や名声を得ます。私はなにかを得るために歌っているのです。私の師はちがいます。師は静寂のために歌います。至福のために歌います。 私はなにかを得るために、人々にむかって歌います。が、師はなにかをすでに持っているがゆえに、神にむかって歌うのです。 これは決定的なちがいです」

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO288・・・12 光の宮殿

2021-06-22 | 悟り
スピリチュアル寓集より
 王は、後継者を選ばなければならなかった。 彼には三人の王子がいた。 どのようにして後継者を選んだらよいか助言をもとめるため、ある日、王は聖者を訪れた。
「後継者にはなにをもとめるのかね?」 と聖者がたずねた。
「賢く見ることのできる洞察力です」
数日後、王は三人の王子を宮殿に呼んで、言った。

「後継者を決めるときがきた。その方法は、おまえたちの宮殿をなにかでいっぱいにすることだ。なにでいっぱいにしてもよい。しかし、予算はコイン一枚、期間は一週間だ」
三人の王子は、それぞれ広大な宮殿に住んでいた。
第一王子は農家から収穫後のワラを買いあつめて、宮殿に運び込んだ。 しかし一週間後に王が訪れたときには、宮殿の三分の二しか埋まっていなかった。
王は不満げな様子で、第二王子の宮殿に向かった。 宮殿に近づくにつれて、いやな匂いがおそってきた。その匂いはますます強烈になり、宮殿に着くころには呼吸することさえむずかしいほどだった。 王子は町中のゴミを集めて、宮殿をゴミでいっぱいにしたのだ。 王は強烈な匂いに吐き気をもよおしながら、絶望的に首を横にふった。
王宮に戻ると、いちばん若い王子が言った。

「私の宮殿には今夜おいでください」
王は、彼が一週間のあいだ、あらゆる家具を運び出し、毎日宮殿内を掃除して、ぴかぴかにみがきこんでいるという噂を聞いていた。しかし、そのあとになにかが運び込まれた様子はなかった。

 王は、夜になって、第三王子の宮殿をおとずれた。 王子は宮殿内に王を招きいれた。 宮殿にはだれもいなかった。 家具も、食器類も、あらゆるものが運び出されて、なにひとつ残ってなかった。
静まりかえった宮殿のなかを、二人は歩いた。 それぞれの部屋と廊下の隅々には、明かりがともされていた。それは神秘的なうつくしさをかもしだしていた。 王が言った。
「すばらしい。なんと神秘的なうつくしさだろう! しかし、宮殿のなかはからっぽではないか。私は、なにかでいっぱいにするようにと言ったはずだが・・・」
王子はにっこり笑って、言った。

「宮殿内の空間はすべて、明かりで照らしだされています。おわかりになりませんか? 宮殿は光で満ちているのです」
王子の顔を見ながら、王は満足そうにうなずいた。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO287・・・漢方占い

2021-06-21 | 難病
 漢方占いの前に「ドイツ海洋研究所」の動画を見て下さい。私たちは知らず知らずのうちに、大正時代にはあり得なかった環境の中で生かされているのです。原子力発電や原子力潜水艦などの事故において包み隠されていることだらけでしょう。今は得体の知れないお化けと一緒に生活している時代かも知れません。

漢方占いとは
 人間は、9つの星座のどれかの星の影響を受けながら生きていることが前提となるのですが、生まれた時の星の位置によって一生影響を受けます。この影響を受けることから逃れることは出来ず、目まぐるしく変わる星の位置に逆らうことなく生きて行かなければなりません。この星の影響から逃れるすべはないので、宿命は変えることは出来ないと言われているのです。

 それが元気「先天の気」で元の気と言い、変えることは出来ないし、五つの気に左右されるのです。ですから五つの木・火・土・金・水の五つの気のどれかに影響を受けています。これは一生変えることは出来ません。例えば、木(もく)は材木の木で、木は金で作られた鋸で簡単に切り落とされます。ですから木(もく)である肝臓は金である肺臓とバランスを取る食事や感情で生きて行かなければならないのです。

 木である肝臓は怒りで、金である肺臓は憂い悲しみですので、悲しみ過ぎると肝臓に影響を与えます。そして肝臓は腎臓に影響を与えていくようになりますので、陰陽理論と組み合わせながら治療を行う必要があるのです。ゆえに薬物は九つの星と合わせて九種類の生薬で構成され、八種類は一緒なのですが最後の一種類はその人の五行(木・火・土・金・水)に影響を与えるいずれかの生薬にしなければならないのです。

 それらを多くの人に提供することは、占いを用いなければなりませんので、時間(瞑想)が必要なため相談が必要になるのです。今皆様方にご紹介しているお茶は九種類同じものをご紹介させていただいていますが、これでも90%の効果が出ますので重症疾患や深い解脱を目指す以外の人には十分松果体の覚醒や除霊は出来ると思っています。

 もう一つ重要なことは、父母から頂いた「先天の気」に対して後天の気があります。宿命は変えることは出来ないが運命は変えることが出来ると言います。この運命を変える事を行うのが「後天の気」になりますので、気のバランスを取り気を高めれば運勢も良くなるのです。

 私は、そもそも薬学、特に漢方薬から治療の世界に入ったものですから、今後はこの理論を取り入れた道へ進化して行くものと思われます。今モニターの方5名に協力を頂いていますが、私が思った通りの結果がわずか5日で出つつあります。結論は八つは同じで一つが違いますので、治療を行うには八つのやり方は同じで一つのやり方は五行に当てはめて、その人の急所のツボを使うことで精度が上がるということになります。

 そもそも漢方理論は、易や占いを用いて行われているのです。昭和初期の漢方の大家である「荒木 性次」先生は易学に漢方薬と鍼灸を合わせた治療を行っていました。これが漢方理論の根底にあるものですから、漢方薬を扱う人も治療を行う人も健康で長生きしたい人も解脱を目指す人もこの道を求める必要があると思うところです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする